logo

Top > 美容 > 石鹸/ソープ/洗顔料

洗顔ブラシの効果や使い方、おすすめ商品をタイプ別に紹介!毛穴汚れもしっかり落とそう






「丁寧に洗顔しても洗いきれていない部分がある」「洗顔した後は顔が突っ張る」など、肌には様々な悩みがあります。

そんな悩みを柔軟に解決してくれるのが、洗顔ブラシ。
近年では、美容に敏感な方を中心にSNSでも注目を集めています。

今回は、洗顔ブラシで毛穴の奥まで綺麗に洗い流す方法や、洗顔ブラシの正しい使い方、洗顔ブラシを使う際の注意点、おすすめ商品などをご紹介します。

【目次】洗顔ブラシの効果や使い方、おすすめ商品をタイプ別に紹介!毛穴汚れもしっかり落とそう

 

洗顔ブラシってどんなもの?

洗顔ブラシにはどんなタイプがあるの?

1. 筆タイプの洗顔ブラシ

2. 電動タイプの洗顔ブラシ

洗顔ブラシを使う5つのメリット

1. 顔全体をムラなく洗うことができる

2. 肌のトーンを明るくしてくれる

3. スキンケアの浸透率を上げてくれる

4. マッサージ効果がある

5. 肌トラブルの原因になる洗い残しを少なくする

洗顔ブラシの正しい使い方

1. クレンジング

2. 洗顔ブラシと顔をしっかりと濡らす

3. お好みの洗顔を準備する

4. 洗顔ブラシで洗顔をする

5. ぬるま湯でしっかりと洗い流す

洗顔ブラシを使うときの注意点

1. 長時間使わない

2. 週2~3を目安に行う

3. 洗顔ブラシは常に清潔に保つ

おすすめの洗顔ブラシを紹介!

<力加減も変えやすい筆タイプの洗顔ブラシ>

<初心者でも使いやすい電動タイプの洗顔ブラシ>

洗顔ブラシでツヤツヤ素肌に♪

 

 

洗顔ブラシってどんなもの?

 

洗顔ブラシ

 

毎日のように行う洗顔。

「きちんと洗えてないかも」「しっかり洗顔してても黒ずみが残る…」など、洗顔への悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、洗顔ブラシはそんな悩みを解決してくれます。

「手で洗うよりも刺激が大きそう」と思う方もいるかもしれませんが、実は手での洗顔の方が力のバランスが不安定になってしまいがちです。

それに比べ、洗顔ブラシは顔全体を均等に洗うことができるのです。

 

 

洗顔ブラシにはどんなタイプがあるの?

 

洗顔ブラシは、大きく分けて2種類のタイプに分けることができます。

今回は、筆タイプと電動タイプに分けてその特徴をご紹介します。

 

1. 筆タイプの洗顔ブラシ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 熊野筆 北斗園 (@hokutoen) on

 

電動タイプに比べて、比較的リーズナブルな金額で購入することができる筆タイプの洗顔ブラシ。

およそ2,000円台から購入することができます。

 

コンパクトなものが多く、旅行先にも持ち運びやすいのが特徴です。

自分好みの強さで洗顔できるのも、筆タイプの良いところと言えます。

 

2. 電動タイプの洗顔ブラシ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ASⓂ︎+ (@aasamii.516) on

 

筆タイプに比べて値段は高く、1万円台のものが多くあります。

その分、すっきりとした洗い心地の電動タイプは、もっちりとした濃密な泡で肌を洗いあげることができます。

 

また、自動で泡立ててくれるタイプが多く、時間を短縮したい方や、顔全体をきちんと洗いあげたい方におすすめです。

中にはブラシだけでなく付属品が付いているものもあり、お肌のトータルケアが出来るものもありますよ。

 

 

洗顔ブラシを使う5つのメリット

 

石鹸 フリー画像

 

1. 顔全体をムラなく洗うことができる

 

