logo

Top > 美容 > 髪/シャンプー/リンス/コンディショナー

【薬剤師が監修】髪と頭皮に優しい!アミノ酸シャンプーの特徴やおすすめシャンプーまとめ






健康的な髪を育てるために使用しているシャンプー。
いつも使うものだからこそ、成分にはこだわって、頭皮や髪に負担をかけないものを選びたいですよね。

頭皮が少し弱い方や、髪に負担をかけないシャンプーを選びたい方に向けて、今回はアミノ酸シャンプーの魅力をご紹介します。
アミノ酸シャンプーの特徴や選び方のポイントからおすすめ商品をまとめているので、ぜひ参考にしてください。

緊急事態宣言の発令、及び新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけになられる前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】髪と頭皮に優しい!アミノ酸シャンプーの特徴やおすすめシャンプーまとめ

 

アミノ酸シャンプーの特徴

1. 髪や頭皮への負担が少ない

2. フケや痒み、髪のパサつきの改善

3. ヘアカラーやパーマが長続きしやすい

アミノ酸シャンプーの選び方

1. 成分名と組成を確認する

2. 「アミノ酸シャンプー」と「アミノ酸配合シャンプー」は別物

3. 頭皮に負担がかかる成分をチェックする

4. 添加物に注意する

おすすめのアミノ酸シャンプー

1. アミノレスキューシャンプー 400ml

2. チャップアップ(CHAPUP) CUシャンプー

3. オルナ オーガニック シャンプー

4. ベルーガ アミノ酸 シャンプー アミノダメージケア

5. すっぴん地肌ナチュラルスカルプシャンプー

6. Pure NATURAL(ピュアナチュラル) シャンプー M

7. バレエジャポン オーロラシャンプー

8. AFC 髪優(カミーユ) アミノ酸シャンプー

9. レラ・パルガ 原料アミノ酸100%シャンプー ソフト

10. mogans ノンシリコン アミノ酸ヘアシャンプー/コンディショナー

正しいアミノ酸シャンプーの使い方

1. 先に手のひらで良く泡立ててから洗う

2. 髪の毛ではなく頭皮を洗うこと

3. ぬるま湯で時間をかけて十分にすすぐ

使い心地の良いアミノ酸シャンプーを見つけよう♪

 

アミノ酸シャンプーの特徴

 

flourshampoobottle

 

髪の毛や地肌に良いシャンプーとして知られる、アミノ酸シャンプー。

何となく良さそうなイメージがあって使っている方もいると思います。

 

でも、どうして「アミノ酸」なのでしょうか。

その理由を知っている方は少ないかもしれません。

 

アミノ酸シャンプーは、頭皮や髪にどのようなメリットをもたらしてくれるのか、まずはアミノ酸シャンプーの特徴をご紹介します。

 

1. 髪や頭皮への負担が少ない

 

アミノ酸シャンプーは、美容院でも使われることが多いシャンプーの種類で刺激の少なさが特徴です。

頭皮・皮膚は弱酸性を保つことで、雑菌の繁殖を防いでいます。

しかし、洗浄力の強い市販のシャンプーの多くはアルカリ性に傾いているため、洗浄力が強すぎて刺激となってしまうことがあります。

 

その反面、アミノ酸シャンプーは弱酸性であるため、肌への刺激が少ない点がメリットです。

洗浄力が弱いイメージがあるかもしれませんが、しっかりと不要な汚れは落としてくれます。

値段こそ少し高めですが、皮膚が弱くて頭皮のかさつきや抜け毛が気になっている方、髪の傷みが激しくて悩んでいるという方におすすめです。

 

2. フケや痒み、髪のパサつきの改善

 

シャンプーに含まれる洗浄成分(界面活性剤)や添加物の影響で頭皮が荒れたり、乾燥しやすくなったりすることもあります。

また、皮膚の健康を保つために必要な最低限の皮脂まで取ってしまって、フケや痒み、髪のパサつきを起こすこともあります。

 

低刺激のアミノ酸シャンプーであれば、肌の乾燥や刺激によるトラブルを防ぐことができます。

その他、余計に皮脂を取りすぎてしまうこともなく、髪質改善を促進することにもつながります。

 

