logo

Top > 美容 > 染髪/カラーリング/パーマ

白髪が気になってきたら「白髪用ヘアマニキュア」がおすすめ!ヘアカラーとの違い&使い方を紹介






誰もが避けたいと思う白髪は、加齢によって気付いたらできてくるもの。
人によっては、10代から白髪と付き合っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、白髪をカバーするために使える白髪用ヘアマニキュアの正しい使い方や、マニキュア効果をアップさせるためのコツ、白髪の対策方法などをご紹介します。
気になるヘアカラーとの違いもまとめているので、白髪が気になってきた方はぜひチェックしてみてください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】白髪が気になってきたら「白髪用ヘアマニキュア」がおすすめ!ヘアカラーとの違い&使い方を紹介

 

白髪が目立ってきた…そろそろ白髪染めした方が良いのかな?

そもそもなぜ白髪が生えるの?

今後、白髪を予防していくには…?

白髪染めに使うヘアカラーとヘアマニキュアの違いって?

白髪用のヘアマニキュアの特徴

【基本】ヘアマニキュアの使い方

セルフヘアマニキュア前に用意しておきたいもの

ヘアマニキュアの白髪染め方法

ヘアマニキュアをする際に押さえておきたいポイント

これで長持ち&白髪カバー!ヘアマニキュアをキープさせるためのコツ

ヘアマニキュア前にシャンプーをしておく

シャンプーはマイルドなものを選ぶ

シャンプー後はすぐドライヤーを

トリートメント類は控えめに

コテ・ヘアアイロンはなるべく控える

白髪にお悩みの方におすすめのヘアマニキュア

リライズ 白髪染め リ・ブラック

2. サロンドプロ ヘアマニキュア スピーディ

3. ブローネ ヘアマニキュア

4. シエロ オイルインヘアマニキュア

5. ホーユー グラマージュ

白髪予防方法とヘアマニキュアの正しい使い方でもう白髪に悩まない♪

 

白髪が目立ってきた…そろそろ白髪染めした方が良いのかな?

 

 

早い人で学生から、平均的には30代あたりからチラチラ生えてくることが多い白髪。

読者のみなさんの中でも、若白髪にお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

筆者も高校受験あたりから白髪が見えはじめ、アラサーとなった今ではヘアマニキュアが手放せないほどになっています。

今回は、白髪ヘアカラー歴がすっかり長くなってしまった筆者が、白髪がうまく隠れるヘアマニキュアの方法やヘアカラーとの違い、おすすめヘアマニキュアをご紹介していきます。

 

そもそもなぜ白髪が生えるの?

 

白髪のしくみ

 

髪の毛の黒さは、メラノサイト(毛母)というところで作られている物質「メラニン」によって決まるもの。

もともと生まれたての髪の毛は白髪なのですが、加齢などの原因でメラノサイトの機能が衰えると、黒くなるはずの髪の毛が白髪のまま生えてきてしまうと言われています。

 

ただ、加齢といっても筆者のように10代で白髪に遭遇する方も少なくありません。

メラノサイトの衰え以外では、以下のような原因もあります。

 

  • 頭皮が硬い
  • 毛穴が詰まっている
  • ストレス
  • ストレスによる活性酸素の増加
  • 遺伝

 

頭皮が硬い、頭皮の毛穴が詰まっているという場合は、マッサージで頭皮の血流を改善させたり、普段から栄養バランスに気を付けてみるといった対策が有効。

また、ストレス対策は早めのストレス発散やマッサージなど、リラックスできる方法を見つけるのが先決です。

 

一番対策しにくいのは、遺伝による若白髪。

基本的に白髪は30代頃から見え始めるものですが、両親のどちらかが若白髪体質の方の場合、30代に突入する前からすでに白髪が生えてきている可能性があります。

 

今後、白髪を予防していくには…?

 

白髪予防策

 

できてしまった白髪は仕方ありませんが、日常生活で気を付けておくべき基本的なポイントを押さえておけば、将来の白髪を予防していくことは可能です。

今後白髪を予防するなら、以下のような健全なライフスタイルと清潔な頭皮環境作りが必須と言えるでしょう。

 

  • 正しい生活習慣
  • 栄養バランスがとれた食事
  • 適度な運動
  • 頭皮環境を清潔に保つ

 

睡眠や食事、運動といった基礎から固めていくことが、髪の毛の健康を守ることに繋がります。

 

食事に関しては、髪の毛の主成分である「ケラチン」の合成に必要なビタミンやミネラル分を意識して摂取するのがおすすめです。

また、ケラチンはタンパク質の一種でもあるため、タンパク質を多く含む魚や肉類、豆類を食事に取り入れると良いでしょう。

 

 

白髪染めに使うヘアカラーとヘアマニキュアの違いって?

