logo

Top > メイク・コスメ > リップ/グロス

【MAYBELLINE(メイベリン)】リップは名品揃い!新作ステイマットインクや定番リップをまとめて紹介






アメリカ生まれのプチプラコスメブランド「MAYBELLINE NEW YORK(メイベリン ニューヨーク)」。
マスカラが有名なことで知られていますが、リップも誰もが知る名品の一つです。

2018年9月にデビューしたステイマットインクは、ティントより落ちないだけではなく、見たままの鮮明な発色が話題を呼びました。
そして、2019年6月にステイマットインクから新シリーズとして5色が追加され、益々注目が集まっています。

本記事では、注目の新作リップからおすすめのリップ(口紅)まで幅広くご紹介します。

【目次】【MAYBELLINE(メイベリン)】リップは名品揃い!新作ステイマットインクや定番リップをまとめて紹介

 

MAYBELLINE(メイベリン)のリップの種類は主に7つ

1. 「SPステイ マットインク」でとにかく落ちないラスティング

2. 「ビビットマットリキッド」でパキッとした唇に

3. 「リップ フラッシュ」でにじみ出る血色感を

4. 「リップ フラッシュ ビッテン」でひと塗りグラデーションリップ

5. 「カラーセンセーショナル リップスティック」でシルキーな仕上がりに

6. 「リップクリーム カラー」で水分たっぷり潤う唇

7. 「ウォーターシャイニー」でクリーミーとみずみずしさの融合

おすすめのMAYBELLINE(メイベリン)リップ

1. SPステイ マットインク 50(VOYAGER)

2. SPステイ マットインク 80(RULER)

3. ビビットマットリキッド MAT11

4. リップ フラッシュ OR01(オレンジグレーズ)

5. リップフラッシュ ビッテン RD03(ディープチェリー)

6. カラーセンセーショナルリップスティック MNU11(トーストブラウン)

7. リップクリームカラー 07(コーラルバースト)

8. ウォーターシャイニーボリューミーパール 120(チョコレートラブ)

9. ウォーターシャイニーボリューミー 024(クリーミーローズ)

10. ウォーターシャイニーミルキー BE602(チャイベージュ)

【番外編】新作で追加され再熱中!「SP ステイマットインク」全5色を紹介

1. SP ステイ マットインク 117(ブリックレッド)

2. SP ステイ マットインク 125(ピンクブロッサム)

3. SP ステイ マットインク 130(アプリコットジャム)

4. SP ステイ マットインク 135(ローストキャラメル)

5. SP ステイ マットインク 210(テラコッタブラウン)

MAYBELLINE(メイベリン)のリップで女性らしさに磨きをかけよう♪

 

 

MAYBELLINE(メイベリン)のリップの種類は主に7つ

 

メイベリンには、発色も質感も異なるリップが複数種類あります。

 

シアーで透明感のある仕上がりのリップは、オフィスメイクやスクールメイクにも最適です。

また、見たままのパキッと発色のリップは、イベントやパーティといった特別な日におすすめ。

 

ここからは、バリエーション豊かなリップの特徴やおすすめの使い方をご紹介していきます。

 

1. 「SPステイ マットインク」でとにかく落ちないラスティング

 

メイベリン リップ ステイマットインク

 

特徴

 

最長16時間色持ちが続く種類が「SPステイ マットインク」です。

メイベリンに詳しくない方でも、1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

とろみのあるリキッドが肌に高密着し、色落ちを防いでくれます。

 

一般的なティントリップは、ティント処方でありながらも食事をしたり、時間が経つとラスティング力の劣りが気になるものです。

それに比べて「SPステイ マットインク」は、どんなに食べたり飲んでも色が落ちないことはもちろん、肌への定着力が高いことからカップやストローに色が映るといったこともありません。

 

2018年9月に生まれたこちらのリップですが、発売当初のカラーバリエーションは色みがハッキリとした5色。

そして、2019年6月に新たに仲間入りした5色は、ブルベさん・イエベさん問わず使える日本人の肌と馴染みが良いニュアンスカラーです。

 

リップを使ってちょっと印象を変えたい方におすすめ。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、透け感のない、こってりと濃厚なリキッドが印象的です。

 

濃厚が故に、唇に対して多めのリキッドが乗りがちなので、薄めに付けたい方は点で乗せて塗るようにしましょう。

一度塗りで十分色がつくのは、コスパ的にも嬉しいポイントです。

 

血色感を演出したような自然な発色が好みの方は、一度塗った後にティッシュオフをするとテカリが少なくなり、よりマットな質感になります。

付けた瞬間は多少のべたつきがあるものの、時間が経つとサラサラに変化。

 