3. ヘアカラーやパーマが長続きしやすい

 

アミノ酸シャンプーは界面活性剤の作用が弱いので、ヘアカラーやパーマの効果が長続きしやすいというメリットもあります。

洗浄成分の強いシャンプーはしっかりと髪の汚れを落としてくれる半面、成分が強いためにカラーやパーマも落ちやすくなる傾向があるのです。

 

せっかくのヘアカラー、パーマの効果が長続きするので、年間でヘアケアにかける出費も抑えることができます。

 

 

アミノ酸シャンプーの選び方

 

research

 

アミノ酸シャンプーと言っても、たくさんの種類が発売されています。

初めてアミノ酸シャンプーを購入するとなると、どれが良いものなのか悩みますよね。

 

ここでは、アミノ酸シャンプーを選ぶ上で押さえておきたいポイントをご紹介します。

 

1. 成分名と組成を確認する

 

アミノ酸シャンプーを購入する時に最も気を付けておきたいのが、含まれている成分です。

どんな有名メーカーのものでも、まず購入前にはボトルの裏の成分表をチェックしましょう。

 

また、アミノ酸系洗浄成分が具体的にどんな名前なのか把握しておくことが大切です。

 

  • ココイルグルタミン酸Na
  • ココイルメチルタウリンNa
  • ココイル〜
  • 〜メチルアラニン
  • ラウリルベタイン
  • ラウラミドプロピルベタイン
  • コカミドプロピルベタイン

 

これらが、アミノ酸系洗浄成分の代表的な成分名です。

 

成分表は、その商品に多く含まれている成分の配合量が多い順に表記されています。

水の次にアミノ酸成分が表記されているシャンプーは、シャンプーの中に多くアミノ酸が配合されている「アミノ酸シャンプー」に分類できます。

 

しかし、成分表の後半に成分が書いてある、他にも強い界面活性成分が含まれるという場合は、アミノ酸を少ししか含んでいないシャンプーになるため要注意です。

 

2. 「アミノ酸シャンプー」と「アミノ酸配合シャンプー」は別物

 

アミノ酸シャンプーの場合は、成分中に多くの種類のアミノ酸が含まれていて、その割合も高くなっています。

ただ、実際には「アミノ酸シャンプー」と思って購入していたものが、実は「アミノ酸配合シャンプー」である可能性もあるので要注意です。

 

アミノ酸配合シャンプーとは、シャンプーの成分の中心がアミノ酸ではないシャンプーで、一部アミノ酸系成分を含むだけのものです。

頭皮に刺激の強い洗浄成分を成分に含んでいれば、アミノ酸系成分の効果は薄まり、一般的なシャンプーと大差はなくなります。

 

間違ってアミノ酸配合シャンプーを手にしてしまうことの無いよう、シャンプーを購入する前に、成分表を十分にチェックしましょう。

成分表の先頭に水、次にアミノ酸成分が並んでいるものが「アミノ酸シャンプー」ということを忘れずに。

 

水の次に洗浄成分が並んでいて、成分表の後半に複数のアミノ酸成分が並んでいるものは、「アミノ酸配合シャンプー」ということになります。

 

3. 頭皮に負担がかかる成分をチェックする

 

アミノ酸シャンプーだからといって、絶対に刺激がないという訳ではありません。

商品によっては、強い洗浄成分やパラベンなどの刺激となりやすい成分を含んだものもあります。

 

また、洗浄成分は頭皮や髪に負担をかける心配はありますが、髪や頭皮に汚れがひどく付着しているなら、しっかりと汚れを落とす機能も必要です。

 

次にあげる洗浄成分は比較的に洗浄力が強めの種類です。

これらが多く含まれていないかどうかチェックしておきましょう。

 