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by PUFF HAIR (@puffhair212722) on

 

白髪の対策や予防は可能でも、一度生えた白髪を自然に黒くすることはできません。

 

そこで使っておきたいのが白髪染め。

でも「ヘアカラー」と「ヘアマニキュア」の違いって何だろう?と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

簡単にご説明すると、以下のような違いがあります。

 

  • ヘアカラー:髪内部のメラニン色素を分解し、ヘアカラー染料を浸透させる
  • ヘアマニキュア:髪の毛の表面を染料でコーティングして染料を浸透させる

 

ヘアマニキュアに似たもの(髪の外側から染料を浸透させるもの)だと「カラーバター」や「カラートリートメント」も人気ですね。

 

ちなみに、一般的に髪の毛へのダメージが少ないことで知られているのはヘアマニキュアの方です。

ヘアマニキュアは髪の毛の外側だけ染めるので、内部組織が壊れにくくなっています。(ただし、外側を染めるため徐々に脱色していくデメリットもあります)

 

白髪用のヘアマニキュアの特徴

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by パラディ♪ (@paraiso3000) on

 

白髪用のヘアマニキュアは、おしゃれ染めのヘアマニキュアよりも染まり方と色もちが良いのが特徴。

本来の黒髪が持つメラニン成分を補ってくれるものも多いです。

そのため、おしゃれ染め用のヘアマニキュアよりも、白髪用ヘアマニキュアの方が白髪のキラキラ感を抑えやすい仕様になっています。

 

また、白髪用のヘアマニキュアは液体をそのまま保存できるものや、バスタイムに簡単に使えるもの、何度か分けて使える大容量タイプなど種類もさまざま。

ご自分のライフスタイルや白髪染めの頻度に応じて選びやすくなっているのは嬉しいですね♪

 

白髪用のヘアマニキュアを選ぶ場合、本来の自分の地毛色に近いものを選ぶと失敗が少ないですよ。

 

 

【基本】ヘアマニキュアの使い方

 

ヘアマニキュアは、基本的にはサロンで行うのが一般的。

そうというのも、ヘアマニキュアはタンパク質を染めるアイテムで、髪以外にもタンパク質で構成されている地肌に付着するとなかなか落ちづらいなど、なにかとハードルが高いためです。

 

しかし、筆者を含め、自宅でヘアマニキュアを実践している方も意外と多いです。

まずは、ヘアマニキュアで髪の毛を染める前に必要な準備からご紹介します。

 

セルフヘアマニキュア前に用意しておきたいもの

 

「そんなに準備することある?」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、この準備があるのとないのとでは仕上がりに歴然とした差が現れます。

 

保護クリーム(プロテクションクリーム)

 

 

保護クリームは、ヘアマニキュア前に耳周り、首の周り、生え際などにマニキュアが付きそうな場所に塗っておくクリームです。

 

保護クリームは、ワセリンやニベアクリームなど油分多めのクリームでも代用が可能です。

筆者も、保護クリームを切らしてしまったときは、 ワセリン を顔まわりになじませてからヘアマニキュアをしています。

比較的お手頃価格で手に入るので、大きいものがあれば重宝するでしょう。

 

ステインリムーバー

 

 

「どうしよう、皮膚にヘアマニキュアが…!」という時のために準備しておきたいのが「ステインリムーバー」。

 

保護クリームを塗っている場合は、付着した時点でささっとティッシュなどで拭き取れることも多いのですが、知らないうちに肌に着色していたら落とすのがとても困難になってしまいます。

 

そんな時には、コットンに染み込ませたステインリムーバーを、着色したお肌に数分置いておけば安心。

数分放置した後に優しくこすれば色が落ちますよ。

 

イヤーキャップ

 

 

耳周りに保護クリームを塗るだけでは不安という場合は、イヤーキャップを準備されることをおすすめします。

 

イヤーキャップはシャワーキャップの耳版のようなもの。

耳をカバーしておけば、髪の毛をかき上げた時にうっかり染まってしまった耳を露出せずに済みます。

 

サランラップ

 

マニキュアを塗り終わった後の保温・保湿に使用します。

詳しい手順は後ほどご紹介しますが、頭部に巻いておくことでマニキュアが乾燥するのを防いでくれます。

 

染髪用コーム&ビニール手袋

 

 

大半のヘアマニキュアには染髪用コームと手袋が付属していますが、もしない場合はご用意ください。

 

