logo

Top > 美容 > スキンケア

【スキンケア】朝洗顔は必要?肌タイプ別の効果的な洗顔方法とおすすめアイテムまとめ






みなさんは朝どのように洗顔をしていますか?
夜に洗顔をしたから朝はしないという方や、水だけ、ぬるま湯だけで済ませるという方も多いのではないでしょうか。

実は起床時の肌には、ほこりや寝ている間の分泌物が蓄積されています。
特に皮脂は放っておくと酸化し、肌のくすみやシワといった老化の原因になります。

健やかな肌を保つために、肌タイプに合った適切な方法で朝洗顔を行うことがおすすめです。

本記事では、時間のない朝でも手軽に取り入れることができるアイテムをご紹介します。
効果的な朝洗顔で美肌を目指しましょう♪

本ページに掲載のリンク及びバナーには広告(PR)が含まれています。


【目次】【スキンケア】朝洗顔は必要?肌タイプ別の効果的な洗顔方法とおすすめアイテムまとめ

 

朝洗顔は必要?

朝洗顔のメリットとデメリット

朝洗顔の注意点

水は冷たすぎず、熱すぎない温度で

ぬるま湯で顔全体を予洗いしてから洗顔料を使用する

顔を強く擦らない

顔につけた洗顔料はしっかりと洗い流す

顔を拭くときは擦らない

朝洗顔におすすめのクレンジングタオル

肌タイプ別の朝洗顔の方法

脂性肌

乾燥肌

混合肌

朝洗顔におすすめのアイテム

【オルビス】クラリファイング ジュレウォッシュ

【ビオレ】朝用ジュレ洗顔料

【ビオレ】ザフェイス 泡洗顔料

【ラゴム】ジェルトゥウォーター クレンザー(朝用洗顔)

【ビオデルマ】クレンジングウォーター

朝洗顔で1日のスタートを爽やかに♪

 

朝洗顔は必要?

 

朝_洗顔_泡

 

そもそも朝洗顔をしないという方や、夜寝る前に洗顔をしているのに朝洗顔の必要があるのかと疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

 

実は朝起きたばかりの状態でも、寝ている間に分泌された汗や皮脂、ほこり、夜のスキンケアの油分が顔に付着しています。

特に皮脂は放っておくと酸化してしまい、肌のくすみやたるみ、シワの原因に。

 

水やぬるま湯だけでは不要な皮脂や汚れを落としきれないため、洗顔料を使用した朝洗顔がおすすめです。

 

泡で出てくるタイプや拭き取りタイプなど、忙しい朝の時間でも手軽に使用できるアイテムがたくさんあります。

ぜひ本位記事を参考に、ご自身の肌タイプに合った洗顔方法の確認や、使用するアイテム選びに役立ててください。

 

朝洗顔のメリットとデメリット

 

朝_洗顔_泡

 

朝洗顔を行うことで肌や気分がさっぱりするだけでなく、その後のスキンケアやメイクアップにも良い影響を与えます。

 

一方で、洗顔料を使用した朝洗顔を推奨していますが、もちろんメリットだけではありません。

商品ごとの正しい使用方法やご自身の肌に合わせたケアを行うことが何より重要です。

 

メリット

 

夜のスキンケアの油分をはじめ、寝ている間に蓄積された皮脂や汚れを落とすことにより、洗顔後の化粧水や乳液がなじみやすくなります。

それだけでなく、スキンケア後のメイクのりや持ちを良くする効果も。

 

皮脂汚れを放置すると毛穴が詰まり、ニキビなど肌荒れだけでなく肌の老化の要因になります。

特に脂性肌の方や思春期のニキビが気になる方は、丁寧なケアが必要です。

 

乾燥肌の方においても、肌表面の汚れを取り除きうるおいを補給することが重要です。

化粧水などのスキンケアアイテムが本来の効果を発揮できるよう、洗顔でベースを整えましょう。

 

男性_朝_洗顔

 

また、男性は皮脂量が多い傾向にあります。

30代の男性は同年代の女性と比較して約2倍以上の皮脂を分泌しているというデータがあるほどです。

これは皮脂腺を活性化させる男性ホルモンの働きや、ストレスが原因の一つと言われています。

 