  • ラウリン酸…泡立ちをよくする成分
  • ラウレス硫酸Na…洗浄成分が強く、傷んだ髪や弱った頭皮にダメージを与える可能性アリ
  • ラウリル硫酸Na…ラウレス硫酸Naよりも洗浄成分が強い成分
  • オレフィンスルホン酸…脱脂力が高く、必要な頭皮の脂まで洗い流してしまう可能性アリ
  • パレスー3硫酸Na…洗浄力、脱脂力共に強い両性界面活性剤
  • ココアンホ酢酸Na…パレス―3硫酸Naよりも少し刺激を抑えた両性界面活性剤

 

4. 添加物に注意する

 

洗浄成分だけではなく、添加物にも注意したいものです。

シャンプーは保存性や安定性を高めるために、何かしらの添加物を使っていることがほとんど。

添加物が全て悪いわけではありませんが、中には皮膚にトラブルを起こす原因となりやすい成分もあります。

 

「ノンシリコン」「パラベンフリー」「合成着色料フリー」といった言葉を良く耳にしませんか?

必ずしもシリコンが悪い、パラベンが悪いとは言い切れませんが、相性により肌トラブルを起こす可能性はあります。

 

例えば、次のような成分は刺激となりやすい添加物であるため、配合量に気をつけた方が良いでしょう。

 

  • サルフェート(ラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウムなど)
  • パラベン
  • 鉱物油
  • 合成着色料
  • 石油系界面活性剤
  • エタノール
  • 動物性成分

 

肌が非常に弱い、肌トラブルを起こしやすいという方の場合は、完全無添加のシャンプーを選んだ方が良いこともあります。

 

ただし、完全無添加の場合には、防腐剤も入っていないことになるため腐敗しやすいというデメリットもあります。

安易に無添加に飛びつくのではなく、メリット・デメリットを理解しておくことが大事です。

 

 

おすすめのアミノ酸シャンプー

 

shampoobottles

 

アミノ酸シャンプーを初めて購入する方や、今使用しているシャンプー以外のものを購入しようとしている方に向けて、おすすめのアミノ酸シャンプーをご紹介します。

価格は手頃なものから少しこだわりを持った高級志向のものまで厳選しているので、ぜひチェックしてください。

 

1. アミノレスキューシャンプー 400ml

 

 

なめらかな泡立ちで、年齢問わず使用できるシャンプーです。

ふんわりとした泡立ちと、すっきりとした使用感を実感することができます。

 

雨の日や加齢に伴う髪の毛のうねりやパサつきにも効果があり、同じ種類のトリートメントと併せて使用することでより相乗効果が期待できます。

髪の広がりも抑えることができるので、毎日髪の毛を束ねているという方にもおすすめです。

 

シャンプーのみを使用した場合、少しきしみを感じることがあるため、コンディショナーやトリートメントで整えるようにしましょう。

 

アミノレスキューシャンプー 400ml の商品情報

 

価格:1,566円

内容量:400ml

原産国:日本

 

 

 

2. チャップアップ(CHAPUP) CUシャンプー

 


髪や頭皮になるべく負担をかけたくない、成分に徹底的にこだわったシャンプーがいい!という希望を叶えてくれるシャンプーです。

加齢による薄毛や細くなってしまった髪の毛のケアや、体質的に頭皮が乾燥しやすくて季節によって痒みがでやすい人にもおすすめ。

 

性別や年齢を問わず使いやすく、控えめなフルーティローズの香りが優しく香ります。

シャンプーの香りはとても優しいものなので、自然と和らぎ匂いは気になりません。

 

少しお値段は高いですが、非常に口コミでも人気のシャンプーです。

 

チャップアップ(CHAPUP) CUシャンプーの商品情報

 

価格:4,840円

内容量:300ml

香り:フルーティーローズ

 

 

 

3. オルナ オーガニック シャンプー

 

 

アミノ酸シャンプーを使用すると、どうしても髪がきしみがちになるという方必見!

