logo

Top > メイク・コスメ > コスメブランド/メーカー

MISSHA(ミシャ)のクッションファンデーションが優秀すぎる!大人気シリーズをまとめて解説






SNSでもその人気ぶりが伺えるMISSHA(ミシャ)のクッションファンデーション。
薄付きながらもプロ級のカバー力を誇り、時短かつテクニックいらずでツヤ肌を作れると、幅広い世代に注目を集めています。

同じクッションファンデでもいくつか種類があり、マットやモイスチャーなど仕上がりも様々です。
値段は1,100円からで、学生さんやお試しでも手に取りやすいお手頃価格。

本記事では、クッションファンデの火付け役となったプチプラコスメMISSHA(ミシャ)のクッションファンデを厳選してご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】MISSHA(ミシャ)のクッションファンデーションが優秀すぎる!大人気シリーズをまとめて解説

 

MISSHA(ミシャ)のクッションファンデとは

MISSHA(ミシャ)のクッションファンデの選び方は主に3つ

1. カバー力

2. 仕上がりの質感

3. 保湿力・崩れにくさ

ミシャのクッションファンデの使い方

1. ファンデをつけるのはパフの半分まで

2. 頬の中心から外側へポンポンとタップして広げる

3. パフを2つ折りにして細部を塗る

4. 残ったファンデ液で顔の外側を馴染ませる

5. メイク直しはティッシュオフしてから重ねる

<MISSHA(ミシャ)のクッションファンデ>

1. ミシャ M クッションファンデーション プロカバー

2. ミシャ M クッションファンデーション モイスチャー

3. ミシャ M クッションファンデーション マット

4. ミシャ テンションパクト パーフェクトカバー

5. ミシャ グロウ テンション

6. ミシャ M クッション ファンデーション ネオカバー

MISSHA(ミシャ)のクッションファンデで手軽に陶器肌♪

 

MISSHA(ミシャ)のクッションファンデとは

 

ミシャ クッションファンデーション

 

MISSHA(ミシャ)は、美容大国である韓国生まれのプチプラコスメブランドです。

 

数あるミシャアイテムの中でも、クッションファンデは人気No.1のアイテムで、化粧下地・日焼け止め・保湿美容液・ファンデーションの4機能が1つになっています。

その利便性の高さから、日本・韓国ともに美容系ユーチューバーもミシャのクッションファンデを紹介するなど注目の高さがうかがえます。

 

ミシャのクッションファンデにはいくつかの種類があります。

一般的にクッションファンデというと、肌にツヤ感を出したり、ハイライト無しで光を集める肌に仕上げると思いがちです。

ただ、ミシャのクッションファンデは、クッションタイプでありながらもマットやカバー力を選ぶことができます。

 

多くの美容雑誌でもベストコスメに選ばれるほどの実力派コスメは、仕上がりから質感まで繊細に調節できる優秀アイテムです。

 

※ミシャの関連記事:  韓国コスメブランド「MISSHA(ミシャ)」はやっぱり最強だった!おすすめアイテムや特徴まとめ

 

 

MISSHA(ミシャ)のクッションファンデの選び方は主に3つ

 

ミシャには色々な種類のクッションファンデがあります。

初めてクッションファンデを使う方やミシャが初めてな方は、どれを選んだら良いか迷ってしまうものです。

 

ここからは、注目すべき選び方のポイントを紹介していきます。

 

1. カバー力

 

ミシャ クッションファンデーション

 

数あるクッションファンデでも、「カバー力」は選ぶときに見てほしい大切なポイントです。

 

ミシャのクッションファンデは、微細な粒子のマイクロパウダーが配合されており、毛穴や肌の色ムラを補正してくれる働きがあると言われています。

そうとはいえ、アイテムによってその配合率や効果の発揮の仕方は様々です。

 

みずみずしさを重視する「モイスチャー」タイプだと、シミやそばかすをカバーするというよりは光の力を使って飛ばします。

反対に「プロカバー」タイプは、濃厚なファンデーションを染み込ませているため、1タッチでシミやそばかすを隠してくれるのです。

 

