logo

Top > ファッション > 髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ

浴衣に合うヘアアレンジ術5選!可愛いアレンジで浴衣美人に






浴衣に合うヘアスタイルはいくつかあります。
本記事では「くるりんぱ」、「編み込み」、「かんざし」、「ハーフアップ」、「お団子」などのヘアアレンジ術をご紹介します。

簡単なのに可愛く、初心者さんでもセルフで出来るアレンジ術です。
浴衣や着物だけでなく、通勤通学、デート、休日のおでかけにも使えるので、覚えておくと便利ですよ。

ロングヘアから、ミディアム、ショートヘアまであらゆる人向けに解説しているので、これからヘアアレンジに挑戦しようとしている方は是非とも参考にしてみてください。

【目次】浴衣に合うヘアアレンジ術5選!可愛いアレンジで浴衣美人に

 

「くるりんぱ」のヘアアレンジ

基本的なくるりんぱのやり方

くるりんぱのアレンジ術

「編み込み」のヘアアレンジ

基本的な編み込みのやり方

編み込みのアレンジ術

「かんざし」のヘアアレンジ

かんざしを使った夜会巻きの基本的なやり方

かんざしを使ったアレンジ術

「ハーフアップ」のヘアアレンジ

基本的なハーフアップのやり方

ハーフアップのアレンジ術

「お団子ヘア」のヘアアレンジ

基本的なお団子ヘアのやり方

お団子ヘアのアレンジ術

【番外編】少数派?ツインテール

基本的なツインテールのやり方

ツインテールのアレンジ術

お気に入りのヘアスタイルを見つけよう

 

 

「くるりんぱ」のヘアアレンジ

 

くるりんぱとは、髪を束ねて、束ねたところにスペースを作って髪を通すだけの簡単なヘアスタイルです。

ロングヘアからショートヘアまで出来るので、まとめ髪のアレンジでも人気のひとつ。

初心者さんでも100均でヘアアレンジスティックが販売されているため気軽にできます。

 

基本的なくるりんぱのやり方

 

  1. ポニーテールを作る。(束の量や高さはやりたい髪型に合わせてください。)
  2. 束ねた髪の上部を二つに分けて、その間に毛先を通す。
  3. 結び目をおさえ、少しずつ髪をつまみ引き出してルーズ感を出す。

 

トップとねじれた部分をくずすと、地肌も隠れオシャレに仕上がります。

 

くるりんぱのアレンジ術

 

浴衣-ヘアスタイル-くるりんぱ

 

こちらはくるりんぱをいくつも繰り返しアレンジしています。

浴衣のヘアスタイルはアップにする方が多いですが、くるりんぱですっきりまとめれば重たさを感じません。

まとめた毛先を巻いて女性らしさがアップします。

 

 

「編み込み」のヘアアレンジ

 

三つ編みは出来るけど、編み込みは上級者テクニックで難しいと思っていませんか?

しかし、コツさえ掴めば簡単にできますので、ぜひチャレンジしてみてください。

100均では、毛束を順に溝に差し込むだけで編み込みができるグッズも販売されています。

なお、編み込みには「表編み」と「裏編み」があります。

 

基本的な編み込みのやり方

 

  1. 毛束を三等分にする。
  2. 真ん中と右の毛束を交差させる。(この時、右の毛束が上になること。)
  3. 右の毛束の上に左の毛束を交差させる。
  4. 左の毛束の上に真ん中の毛束を重ねる。
  5. 右から新たに毛束を取り一番上に重ねる。
  6. 左から新たに毛束を取り一番上に重ねる。

 

これを繰り返します。

三つ編みと違うところは、新たに毛束を取って重ねることだけです。

少しずつ髪をつまんで引き出し、こなれ感を出すと、仮に上手くできなくてもごまかせます。

 

編み込みのアレンジ術

 

浴衣-ヘアスタイル-編み込み

 

後ろとサイドに編み込みを作り、ひとつにまとめたヘアスタイル。

グラデーションカラーが編み込みを立体的に演出していて可愛らしいです。

まとめることでスッキリとし、浴衣に良く合っています。

 

 

「かんざし」のヘアアレンジ

 

かんざしとは、女性の髪飾りで髪に刺して使います。

お団子に刺すだけなら簡単ですが、夜会巻きは難しいと思われるかもしれません。

それでも、コツを覚えればとても簡単にできます。

かんざしの二本使いでボリュームアップしたり、使い方やデザイン、色によって印象が大きく変わるので、衣装やシチュエーションによって使い分けてみてください。

 

かんざしを使った夜会巻きの基本的なやり方

 

  1. ワックスを髪全体になじませます。
  2. 髪をくしでとかし、低めの位置でひとまとめにして毛束をねじります。
  3. 根元を押さえたまま180度ほど上にねじり上げます。
  4. ねじり上げた毛束を押さえたまま、かんざしを下から斜め上にさします。
  5. かんざしがずれないようにしながら、半円を描くようにかんざしを回転させます。
  6. かんざしが180度ほど回転したら、そのままかんざしを押し込みます。
  7. はみ出た毛先をピンで固定します。

 

上手くできなければ、何度もやり直せしながらコツを掴んでいってください。

また、かんざしを取り外す際は無理に引っ張らず、かんざしの先を軽く押し、浮かせてから引くと外しやすいです。

 

かんざしを使ったアレンジ術

 

浴衣-ヘアスタイル-かんざし

 

