logo

Top > ライフスタイル > お出かけ/観光/旅行/デート

旅行におすすめの持ち物15選!国内外の女子旅に持っていきたい定番どころから便利グッズまで






大型連休もあると国内外への旅行が楽しい時期ですよね♪
みなさんは既にどこかへ行かれる予定はありますか?
もう決まっている方は、旅行の持ち物の準備は進んでいますか?

「初めての海外旅行で何を持っていくべきかわからなくて不安…」「国内・海外両方で役立つアイテムは?」と旅行に何を持っていくか心配な方向けに、本記事では国内外の女子旅に役立つ便利グッズをご紹介します。

万全に備えた上で、目一杯旅行・女子旅を満喫しましょう。

【目次】旅行におすすめの持ち物15選!国内外の女子旅に持っていきたい定番どころから便利グッズまで

 

1ページ目 :

 

待ちに待った女子旅♪ …何持って行こう?

旅行に何を持っていくか迷った時のアイテム選定方法

迷ったら軽量のものを

マルチユースできるもの

コンパクトに折りたためるもの

旅行のシーン別便利グッズ&筆者おすすめグッズ♪

<パッキング編>

1. 圧縮袋

2. ラゲッジチェッカー

3. 風呂敷

<機内編>

1. 折りたたみダウンジャケット

2. 大判ストール

3. マルチバーム

4. 折りたたみスリッパ(ルームシューズ)

5. タンブラー

 

2ページ目 :

 

<美容編>

1. オールインワンクリーム

2. ホットアイマスク

4. ハーブティー

<ホテル客室編>

1. 簡易加湿器

2. 延長コード

3. アロマオイル

4. 入浴剤

持ち物を吟味して楽しい旅行・女子旅を♪

 

 

待ちに待った女子旅♪ …何持って行こう?

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by FASHION - LIFESTYLE (@miniiska) on

 

連休や夏休み、どこに何を持っていくかもう決めていますか?

悩みがちな持ち物ですが、選ぶ時間も実は楽しかったりしますよね♪

 

ただ、初めての海外旅行で何を持っていくべきか悩んでしまったり、思いのほか荷物が増えてしまったりと、いろいろ不安になる方も多いかと思います。

そこで今回は、国際線搭乗回数100回を超えてしまった旅行好きな筆者の目線から、旅行アイテムの選定方法やおすすめのアイテムをシーン別にご紹介。

パッキングや移動中に使える便利なものから、ホテルの客室で役立つものまで、幅広いジャンルで選定してみました。

 

 

旅行に何を持っていくか迷った時のアイテム選定方法

 

何を持っていくか迷ったら

 

「すでに持っていくものは決めたけど、同じようなアイテムでどっちを持っていくべきか悩んでる…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まずは、同じようなもの同士、どちらを持っていくべきかお悩みの方向けに選定方法をご紹介します。

 

迷ったら軽量のものを

 

どちらもスペックが同じものならば、なるべく軽いものを持って行っておきましょう。

新幹線やバスを使った旅行なら、多少重いものなら持ち運びは可能ですが、荷物の重量制限が厳しいLCCを利用する場合、重量はかなり重要です。

どちらか軽い方を選ぶと重さをセーブできますね。

 

筆者は以前、海外旅行でLCCを利用した際に空港チェックインカウンターで、スーツケース重量チェックに引っかかってしまったことがあります。

たった1kgのオーバーでしたが、すぐに荷物の詰め直しをするよう怒られました…

時間があったのでよかったのですが、これで時間に余裕がなかった場合はかなり危ない状況でした。

 

筆者の経験上、日本よりも海外の空港の方が荷物重量のチェックが厳しい印象があります。

そのため、海外旅行でLCCを使う方で持ち物に悩んだら、軽量のものを選ぶことを強くおすすめします。

 

マルチユースできるもの

 

マルチユースできるもの=いろいろな用途で使えるもの  です。

例えば、コスメならファンデーションと下地をそれぞれ持っていくのではなく、下地も日焼け止めもファンデーションも一緒になったBBクリームを持っていくなど。

用途が1つに限られているものよりは、マルチユースできるものの方がバッグ内のスペースが節約できますね。

 

コンパクトに折りたためるもの

 

折りたたみ傘をはじめ、折りたためるものがあれば持ち歩きもしやすいですよね。

ジャケットやバッグなど、なるべくコンパクトにしまえるものがあれば、荷物も大きくなりにくいです。

荷物がコンパクトにまとまれば、街歩きや観光もしやすくなりますね♪

 

 

旅行のシーン別便利グッズ&筆者おすすめグッズ♪

 

おすすめグッズ

 

ここからは、シーン別に便利な女子旅グッズをご紹介。

筆者が旅行先に持参して役立ったものも合わせてピックアップします。

 

<パッキング編>

 

まずは旅の前後で必要なパッキングに便利なアイテムから見ていきましょう。

 

1. 圧縮袋

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by pelibur (@pelibur_id) on

 