さらに、「ネオカバー」タイプは、ホワイトパールが配合されているおかげで自然なハイライト効果があり、明るい透明感のある素肌へ仕上げてくれます。

 

自分がコンプレックスに思っているシミやそばかす、色ムラといった肌の悩みは、どのようにしてカバーできるものなのかを理解した上で選ぶことが大切と言えます。

 

2. 仕上がりの質感

 

ミシャ クッションファンデーション

 

「仕上がりの質感」も、ミシャのクッションファンデを選ぶ上で見ていただきたいポイントの一つです。

クッションファンデというと、肌に水分が多くとどまっている質感を演出できるファンデタイプと思っている方も多いかもしれません。

ミシャのクッションファンデは、仕上がりの質感も自由自在にコントロールすることができます。

 

きっちりとした場面にしていくベースメイクや、上品に仕上げたい場合は「マット」タイプがおすすめ。

クッションファンデでありながらも、ツヤ感をおさえ、パキッとした肌質に導いてくれます。

 

ライトな仕上がりにしたい方やジューシーな美肌に見せたい方には、「モイスチャー」タイプがおすすめです。

みずみずしく潤った肌に見せ、保湿力にも優れています。

 

その他にも、カバー力に特化したアイテムや肌色をトーンアップさせてくれるタイプなど、仕上がりを自分好みに持っていけるのは魅力的ですよね。

自分好みのメイクに沿ったタイプをお選びください。

 

3. 保湿力・崩れにくさ

 

ミシャ クッションファンデーション

 

「保湿力・崩れなさ」も、選ぶ上でおさえておきたいポイントの一つです。

 

クッションファンデは、水分量が豊富なことからファンデーションの中でも保湿力には優れている方ですが、その反面メイク崩れしやすいのも特徴として挙げられます。

特に夏の暑い季節や湿気の多い梅雨の時期は崩れやすく、またオイリー肌の方も皮脂と相まって崩れやすくなる傾向に。

 

メイクが崩れやすい季節や肌質の方は、できるだけマット仕様なものを選ぶのがベターです。

秋や冬といった乾燥が気になる季節、もしくは乾燥肌でかさついたりひび割れを起こす方には、みずみずしく水分量が多いモイスチャータイプが良いでしょう。

 

使うシチュエーションや肌質によって使い分けるのが良いです。

 

 

ミシャのクッションファンデの使い方

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by りい (@rrii0621) on

 

ミシャのクッションファンデは、使い方次第で仕上がりが変わります。

クッションファンデならではの魅力を引き出す、上手な使い方を見ていきましょう。

 

1. ファンデをつけるのはパフの半分まで

 

パフ全体にファンデ液をつけるとムラになりやすく、クッションファンデのナチュラルな仕上がりを損ないます。

そのため、ファンデ液をつけるのはパフの半分までにしましょう。

 

まずは少量のファンデ液を均一に塗り広げ、必要な部分にだけもう一度ピンポイントに塗り重ねる方がベターです。

しっかり隠したい場合は、「プロカバー」タイプや「ネオカバー」タイプを選び、少量でカバーする使い方を意識しましょう。

 

2. 頬の中心から外側へポンポンとタップして広げる

 

顔全体に均一に塗り広げる使い方だと、平ぺったい印象になってしまいます。

そのため、顔の中心から外側に塗り広げて、目の下の三角ゾーンを重点的ににカバーしましょう。

 

また、クッションファンデはとてもみずみずしい質感のため、スライドさせると上手く肌に密着しません。

 

優しい力でパフをトントンと「タップ」させ、丁寧にファンデ液を馴染ませましょう。

そうすることで、仕上がりもモチも格段にアップします。

 

3. パフを2つ折りにして細部を塗る

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Mitsuko Kono | Beauty (@mitsuko.deluxe) on

 

頬に塗り広げたら次は鼻・口元・目周りなどに塗りましょう。

 

この際、鼻の横や口角などの細かい部分は、パフを2つ折りする使い方がおすすめ。

Tゾーンやほうれい線・笑いジワのできる部分は、薄付きに仕上げた方がモチがアップします。

 

4. 残ったファンデ液で顔の外側を馴染ませる

 

