logo

Top > ファッション > 髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ

マジェステでヘアアレンジを楽しもう!おすすめのマジェステやアレンジ方法を紹介






ヘアアレンジといえば、三つ編み、編み込み、くるりんぱなどがありますよね。

でも、「不器用でアレンジが上手にできない…」とお悩みの方はいませんか?
そんな方に使ってほしいのがマジェステ。

ヘアアクセサリーの1つである「マジェステ」は、結んだ髪の毛に被せて挿し込むだけ。
不器用な方でも、簡単にヘアアレンジを楽しむことができます。

本記事では、おすすめのマジェステからマジェステを使ったおしゃれなヘアアレンジまでご紹介します。

本ページに掲載のリンク及びバナーには広告(PR)が含まれています。


【目次】マジェステでヘアアレンジを楽しもう!おすすめのマジェステやアレンジ方法を紹介

 

マジェステとは

マジェステの種類

スタイリッシュなメタルタイプ

上品なべっ甲タイプ

スカーフタイプ・ラタンタイプ

マジェステを選ぶときに気を付けたいポイント

合わせやすい!おすすめのマジェステ

1. BASE(ベース) マジェステ

2. SMELLY(スメリー) メタルビッグマジェステ

3. アネモネ(AneMone) リーフ柄インタリオマジェステ

4. cilsoie(シルソワ) レースカフマジェステ

5. nissen(ニッセン) 天然素材風ナチュラルスティックバレッタ

マジェステの使い方をマスターしよう

1. モチーフに穴が空いているタイプ

2. モチーフ自体がフープ状になっているタイプ

レングス別のマジェステを使ったヘアアレンジ

【ボブ・セミロング】マジェステ×ハーフアップで上品さを後押し

【セミロング】浴衣とマジェステは相性ぴったり!低めのまとめ髪

【セミロング・ロング】とことんシンプルなローポニー

【ロング】たまねぎヘア×マジェステでスタイリッシュに

【ロング】ラフな高めおだんごヘアにもマジェステをオン

忙しい日もお呼ばれの日も、マジェステで簡単ヘアアレンジを楽しもう♪

 

マジェステとは

 

 

マジェステは、かんざしとバレッタが組み合わさったようなヘアアクセサリーのことです。

 

結んだ髪の毛に、モチーフを被せてスティックを挿して留めるだけで、簡単におしゃれなヘアアレンジが楽しめます。

不器用さんでも取り入れやすいのが嬉しいところです。

 

結婚式や浴衣・着物姿にも合わせることができるので、1本持っていると大活躍のアイテム。

まとめ髪の仕上げに付けると、一気に垢抜けますよ。

 

 

マジェステの種類

 

マジェステは素材によって雰囲気が変わります。

なりたい印象に合わせて、素材や形を変えるのがおすすめです。

 

スタイリッシュなメタルタイプ

 

 

スタイリッシュでモードな印象のメタルタイプ。

シンプルなローポニーにさらっと取り入れて、クールにまとめたいですね。

 

ゴールドやシルバーのアクセサリーと合わせて統一感を出すのがおすすめです。

 

上品なべっ甲タイプ

 

 

上品で柔らかい印象になりたいならべっ甲タイプがおすすめ。

編み込みや、ゆるっとしたお団子とも相性抜群です。

 

フェミニンなふわっとしたワンピースやスカートと合わせてみてはいかがでしょうか。

 

スカーフタイプ・ラタンタイプ

 

 

近年人気のスカーフアレンジ。

マジェステでも取り入れられることをご存知でしたか?

 

スカーフをアクセントにしたマジェステは、フェミニンにもカジュアルにもなる万能選手です。

 

 

珍しいものでは、ラタンタイプもあります。

ナチュラルな雰囲気で、抜け感のあるヘアアレンジを楽しめます。

 

 

マジェステを選ぶときに気を付けたいポイント

 

簡単におしゃれになれるマジェステですが、「落ちてしまいそう」「スティックが危ないのでは?」と心配な方もいるかもしれません。

選ぶときにここで取り上げるポイントに気を付けるだけで、悩みを解消することができますよ。

 

 