ラスティング力が何よりも強いのが特徴で、16時間と言わず、1日中付け直しいらずで色持ちが持続するのはさすがといったところ。

色の定着力が強すぎるが故に、塗り間違えや唇の輪郭のはみ出しがとても目立ってしまいます。

そのため、ある程度塗るスキルは必要と言えるでしょう。

 

2. 「ビビットマットリキッド」でパキッとした唇に

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by lemon (@pomu.lemon) on

 

特徴

 

シアバターを詰め込み、ヘルシーな質感を保ちながら、パキッとした発色を実現したのが「ビビットマットリキッド」です。

 

元ある唇の色からは想像もつかないほど、色みをトーンアップしてくれます。

唇にポイントメイクを持っていきたい方はもちろん、リップを使って顔色を良く見せることもできます。

 

カラーバリエーションは全部で7色です。

どれもくすみを感じさせない鮮明な発色が特徴。

ニュアンスカラーや深みを出すというよりは、鮮やか色でリップに偏ったメイクとの相性が良いです。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、さらっとしているのにしっとりと潤うムースのような質感です。

マットタイプに珍しいしっとり質感だからこそ、リキッドを均一に塗ることができムラにならないのは嬉しいポイント。

 

発色は見たままなものの、透明感が出るので、主張が強めな色であっても重たさが出ません。

高密着に対して、張り付き感がなくマットリップならではの乾燥から唇を防いでくれるのは魅力的です。

 

チップは中央に凹みがあり、リキッドをスクープしやすいのですが、毛が長めでボソボソしているためはみ出しには注意してくださいね。

一度付けると色が鮮明に乗り、いかにもリップ塗りました感が出てしまうこともあります。

 

グラデーションリップにすると、色も楽しみながらこなれ感も演出することができます。

 

3. 「リップ フラッシュ」でにじみ出る血色感を

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Hikaru (@hi.c_21) on

 

特徴

 

自然な発色がまるで唇本来の色かのように演出してくれるのが「リップフラッシュ」です。

 

シアバターを配合したリップで、見た目はもちろん唇の内側からしっかりと保湿をしてくれる機能性を兼ね備えています。

リップフラッシュのカラーバリエーションは、すべて日本人女性の肌色を元に開発されているため、綺麗な血色感を出せるのです。

 

優しい色付きがわざとらしさをなくし、ナチュラルメイクからニュアンスを変えたいときのメイクまで幅広く対応してくれます。

カラーバリエーションは全部で15色と多めです。

 

数ある色の中でも注目したいのが「白リップ」と「黒リップ」。

普段付けているリップに重ね塗りすることによって、白リップだと透明感を、黒リップだと深みをプラスすることができます。

いつものリップをさらに楽しむことができるシリーズです。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、適度な潤いが感じられる軽い付け心地。

 

保湿力はあるものの、だからといって被膜感がないのは、長時間付けていても負担がない嬉しいポイントです。

発色は見たままよりも薄めに色づき、透明感があるため、元から唇に濃い色が付いている方は、ファンデでベースを作って塗ると綺麗に発色します。

 

ティントではないので、色持ちは4~5時間ほど。

リップフラッシュの上からグロスを重ね塗りすることによって、色持ちが良くなります。

 

透明感のある色合いは、濃いカラーのリップとの相性も良く、中和して使えばオールシーズン活躍してくれるでしょう。

ラメが入っている色と入っていない色があり、仕上がりの印象も大きく変わるため、オフィスメイクなどフォーマルな場面で使うときはテスターや口コミを見て購入するようにしてください。

 

4. 「リップ フラッシュ ビッテン」でひと塗りグラデーションリップ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 松下侑衣花💄ゆいコス (@yuika_matsushita) on

 

特徴

 

誰でも簡単に、そしてプロが仕上げたような綺麗なグラデーションリップを作れるのが「リップ フラッシュ ビッテン」です。

リップは、縦割りに3色展開されているレイヤーカラースティック処方。

 

ひと塗りでグラデーションが叶うのはもちろん、重ね塗りすることによって、彩度も自分好みにコントロールすることができます。

グラデーションだからこそ、ちょっと大胆な色合いもごく自然に乗せられ、トレンド感を出せるのは嬉しいポイントです。

 

保湿成分には、ココナッツオイル(ヤシ油)を配合し、じゅわっと上気したような唇に。

カラーバリエーションは全部で5種類とグラデーションリップにしては多めです。

 