世代や性別に関わらず、朝のスキンケアのファーストステップとして朝洗顔を取り入れることをおすすめします。

 

デメリット

 

脂性肌だからといって、洗浄力や脱脂力の高い商品をむやみに使い続けると、肌がデリケートな状態になってしまいます。

 

一方で、乾燥肌や敏感肌の人は、洗顔で必要な油分まで落としてしまうと肌荒れやメイク崩れにつながる懸念があります。

 

肌タイプに応じて適切な洗顔方法や使用アイテムを選定することが大切です。

 

 

朝洗顔の注意点

 

朝_洗顔_クリーム

 

肌は強い刺激に弱く、丁寧な洗顔を行わないと肌トラブルの原因になる恐れがあります。

下記の注意点はあくまでも一例ですが、ぜひ参考にしてください。

 

  • 水は冷たすぎず、熱すぎない温度で
  • ぬるま湯で顔全体を予洗いしてから洗顔料を使用する
  • 顔を強く擦らない
  • 顔につけた洗顔料はしっかりと洗い流す
  • 顔を拭くときは擦らない

 

水は冷たすぎず、熱すぎない温度で

 

朝_洗顔_蛇口

 

冷たすぎると毛穴を引き締めてしまい、汚れを落としきることができません。

反対に、熱すぎると肌に必要なセラミドなどの保湿成分まで流れてしまうため、体温に近い34~36度前後のぬるま湯がおすすめです。

 

ぬるま湯で顔全体を予洗いしてから洗顔料を使用する

 

いきなり洗顔料を使うのではなく、最初はぬるま湯で予洗いをしましょう。

この工程でほこりなどある程度の汚れは落とすことができます。

 

ただし、アイテムによっては乾いた状態の肌に使用することを推奨しているものもあるため、使用方法をよく確認してください。

 

顔を強く擦らない

 

朝_洗顔_泡

 

洗顔時に顔を強く擦ってしまうと、肌表面を傷つけてしまったり汚れが落ちづらくなる可能性があります。

洗顔料をしっかりと泡立て、泡で汚れを吸着するイメージで優しく洗顔を行いましょう。

 

顔につけた洗顔料はしっかりと洗い流す

 

せっかく丁寧に汚れを落としても、洗顔料が顔に残ったままでは意味がありません。

 

特に髪の毛の生え際やあご回りなどは、すすぎ残しが多い箇所です。

ニキビができやすいパーツでもあるので、より意識的に丁寧に洗い流すようにしましょう。

 

顔を拭くときは擦らない

 

洗顔_タオル

 

洗顔料を洗い流したあとは、タオルで擦らずぽんぽんと押さえるように水分を拭き取りましょう。

 

一度使用したタオルには雑菌が繁殖しやすいため、毎日清潔なタオルに交換することが望ましいです。

難しい場合はクレンジングタオルやペーパータオルといった、使い捨て出来るものを活用することもおすすめです。

 

朝洗顔におすすめのクレンジングタオル

 

洗顔後の水分を拭き取るのにおすすめのクレンジングタオルをご紹介します。

 

ミシン目加工が施されたものや、ティッシュのように1枚ずつ取り出せるタイプのものまで様々。

ドラッグストアやオンラインショップで手軽に購入することが可能です。

 

【ITO】 クレンジングタオル

 

 

エンボス加工が施された厚手のペーパータオル。

80枚分がロール状になっておりミシン目加工が施されているため、使い捨て使用に便利です。

 

袋に入った状態で保管でき、衛生的にも安心。

これ1つで2か月半ほど持つためコスパも悪くありません。

 

【ITO】クレンジングタオルの商品情報

 

価格:969円(税込)

内容量:1個

 

 

 

【ITO】 フェイシャルタオル

 

 

先ほどご紹介したアイテムと同じ、ITOのフェイシャルタオル。

こちらはティッシュ型で1枚ずつ取り出しが可能です。

 

吸水性に優れており、優しく、柔らかく洗顔後の水分を拭き取ることができます。

 

生地が厚く丈夫でそのまま捨ててしまうのがもったいないため、洗面台の拭き掃除などに活用しているというレビューが多数見受けられます。

 