落ちるのが心配な方は、モチーフにひっかかりのあるタイプがおすすめ。

コームのようなギザギザや、ゴムに引っ掛けて使うフックがついているタイプなら、ズレたり落ちたりする心配が少なくなります。

 

モチーフのカーブ具合にも注目。

 

モチーフのカーブが急であればあるほど、たくさんの髪の毛を留めることができます。

髪の量が少ない方が急なカーブのものを使うと、モチーフとスティックの間に隙間ができて、マジェステが動く原因になってしまいます。

 

髪の量が多い人はモチーフのカーブが急なものを、髪の量が少ない方はモチーフのカーブがなだらかなものを選ぶとよりしっかり固定されますよ。

髪をゴムで括った部分より上に固定するとより安心です。

 

 

スティックが危ないと感じる方は、両端にモチーフのついたものがおすすめ。

パールなどのパーツがあれば、刺さる心配は少なくなります。

 

「子供がいるけど使ってみたい」「満員電車で心配…」

そんな方は、スティックの形状や長さに気を付けて選んでみてください。

 

 

合わせやすい!おすすめのマジェステ

 

マジェステがどんなものかわかったところで、おすすめのマジェステをご紹介します。

ぜひお気に入りを見つけてください。

 

1. BASE(ベース) マジェステ

 

 

マーブルカラーの樹脂モチーフがエレガントな印象のマジェステ。

初めての方でも取り入れやすいデザインです。

モチーフが大きすぎないので、さりげなくつけられますよ。

 

暗い髪色の方でも地味になりすぎない色味で、年代問わず使えるのもポイントです。

 

BASE(ベース) マジェステの商品情報

 

価格:2,200円(税込)

カラー:グレー

サイズ:全長10.5×モチーフ縦2×モチーフ横4.5(cm)

 

 

 

2. SMELLY(スメリー) メタルビッグマジェステ

 

 

作りがシンプルでこなれた雰囲気が出るメタルタイプのマジェステです。

セミマットな素材感は高級感があります。

 

メタルタイプは、カジュアルやモードなファッションと相性抜群。

ヘアはタイトにローポニーやお団子でまとめて、マジェステをプラスするとクールな印象になります。

 

ピアスやネックレスをつけるなら、ゴールドで揃えると統一感が出て良いですね。

 

SMELLY(スメリー) メタルビッグマジェステの商品情報

 

価格:1,650円(税込)

カラー:ゴールド

サイズ:全長12×モチーフ縦5(cm)

 

 

 

3. アネモネ(AneMone) リーフ柄インタリオマジェステ

 

 

アクリル素材に彫られたインタリオが特徴的なデザインのマジェステ。

透明感と奥行きを感じられるデザインで、和装にも合います。

 

落ち着いたカラー展開で、大人でも取り入れやすいです。

髪を固定するスティックが太く、モチーフのカーブが急なタイプなので、髪の量が多い方にもおすすめ。

 

アネモネ(AneMone) リーフ柄インタリオマジェステ の商品情報

 

価格:2,420円(税込)

カラー:ベージュ、ブラウン、ブルー

サイズ:全長9.3×モチーフ縦2.9×モチーフ横5.6(cm)

 

 

 

4. cilsoie(シルソワ) レースカフマジェステ

 

 

アクリルにレース模様がプリントされたマジェステ。

レース模様と細いスティックが繊細な印象を醸し出しています。

 

スティックの先についたビーズが、シャラシャラと揺れるのもアクセントに。

涼しげで柔らかい雰囲気になるので、ワンピースやシフォン素材のアイテムがよく似合います。

 

春夏、クリアカラーのアクセサリーとまとめてみてはいかがでしょうか。

 

cilsoie(シルソワ) レースカフマジェステの商品情報

 

価格:4,950円(税込)

カラー:A・B

 

 

 

5. nissen(ニッセン) 天然素材風ナチュラルスティックバレッタ

 

 

ナチュラルな素材感が特徴的なマジェステです。

コットンやリネンのお洋服がよく似合います。

 

サイズ感がボリューミーなので、ナチュラルな中にもしっかりアクセントを加えてくれますよ。

 