唇に元から色が付いてしまっている方でも、縦割り3色のうち1色は「コンシーラーカラー」といわれる輪郭ぼかし効果ががあるため、使う人を選ばないリップと言えるでしょう。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、まるでバームのようにスルスルとなめらかな質感です。

 

リップフラッシュビッテンは、どの色にも黄色や水色といった奇抜な色が入っていますが、どれもサポート色で色は乗らないので安心してくださいね。

ルースな発色が上品さを演出し、フォーマルな場面にも活躍してくれます。

 

色乗り自体はあまり良いとは言えないため、少し力を入れて塗ると綺麗に発色します。

ティント処方ではないものの、色持ちは比較的良い方で、見たまま発色なのも高評価の理由の一つ。

 

神経質にグラデーションリップを作ろうと思わずとも、わりと雑にグリグリしても失敗しません。

グラデーションリップ初心者さんでもお手頃価格で試せるアイテムです。

 

5. 「カラーセンセーショナル リップスティック」でシルキーな仕上がりに

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by のちゃ (@nocha_cosme) on

 

特徴

 

トレンドカラーがイマドキメイクのアシストをしてくれる「カラーセンセーショナルリップスティック」。

 

幅広いカラーバリエーションと高発色ながら、付け心地まろやかなクリーミーさが特徴です。

カラーセンセーショナルリップの中でも、質感や見た目が細分化されており、シチュエーションによって使い分けできます。

 

クリーミーアップが期待できるシリーズ、ヌードカラーが肌馴染みの良いシリーズ、唇に光を集めるメタリックシリーズ、軽い付け心地なのに見た目はマットなシリーズなど、すべて同じ種類とは思えないほどバリエーション豊かです。

 

リキッドには濃密モイストエッセンスを配合しているため、発色の良さはそのままに唇をしっかりと保湿してくれます。

発売当初は売り切れ続出するほどの洗練されたリップをぜひ試してみてくださいね。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、こっくりとしたムースのような質感です。

 

発色は比較的強めですが、色に透け感があり、重たくなりすぎないのがさすがといったところ。

重ね塗りすれば、透け感はそのままに、発色が強くなるため自分好みの彩度に調節できるのが嬉しいポイントです。

 

マットタイプでありながらも、仕上がりは適度なシアー感があり、デパコスを彷彿させます。

唇の縦じわなどは埋めてはくれず、繊細さには少し弱いようです。

 

とにかくカラーバリエーションが豊富で、イエベさんに合うようなベージュ系、ブルベさんに合うような青み系があるのはもちろん、季節で使えるブラウンといったトレンドカラーもあり、充実のラインナップ。

 

色の持続力はティントほどではないものの、強い摩擦が起こらない限りはとどまってくれます。

メイベリンのリップシリーズの中でもヒットライン、ぜひ使ってみてください。

 

6. 「リップクリーム カラー」で水分たっぷり潤う唇

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @misaki.nin on

 

特徴

 

思わず集めたくなる可愛らしいパッケージが特徴の「リップクリームカラー」。

 

リップクリームのように保湿力に特化しているのに加え、柔らかなシアー発色とナチュラルなツヤ感で魅力的な唇に導いてくれます。

保湿成分には、エモリエント成分の「シアバター」と保湿成分の「ホホバオイル」を配合し、塗った瞬間とろけるように馴染んでくれるんです。

 

色は全部で7色と一般的な色付きリップクリームよりも多めで、選ぶ楽しさがあります。

パッケージはペンのようにスリムタイプなので、握りやすく、ブレずにスルスル描けるのは嬉しいポイントです。

今持っているリップや口紅の保湿機能をプラスするために使っても良し、カラーチェンジとして中和させても良しで持っていて損はない1本。

 

どの色にも甘めの香りが付いており、かつミントの爽快感が強く、好き嫌いが分かれると思います。

香り付きのコスメが苦手な方は、口コミやレビューを見たり、テスターで試してから購入することをおすすめします。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、水分量多めでみずみずしい質感です。

 

ラメが入っているものの、ツヤ感もあるので、悪目立ちすることがなくオフィスメイク・スクールメイクとの相性も良いと言えるでしょう。

発色は見たままではなく、とても薄めです。

 

さらに色に透け感があるため、より発色が薄く見え、保湿よりも色みを重視したい方には少し物足りなさを感じるかもしれません。

ほんのりとした色づきは失敗することがなく、鏡がない場面でもノールックでお直しできます。

 

このシリーズの特徴は、保湿力や優しい色合いに加えて、付けた時の爽快感と香りです。

メンソールを配合しているかのようなスースーした感じは、好みが分かれるところ。

また、ミントの香りが強いため、「色みは好きだけど香りが…」で断念する方も中にはいらっしゃいます。

 