ヘアマニキュアの白髪染め方法

 

手順

 

  1. 作業する場所にマニキュア液が落ちたり散ったりした時のため、周辺に新聞紙などを敷きます。
  2. 乾いた髪の毛をブラシでよくとかし、手に手袋をはめておきます。
  3. コームにマニキュアをとり、分け目からなじませていきます。
  4. 2を髪の毛全体にムラなくつくまで繰り返します。
  5. 髪の毛全体にマニキュアがなじんだら、頭にラップをふんわりとかけます。
  6. ラップをかけたらドライヤーを軽く当て、30分ほど放置します。
  7. 手袋をつけたまま、ヘアマニキュアの色が出なくなるまですすぎます。
  8. その後シャンプーで丁寧に2度ほど洗い、  コンディショナー をして完了です。

 

ヘアマニキュアをする際に押さえておきたいポイント

 

基本的なヘアマニキュア方法と合わせて、より仕上がりをアップさせるためのポイントも押さえておきましょう。

 

必ず乾いた髪の毛にマニキュアを

 

ヘアマニキュアをする際に髪の毛を乾いた状態にしておくのには理由があります。

それは、髪の毛が濡れているとマニキュアが薄まってしまうため。

 

たしかに、ヘアマニキュアを塗布する際は髪の毛が濡れていたほうが伸びは良いです。

しかし、色が濃く入るのは乾いた髪の毛の方。

髪の毛が乾いている状態の時にヘアマニキュアをすることで、マニキュアの色がより濃く塗られ、カラーも長持ちしますよ。

 

塗布時のヘアコームはなるべく垂直に使う

 

ヘアマニキュアを塗布する際は、頭皮にマニキュア液がつくのでは…と気になる方もいらっしゃるかと思います。

頭皮にマニキュア液を塗布する際に、コームの先をなるべく髪の毛に垂直にしてなじませていくのがおすすめ。

コーム先端は地肌に当たる面積がとても少ないため、コームの先を立たせて塗布していくことで頭皮にマニキュアがつきにくくなりますよ。

 

また、放置時間に関しては30分としましたが、基本的にはお使いのヘアマニキュアの説明書にしたがって時間をおいてみてください。

 

ヘアマニキュア後に髪の毛をすすぐ時は「ぬるま湯」で

 

仕上げにヘアマニキュアがついた髪の毛をすすぐ際にも注意が必要です。

高温のドライヤーを長時間髪の毛にあてているとダメージヘアになりやすいのと同様に、あまり温度が高い熱湯で髪の毛を洗い流すと、髪の毛の表面にはりめぐらされているキューティクルがめくれやすくなってしまいます。

それだけでなく、頭皮に必要な油分まで洗い流されて頭皮が過乾燥状態になってしまうことも。

 

ヘアマニキュアはヘアカラーよりも比較的髪の毛にはマイルドですが、それでも髪の毛の負担になりやすいものです。

なるべく、体温に近い36度〜38度ほどのお湯で流すよう心がけてください。

 

 

これで長持ち&白髪カバー!ヘアマニキュアをキープさせるためのコツ

 

ヘアマニキュアの使い方をご紹介しましたが、「せっかく染めたのは良いけれど、いつもカラーが長続きしない」「気づいたらカラーが抜けてすぐに白髪がキラキラしはじめる」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここからは、ヘアマニキュアを使う前&使った後にできる、髪色キープのためのちょっとしたコツをご紹介します。

 

ヘアマニキュア前にシャンプーをしておく

 

シャンプー

 

ヘアマニキュアは、髪の毛の外側から染色していることをお伝えしました。

そのため、髪の毛の表面にスタイリング剤や髪の毛の油分・汚れが残っている場合、塗布したヘアマニキュアを弾いてしまうことがあります。

せっかくヘアマニキュアを塗布しても、汚れている部分だけムラになってしまうこともあるので、ヘアマニキュアをする前は必ずシャンプーをしておきましょう。

 

また、シャンプーをした後はトリートメントやコンディショナーを使わないよう気を付けてください。

ついつい普段の癖で使ってしまいがちですが、 トリートメントやコンディショナーといったコーティング剤や油分多めのアイテムを使ってしまうと、ヘアマニキュアが弾かれてしまいます。

 

シャンプーはマイルドなものを選ぶ

 

マイルドシャンプー

 