全体がメタルのものに比べると軽いのも嬉しいところ。

落ちにくく、違和感も少ないので、初めてマジェステに挑戦する人にもおすすめの素材です。

 

nissen(ニッセン) 天然素材風ナチュラルスティックバレッタの商品情報

 

価格:990円(税込)

カラー:ピンク、ブルー

 

 

 

マジェステの使い方をマスターしよう

 

「なんだか使い方が難しそう…」「使おうとしてみたけど上手くいかない…」

そんな方もいるかもしれません。

 

マジェステは主に2つのタイプに分けられます。

それぞれ少し留め方が異なるので、まずは自分の持っているタイプがどちらかを確認してみてください。

 

  1. モチーフに穴が空いているタイプ
  2. モチーフ自体がフープになっているタイプ

 

タイプ別に使い方をご紹介します。

 

1. モチーフに穴が空いているタイプ

 

 

初心者におすすめなのはこちらのタイプです。

 

まずは、スティックとモチーフを分けます。

モチーフをつけたいところに被せ、スティックを穴に挿し込んで固定します。

 

 

モチーフを被せるときに、髪の毛とモチーフの間にスペースをできるだけ作らないようにしてみてください。

より多くの髪の毛を留めることができるため、ズレにくくなります。

 

2. モチーフ自体がフープ状になっているタイプ

 

 

モチーフをつけたいところに被せます。

モチーフの内側にスティックを差し込み、髪をすくいます。

 

すくったら、モチーフの外側にスティックが出るように調整してください。

 

このとき、髪の毛を多めにすくうのがポイント。

すくう髪の毛が少なすぎると、モチーフがうまく固定できずぐらついてしまいます。

 

マジェステをつける前に、ヘアスプレーやワックスで少し髪を固めておくとより取れにくくなりますよ。

 

 

レングス別のマジェステを使ったヘアアレンジ

 

ほとんどアレンジをしなくてもおしゃれに決まるマジェステですが、アレンジを加えるとさらに楽しめます。

 

ボブからロングまで、髪の長さに合わせてアレンジができるのもマジェステの人気の秘訣。

ここでは、レングス別にアレンジをご紹介します。

 

【ボブ・セミロング】マジェステ×ハーフアップで上品さを後押し

 

 

ハーフアップにマジェステをつけると、フェミニンな印象に。

 

やり方は簡単で、耳上の髪の毛をねじってゴムで束ねたら、その上からマジェステをつけるだけ。

ねじるのが難しい方は、耳上の髪の毛をひとくくりにしてからくるりんぱをしてもOK。

 

写真はセミロングですが、ボブからロングまで長さを問わずできるアレンジです。

 

【セミロング】浴衣とマジェステは相性ぴったり!低めのまとめ髪

 

 

低めにおだんごを作って、メタルタイプのマジェステを合わせたヘアアレンジ。

大きなパールが華やかな印象にしてくれます。

 

浴衣には和風なデザインのヘアアクセを合わせることが多いですが、あえてスタイリッシュな印象のヘアアクセを持ってくると、トレンド感もプラスされます。

ここではメタルタイプを合わせていますが、べっ甲タイプも暗い髪色に馴染んで落ち着いた印象にしてくれるのでおすすめです。

 

【セミロング・ロング】とことんシンプルなローポニー

 

 

ヘアアレンジもマジェステもとことんシンプルにまとめたスタイルがこちら。

髪を巻いたり凝ったアレンジをしなくても、華やかな印象になりますね。

忙しい日やたくさん動く日におすすめです。

 

スティックの長さに気をつければ、オフィスでも浮かないスタイルの完成。

軽く巻いてあげると、かわいらしい印象もプラスすることができます。

 

【ロング】たまねぎヘア×マジェステでスタイリッシュに

 

 

カジュアルな印象のたまねぎヘアにもマジェステはお似合いです。

一見難しそうなたまねぎヘアですが、慣れれば簡単にできますよ。

 

低い位置で一括りにしたら、細めのゴムで均等に括っていきます。

最後に髪の毛を少しずつ引き出せば完成です。

 

結んだ根本にマジェステをつけたら、より女性らしい繊細な雰囲気に。

顔まわりをコテで巻いておくと、柔らかいニュアンスが出ますよ。

 