7. 「ウォーターシャイニー」でクリーミーとみずみずしさの融合

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by meitea(メイ) (@m.tea.d) on

 

特徴

 

唇の水分量を多めに導きながら、クリーミーなツヤ感と美しい発色を演出してくれるのが「ウォーターシャイニー」です。

ウォーターシャイニーには、色のコクのある「ミルキー」やぷっくりと立体感を生む「ボリューミー」、パール感を重視した「ダイヤモンドダイヤ」などがあります。

 

「ミルキー」は、エレガントさを意識したベージュ系の落ち着いた色が多く、肌馴染みが良いのでくすみなどを自然と飛ばしてくれるんです。

また「ヒアルロン酸」「ミルキーローション」配合で、まるでリキッドが唇に浸透しているかのような潤いを実現します。

 

「ボリューミー」は、こっくりとしていながらも、適度なツヤ感がふっくらと見せ、色気のある唇に。

リップ内に配合された「乾燥コラーゲン」が唇にある水分に反応し、膨張することでボリューム感を出してくれます。

 

「ダイヤモンドダイヤ」は、そのネーミングの通り、ダイヤモンドのように光る唇といったところです。

薄く、そして大きいグリッターを取り入れ、上質で透明感のあるキラキラを実現しています。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、ウォーターシャイニーというだけあって、どれもみずみずしくフレッシュな印象。

 

こってり感やマットさは一切なく、「ミルキー」が唯一、多少の被膜感が感じられる程度です。

どれも透明感はありますが、発色もしっかりとしており、主役級のコスメと言えるでしょう。

 

色みは見たままよりも少し濃いめですが、肌馴染みが良いので悪目立ちしません。

 

発色の持続力も比較的高めで、潤いも長続きしてくれるため唇が乾燥しやすい方にはおすすめ。

また、これまで保湿リップクリームを塗ってからじゃないと口紅は塗れなかったという方にもぜひ試してほしい逸品です。

 

 

おすすめのMAYBELLINE(メイベリン)リップ

 

特徴やテクスチャーを把握したところで、ここからはおすすめのメイベリンのリップをご紹介していきます。

現在も人気の品番をはじめ、1本持っておくだけでトレンドを抑えることができる優秀リップもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

1. SPステイ マットインク 50(VOYAGER)

 

 

 

パキッと発色がお好みの方におすすめしたい色が「SPステイ マットインク 50(VOYAGER)」です。

 

マットインクが発売されたときからある初期シリーズで、深みレッド。

透け感の無さと濃いめのレッドが、隙のない強い女性を演出してくれます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 💁🏼mix.28🇵🇭🇪🇸🇨🇳🇯🇵 (@28.mix000) on

 

点塗りしても濃く発色するため、リップにポイントを置いたメイクをしたい方にはおすすめです。

 

真っ赤ではないのでチープさが出ず、若い世代が付ければ大人っぽく、大人女子が付ければより洗練された印象に。

がっつりメイクを楽しむのにも最適のリップで、チーク無しでマスカラをガッツリつけ、こちらのリップを塗ればそれだけで海外メイクも叶います。

 

SPステイ マットインクの商品情報

 

価格:1,500円(税抜)

色:10色

 

 

 

2. SPステイ マットインク 80(RULER)

 

 

ブルベさんにおすすめのマットリップが「SPステイ マットインク 80(RULER)」です。

 

こちらは青みがかったローズ系の色み。

パキッと発色というよりも多少ダスティがかっているため、白い肌のブルべさんに付ければこなれた感を演出することができます。

 

 

メイベリンのリップにありがちなパッケージの色と、肌に乗せたときの色とでは差があるため注意が必要です。

こちらもその一つで、パッケージのような濃いピンクではなく、肌馴染みの良いローズピンクといったところ。

 

赤よりも大人らしく、それでいて華やかな大人の女性にぴったりの色みです。

ピンクのコスメやブルー系のカラコンなどを合わせると透明感が増し、リップが映えます。

 

SPステイ マットインクの商品情報

 

価格:1,500円(税抜)

色:10色

 

 

 

3. ビビットマットリキッド MAT11

 

 

トレンドリップにしたい方におすすめしたい色が「ビビットマットリキッド MAT11」です。

 

こちらは、一見パープル系の色合いに見えるのですが、色は春~夏に使えそうなやんわりピンク。

マット質感ながらもエッジを効かせず、優しさのある色みが特徴です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by lemon (@pomu.lemon) on