洗顔ブラシを使うことで、手の洗顔では洗いにくい髪の生え際や小鼻回りなどの細かい部分もムラなく洗うことができます。

 

なお、お肌は私たちが思っている以上にデリケートです。

ゴシゴシとした洗顔は、洗い残しが生じてしまったり、洗うときにムラが出てきたり、逆に肌を傷つけてしまうこともあります。

 

しかし、洗顔ブラシは細かい毛1本1本が毛穴の奥に入り込み、日中のしっかりメイクも綺麗に落としてくれるのです。

少ない力でブラシを顔全体に転がすだけでムラなく洗うことができます。

 

2. 肌のトーンを明るくしてくれる

 

毛穴の奥の汚れや、しっかりメイクの汚れも洗い流してくれる洗顔ブラシ。

また、古い角質が残っていることでお肌のトーンは下がり、手触りもゴワゴワとしてしまいますが、洗顔ブラシは古い角質を落としてくれるため、肌のトーンを明るくしてくれます。

くすみやごわつきを解消し、お肌のターンオーバーを促してくれるので、洗い終わった後は、キメ細かく整ったもっちりとした素肌に導いてくれますよ。

 

3. スキンケアの浸透率を上げてくれる

 

お肌の状態が悪かったり、古い角質が残った状態だと、いい化粧水や高価なものを使っても、肌の内部までしっかりと浸透してくれません。

ただ、洗顔ブラシで肌の表面だけではなく、毛穴の奥の汚れまでしっかり絡めとることで、スキンケアの浸透率を上げて肌の状態をワンランク上にアップさせてくれます。

そのため、スキンケアの効果を上げるには、肌の汚れを取り健康な状態にすることが大切な条件になるのです。

 

4. マッサージ効果がある

 

手で行う洗顔とは異なり、毛の1本1本が肌に適度な刺激を与えてくれる洗顔ブラシ。

その中でも電動の洗顔ブラシは、音波振動などの細かな振動で洗っていくため、合わせてマッサージ効果も期待することができます。

手で行うマッサージとは異なり、毛穴をしっかりと刺激出来るため、毛穴を引き締めることにも繋がります。

 

5. 肌トラブルの原因になる洗い残しを少なくする

 

お肌のトラブルの原因にもなりやすい、「すすぎ残し」や「洗い残し」。

洗い流したつもりでも、実はすすぎ残し、洗い残しがあったりするもの。

しかし、洗顔ブラシを使うことで、洗顔料は少なくたっぷりの泡で顔全体を洗いあげることができます。

 

 

洗顔ブラシの正しい使い方

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by バオバブフルール公式 (@baobabfleur_official) on

 

洗顔ブラシをより効果的に使うためには、正しい使い方が大切になってきます。

なお、大まかな使い方は筆タイプも電動タイプも同じです。

 

1. クレンジング

 

洗顔ブラシを使う前に、クレンジングでメイクや顔の汚れを落としましょう。

特にマスカラなどのアイメイクやリップメイクが少しでも残った状態で使ってしまうと、洗顔ブラシを汚してしまう原因にもなります。

 

2. 洗顔ブラシと顔をしっかりと濡らす

 

洗顔ブラシを使う前は、肌とブラシは濡らした状態にすることが大切です。

乾いた状態で使用してしまうと、肌を傷つけてしまったり、洗顔ブラシの劣化を早めてしまう原因になります。

 

3. お好みの洗顔を準備する

 

洗顔ブラシを使う際は、洗顔ネットで洗顔料を泡立てましょう。

泡が少なかったり、泡のキメが荒いと、肌への刺激が強くなってしまいます。

普通の洗顔をするよりも多めにもこもことした泡を作り、おでこ・頬・鼻・あごなどにポンポンと泡を乗せていきます。

 

4. 洗顔ブラシで洗顔をする

 

いよいよ、洗顔ブラシを使っていきます。

たっぷりの水に濡らせたブラシを使い、泡を付けた部分から顔全体泡を広げるように滑らせていきましょう。

この時に、ブラシ全体が顔の表面に軽く当たるようにすると効果的です。

力が入り過ぎて、ブラシを押し付け過ぎないよう優しく丁寧に洗ってください。

 