【ITO】 フェイシャルタオルの商品情報

 

価格:853円(税込)

内容量:60枚

 

 

 

肌タイプ別の朝洗顔の方法

 

洗顔_タオル

 

続いては、肌タイプに応じた洗顔方法をご紹介します。

ご自身の肌の特徴や季節の変化による肌悩みに合わせて使い分けてみてください。

 

脂性肌

 

 

全体的にベタつきが気になる脂性肌の方には短時間で皮脂を取り除くために、脱脂力の高い石鹸系の洗顔料がおすすめ。

 

しかし、皮脂を取りすぎてしまうと肌のバリア機能が働き、皮脂を過剰に分泌してしまうこともあります。

NMF(天然保湿因子)やセラミドを残しつつ洗顔することがポイントです。

 

毛穴詰まりや黒ずみが気になる場合は、ベントナイトなどが配合されたクレイの洗顔料がおすすめ。

不要な皮脂を吸着し洗い流すことで、クリアな肌に近付きます。

水分量を保つためには。保湿効果のあるグリセリン高配合なものを使用してみてください。

 

洗浄力の高いアイテムを使用すると肌のうるおいが不足しやすいため、洗顔後のスキンケアでは水分を行き届かせることを意識してみてください。

 

乾燥肌

 

 

乾燥によりデリケートになっている肌の場合、洗浄力が高すぎず保湿力の高い洗顔料を選ぶと良いでしょう。

 

肌に負担をかけないためにも、泡立ちの良い洗顔料がおすすめです。

直接手で顔を擦らず、泡で優しく肌表面をなでるイメージで洗顔してください。

 

アイテムを選ぶ際のポイントとしては、長時間保湿効果が持続するグリセリンが高配合なものがおすすめ。

また、サリチル酸や乳酸などの成分や酵素洗顔は敏感肌の方にとっては刺激が強い可能性があります。

 

肌がデリケートになっている方は、体温よりも低い32度くらいのぬるま湯で洗い流してください。

 

混合肌

 

 

ベタつきと乾燥のどちらも気になる混合肌の方は、ご自身の肌の特徴に合わせて成分や洗顔時間を調整しましょう。

洗浄成分の高い石鹸系から試していき、乾燥や肌のつっぱりが気になるようであればマイルドなアミノ酸系の洗顔料を試してくださいね。

 

どちらにしても保湿は大切なため、商品を選ぶ際はヒアルロン酸やグリセリンなどの成分に注目してみてください。

 

毛穴の詰まりや黒ずみが気になる場合は、酵素やスクラブ系の洗顔もおすすめです。

これらは洗浄力が高めの洗顔料が多いため、洗顔後の保湿ケアは入念に行ってくださいね。

 

 

朝洗顔におすすめのアイテム

 

ここからは、朝洗顔におすすめのアイテムをご紹介します。

プチプラから中間価格帯のアイテムを中心に、ドラッグストアやバラエティショップで購入可能なものを厳選しました。

 

肌タイプやテクスチャーの好みによって、お気に入りの商品を見つけてください♪

 

【オルビス】クラリファイング ジュレウォッシュ

 

 

泡立て不要なジュレタイプの洗顔料。

脂性肌、混合肌の方におすすめです。

 

くすみ (※1) を「取り去る」、「ため込ませない」、「うるおいを与える」処方で透明感溢れるくすみレスな肌を実現します。

 

リンゴ酸 (※2)  入りのジェルと、2種類のスクラブを配合。

ジェルが余分な角層を柔らかくし、スクラブが角質肥厚によるくすみを取り除くことでなめらかな肌に導きます。

 

スクラブは、粒子が細かく肌への負担を感じにくい使用感です。

また、ヒアルロン酸Naを配合しているため、うるおいに満ちたしっとりとした洗いあがりを体感できます。

 

さくらんぼ1粒分を手に取り顔全体になじませたら、小さな円を描くように10秒程くるくるとマッサージします。

10~15回を目安にぬるま湯で丁寧にすすいでください。

 

※1 角層肥厚による

※2 肌をやわらげる保湿成分

 

【オルビス】クラリファイング ジュレウォッシュの商品情報

 

価格:1,760円(税込)