 

発色自体はとても良いので、元から唇が厚めの方は輪郭部分をライナーで縁取るとより柔らかな印象に。

 

主張が強くなりすぎず、チークやアイシャドウといった他のメイクポイントとのバランスも取りやすいのが魅力的です。

フェミニンな印象を作りやすい色ということもあり、若い世代の女性から支持を集めています。

 

ビビットマットリキッドの商品情報

 

価格:1,500円(税抜)

内容量:5ml

色:7色

 

 

 

4. リップ フラッシュ OR01(オレンジグレーズ)

 

 

イエベさんにおすすめのツヤ感のあるリップが「リップフラッシュ OR01(オレンジグレーズ)」です。

 

そのネーミングの通り、オレンジを基調とした色で、日本人女性の肌と馴染みが良く温かみを感じることができます。

ナチュラルカラーピグメント処方で、肌に馴染みつつも、まるで上気したような色付きがナチュラルメイクとの相性もばっちりです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by こりら (@chocobaby0) on

 

イエベさんの黄色みがかった肌色にしっかりと溶け込み、ヘルシーに演出してくれます。

 

どんなメイクの邪魔もしないので、今使っているコスメにこちらをワンアイテム足すだけで、いつもと一味違ったメイクを手軽に楽しめます。

色彩は薄めのオレンジのため、ピンク系やレッド系のリップと中和させて使っても問題ありません。

 

リップフラッシュの商品情報

 

価格:1,200円(税抜)

内容量:3g

色:10色

 

 

 

5. リップフラッシュ ビッテン RD03(ディープチェリー)

 

 

難しいグラデーションリップもひと塗りで簡単にできる、リップフラッシュビッテン。

その中でもディープな色合いで、より色気をそそる色が「RD03(ディープチェリー)」です。

 

4色展開の中で最もくすみを効かせた配色で、リップからニュアンスチェンジをすることもできます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 松下侑衣花💄ゆいコス (@yuika_matsushita) on

 

トレンドにもなっていた「レンガリップ」と呼ばれる色の一つで、可愛らしいというよりは知的な印象に。

 

一番濃い部分「血色カラー」の単色だと主張が強すぎますが、グラデーションになることによって、オフィスメイクやスクールメイクにも合います。

シックな色合いながらも、適度なツヤ感でアンニュイになりすぎない上級者リップが手に入るのです。

 

リップ フラッシュ ビッテンの商品情報

 

価格:1,400円(税抜)

内容量:3.9g

色:5色

 

 

 

6. カラーセンセーショナルリップスティック MNU11(トーストブラウン)

 

 

売り切れ続出の人気カラーが「カラーセンセーショナルリップスティック MNU11(トーストブラウン)」です。

 

秋~冬にかけて使えるシーズンリップ。

ブラウンリップながらも赤みをほんのりとプラスしているので、馴染みが良く、ブラウンリップ初心者さんでも挑戦しやすい絶妙な色です。

 

メイベリン マットリップスティック

 

ヌーディな発色は、ブルべさんには合わないと思われがちですが、適度な血色感があることで色浮きすることがありません。

 

イエベさんにとっても顔色が暗くならず、おしゃれに決まります。

今持っている赤リップやオレンジリップとブレンドさせれば、ニュアンスチェンジもできておすすめです。

 

カラーセンセーショナルリップスティックの商品情報

 

価格:1,200円(税抜)

内容量:3.9g

色:23色

 

 

 

7. リップクリームカラー 07(コーラルバースト)

 

 

健康的な女性を演出する色合いが「リップクリームカラー 07(コーラルバースト)」です。

 

メイベリンのリップクリームカラーは、リップクリームならではの透明感をしっかりと残しているため、オレンジリップに抵抗があった方でも挑戦しやすいのが特徴。

イエローベースが多い日本人女性の肌を綺麗に見せてくれ、特にヘルシーメイクが似合う春・夏におすすめです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ikumi (@hpl_ikumi) on

 

透け感のある色合いがオレンジ色にも淡さを出してくれるため、ブルべさんでも問題なく使うことができます。

 

ツヤ感が若々しさを出し、コーラルの色調がパステルカラーやペールトーンのコスメ、ファッションを引き立ててくれるのです。

何より1本500円なので、オレンジリップデビューとして使ってみてはいかがでしょうか。

 

リップクリームカラーの商品情報

 

価格:500円(税抜)

内容量:1.9g

色:7色

 

 

 

8. ウォーターシャイニーボリューミーパール 120(チョコレートラブ)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ym (@adorare1005) on

