logo

Top > インテリア > 観葉植物

丈夫で華やかなバラ!「モッコウバラ」の特徴や育て方を解説






モッコウバラという、バラらしくないバラをご存知でしょうか。

モッコウバラにはほとんどトゲがなく、小さな花をたくさん咲かせるという特徴があります。
そして丈夫でとても大きくなることから、人気のあるバラです。

本記事では バラ初心者の方にもおすすめできるモッコウバラについて、その特徴や育て方について解説していきます。

本ページに掲載のリンク及びバナーには広告(PR)が含まれています。


【目次】丈夫で華やかなバラ!「モッコウバラ」の特徴や育て方を解説

 

モッコウバラとは

モッコウバラの種類

1. モッコウバラ(一重咲き)

2. モッコウバラ(八重咲き)

3. キモッコウバラ(一重咲き)

4. キモッコウバラ(八重咲き)

モッコウバラの特徴とその魅力

1. 花のつき方

2. 病気に強い

3. 香りがある

4. 大きくなる

5. ほとんどトゲがない

モッコウバラの生態まとめ

モッコウバラを育てるのに必要なアイテム

1. モッコウバラの苗

2. バラ用の土

3. 緩効性の肥料

4. 支えるもの(支柱、フェンスなど)

モッコウバラの育て方、育てる上で気を付けるべきポイント

1. 良い苗を選ぶ

2. 植え付けの時期を考える

3. 肥料を与え過ぎない

4. 日当たりが良い場所に置く

5. 水はたっぷり与える

6. 剪定も必要

7. 花がつくまでには時間がかかる

モッコウバラが被害に遭いやすい病気・害虫

気を付けたい病気・うどんこ病

気を付けたい害虫・イラガ

 

モッコウバラとは

 

モッコウバラ 特徴 育て方

 

モッコウバラは、中国を原産とするつる性のバラです。

 

丈夫で育てやすいことからとても人気があり、庭のフェンスや垣根にも使われています。

小さな花を多数つけるモッコウバラが開花すると、庭が一気に華やかになりますよ。

 

そんなモッコウバラは、江戸時代(1760年頃)には日本に渡来していたとされています。

最初に白色の花をつけるモッコウバラが、追って黄色の花をつけるモッコウバラが入ってきたようです。

 

 

モッコウバラの種類

 

左下から右上に向かって伸びる白いモッコウバラ

 

モッコウバラには4つの種類があります。

どの種類も育て方に大きな違いはないため、見た目や香りの有無から好きな種類を選ぶと良いでしょう。

 

1. モッコウバラ(一重咲き)

 

 

白色〜淡い黄色の花びらに、赤色のめしべがアクセントになっている品種です。

直径3cmほどの一重の花が多数つき、満開になると甘い香りがします。

 

2.  モッコウバラ(八重咲き)

 

八重モッコウバラアップ

 

花びらの色は白色〜淡い黄色、直径3cmほどの八重の花が房状に咲きます。

満開になるとウメのような、良い香りがします。

 

3.  キモッコウバラ(一重咲き)

 

 

直径3cmほどの淡い黄色をした、一重の花が多数つく品種です。

満開になると甘い香りが漂い、花が咲いた後には実もつきます。

 

4.  キモッコウバラ(八重咲き)

 

八重キモッコウバラのアップ

 

直径3cmほどの淡い黄色をした、八重の花が房状に咲く品種です。

ほとんどトゲと香りがないことが特徴です。

 

 

モッコウバラの特徴とその魅力

 

花瓶にさしたモッコウバラ

 

バラらしくないバラ、モッコウバラにはどんな特徴や魅力があるのでしょうか。

 

1. 花のつき方

 

 

モッコウバラの大きな特徴は、その花のつき方にあります。

 

他のバラのように大きな1輪の花を咲かせるわけではなく、小さな花が枝先に多数つきます。

一目見ただけでは、バラの仲間だとわからないかもしれません。

 

2. 病気に強い

 

 

モッコウバラはとても丈夫で、病気に強いという特徴も持っています。

 

バラの仲間は全般的に病気に弱く、育てるのが難しいとされています。

しかし、モッコウバラに関しては、適切な環境で育ててあげればほとんど病気になりません。

 

3. 香りがある

 

モッコウバラと子ども

 

モッコウバラの花には、すっきりとした甘い香りがあります。

 

香りを楽しみたい方は白色のモッコウバラ、もしくは一重咲きのキモッコウバラを育てましょう。

キモッコウバラの八重咲きの品種に関しては、ほとんど香りがありません。

 

4. 大きくなる

 

塀の上のモッコウバラ黄色

 

とても丈夫なモッコウバラは成長する力も強く、あっという間に大きくなります。

そのため、地植えをする場合はそれなりのスペースが必要になります。

 

モッコウバラの茎をアーチやフェンスに這わせてあげると、なんと5m以上になることもあります。

この性質を利用して、モッコウバラのアーチやグリーンカーテン、垣根を作ることができますよ。

 