内容量:120g

 

 

 

※オルビス関連記事: 【オルビス】人気おすすめスキンケア14選!化粧水・クレンジング・コスメなどを一挙ご紹介

 

【ビオレ】朝用ジュレ洗顔料

 

 

こちらも泡立たないタイプで、さっぱりとした洗いあがりの朝用洗顔料。

乾燥肌や、混合肌の方の部分使いにおすすめです。

 

ジュレが皮脂を包み込み自然に落とします。

すすぎ時に配合されている保水カプセルがとろけることで、中の保湿成分が肌に密着し、みずみずしくメイクのりが良い肌へと導きます。

 

ポンプ式のため、手に取り出しやすいのも嬉しいポイントです。

 

手と顔をぬるま湯で濡らしてから、ポンプ2押し程度を手に取り顔全体に広げます。

Tゾーンなどベタつきが気になる箇所は、さらにくるくるとなじませてから丁寧にすすぐと効果的です。

 

アクアフローラルのさわやかな香りが広がり、1日のスタートにぴったりですよ♪

 

【ビオレ】朝用ジュレ洗顔料の商品情報

 

価格:990円(税込)

内容量:100ml

 

 

【ビオレ】ザフェイス 泡洗顔料

 

 

同じくビオレから、泡タイプの洗顔料のご紹介です。

肌悩みに応じた5種類のラインナップで、どの肌タイプの方でも自分に合ったアイテムが見つかるはず。

 

  • ディープモイスト:乾燥肌向け
  • モイスト:混合肌、普通肌向け
  • アクネケア:ニキビを予防したい方向け
  • オイルコントロール:脂性肌向け
  • スムースクリア:毛穴が気になる方向け

 

こちらもポンプ式で泡立て不要なため、摩擦レスで洗い上げることができます。

デリケートな敏感肌や、赤ちゃんにも使用可能な処方です。

 

ビオレ洗顔史上最高クラスの生クリーム泡で、至福の洗い心地を体感してみてください。

 

【ビオレ】ザフェイス 泡洗顔料の商品情報

 

価格:各633円(税込)

内容量:各200ml

 

 

 

【ラゴム】ジェルトゥウォーター クレンザー(朝用洗顔)

 

 

韓国コスメにおいて朝洗顔の代表格といっても過言ではない、ラゴムの「ジェルトゥウォーター クレンザー」。

保湿効果が高い処方のため乾燥肌や混合肌の方におすすめですが、洗いあがりがさっぱりしているため脂性肌の方でも使いやすいアイテムです。

 

肌にのせると水のようなテクスチャーに変化します。

水分保持力に着目した成分「アクアリシア(AQUALICIA)」  (※1)  配合で、洗顔後の肌もしっとり。

 

こちらのアイテムは、乾いた状態の肌にのせて使用してください。

さくらんぼ大を顔全体に伸ばし、マッサージするように汚れを浮かせ洗い流しましょう。

 

シンプルでスタイリッシュなパッケージデザインが特徴的です。

 

※1 加水分解野菜タンパク、マルトデキストリン(ともに保湿成分)

 

【ラゴム】ジェルトゥウォーター クレンザー(朝用洗顔)の商品情報

 

価格:2,310円(税込)

内容量:220ml

 

 

 

【ビオデルマ】クレンジングウォーター

 

 

敏感肌の方向けのメイク落としとしてもおすすめな、ビオデルマの「クレンジングウォーター」。

低刺激な処方のため、朝洗顔の代わりに拭き取り化粧水のような用途での使用が可能です。

 

ピンクのボトルが目印のサンシビオシリーズはどの肌タイプの方でも使用しやすい処方。

他にも乾燥肌向けと、脂性肌・混合肌向けの処方のアイテムがあります。

 

  • サンシビオシリーズ:敏感肌向け
  • セビウムシリーズ:脂性肌、混合肌向け
  • イドラビオシリーズ:乾燥肌向け

 

人気No.1のサンシビオシリーズには、フルクトオリゴ糖やキシリトールなど4つの保湿成分と、鎮静効果のあるキュウリ果実エキスが配合されています。

 