こちらのシャンプーは、使用後に髪のきしみが気になりにくく、さらにトリートメントを併用することできしみ知らずのサラリとした仕上がりになりますよ。

 

匂いはかすかに香る程度で、さわやかなハーブの香りです。

男性でも残り香を気にすることなく使用することができます。

 

テクスチャーはとろりとしてたはちみつのような感じです。

泡切れもよく肌に滑りが残りにくい、さっぱりとした洗い心地のシャンプーと言えるでしょう。

 

オルナ オーガニック シャンプーの商品情報

 

価格:3,800円

内容量:500ml

備考:シャンプーとトリートメントのセット価格

 

 

 

4. ベルーガ アミノ酸 シャンプー アミノダメージケア

 

 

傷んだ髪のダメージ補修が気になる方におすすめです。

傷んだ髪の補修効果を併せ持ったアミノ酸シャンプーです。

 

成分の浸透力を高めた、浸透アミノ酸成分だから髪の内部までしっかりと届きます。

髪の内部まで成分がしっかりと染み込んでいき、ダメージでごわつきがちな髪をしっかりと補修。

生ケラチンと生コラーゲンも配合されています。

 

少しとろみがあり、洗い流す際にぬめりを感じる場合には、十分な時間をかけてシャンプーを落としましょう。

トリートメント使用後は、しっとりと指通りの良い髪の毛に仕上がります。

続けて使用することで、無くなりかけていたハリやコシを取り戻せるシャンプーです。

 

ベルーガ アミノ酸 シャンプー アミノダメージケアの商品情報

 

価格:1,486円

内容量:400ml

特徴:ダメージケアに特化

 

 

 

5. すっぴん地肌ナチュラルスカルプシャンプー

 

 

フケや頭皮のかゆみなど、頭皮の状態改善にぴったりのシャンプーです。

 

こちらのシャンプーは、脂漏性皮膚炎についての研究者が開発に携わっています。

髪が弱っていたり脂が多めの頭皮の環境を優しくケアし、健やかな状態に導いてくれる効果があります。

 

少量でもしっかりと泡立ち、肌を優しく洗い上げます。

香りはほのかなグレープフルーツの香りで、香りに敏感な方も気にせず使用できますよ。

 

すっぴん地肌ナチュラルスカルプシャンプーの商品情報

 

価格:3,207円

内容量:250ml

特徴:脂漏性皮膚炎研究者が開発

 

 

 

6. Pure NATURAL(ピュアナチュラル) シャンプー M

 

 

アミノ酸シャンプーを試してみたいけれど、価格が少し高めだからなかなか踏み出せない。

そんな方におすすめなのが、こちらのシャンプーです。

 

アミノ酸シャンプーでありながらも、コスト抑えめなのでアミノ酸シャンプーを初めて試す方にもぴったり。

無理なく続けやすい価格だから、長く愛用することができます。

 

使用感はしっとり。

香り自体がとても優しく、ドライヤーをすると香りはほとんど気にならなくなるため、人工香料が苦手な方でも安心して使用できます。

 

Pure NATURAL(ピュアナチュラル) シャンプー Mの商品情報

 

価格:805円

内容量:500ml

特徴:合成香料、合成着色料不使用

 


 

7. バレエジャポン オーロラシャンプー

 

 

バレリーナのように髪をしっかりと固めている人のために開発された、頭皮に優しいオーガニックアミノ酸シャンプー。

オールインワンなので、コンディショナーやトリートメントは不要です。

 

美容成分と天然栄養成分を豊富に含んでいて、髪と頭皮を泡パックすることでより効果を高めることができます。

オーガニックなので、体に優しい成分を使いたい方にもおすすめです。

 

バレエジャポン オーロラシャンプーの商品情報

 

価格:4,919円

内容量:300ml

特徴:オールインワンタイプ

 

 

 

8. AFC 髪優(カミーユ) アミノ酸シャンプー

 

 

「毎日サロンでシャンプーを使用している美容師さんの手が荒れない」という目標を掲げて開発された、低刺激で髪にも肌にも優しいシャンプー。

15種類のアミノ酸と19種類の保湿成分を配合しています。

トリートメントを省いてもさらりとした髪質に仕上げられる保湿力の高さが特徴です。

 

アミノ酸シャンプーは泡立ちが良くないという声も多いですが、こちらのシャンプーは泡立ちがよく、トリートメントいらずなので、忙しいママにもぴったり。

テクスチャーはさらさらとしているため、手で十分に泡立てておくと髪の毛全体を効率よく洗うことができますよ。

 