5. ほとんどトゲがない

 

バラのトゲアップ

 

モッコウバラはバラの仲間ですが、ほとんどトゲがありません。

 

特に八重咲きのキモッコウバラに関しては、ほぼトゲが発生しません。

そのため、ガーデニング初心者の方や子供でも、比較的安心して育てることができます。

 

モッコウバラの生態まとめ

 

学名:Rosa banksiae

和名:木香薔薇

英名:banksia rose

原産:中国

開花時期:4〜5月

 

 

モッコウバラを育てるのに必要なアイテム

 

 

ここからは実際にモッコウバラを育てるために、最低限必要になるアイテムを紹介していきます。

 

1. モッコウバラの

 

 

まずは一番大切なもの、モッコウバラの苗を入手しましょう。

 

モッコウバラの苗は園芸店の他、通販でも購入できます。

もし可能であれば、実際に自分の目で見て苗を選ぶと良いでしょう。

 

2. バラ用の

 

 

モッコウバラには、水はけが良い土が向いています。

 

鉢植えの場合は、市販のバラ用の土を使うと良いでしょう。

地植えをする場合は植え付けの2週間ほど前に土を耕し、油粕や堆肥、緩効性粒状肥料を混ぜ込んでおきましょう。

 

3. 緩効性の肥料

 

 

モッコウバラは多肥を嫌う性質があるため、肥料を与えすぎると花のつきが悪くなります。

 

ただ、場合によっては肥料を与えた方が良い時もあります。

モッコウバラ用に油粕や骨粉、緩効性粒状肥料(化学肥料)を用意しておきましょう。

 

4.  支えるもの(支柱、フェンスなど)

 

 

ここまでご紹介してきた通り、モッコウバラは非常に大きくなる植物です。

 

モッコウバラを健康的に育てるためには、支柱やフェンスなど、つるを誘引する道具や場所が必要です。

つる同士が重なった状態のまま放置すると湿度がたまりやすく、病気や害虫の原因になってしまうことがあります。

 

 

モッコウバラの育て方、育てる上で気を付けるべきポイント

 

 

モッコウバラはバラの仲間の中では比較的育てやすいことから、初心者向けのバラと言われています。

しかし、そんなモッコウバラでも、他の植物と同じように育てる上で気をつけたいポイントがあります。

 

ここでは、モッコウバラを育てる際に、あらかじめ押さえておきたいポイントを解説します。

 

1. 良い苗を選ぶ

 

 

モッコウバラに限らず、植物の苗を購入する際は葉に元気やつやがあるものを選びましょう。

 

しかし、モッコウバラの場合は11月頃になると苗の葉が落ちてしまうため、葉で苗を判断することが難しくなります。

そのような場合は、枝や根がしっかりしている苗を選ぶと良いでしょう

 

2. 植え付けの時期を考える

 

秋のイメージ 紅葉した葉

 

モッコウバラは暑さに強く、寒さに弱い植物です。

 

植え付けは夏の暑さがひと段落した、10〜11月にすると良いでしょう。

寒冷地では地植えが難しいため、鉢植えにしてください。

 

3. 肥料を与え過ぎない

 

肥料をすくうスコップ

 

肥料の項目でも書きましたが、モッコウバラは肥料を与えすぎると花のつきが悪くなります。

 

肥料は年に1度、花が咲き始める春頃に与えれば十分です。

ただし夏の暑さなどで元気がない時、植え替えをする時などには別途市販の液体肥料を与えると良いでしょう。

 

4. 日当たりが良い場所に置く

 

青空とモッコウバラ

 

モッコウバラは日光を好む植物です。

なるべく直射日光が当たる所に置き、全体に日光が当たるようにしてください。

 

やや日陰になる場所でも育ちますが、出来るだけ日当たりが良いところに植えて(置いて)あげましょう。

 

5. 水はたっぷり与える

 

 

鉢植えの場合は土の表面が乾いたら、全体に水が行き渡るようにたっぷりと与えます。

この時鉢底から水が流れ出るまで与えるのがポイントです。

水は定期的に与えるのではなく、土やモッコウバラの状態を見て与えるようにしてください。

 

地植えの場合は普通に雨が降っていれば、特に水やりをする必要はありません。

極端に雨が少ない時や乾燥がひどい場合にのみ、水をあげてください。

 

6. 剪定も必要

 

 

モッコウバラの花つきを良くするためには、剪定が欠かせません。

モッコウバラは開花後、6〜7月までが剪定に適した時期と言われています。

 

モッコウバラは他のバラと異なり、剪定に関する細かいルールはありません。

長く伸び過ぎてしまったシュート(※)を切り取って、絡んだ枝や不要な枝を取り除いてあげましょう。

 

古い枝が目立ってきた場合は古い枝を切り落とし、若いシュートを誘引してあげると良いです。

この時地面に対して水平方向に誘引すると、花つきの良い枝に育ちますよ。

 