 

欠品が出るほどの注目を集めたリップが「ウォーターシャイニーボリューミーパール 120(チョコレートラブ)」です。

 

チョコレートラブという品番も、思わず試したくなる女性心をくすぐる理由の一つ。

その名の通り、ダークチョコレートを塗っているかのようなプラムブラウンの色みで、シックかつ落ち着きを感じさせる色です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by muuco (@muuco_makeup) on

 

最近では愛されるフェミニン系であったり、パステルカラーのライトな雰囲気のリップが多く出回っていますが、そんな中グッと締めてくれるリップはハンサムメイクが好きな女性から大人気。

 

フォーマルな場面ではなかなか使いにくいですが、パーティーメイクやイベントメイクでは目立てること間違いなしの主役級リップです。

ブラウンリップというと使う方を選ぶ難しい色だと思われがちなものの、黄色みに転がらないマルチ色なので肌色関係なく使えます。

 

ウォーターシャイニーの商品情報

 

価格:1,200~1,400円(税抜)

内容量:3.7~3.9g

色:15色

 

 

9. ウォーターシャイニーボリューミー 024(クリーミーローズ)

 

 

派手過ぎず、だけどリップの存在感は出したい!そんなわがままな願いを叶えたリップが「ウォーターシャイニーボリューミー 024(クリーミーローズ)」です。

 

クリーミーローズという名前だとパープル寄りのピンクかな?と思う方も多いですが、こちらはコーラルピンクに少しくすみを足したような色。

一見見た目は赤リップ?と思ってしまうほどパキッとした色みですが、唇に乗せると肌馴染みの良いピンク系です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by megnail12 (@megnail12) on

 

使う人を選ばない万能色で、休日メイクといったラフな場面も、オフィスメイクといったフォーマルな場面でも間違いのない1本です。

くすみ色が多いローズ系ですが、クリーミーローズはシアー発色なので、透明感がくすみなどを飛ばし美肌に見せてくれます。

 

溶けこむような色合いが、顔から色浮きするのを防いでくれるのは魅力的です。

 

ウォーターシャイニーの商品情報

 

価格:1,200~1,400円(税抜)

内容量:3.7~3.9g

色:15色

 

 

 

10. ウォーターシャイニーミルキー BE602(チャイベージュ)

 

 

ベージュカラー初心者さんにおすすめしたいリップが「ウォーターシャイニーミルキー BE602(チャイベージュ)」です。

 

「トレンドカラーリップということは知っているけど、肌がくすんで見える…」「顔色が悪く見えそう…」という方にはぜひ試してほしい一品。

ウォーターシャイニーミルキーはマットタイプではなく、ツヤ感重視のシリーズなので、色が重めのベージュ・ブラウンでもライトな印象に導いてくれます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by yu-ki (@yuuuki324) on

 

くすみが気になる色調ではあるものの、そのくすみが日本人女性の肌と馴染みやすく、ツヤ感で肌色を明るくする効果も期待できます。

ベージュにかすかなピンクを取り入れており、顔色が悪くならないよう工夫されているのも嬉しいポイントです。

 

ニュアンスカラーなので、ノールックで簡単にリップが仕上がるのも使い勝手が良いとビジネスワーカーから支持されています。

 

ウォーターシャイニーの商品情報

 

価格:1,200~1,400円(税抜)

内容量:3.7~3.9g

色:15色

 

 

 

【番外編】新作で追加され再熱中!「SP ステイマットインク」全5色を紹介

 

ここまでメイベリンリップの人気品番をご紹介してきました。

 

名品揃いのリップですが、2019年6月15日(土)に大人気シリーズ「SPステイ マットインク」から新たに5色が仲間入りしたのです。

これまでパキッとした主張の強いカラーバリエーションでしたが、追加された5色は、発色は強めながらも使いやすいヌードカラー揃い。

新色に加え、一部バラエティーショップ「PLAZA(プラザ)」「MINIPLA(ミニプラ)」でしか販売していない限定2色もあるので要チェックです。

 

1. SP ステイ マットインク 117(ブリックレッド)

 

 

赤リップが好きな方におすすめの色が「117(ブリックレッド)」です。

 

見た目は深みのある色に見えるものの、実際に唇に乗せてみると濁り気が少なく、パキッとした発色で明るめ。

パッケージよりも明るめに発色するので、赤リップが好みでない方は一度テスターで色みを確かめるのがベターです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by kaoru (@kaoru__07) on

 