かんざしをさすと一気に華やかになり、髪をまとめることができます。

おしゃれもできて嬉しいアイテムですよね。

いくつか髪飾りを組み合わせると可愛さがアップします。

 

 

「ハーフアップ」のヘアアレンジ

 

ハーフアップとは、その名の通り耳辺りから上半分をまとめた髪型のことです。

女性らしくキュートで男性に人気なので、デートにもおすすめです。

両サイドの髪だけを後ろでまとめたものも、ハーフアップと呼ばれています。

シンプルにまとめると視界もスッキリし、仕事や勉強にも集中しやすいです。

 

基本的なハーフアップのやり方

 

  1. 耳の辺りより上の部分の髪を集めます。(または両サイドのみ。)
  2. 下半分を残し上の部分の髪をゴムなどでひとつにまとめます。

 

たったこれだけです。

ほとんど説明不要な手順ですが、シンプルだからこそアレンジ方法は無限大です。

 

ハーフアップのアレンジ術

 

浴衣-ヘアスタイル-ハーフアップ

 

まとめ髪は髪が長くないとできないと思いますが、ハーフアップならボブやミディアムヘアの方もこんなに可愛くヘアアレンジができます。

毛先は巻いて女の子らしさを出し、花の飾りで浴衣とのバランスも良く、この髪の長さだからこその可愛らしさを最大限に生かしています。

 

 

「お団子ヘア」のヘアアレンジ

 

お団子のヘアスタイルは、髪をひとつに束ね、束ねた髪をお団子のように丸めたヘアアレンジ。

ゴムやヘアピンだけで簡単にでき、時間が無い朝でもすぐまとめられ、おしゃれに見えるヘアスタイルです。

お団子を作る位置や前髪を上げたりするだけで印象が変わり、オフィスからお出かけまで様々なシチュエーションで使える王道のヘアスタイルと言えます。

 

基本的なお団子ヘアのやり方

 

  1. 頭の高い位置で髪をひとつに結びポニーテールを作ります。
  2. ポニーテールの毛先をねじります。
  3. ねじった毛先を髪を結んだところに巻き付けていきます。
  4. 最後の毛先をピンでとめます。

 

ポニーテール部分をねじるだけでなく、ポニーテールを作る途中でお団子を作り毛先を巻きつける方法や、三つ編みにしたりするだけでも印象がグッと変わります。

また、毛先をお団子の中に隠さず、巻いてふわふわにすると華やかに。

後れ毛を残すと大人っぽくなりますし、三つ編みを二つ作りにした後ひとまとめにした可愛いお団子ヘアもあります。

 

お団子ヘアのアレンジ術

 

浴衣-ヘアスタイル-お団子ヘア

 

下の方でお団子ヘアを作っています。

髪を巻いてからお団子を作り、全体をルーズにほぐせば大人っぽいヘアスタイルの完成です。

 

上の方でお団子ヘアを作り、後れ毛をたくさん出せばまた違った印象に。

髪の短い方でも、髪を上下にわけてお団子をつくり毛先を散らすと、可愛いヘアスタイルができます。

 

 

【番外編】少数派?ツインテール

 

ツインテールとは二つ結びのことです。

「子供は可愛いけど大人がツインテールしてもいいの?」と思われるかもしれませんが、ツインテールも結ぶ位置や結び方で印象が変わるので、可愛くも大人っぽくも演出できます。

意外に浴衣にもぴったりなので、是非チャレンジしてみてください。

 

基本的なツインテールのやり方

 

  1. 髪を縦半分に分ける。
  2. むすびたい位置で髪を結ぶ。
  3. 短い毛はピンでとめる。

 

髪の分け目を変えたり、結ぶ位置を高くするとフレッシュな印象に。

結び目が低い位置だと落ち着いた雰囲気になります。

可愛らしいイメージですが、うなじが見えて色っぽさを引き立たせることができます。

 

ツインテールのアレンジ術

 

浴衣-ヘアスタイル-ツインテール

 

編み込みやくるりんぱを取り入れたツインテール。

リボンを加えて可愛い印象ですが、低い位置で結ぶことで大人っぽくなり、毛先を巻いて動きが付いていることもありふわっと軽く見せてくれます。

 

 

お気に入りのヘアスタイルを見つけよう

 

浴衣-ヘアスタイル-お団子ヘア-アップヘア

 

浴衣に合うヘアアレンジをご紹介しました。

アレンジ方法は浴衣の色や柄、どこに行くかでも変わってくるでしょう。

一番は自分がやりたい髪型だと思います。

 

浴衣だけでなく、普段のお出かけやビジネスシーンでも試してみてください。

少しでもヘアアレンジに悩まれている方の参考になれば嬉しいです。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(30)
   着回し/コーデ(10)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(6)
   コンタクト/カラコン(2)
メイク・コスメ(75)
   ベースメイク(9)
   アイメイク(14)
   リップ/グロス(8)
   ネイル(3)
   メーカー/ブランド(30)
美容(59)
   スキンケア(37)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(10)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(28)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(3)
ライフスタイル(90)
   生活雑貨/生活用品(11)
   ギフト/プレゼント(10)
   趣味(4)
   お出かけ/観光/旅行/デート(16)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング/観葉植物(3)
インテリア(13)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(2)
グルメ(30)
   ドリンク/カフェ(13)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(6)
アート/カルチャー(12)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(4)

人気記事ランキング