※シュート…1本の茎とそれについている葉やトゲのこと

 

7. 花がつくまでには時間がかかる

 

やは背景が暗く緑っぽい白いモッコウバラの花

 

かわいらしい花を咲かせるモッコウバラですが、花をつけるようになるまでは時間がかかります。

苗を植えてから開花するまでには、2〜3年はかかるものと考えておきましょう。

 

それでも花が咲かない場合は日光不足、剪定しすぎ、肥料の与えすぎなどが原因として考えられます。

モッコウバラの状態を見て、原因を探ってあげてください。

 

 

モッコウバラが被害に遭いやすい病気・害虫

 

葉っぱが多めの白いモッコウバラ

 

とても丈夫なモッコウバラですが、病気や害虫の被害にあうことがあります。

それらの被害にあった時に、モッコウバラにどのような症状が起きるかぜひ知っておいてください。

 

気を付けたい病気・うどんこ病

 

 

その名前が示す通り、葉にうどん粉をまぶしたように見える白いカビが生える病気です。

 

カビで白くなってしまった葉ではうまく光合成ができないため、少しずつ植物が弱っていきます。

うどんこ病を発見した際は白くなった葉を取りのぞき、農薬や殺菌剤を散布します。

 

モッコウバラの場合、白くなった葉を取りのぞけば自然治癒してしまうことも多いです。

ただ、葉を取りすぎると弱ってしまうため、必要に応じて薬を使用することも大切です。

 

気を付けたい害虫・イラガ

 

 

イラガは沖縄を除く日本全国に生息している、チョウの仲間です。

 

その幼虫はカキやサクラなど様々な樹木に付きますが、樹木に対してはほとんど影響を与えません。

しかし「デンキムシ」という別名が示すように、人が刺されるとひどい痛みを感じ、皮膚炎を起こしてしまうことがあります。

 

モッコウバラの剪定や手入れをする時には手袋をする、殺虫スプレーを使用するなど、イラガの幼虫に刺されないように注意してください。

 

 

小さくてかわいらしい花と育てやすさが魅力のモッコウバラ。

庭を華やかにしてくれる反面、その花からは考えられないほど大きくなる植物でもあります。

 

「育て始めたけれど手に負えない!」といった事態にならないように、またモッコウバラの魅力を思い切り楽しむため、植える前にはあらかじめ十分なスペースを確保しておいてください。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(420)
   着回し/コーデ(90)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(85)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(9)
メイク・コスメ(514)
   ベースメイク(52)
   アイメイク(75)
   リップ/グロス(35)
   ネイル(19)
   コスメブランド/メーカー(237)
美容(167)
   スキンケア(85)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー/トリートメント(47)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(71)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(9)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(284)
   生活雑貨/生活用品(27)
   お祝い/ギフト/プレゼント(25)
   趣味(10)
   お出かけ/観光/旅行/デート(36)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(75)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(101)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(33)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(32)
   レシピ(31)
アート/カルチャー(42)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(19)

スキンケア

エイジングケア(45)
保湿(222)
美白(45)
乳液(52)
クリーム(128)
オイル(36)
化粧水(146)
美容液(114)
基礎化粧品(160)
ニキビ(24)
毛穴ケア(44)
角質ケア(57)
肌荒れ(35)
くすみ(56)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(45)
スペシャルケア(149)
セルフケア(81)
UV対策(52)
日焼け対策(42)
日焼け止め(20)
しわ(13)

肌質

乾燥肌(152)
敏感肌(105)
脂性肌(54)
混合肌(41)

コスメ/メイク

ツヤ肌(152)
マット肌(60)
ミネラルコスメ(59)
デカ目(70)
小顔(5)
韓国(109)
化粧(250)
ポイントメイク(258)
メイクテク(125)
ナチュラルメイク(193)
美肌(167)
メイク道具(35)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(164)
テカリ防止(28)
アイメイク(191)
リップ/グロス(164)
チーク(103)
カラーメイク(52)

ファッション

春コーデ(118)
夏コーデ(111)
秋コーデ(130)
冬コーデ(132)
スタイル(260)
テイスト(240)
シーン別(54)
大人コーデ(176)
カジュアル(169)
綺麗め(177)
フェミニン(132)

年代別

10代(10)
20代(19)
30代(21)
40代(14)
50代(9)

恋愛

片思い(26)
男性心理(43)
カップル(37)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(48)
モテ仕草(5)

ヘアスタイル

ショートヘア(60)
ロングヘア(66)
セミロング(62)
ボブ(66)
スタイリング(100)
ヘアケア(86)
ヘアカラー(34)
ヘアアクセ(27)

ライフスタイル

ホームパーティー(25)
グルメ/レシピ(141)
ヘルシー(50)
運動(23)
筋トレ(9)
リラックスタイム(55)

人気記事ランキング