AFC 髪優(カミーユ) アミノ酸シャンプーの商品情報

 

価格:1,560円

内容量:370ml

特徴:低刺激にこだわりを持って開発されている

 


 

9. レラ・パルガ 原料アミノ酸100%シャンプー ソフト

 

 

傷んでしまった髪のダメージケアに特化しているシャンプーです。

ソフトのほかにも、ハード(ハードダメージに特化しているシャンプー)や、プロト(ダメージの少ない髪の方、赤ちゃんからお年寄りまで使用可能)が販売されています。

 

40年以上前からアミノ酸研究が行われており、研究を重ねて誕生している実績のあるアミノ酸シャンプーです。

美容室でも使用されており、継続的に使うことで、ダメージを負っていた髪にアミノ酸が浸透していきツヤのある美しい髪に徐々に変化し始めます。

 

泡立ちは良いとは言えませんが、優しい香りで洗った後に髪のきしみが気になりません。

同じブランドのトリートメントを使用することによって、さらに高い髪のダメージ補修効果が期待できます。

 

レラ・パルガ 原料アミノ酸100%シャンプーの商品情報

 

価格:3,240円

内容量:250ml

特徴:ダメージ補修に特化

 


 

10. mogans ノンシリコン アミノ酸ヘアシャンプー/コンディショナー

 

 

ふんわりと香るラベンダーの香りが、一日の疲れを癒してくれるアミノ酸シャンプーです。

ほのかに香る甘い香りなので、毎日のシャンプーが楽しくなりますよ。

 

こだわり抜いた成分で作られているシャンプーで、デリケートな頭皮を十分に保湿して、傷んだ髪に潤いを与えてくれます。

ヘアカラーや白髪染めで傷んでしまった毛先もきれいにまとまり、ツルンとした仕上がりを実感できます。

 

テクスチャーはとろりとした感触で、髪の毛にも肌にも刺激が少なめ。

天然由来成分とアミノ酸を豊富に含んでいるので、贅沢な洗い上がりで満足度も高い商品です。

 

mogans ノンシリコン アミノ酸ヘアシャンプー/コンディショナーの商品情報

 

価格:4,999円

内容量:シャンプー・コンディショナー各300ml

特徴:植物由来成分で99%以上を構成、アミノ酸19種類配合

 

 

 

正しいアミノ酸シャンプーの使い方

 

どんなに良いアミノ酸シャンプーを使ったとしても、洗い方を間違ってしまうと意味がありません。

しっかりとその効果を発揮させるために、正しいアミノ酸シャンプーの使い方を確認しておきましょう。

 

1. 先に手のひらで良く泡立ててから洗う

 

シャンプーで髪の毛を洗う時に、シャンプー剤を直に頭皮に付けていませんか?

そのまま付けてしまうと、頭皮にべったりとついてしまって、すすぎ残しが多くなります。

 

まず手のひらで少し水分を足して、十分に泡だててから使うようにしましょう。

肌トラブルが多い方も、この洗い方に変えるだけで大幅に改善される可能性があります。

 

2. 髪の毛ではなく頭皮を洗うこと

 

シャンプーで髪の毛を洗う時、どうしても髪の毛をゴシゴシとしてしまいますよね。

でもこの洗い方はNG、頭皮を洗うようにすることが大事です。

 

髪の毛をゴシゴシと摩擦させてしまうと、それだけで髪の毛のキューティクルを剥がして、ヘアカラー剤の色落ちも早めてしまいます。

シャンプーを手のひらで十分に泡だてたら、頭皮を洗うようにすることがポイントです。

 

3. ぬるま湯で時間をかけて十分にすすぐ

 

実はシャンプーは洗っている時間よりも、すすぐ時間が大事だと知っていますか?