最後にパフに残った少量のファンデ液で、顔の輪郭と最初に塗ったファンデの境目を馴染ませます。

韓国コスメならではのトーンアップ効果を活かすには、顔から首にかけてクッションファンデの液量をナチュラルに減らすことがポイント。

 

クッションファンデを重ねる前に下地を使用している場合は、この手順を飛ばしてもOKです。

 

5. メイク直しはティッシュオフしてから重ねる

 

ミシャのクッションファンデは“メイク直しのしやすさ”も魅力の一つ。

まずは顔に浮き出た皮脂をティッシュオフして、少量のファンデ液をパフに取って崩れた部分にタップしましょう。

 

この使い方で直すと、簡単にメイクしたてのツヤツヤした肌へ戻ります。

 

 

<MISSHA(ミシャ)のクッションファンデ>

 

ミシャのクッションファンデは、それぞれの特徴があり、使い分けることで肌質をコントロールすることができます。

ここからは、ミシャのクッションファンデを全商品ご紹介しますので、これから使おうか検討している方は参考にしてください。

 

1. ミシャ M クッションファンデーション プロカバー

 

 

特徴

 

肌のあらゆる悩みをカバーしてくれるタイプが、プロカバーです。

 

プロカバーは、ミシャのクッションファンデの中で最も濃厚なファンデーションを染み込ませていることから、シミ・そばかすなどの悩みをきっちりカバーしてくれます。

この濃厚なリキッドファンデをよりクッションに染み込ませるために、スポンジやクッションの目をより細かく、そして柔らかい仕様に。

 

マジックフィットパウダー配合で、少量ながらも色ムラを補正し、くすみも隠してくれます。

ブラックとゴールドをあしらったコンパクトが高級感を漂わせ、様々な場面での取りやすさを実現。

 

乾燥を防ぐために植物エキスや美容液成分を配合し、メイクをしながらエイジングケアをしてくれます。

 

テクスチャー

 

 

テクスチャーは、みずみずしくもありながら濃厚なリキッド。

コンシーラーを軽く薄めたようで、カバー力に優れ、小鼻や鼻下の赤みなどは即消してくれます。

 

下地を付けなくとも、色ムラもコントロールしてくれるのは嬉しいポイントです。

マットタイプよりもマットな仕上がりになりますが、ツヤ感が全くないわけではないので、比較的ライトな印象に見せてくれます。

 

時間が経つと多少オイリーになり、メイクがヨレやすくなるものの、崩れるほどではありません。

4時間置きにあぶらとりフィルムで余計な皮脂を取るか、パウダーでフタをしてあげると綺麗な状態が長続きします。

 

ミシャ M クッションファンデーション プロカバーの商品情報

 

価格:1,650円(税込)

内容量:15g

色:2色

 

 

 

2. ミシャ M クッションファンデーション モイスチャー

 

 

特徴

 

肌の内側からあふれる水分を演出してくれるのが「モイスチャー」タイプです。

プロカバー・マットに比べ、付け心地が最も軽く、みずみずしい仕上がりに。

 

こちらは「蓮花」「ヤグルマギク花」「ダマスクローズ花」といった3種類のフラワーウォーターを配合し、乾燥した肌に天然由来の潤いを与えます。

また、「月見草」「ひまわりオイル」「サフラワー」の3種類のオイルで肌表面から水分が放出されるのにフタをし、ナチュラルなツヤ肌に導いてくれるのです。

 

生き生きとした艶めく肌に見せたい方や、くすみを肌のトーンアップやハイライト効果でカバーしたい方におすすめ。

白いパッケージとゴールドのフチが、女性らしい上品さを演出してくれます。

 

テクスチャー

 

 

テクスチャーは、日焼け止めに肌補正色をほんのり混ぜたかのような質感と色みです。

シミやそばかすといった肌の悩みへのカバー力は低く、ある程度肌に自信がある方やニキビなどの肌トラブルがない方、それでいて乾燥肌の方との相性は良いでしょう。

 

みずみずしさを重視していることもあり、肌にラメやパールを散りばめたようにツヤ感が出ます。

 

そのおかげで、日光やライトの下に行くと肌を綺麗に見せてくれ、美肌効果も抜群。

肌色が暗めな方やくすみで綺麗に見えなかった方も、ハイライトをしたかのような仕上がりになります。

 