編み込みや三つ編みにマジェステをつけても素敵ですね。

 

【ロング】ラフな高めおだんごヘアにもマジェステをオン

 

 

このようにざっくりまとめたラフなおだんごヘアなら、抜け感のあるヘアアレンジに。

カジュアルなニットとも合います。

 

あらかじめコテで巻いてからおだんごを作るのがポイント。

残った毛先に動きが出て、ラフだけど手の込んだスタイルになります。

 

おだんごのみだと寂しい雰囲気になってしまいますが、マジェステがあることでメリハリがつきます。

少し高めの位置につけるのも新鮮な印象になるので、ぜひお試しください。

 

 

忙しい日もお呼ばれの日も、マジェステで簡単ヘアアレンジを楽しもう♪

 

 

マジェステを使えば、ただのまとめ髪もこなれたアレンジに変身します。

 

忙しい日はパパッとポニーテールに。

結婚式やお祭りの日は編み込みアレンジに。

様々なシーンで楽しめるのがマジェステの魅力です。

 

マジェステは、髪の長さを問わず使えるのも嬉しいところ。

ぜひ自分にあったアレンジ方法を見つけてみてください。

 

 

▼合わせて読みたいヘアアアクセ/ヘアアレンジの関連記事

・  バナナクリップの簡単アレンジ10選!さっとまとめて女性らしさをアップ♪

・  簡単にできるヘアピンアレンジ17選!不器用さんでもできる、留めるだけでおしゃれ可愛いアレンジ術

・  【くるりんぱのヘアアレンジ】コツさえ覚えれば簡単♪くるりんぱを使ったショート・ボブ・ロング向けヘアアレンジ


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(420)
   着回し/コーデ(90)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(85)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(9)
メイク・コスメ(514)
   ベースメイク(52)
   アイメイク(75)
   リップ/グロス(35)
   ネイル(19)
   コスメブランド/メーカー(237)
美容(167)
   スキンケア(85)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー/トリートメント(47)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(71)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(9)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(284)
   生活雑貨/生活用品(27)
   お祝い/ギフト/プレゼント(25)
   趣味(10)
   お出かけ/観光/旅行/デート(36)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(75)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(101)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(33)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(32)
   レシピ(31)
アート/カルチャー(42)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(19)

スキンケア

エイジングケア(45)
保湿(222)
美白(45)
乳液(52)
クリーム(128)
オイル(36)
化粧水(146)
美容液(114)
基礎化粧品(160)
ニキビ(24)
毛穴ケア(44)
角質ケア(57)
肌荒れ(35)
くすみ(56)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(45)
スペシャルケア(149)
セルフケア(81)
UV対策(52)
日焼け対策(42)
日焼け止め(20)
しわ(13)

肌質

乾燥肌(152)
敏感肌(105)
脂性肌(54)
混合肌(41)

コスメ/メイク

ツヤ肌(152)
マット肌(60)
ミネラルコスメ(59)
デカ目(70)
小顔(5)
韓国(109)
化粧(250)
ポイントメイク(258)
メイクテク(125)
ナチュラルメイク(193)
美肌(167)
メイク道具(35)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(164)
テカリ防止(28)
アイメイク(191)
リップ/グロス(164)
チーク(103)
カラーメイク(52)

ファッション

春コーデ(118)
夏コーデ(111)
秋コーデ(130)
冬コーデ(132)
スタイル(260)
テイスト(240)
シーン別(54)
大人コーデ(176)
カジュアル(169)
綺麗め(177)
フェミニン(132)

年代別

10代(10)
20代(19)
30代(21)
40代(14)
50代(9)

恋愛

片思い(26)
男性心理(43)
カップル(37)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(48)
モテ仕草(5)

ヘアスタイル

ショートヘア(60)
ロングヘア(66)
セミロング(62)
ボブ(66)
スタイリング(100)
ヘアケア(86)
ヘアカラー(34)
ヘアアクセ(27)

ライフスタイル

ホームパーティー(25)
グルメ/レシピ(141)
ヘルシー(50)
運動(23)
筋トレ(9)
リラックスタイム(55)

人気記事ランキング