付けるだけで顔をパッと華やかにしてくれ、パーティーやイベントなどしっかりメイクのときには最適です。

レッドリップは主張が強いため、男性ウケというよりも女性ウケの方が良いでしょう。

 

顔全体のメイクを濃くするというよりは、太めのアイラインを引いたり、チークをしないなど上手く引き算や足し算をすることでハンサムメイクに仕上がります。

 

SPステイ マットインクの商品情報

 

価格:1,500円(税抜)

色:10色

 

 

2. SP ステイ マットインク 125(ピンクブロッサム)

 

 

ブルべさんとの相性抜群!澄んだ色なのに可愛らしい印象を与える色が「125(ピンクブロッサム)」です。

 

ピンクベースの中に青みを少しプラスした色合いが特徴。

ブルべさんに合う青みピンクというとクールな発色が多いですが、125番は柔らかくフェミニンテイストです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 𝕊𝕖𝕝𝕖𝕟𝕒🐰 (@sioley22) on

 

今回ご紹介する新色の中では彩度が最も明るく、ヘルシーな印象になります。

 

可愛らしい色みでも、マットな質感がしっかりと締めてくれるので、メリハリのある顔立ちをアシストしてくれます。

多少くすみが感じられ、単調ではない色合いがプチプラコスメ感をなくしてくれるのはさすがといったところです。

 

ピンクのリップを使うと他のポイントも同系色で合わせたくなりますが、甘すぎる印象になるのでそこは我慢。

ヌーディ系のアイシャドウやチークで、落ち着きを演出し、バランスを取りましょう。

 

SPステイ マットインクの商品情報

 

価格:1,500円(税抜)

色:10色

 

 

 

3. SP ステイ マットインク 130(アプリコットジャム)

 

 

使う人を選ばない万能カラーが「130(アプリコットジャム)」。

 

アプリコットジャムという名の通り、杏子のように柔らかく淡いオレンジカラーが特徴です。

主張が強いオレンジではないため、オレンジリップはハードルが高いと思っている方でも挑戦しやすい色味。

 

130番は、オレンジにピンクや赤を足したカラーで、どんなメイクにも合います。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 🐑♡mei ♡🐏女子力アップ動画 (@meize2) on

 

トレンドにもなったレンガリップとはまた一味異なり、淡い色だからこそ、流行に左右されず定番アイテムとしてデイリー使いできます。

適度な赤みが唇に自然な血色感を与え、無理している感もなく、こなれた雰囲気を出せるのは嬉しいポイント。

オレンジ味が強くないからこそ、落ち着きのあるメイクとも合います。

 

肌馴染みの良い色を活かしてナチュラルメイクにすれば、肩の力を上手くぬいたこなれメイクに、色のあるメイクでバチっと決めたときには肌馴染みを利用した引き立てリップに変身。

メイクも使う人も選ばない、1本持っておきたい色です。

 

SPステイ マットインクの商品情報

 

価格:1,500円(税抜)

色:10色

 

 

 

4.  SP ステイ マットインク 135(ローストキャラメル)

 

 

おしゃれに見られたい!トレンドを抑えたい!という方におすすめの色が「135(ローストキャラメル)」です。

 

深みのある濃いめブラウンで、肌に透明感を演出してくれます。

元から唇に色がある方でも、ひと塗りでトレンドカラーに覆いつくしてしまうほどの彩度の濃さが特徴です。

 

メイクやファッションをあれこれ考えなくとも、これ1本でトレンドをおさえた、そして洗練された印象に導いてくれます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Mamami (@m.aym_02) on

 

塗った唇を光に当てると、うっすらと明るめのオレンジカラーが感じられます。

そのため、ブラウンでもくすみを気にせず、美肌に見せてくれるのは魅力的です。

 

強めの発色なので、リップ以外のメイクポイントやファッションは、シンプルで落ち着いたトーンにするのがおすすめ。

「ナチュラルメイク・白T・Gパン」といったシンプルコーデでも、リップだけで十分イマドキ感が出るのはさすがです。

モノクロのコーデといったモード系にも、深みオレンジが綺麗に映え、おしゃれ上級者を演出してくれます。

 

SPステイ マットインクの商品情報

 

価格:1,500円(税抜)

色:10色

 

 

 

5. SP ステイ マットインク 210(テラコッタブラウン)

 

 

新しく追加された色で、最もヌード系かつ使いやすいのが「210(テラコッタブラウン)」です。

とにかく肌馴染みが良く、どんなシチュエーションでも使えるマルチ色。

 

マットリップは密着力が高く発色が強めに出がちなので、色によってはデイリー使いできないものが多い印象です。

しかし、テラコッタブラウンならオフィスメイクやスクールメイクといった場面から、今日は決めたい!といったデートの日まで使える優秀さを兼ね備えています。

 