水分量が多めだと崩れやすく思われがちですが、メイクのヨレ方も綺麗で崩れることはありません。

ティッシュオフや油取り紙でスタンピングするだけで整います。

 

ミシャ M クッションファンデーション モイスチャーの商品情報

 

価格:1,100円(税込)

内容量:15g

色:2色

 

 

 

3. ミシャ M クッションファンデーション マット

 

 

特徴

 

プロカバーの次に肌のシミ・くすみといった悩みをカバーしてくれ、なおかつクッションファンデでは考えられなかったマット肌に導いてくれるのが特徴。

 

ボロンパウダー配合で、ムラなどができず均一に、そして軽めにフィットしてくれます。

 

天然成分である「バオバブ果実エキス」「竹の水」「ウィッチヘーゼルの抽出物」が入っており、肌を労わりながら水分をしっかりと補給してくれるのです。

 

テクスチャー

 

 

テクスチャーは、プロカバーをさらに水で薄めたような感覚で、みずみずしいのが特徴。

だからといってカバー力が低いわけではないので、メイクをしている感をおさえながらしっかりと隠すべきところは隠せる不思議なテクスチャーです。

 

滑りが良く、少量で顔全体に塗ることができます。

濃いシミは、プロカバーのように1タッチで隠すことはできませんが、重ね塗り次第で肌質を微調整できるのは魅力的です。

 

オイリー肌の方は時間が経つと多少テカリが気になりますが、ティッシュオフすれば綺麗に元通り。

乾燥肌の方は1日メイク直しがいらなかったりするので、実用性も抜群です。

 

ミシャ M クッションファンデーション マットの商品情報

 

価格:1,100円(税込)

内容量:15g

色:2色

 

 

 

4. ミシャ テンションパクト パーフェクトカバー

 

 

特徴

 

クッションファンデの進化系パクトと言われている「パーフェクトカバー」。

 

一般的なネットから押し出して使うクッションファンデに対して、テンションパクトはパクト構造です。

 

パクトに直接クリームファンデをインしており、その上から弾力性のあるストッキングのようなテンションネットを張っています。

そのため、パフに付けてもムラにならず均一にリキッドを取ることが可能に。

 

クリームファンデの中にパウダーとコンシーラー効果があるので、下地いらずでしっかりとカバーしてくれます。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、クリームとパウダーの間といったしっかりめの質感です。

 

肌に乗せるとマグネットのようにピタッとフィッティングし、ヨレづらいのが特徴。

暑い季節やオイリー肌の方との相性は良いものの、ヨレづらいということは失敗したら修正しづらいということでもあるため注意して付けましょう。

 

1プッシュでパフにかなりの量が付くので、量に慣れるうちは手の甲などで発色を確かめて塗るのがベター。

肌に乗せて数秒すると肌に馴染んできて、ツヤ感が出てきます。

パキッとしすぎず、こなれ感を演出してくれるのです。

 

クッションファンデの中でもリキッドの透け感が少なめで、ある程度のシミやそばかすといった肌トラブルをカバーしてくれますよ。

 

ミシャ テンションパクト パーフェクトカバーの商品情報

 

価格:1,980円(税込)

内容量:14g

色:2色

 

 

 

5. ミシャ グロウ テンション

 

 

特徴

 

光を取り込むことで、肌のあらゆるトラブルをナチュラルカバーしてくれる「グロウテンション」。

 

こちらのアイテムは「5種類のヒアルロン酸」「コラーゲン」「アデノシン」「椿オイル」といった保湿成分をたっぷりと配合、メイクをしながらスキンケアをしているかのような潤いを与えます。

 

また、クッションファンデというとテカリやすいイメージを持たれる方も多いですが、グロウテンションにはテカリを抑えるパウダーも混在しているので、オイリー肌の方でも安心。

 

さらに一般的なクッションファンデと異なり、ファンデ表面のメッシュは六角形構造になっているため、一度に取れるファンデの量が均等になるのも、初めて使う方にとって嬉しいポイントです。