5. ぬるま湯でしっかりと洗い流す

 

しっかりと洗い終わったら、たっぷりのぬるま湯でしっかりと洗い流してください。

洗顔料が綺麗に洗い流せたら、冷たいお水で最後に一度すすいでください。

顔のほてりが落ち着いて、肌を引き締めることができますよ。

最後は清潔なタオルで、優しく水気を拭きとって終了です。

 

 

洗顔ブラシを使うときの注意点

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Gute Gouter (@gutegouter) on

 

1. 長時間使わない

 

「丁寧に時間をかけて洗顔をする方が綺麗になるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、一ヶ所を洗う際は20秒程度にしましょう。

洗いすぎはかえって肌を傷めてしまう原因に繋がります。

また、電動の洗顔ブラシは、マッサージ感覚で長時間使ってしまいがちですが、肌のうるおいを逃がさないためにも手早く行うことが大切です。

 

2. 週2~3を目安に行う

 

とても効果の高い洗顔ブラシですが、毎日行うと肌への刺激も強く、肌を傷めることもあります。

使い始めは週に1回を目安に行い、慣れてきたら徐々に回数を増やしていくと良いでしょう。

 

3. 洗顔ブラシは常に清潔に保つ

 

顔の皮膚はとてもデリケートなので、洗顔ブラシは使ったら必ず清潔な状態にしておくことが大切です。

濡れたままにしておくと、雑菌が繫殖しやすくなり、それを使うと肌の状態を悪くしてしまいます。

使い終わったら必ず乾燥させ、定期的に筆先を洗ってあげることで、より洗顔ブラシを長持ちさせることができますよ。

 

 

おすすめの洗顔ブラシを紹介!

 

洗顔ブラシ 電動洗顔ブラシ

 

<力加減も変えやすい筆タイプの洗顔ブラシ>

 

1. アルティ スキンケア洗顔ブラシ

 

 

50ミクロンの極細毛が、約29万本も使われているスキンケア洗顔ブラシ。

密集した極細毛が肌の凸凹になじむため、軽く撫でるだけでも毛穴の奥の汚れまで綺麗に洗浄してくれます。

また、たっぷりの泡で洗いあげることで肌触りをツルツルにし、トーンを明るく健康的な肌に導きます。

 

アルティ スキンケア洗顔ブラシ の商品情報

 

価格: 4,104円(税込)

 

2. 熊野筆 SUVÉ(スーヴェ)

 

 

広島県・熊野町で、国の伝統的工芸品にも指定された熊野筆。

産地組合が行っている検査に合格をしたもののみが、「熊野筆」を名乗ることができます。

品質の高い細やかな毛質はとても滑らかで、一度使うとその使い心地が病みつきとなり、リピートする人が多い商品です。

 

熊野筆 SUVÉ(スーヴェ)の商品情報

 

価格: 7,020 円(税込)

 

3. Prilliant 美肌 洗顔ブラシ

 

 

竹炭を使用した、柔らかい毛が特徴の洗顔ブラシ。

手触りがよく、小鼻の周りや細かなフェイスラインにもしっかりと密着して汚れを洗い流します。

手の平に収まるサイズになっていて握りやすいのが嬉しいポイントです。

 

Prilliant 美肌 洗顔ブラシの商品情報

 

価格:1,120円(税込)

 

<初心者でも使いやすい電動タイプの洗顔ブラシ>

 

1. MIQA 洗顔ブラシ

 

 

3つの振動スピードで、肌の状態に合わせてモードを変えることのできる洗顔ブラシです。

細く柔らかい毛は、毛穴の奥に入った汚れも綺麗に洗い流してくれます。

また、防水加工が施されているため、バスタイムに使用することもできます。

 

MIQA 洗顔ブラシの商品情報

 