マットリップ初心者さんにはぜひ一度試してほしい色味と言えるでしょう。

 

ステイマットインク メイベリン リップ

 

一見見た目だけだと明るめのブラウンに見えますが、実際に唇に乗せると淡いピンクさも感じられるコーラルカラーです。

そのため、無理している感がなく、マットリップだからといって主張が強くならないのは魅力的。

 

ピンクのアイシャドウやチークを使えば、ほんのりピンクが配色されたテラコッタブラウンとの統一感が出て、メイクがワンランク上の仕上がりになります。

テラコッタブラウンは、このシリーズで唯一のヌード色ということもあって、グラデーションリップがやりやすいという特徴もあります。

 

唇の内側に点置きして、外側に馴染ませていけば、綺麗なグラデーションに。

グラデーションリップがマストのオルチャンメイクもできるアイテムです。

 

SPステイ マットインクの商品情報

 

価格:1,500円(税抜)

色:10色

 

 

 

※合わせて読みたい:  人気のコーラルピンクリップで魅力的な唇に!プチプラ・デパコスのおすすめリップをまとめて紹介

 

 

MAYBELLINE(メイベリン)のリップで女性らしさに磨きをかけよう♪

 

メイベリン リップ

 

日本人女性のニーズやメイクアップスタイルに寄り添ってきた、アメリカ生まれのコスメブランド「MAYBELLINE(メイベリン)」。

 

安いからこそ幅広い年齢層に支持されていますが、注目すべきはその利便性と使い心地の良さです。

リップ一つとっても、色みや質感のバリエーションは多く、デイリー使いとしてはもちろん、「印象をガラッと変えたい」人には新しい自分に出会えるかもしれません。

 

独自開発されたメイベリンのリップで、「今までの私」も「新しい私」もどちらも楽しんでくださいね。

 

※合わせて読みたい:  M・A・C(マック)のおすすめリップ10選!種類やおすすめカラーをまとめてご紹介


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(70)
   着回し/コーデ(25)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(16)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(3)
メイク・コスメ(134)
   ベースメイク(16)
   アイメイク(18)
   リップ/グロス(12)
   ネイル(7)
   メーカー/ブランド(62)
美容(77)
   スキンケア(48)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(15)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(37)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(133)
   生活雑貨/生活用品(15)
   ギフト/プレゼント(13)
   趣味(6)
   お出かけ/観光/旅行/デート(23)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(23)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(44)
   ドリンク/カフェ(18)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(9)
アート/カルチャー(14)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(5)

スキンケア

エイジングケア(8)
保湿(82)
美白(24)
乳液(10)
クリーム(42)
オイル(14)
化粧水(42)
美容液(35)
基礎化粧品(59)
ニキビ(10)
毛穴ケア(16)
角質ケア(25)
肌荒れ(14)
くすみ(24)
クマ(4)
たるみ(7)
ハリ不足(17)
スペシャルケア(41)
セルフケア(16)
UV対策(14)
日焼け対策(10)
日焼け止め(5)
洗顔/クレンジング(11)

肌質

乾燥肌(72)
敏感肌(52)
脂性肌(19)
混合肌(10)

コスメ/メイク

ツヤ肌(63)
マット肌(39)
ミネラルコスメ(12)
デカ目(31)
小顔(1)
韓国(20)
化粧(57)
ポイントメイク(60)
メイクテク(29)
ナチュラルメイク(61)
美肌(65)
メイク道具(10)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(14)
テカリ防止(1)
アイメイク(11)
リップ/グロス(15)
チーク(5)

ファッション

春コーデ(18)
夏コーデ(17)
秋コーデ(21)
冬コーデ(20)
スタイル(40)
テイスト(32)
シーン別(16)
大人コーデ(17)
カジュアル(5)
綺麗め(5)
フェミニン(6)

年代別

10代(1)
20代(6)
30代(7)
40代(3)
50代(2)

恋愛

片思い(21)
男性心理(23)
カップル(24)
恋愛観(24)
恋愛テクニック(31)

ヘアスタイル

ショートヘア(16)
ロングヘア(15)
セミロング(12)
ボブ(15)
スタイリング(23)
ヘアケア(30)
ヘアカラー(9)
ヘアアクセ(7)

ライフスタイル

キッチン用品(15)
ホームパーティー(12)
食生活(78)
ヘルシー(35)
運動(10)
筋トレ(4)
リラックスタイム(5)

人気記事ランキング