厚みのある衣類はまとめて圧縮袋に入れて、スーツケース内スペースを節約しちゃいましょう♪

特に寒冷地や冬の日本から常夏の国に行く場合など、違う気候・季節の場所を訪れる際にとても重宝しますよ。

 

また、現地で使う衣類以外にも現地で着たもの(洗濯物)やお酒・調味料などの液体系のお土産を入れるのもおすすめ。

ワインボトルなど割れ物の場合は、衣類などで包んだ上で圧縮袋に入れ、軽く空気を抜いておくと割れにくくなります♪

 

衣類圧縮袋 M・L 各5枚 10枚組(Bon Voyage Go Goセット)

 

 

筆者のおすすめは無色透明のもの。

中身がわかりやすいのはもちろん、必要に応じて油性ペンで内容物が何か書き込むことも可能です♪

マスキングテープを貼り、その上から書き込んでもOKですよ。

 

衣類圧縮袋 M・L 各5枚 10枚組(Bon Voyage Go Goセット)の商品情報

 

価格:1,512円(税込)

重量:M…1枚約20g、L…1枚約21g。プラスチックのスライダー付き。

 

 

 

2. ラゲッジチェッカー

 

MYCARBON デジタル荷物はかり

 

 

ラゲッジチェッカーは、スーツケースなどの持ち手部分に引っ掛けるだけで荷物の重量がわかる優れものです。

ホテルや空港で重量を測ろうと思うと、人がいっぱいだったり正確に測りにくいなどのデメリットがありますが、これならポケットサイズでいつでもどこでも重量が測れます。

特にLCCを使った旅をされる方におすすめですよ。

デジタル文字で表示され、なるべく50kg程度まで軽量できるものがあれば良いでしょう。

 

MYCARBON デジタル荷物はかりの商品情報

 

価格:1,199円(税込)

スペック:98g

備考:50kgまで軽量可能、LEDバックライトつき

 

 

 

3. 風呂敷

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by FOLDS (@folds.wrap) on

 

バッグ内のオーガナイザーとして使える風呂敷。

下着類、トップス、ボトムス…など、荷物別に風呂敷に包んでおけば、どこに何があるか一目瞭然です♪

ポーチを使うのも良いですが、風呂敷なら畳んだ時に全くかさばりません。

ちょっとしたエコバッグとしても使えるため、お出かけ用ハンドバッグに入れておくのも良いでしょう。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by I N S P I R A T I O N ✨ (@konmarisverige) on

 

風呂敷だけでなく、こんなオーガナイザーポーチを使うのも良い方法ですね。

これでスーツケース内を無駄なく活用することができます♪

 

トラベルポーチ 7点 セット

 

 

筆者おすすめは下記のようなものです。

 

  • ダブルファスナー
  • 持ち手付き
  • メッシュ生地

 

湿気が多い土地にいく場合は、通気性を確保できるものが一番です。

また、持ち手とダブルファスナーはあるのとないのでは使いやすさが全然違います。

大きいオーガナイザーを選ぶ場合はファスナーの数にぜひ着目してみてください。

 

トラベルポーチ 7点 セットの商品情報

 

価格:1,199円(税込)

内容:ポーチ7つ(20インチ、22インチ、24インチ、25インチ、28インチなどのスーツケースに対応)

 

 

 

<機内編>

 

続いては、機内など移動中に役立つものを見ていきましょう。

 

1. 折りたたみダウンジャケット

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Lolë (@lole) on

 

機内は温度変化が大きく、暖かい時期のフライトでも機内温度がかなり下がることもザラです。

筆者も機内で配られるブランケットだけでは寒暖差に追いつくことができず、風邪を引きそうになったことがあります。

そんな時用に、折りたたみダウンジャケットがあればとても安心。

寒いときにさっと羽織れば寒さからも解放されます。

 

PUMA トレーニングウェア PWRWARM パッカブル LITE ダウンジャケット

 

 

 

筆者のおすすめは、ポケットにしまえるタイプのジャケット。

ポーチが付属したタイプもありますが、なくしそうで不安な方もいらっしゃるかと思います。

内ポケットなどに畳んで収納できるタイプなら、ポーチをなくす不安もありません♪

 

PUMA トレーニングウェア PWRWARM パッカブル LITE ダウンジャケットの商品情報

 

価格:4,973円 〜17,280円(税込)

サイズ:S, M, L

 

 

 

2. 大判ストール

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by anu ❄️ (@anu_s12) on

 

フライトが短かったり、常夏の国に行く際など、先ほどご紹介した折りたたみダウンジャケットがやはりかさばる…ということもあるかと思います。

そんな時には大判のストールがあると重宝します。

さっと羽織るだけでなく、膝掛けにしてみたり首に巻いたりといろいろな使い方ができますね。

特にLCCを利用される予定の方におすすめです(LCCにはブランケットが有料の会社も多くあります)。

 

YAGIYA(ヤギヤ) パシュミナ大判ストール

 

 