シャンプー後の爽快感や汚れ落ちを重視すると、洗浄力が強いシャンプーを選びがち。

しかし、ヘアマニキュア後は成分がマイルドなもの(カラー用シャンプー、ノンシリコンシャンプーなど)を選んでおくことをおすすめします。

あまり洗浄力が高いものだと、ヘアマニキュアも落ちやすくなってしまうため注意が必要です。

 

シャンプー後はすぐドライヤーを

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by -K IMAGE HAIR- (@kimagehair) on

 

また、ヘアマニキュアをした後の日、シャンプーをすることがあるかと思います。

シャンプーをしたら、すぐにドライヤーで髪の毛を乾かすよう心がけてください。

 

濡れたままの状態が続くと、髪の毛の性質上キューティクルが開いてしまいます。

もしこの状態が長時間続くとなると、髪の毛の表面に塗られているマニキュアの色も抜けやすくなってしまいます。

そのため、入浴後は早めにしっかりと乾かすようにしましょう。

 

トリートメント類は控えめに

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by OLAPLEX (@olaplex) on

 

シャンプーを使うたびに必ずリンスやコンディショナー、トリートメントを使う方は多いかと思います。

でも、ヘアマニキュアをしてから毎日使うのは実はNGです。

 

ヘアマニキュアは、髪の毛表面に色を定着させているだけでなく、同時に髪の毛表面をコーティングする役割も果たしています。

一方、リンスやコンディショナーにも髪の毛をコーティングするはたらきがあります。

同じ機能があるヘアマニキュアとコンディショナーを使ってしまうと、もともとコーティングされていたヘアマニキュアとコンディショナー類が混じり合ってカラーが薄くなる可能性があります。

 

そのため、コンディショナー類は毎日使用するのではなく、週に数回ほどの使用にする、パサつきが気になった時だけにすると決めておくのがおすすめです。

 

コテ・ヘアアイロンはなるべく控える

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Sutra Beauty (@sutrabeauty) on

 

ヘアマニキュアをした髪の毛にコテやヘアアイロンを当てると、熱でカラーが飛んでしまうことがあります。

色落ち・色飛びを考えると、なるべく高温のコテやヘアアイロンは控えておいた方が良いでしょう。

どうしても使わないといけないという日は、温度を160度以下に設定して、髪の毛へのダメージを最小限に抑えておくのがおすすめです。

 

 

白髪にお悩みの方におすすめのヘアマニキュア

 

白髪にお悩みの方におすすめのヘアマニキュアをご紹介します。

 

リライズ 白髪染め リ・ブラック

 

 

お風呂で簡単にケアできる白髪染め「リライズ」。

100%天然由来成分を配合したメラミンのもとだけで染めていく新発想のヘアマニキュアです。

 

繰り返し使っても、髪の毛表面に負担をかけないため、髪の毛のダメージが気になる方にもぴったり。

仕上がりも「ふんわり仕上げ」「まとまり仕上げ」の2つから選ぶことができ、ヘアケアを重視している方にも最適です♪

 

お風呂で塗布し、5分待って流すだけの簡単ケアで、においも控えめ。

トリートメント感覚で使うことができるので、白髪ケア初心者の方にも比較的取り入れやすい白髪ヘアマニキュアです。

 

リライズ 白髪染め リ・ブラックの商品情報

 

価格:2,700円(税抜)

内容量:155g

 

 

 

2. サロンドプロ ヘアマニキュア スピーディ

 

 

放置時間が5分と短く、お急ぎの方におすすめなサロンドプロの「ヘアマニキュア スピーディ」。

付属品としてノーマルなコームと生え際や分け目もきれいに塗ることができるコームも付属。

比較的ライトで自然な仕上がりなので、若白髪が気になってきた方に特に使いやすいタイプです。

 

サロンドプロ ヘアマニキュア スピーディの商品情報

 

価格:646円(税抜)

内容量:100g

 

 

 

3. ブローネ ヘアマニキュア

 

 

コームとヘアマニキュアが一体化したものを使ってみたい方におすすめなのが「ブローネ ヘアマニキュア」。

ワンプッシュですぐに髪の毛に塗布しやすいだけでなく、塗布する量も調整しやすいのがメリットです。

 

また、毛髪保護・保湿機能つきで、ヘアマニキュア後に感じがちなカチカチ感、パサパサ感が軽減されているのもポイント。

ダメージヘアが気になる方や、もともとの髪の毛の質感を損ねたくない方に特におすすめです。

 

ブローネ ヘアマニキュアの商品情報

 

価格:834円(税抜)

内容量:72g

 

 

 

4. シエロ オイルインヘアマニキュア

 

 