コットンにたっぷりと含ませたら、すべらせるように優しく拭き取ってください。

洗い流しが不要で、そのまま次のスキンケアステップに進むことができます。

 

メイクのプロも愛用する、信頼できるアイテムです。

容量の少ないサイズも販売されており、お試しでの使用や季節の変化によるゆらぎに応じて使い分けることが可能です。

 

【ビオデルマ】クレンジングウォーターの商品情報

 

価格:各1,320円~3,234円(各税込)

内容量:100ml、250ml、500ml(500mlは片手プッシュ分プタイプもあり)

 

 

 

 

※ビオデルマの関連記事:  「ビオデルマ」の肌質別おすすめアイテム10選!楽ちんクレンジングで毛穴が目立たない肌へ♪

 

 

朝洗顔で1日のスタートを爽やかに♪

 

洗顔_洗面台_女性

 

本記事では、肌タイプ別に効果的な朝洗顔の方法とおすすめアイテムをご紹介しました。

 

美肌に見せるために高価な化粧品や人気の商品でメイクアップすることも効果的ですが、日々のスキンケアを丁寧に行うことが第一歩です。

朝のひと手間でスキンケアアイテムがなじみやすくなるだけでなく、メイクのりまで良くなります。

 

ベースの肌がきれいになることで、日々のメイクアップがより楽しくなることでしょう。

 

 

▼朝洗顔の関連記事

 

・  【医師監修】肌質に合わせたおすすめの洗顔料20選!洗顔料を選ぶときのポイントや正しい使い方も解説

・  泡洗顔で優しくお肌ケア♪おすすめ泡洗顔料や使い方をチェックしよう

・  忙しい女子必見!「サボリーノ」の時短スキンケア用品を紹介

・  「拭き取り化粧水」の使い方&おすすめ商品


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(420)
   着回し/コーデ(90)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(85)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(9)
メイク・コスメ(514)
   ベースメイク(52)
   アイメイク(75)
   リップ/グロス(35)
   ネイル(19)
   コスメブランド/メーカー(237)
美容(167)
   スキンケア(85)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー/トリートメント(47)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(71)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(9)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(284)
   生活雑貨/生活用品(27)
   お祝い/ギフト/プレゼント(25)
   趣味(10)
   お出かけ/観光/旅行/デート(36)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(75)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(101)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(33)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(32)
   レシピ(31)
アート/カルチャー(42)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(19)

スキンケア

エイジングケア(45)
保湿(222)
美白(45)
乳液(52)
クリーム(128)
オイル(36)
化粧水(146)
美容液(114)
基礎化粧品(160)
ニキビ(24)
毛穴ケア(44)
角質ケア(57)
肌荒れ(35)
くすみ(56)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(45)
スペシャルケア(149)
セルフケア(81)
UV対策(52)
日焼け対策(42)
日焼け止め(20)
しわ(13)

肌質

乾燥肌(152)
敏感肌(105)
脂性肌(54)
混合肌(41)

コスメ/メイク

ツヤ肌(152)
マット肌(60)
ミネラルコスメ(59)
デカ目(70)
小顔(5)
韓国(109)
化粧(250)
ポイントメイク(258)
メイクテク(125)
ナチュラルメイク(193)
美肌(167)
メイク道具(35)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(164)
テカリ防止(28)
アイメイク(191)
リップ/グロス(164)
チーク(103)
カラーメイク(52)

ファッション

春コーデ(118)
夏コーデ(111)
秋コーデ(130)
冬コーデ(132)
スタイル(260)
テイスト(240)
シーン別(54)
大人コーデ(176)
カジュアル(169)
綺麗め(177)
フェミニン(132)

年代別

10代(10)
20代(19)
30代(21)
40代(14)
50代(9)

恋愛

片思い(26)
男性心理(43)
カップル(37)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(48)
モテ仕草(5)

ヘアスタイル

ショートヘア(60)
ロングヘア(66)
セミロング(62)
ボブ(66)
スタイリング(100)
ヘアケア(86)
ヘアカラー(34)
ヘアアクセ(27)

ライフスタイル

ホームパーティー(25)
グルメ/レシピ(141)
ヘルシー(50)
運動(23)
筋トレ(9)
リラックスタイム(55)

人気記事ランキング