価格:2,599円(税込)

 

2. パナソニック 濃密泡エステ

 

 

パナソニックの人気アイテムである濃密泡エステ。

肌に負担をかけることなく、ふわふわでクリーミーな泡がたった5秒で作ることができます。

肌質や肌の状態に合わせて、ブラシを選ぶことができます。

柔らかく細やかな毛質で、手洗いより綺麗に汚れを落とすことが期待でき、使い続けるとキメの整ったみずみずしい素肌に導くことができますよ。

 

パナソニック 濃密泡エステの商品情報

 

価格:7,399 円(税込)

 

3. フィリップス ビザピュア

 

 

手洗顔よりも10倍あると言われる洗浄力で、細かい汚れも綺麗に落としてくれるフィリップス社のビザピュア。

お肌のタイプやケアしたい場所に応じて、5つのブラシから自分に合ったものを選ぶことができます。

音波運動と回転を組み合わせた3D動きで、古い角質をケアして柔らかな肌にしてくれます。

また、優しい振動で肌を傷めないのも特徴です。

 

フィリップス ビザピュアの商品情報

 

価格:6,300円(税込)

 

 

洗顔ブラシでツヤツヤ素肌に♪

 

フリー素材 女性

 

洗顔ブラシを使うことで、様々な効果をもたらし綺麗な素肌にしてくれます。

また、近年では100円ショップでも購入することができるため、「まずは試してみたい!」という方は、リーズナブルなものを購入してみるのをおすすめします。

その他にも、小鼻専用などの部分的に使えるものも販売されていますよ。

本記事を参考に、自分に合った洗顔ブラシを見つけてみてくださいね。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(59)
   着回し/コーデ(22)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(14)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(3)
メイク・コスメ(117)
   ベースメイク(14)
   アイメイク(18)
   リップ/グロス(12)
   ネイル(6)
   メーカー/ブランド(50)
美容(73)
   スキンケア(46)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(14)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(35)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(127)
   生活雑貨/生活用品(15)
   ギフト/プレゼント(12)
   趣味(6)
   お出かけ/観光/旅行/デート(22)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(22)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(40)
   ドリンク/カフェ(16)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(8)
アート/カルチャー(14)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(5)

スキンケア

エイジングケア(4)
保湿(74)
美白(22)
乳液(8)
クリーム(37)
オイル(11)
化粧水(33)
美容液(26)
基礎化粧品(54)
ニキビ(9)
毛穴ケア(14)
角質ケア(21)
肌荒れ(13)
くすみ(21)
クマ(4)
たるみ(5)
ハリ不足(17)
スペシャルケア(37)
セルフケア(13)
UV対策(11)
日焼け対策(9)
日焼け止め(4)

肌質

乾燥肌(70)
敏感肌(51)
脂性肌(19)
混合肌(10)

コスメ/メイク

ツヤ肌(62)
マット肌(39)
ミネラルコスメ(12)
デカ目(30)
小顔(1)
韓国(20)
化粧(56)
ポイントメイク(54)
メイクテク(28)
ナチュラルメイク(60)
美肌(64)
メイク道具(10)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(1)
リップ/グロス(1)

ファッション

春コーデ(16)
夏コーデ(15)
秋コーデ(19)
冬コーデ(18)
スタイル(34)
テイスト(26)
シーン別(14)
大人コーデ(14)

年代別

10代(1)
20代(6)
30代(7)
40代(3)
50代(2)

恋愛

片思い(21)
男性心理(23)
カップル(24)
恋愛観(24)
恋愛テクニック(31)

ヘアスタイル

ショートヘア(14)
ロングヘア(13)
セミロング(11)
ボブ(14)
スタイリング(20)
ヘアケア(28)
ヘアカラー(8)
ヘアアクセ(6)

ライフスタイル

キッチン用品(15)
ホームパーティー(11)
食生活(77)
ヘルシー(35)
運動(10)
筋トレ(4)
リラックスタイム(1)

人気記事ランキング