すすぎ残しがあると、シャンプー剤が頭皮の刺激となって痒みやニオイの原因にもなります。

洗う時間の倍以上の時間をかけて、十分にすすぐことが大切です。

 

また、すすぐお湯の温度にも注意が必要。

温度が高すぎると、皮脂を過剰に洗い流してしまって乾燥のもとになります。

夏場であれば38℃、冬場であれば40℃程度の少しぬるいと感じる温度が適温です。

 

 

使い心地の良いアミノ酸シャンプーを見つけよう♪

 

longhairwoman

 

ご紹介したように、アミノ酸シャンプーは髪の毛にも地肌にも優しいシャンプーです。

髪の毛が美しいと、全体の印象も大きく変わるもの。

 

ぜひあなたも自分にあったシャンプーを見つけて、さらさらした潤いのある髪の毛を手に入れてください。

きっとアミノ酸シャンプーがあなたのヘアケアを大きく変えてくれることでしょう。

 

 

監修:薬剤師 笹尾 真波(ささお まなみ)

 

大学院卒業後、某内資系製薬企業にて市販薬の企画開発・マーケティングなどに携わる。

その後、都内大型門前病院前のドラッグ併設調剤薬局にて、調剤業務および市販薬のバイヤー・在庫管理・販売にも携わる。

その他、サプリメント・ハーブやオーガニックコスメ販売にも従事する。

 

また、外資系製薬企業にてDI業務、学術情報部門にて糖尿病や免疫関連の学術情報の検索および情報提供にあたる。

現在は非常勤薬剤師として調剤薬局で勤務する傍ら、正しい薬の使い方や医療情報、美容関係の情報提供に務める。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(122)
   着回し/コーデ(45)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(24)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(6)
メイク・コスメ(218)
   ベースメイク(21)
   アイメイク(25)
   リップ/グロス(15)
   ネイル(10)
   メーカー/ブランド(118)
美容(102)
   スキンケア(62)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(24)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(46)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(11)
   スポーツ/運動/トレーニング(5)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(175)
   生活雑貨/生活用品(21)
   ギフト/プレゼント(15)
   趣味(8)
   お出かけ/観光/旅行/デート(29)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(26)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(60)
   ドリンク/カフェ(23)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(15)
アート/カルチャー(20)
   写真/カメラ(5)
   ハンドメイド/クラフト(8)

スキンケア

エイジングケア(29)
保湿(127)
美白(39)
乳液(26)
クリーム(78)
オイル(18)
化粧水(79)
美容液(61)
基礎化粧品(91)
ニキビ(18)
毛穴ケア(27)
角質ケア(34)
肌荒れ(21)
くすみ(38)
クマ(8)
たるみ(16)
ハリ不足(33)
スペシャルケア(75)
セルフケア(37)
UV対策(27)
日焼け対策(19)
日焼け止め(9)
しわ(9)
洗顔/クレンジング(34)

肌質

乾燥肌(94)
敏感肌(69)
脂性肌(27)
混合肌(20)

コスメ/メイク

ツヤ肌(79)
マット肌(42)
ミネラルコスメ(19)
デカ目(37)
小顔(2)
韓国(29)
化粧(85)
ポイントメイク(90)
メイクテク(36)
ナチュラルメイク(76)
美肌(79)
メイク道具(13)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(41)
テカリ防止(4)
アイメイク(43)
リップ/グロス(44)
チーク(19)
カラーメイク(5)

ファッション

春コーデ(33)
夏コーデ(32)
秋コーデ(39)
冬コーデ(40)
スタイル(70)
テイスト(61)
シーン別(25)
大人コーデ(33)
カジュアル(30)
綺麗め(23)
フェミニン(22)

年代別

10代(2)
20代(8)
30代(10)
40代(5)
50代(3)

恋愛

片思い(21)
男性心理(34)
カップル(32)
恋愛観(36)
恋愛テクニック(41)
モテ仕草(1)

ヘアスタイル

ショートヘア(24)
ロングヘア(23)
セミロング(20)
ボブ(24)
スタイリング(33)
ヘアケア(46)
ヘアカラー(12)
ヘアアクセ(8)

ライフスタイル

キッチン用品(18)
ホームパーティー(15)
グルメ/レシピ(93)
ヘルシー(38)
運動(11)
筋トレ(5)
リラックスタイム(11)

人気記事ランキング