筆者のおすすめは、コットン(綿)100%の大判ストールです。

なぜコットンなのかというと、コットンは比較的静電気を寄せ付けないためです。

100%のものをお持ちでない方は、なるべくコットンの比率が高いものを持参してみてくださいね。

 

YAGIYA(ヤギヤ) パシュミナ大判ストールの商品情報

 

価格:2,999円(税込)

サイズ:191cm x 83cm

 

 

 

3. マルチバーム

 

マルチバーム

 

機内は最低湿度が20度までにもなる砂漠のような場所でもあります。

そんな機内では、髪の毛や衣類、触るものすべてに静電気が走ったり、お肌や髪の毛がカラッカラに乾燥してしまうことも。

機内で過ごす際にあらゆる乾燥に耐えるべく、リップクリームやヘアミスト、ハンドクリームなどいろいろ持ち込みたくなりますよね。

しかし、液体の持ち込みには制限があるだけでなく、色々持ち込むとエコノミークラスの場合は置き場所に困ってしまう方ことも多いはずです。

 

そこでおすすめなのが、髪の毛にも顔にも使えるマルチバーム。

例えば、下記のように1つで何役もこなしてくれますよ。

 

  • 手のひらで温めて髪の毛になじませてヘアクリームに
  • 少量を唇にのせたてリップクリームに
  • 手のひら・手の甲になじませてハンドクリームに
  • 爪に少量なじませてネイルクリームに

 

筆者も以前あれこれ試供品をこれでもかとジップロックに入れて機内に持ち込んでいましたが、マルチバームに出会ってからは機内用ポーチがかなりすっきりしました♪

お好きな香りのものを選んでみて、香りに癒されるのも良いでしょう。

 

トリロジー エブリシングバーム

 

 

筆者のおすすめは、頭からつま先までどこでも使えるマルチバーム「トリロジー エブリシングバーム 」!

やや固めのテクスチャーなのですが、手のひらで温めて気になるパーツになじませるとしっとりもちもち肌に。

ニュージーランドのオーガニックブランドのベストセラーアイテムです。

ハーブ系の自然な香りも楽しめますよ。

 

トリロジー エブリシングバームの商品情報

 

価格:3,348円(税込)

内容量:45ml

 

 

 

4. 折りたたみスリッパ(ルームシューズ)

 

 

折りたためるルームシューズやスリッパがあれば、長時間のフライトでも足をリラックスさせることができますね。

航空会社によっては、エコノミークラスでも簡易スリッパやソックスを配布してくれることもありますが、搭乗する前までは戴けるかどうかはわからないことがほとんど。

それなら、前もってこちらで用意しておきましょう♪

靴下だけで過ごすなら、もこもこの厚手の靴下を用意しておくのもアリです!

どちらかでもあれば、ホテルの客室で使うこともできますね。

 

DEMET 携帯 スリッパ(ルームシューズ)

 

 

筆者のおすすめは、なるべくかかと部分があるシューズタイプ。

スリッパも良いのですが、長いフライトだと睡眠中に片方がどこかに行っていることもしばしばあります。

シューズタイプなら寝ている間に落ちることがないので安心ですよ。

 

DEMET 携帯 スリッパ(ルームシューズ)の商品情報

 

価格:1,250円(税込)

サイズ:フリー(23~25cmに対応)

 

 

 

5. タンブラー

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 24Bottles (@24bottles_official) on

 

国内外の空港には、無料で飲料水を提供しているところも多くあります。

空のタンブラーを持っておくと、いつでもお水を入れて水分補給しやすくなりますね。

 

保安検査後のエリアにも無料飲料水エリアあるので、そこで給水してから機内に乗り込めば、いつでも好きな時に水分補給ができますよ。

海外の空港だと飲料水がとても高いこともあります(特にヨーロッパ)。

ヨーロッパに行かれる方はタンブラーを持っておくとお金の節約もできます♪

 

AQUA_hack マイボトル

 

 

筆者のおすすめは、折りたためるタンブラー。

シリコンでできたタンブラーなら、好きな容量に調整できますよ。

使わないときは一番小さなサイズに畳んでおけば、バッグ内でもスペースをさほど占領しません。

 

AQUA_hack マイボトルの商品情報

 

価格:2,280円(税込)

容量:275ml~500ml

 

 


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(36)
   着回し/コーデ(14)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(6)
   コンタクト/カラコン(2)
メイク・コスメ(84)
   ベースメイク(10)
   アイメイク(15)
   リップ/グロス(8)
   ネイル(4)
   メーカー/ブランド(34)
美容(61)
   スキンケア(39)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(10)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(30)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(3)
ライフスタイル(96)
   生活雑貨/生活用品(10)
   ギフト/プレゼント(11)
   趣味(4)
   お出かけ/観光/旅行/デート(17)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング/観葉植物(3)
インテリア(15)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(2)
グルメ(32)
   ドリンク/カフェ(13)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(6)
アート/カルチャー(12)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(4)

人気記事ランキング