カラーが1ヶ月も続く処方で色持ち・定着に重点をおいているのが「シエロ」。

ジェルタイプのヘアマニキュアで、髪の毛への密着度も抜群です♪

 

こちらも、コームとマニキュアが一体化したワンプッシュタイプで取り扱いやすさも人気。

さらに、髪の毛の保湿対策としてアルガンオイルやオリーブオイル、ヒアルロン酸などが配合され、髪の毛の潤いキープにも特化しているのがポイントです。

 

シエロ オイルインヘアマニキュアの商品情報

 

価格:1,000円(税抜)

内容量:100g+3g+10g

 

 

5. ホーユー グラマージュ

 

 

ホーユーの「グラマージュ」は透明度が高いツヤ感重視のヘアマニキュア。

こちらのチューブ単体で発売されているため、コームや手袋などは自分で準備しないといけないのがデメリットですが、仕上がりとツヤ感、色落ちの遅さなど全てがバランスよく兼ね備わったヘアマニキュアです。

 

単品利用だけでなく、同シリーズの他のカラーと混ぜてお好みの色に仕上げることもできますよ♪

白髪をポイントカラーとしても演出できるような、ブルーやグリーンといったアクセントカラーも揃っています。

 

ホーユー グラマージュの商品情報

 

価格:990円(税抜)

内容量:150g

 

 

 

白髪予防方法とヘアマニキュアの正しい使い方でもう白髪に悩まない♪

 

まとめ

 

今回は白髪が気になりだした方向けに、白髪の予防方法やヘアマニキュアの正しい使い方や、カラーを長持ちさせる方法をご紹介しました。

白髪は放っておくと、見た目にも大きく変化をもたらすようになります。

 

ヘアマニキュアに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、最近では若い方向けの白髪用マニキュアも多く販売されています。

もし白髪が気になってきたら、一度試してみてはいかがでしょうか。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(199)
   着回し/コーデ(60)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(35)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(6)
メイク・コスメ(277)
   ベースメイク(21)
   アイメイク(31)
   リップ/グロス(18)
   ネイル(11)
   コスメブランド/メーカー(154)
美容(114)
   スキンケア(64)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(30)
   石鹸/ソープ/洗顔料(7)
   ダイエット(5)
健康(50)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(5)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(205)
   生活雑貨/生活用品(30)
   ギフト/プレゼント(15)
   趣味(8)
   お出かけ/観光/旅行/デート(30)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(32)
   内装/レイアウト(4)
   DIY(3)
グルメ(77)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(29)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(21)
   レシピ(26)
アート/カルチャー(21)
   写真/カメラ(6)
   ハンドメイド/クラフト(8)

スキンケア

エイジングケア(38)
保湿(149)
美白(40)
乳液(30)
クリーム(90)
オイル(22)
化粧水(97)
美容液(77)
基礎化粧品(109)
ニキビ(18)
毛穴ケア(28)
角質ケア(34)
肌荒れ(22)
くすみ(40)
クマ(9)
たるみ(18)
ハリ不足(33)
スペシャルケア(95)
セルフケア(41)
UV対策(36)
日焼け対策(27)
日焼け止め(11)
しわ(11)
洗顔/クレンジング(47)

肌質

乾燥肌(99)
敏感肌(77)
脂性肌(27)
混合肌(20)

コスメ/メイク

ツヤ肌(89)
マット肌(44)
ミネラルコスメ(27)
デカ目(43)
小顔(2)
韓国(36)
化粧(111)
ポイントメイク(124)
メイクテク(46)
ナチュラルメイク(91)
美肌(92)
メイク道具(21)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(62)
テカリ防止(5)
アイメイク(70)
リップ/グロス(67)
チーク(34)
カラーメイク(13)

ファッション

春コーデ(42)
夏コーデ(40)
秋コーデ(53)
冬コーデ(54)
スタイル(119)
テイスト(105)
シーン別(40)
大人コーデ(57)
カジュアル(60)
綺麗め(67)
フェミニン(50)

年代別

10代(2)
20代(11)
30代(11)
40代(6)
50代(4)

恋愛

片思い(24)
男性心理(41)
カップル(34)
恋愛観(44)
恋愛テクニック(46)
モテ仕草(3)

ヘアスタイル

ショートヘア(33)
ロングヘア(34)
セミロング(31)
ボブ(33)
スタイリング(48)
ヘアケア(54)
ヘアカラー(17)
ヘアアクセ(12)

ライフスタイル

キッチン用品(24)
ホームパーティー(16)
グルメ/レシピ(109)
ヘルシー(43)
運動(12)
筋トレ(5)
リラックスタイム(21)

人気記事ランキング