肌トラブルをガッツリ隠すというよりかは光で飛ばしてナチュラルカバーしたい方、弾力がある肌を演出したいという方におすすめのクッションファンデと言えるでしょう。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、クリーム感が多少強めな柔らかくもとどまりの良い質感です。

カバー力はそれほどないものの、ツヤ感が綺麗に出るため、薄いシミやそばかすなどは偏光効果で飛ばしてくれます。

 

どうしてもテカリが出やすいという方は、ツヤを出したい箇所以外は、あらかじめルースパウダーやフィニッシングパウダーなどで抑えておくと大きく崩れることもありません。

時間が経ってもベトベト・ギトギトになることはなく、ティッシュオフするだけでメイク直しができちゃう利便性の良さは、オフィスワーカーさんにもおすすめです。

 

色は全部で6色、韓国製ということもあり、見たままよりもワントーン明るい肌色になるため、選ぶときはいつも選ぶ色よりワントーン暗めの色を選ぶとちょうど良いですよ♪

 

ミシャ グロウ テンションの商品情報

 

価格:3,080円(税込)

内容量:15g

色:6色

 

 

 

6. ミシャ M クッション ファンデーション ネオカバー

 

 

特徴

 

ブルーパール・ホワイトパールの上質な輝きにより、ハイライト効果で肌のアラをカバーしてくれるクッションファンデ。

独自技術により生み出された微粒子の「オートフィットパウダー」が、毛穴の凹凸にフィットしてキメ細かい素肌を演出してくれます。

 

肌ダメージケア成分の「CICA」「ナイアシンアミド」、エイジングケア成分の「コラーゲン」「プラセンタ」、肌ひきしめ成分の「ビタミンC誘導体」「緑茶の種オイル」といった、大人の肌を労わる成分が配合されているのも嬉しいポイント。

 

カバー力は欲しいけどナチュラルさを残したい人や、肌ケアしながらカバーしたい人に向いています。

 

テクスチャー

 

テクスチャーは、みずみずしく伸びが良い質感です。

 

肌に乗せるとベタつきすぎず保湿感があり、「付け心地が軽い」「乾燥しにくい」などの口コミが多数見受けられます。

前述した「プロカバー」よりも薄付きかつナチュラルな仕上がりで、べったりと隠すのではなく強い光でくすみや毛穴を飛ばすイメージです。

 

また、「プロカバー」は少しピンク寄りの色みですが、「ネオカバー」はニュートラルなオークル系のため、イエベの人でも使いやすいカラーといえます。

 

ミシャ M クッション ファンデーション ネオカバーの商品情報

 

価格:1,980円(税込)

内容量:15g

色:2色

 

 

 

MISSHA(ミシャ)のクッションファンデで手軽に陶器肌♪

 

ミシャ クッションファンデーション

 

美容大国・韓国生まれの優秀プチプラコスメブランド「MISSHA(ミシャ)」。

最近では日本のドラックストアやバラエティーショップなど、様々な場所で見かけるようになりました。

 

その中でもクッションファンデは、数秒で水光肌~マット肌まであらゆる肌を作ることができると大人気です。

現在ではMISSHA(ミシャ)=クッションファンデといっても過言ではないほどの認知力を誇ります。

 

モイスチャータイプ・マットタイプだけで250万個は売上げている大人気クッションファンデシリーズで、プロが仕上げたような陶器肌を手に入れてください。

 

▼ファンデーションの関連記事

 

・  クッションファンデのおすすめ14選!選び方や正しい使い方を解説

・  【タイプ別】ファンデーションのおすすめ商品11選!プチプラからデパコスまでまとめて紹介


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(363)
   着回し/コーデ(82)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(66)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(8)
メイク・コスメ(412)
   ベースメイク(35)
   アイメイク(55)
   リップ/グロス(28)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(196)
美容(147)
   スキンケア(81)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(41)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(232)
   生活雑貨/生活用品(23)
   お祝い/ギフト/プレゼント(19)
   趣味(9)
   お出かけ/観光/旅行/デート(34)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(69)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(89)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(31)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(27)
   レシピ(27)
アート/カルチャー(40)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(19)

スキンケア

エイジングケア(43)
保湿(188)
美白(45)
乳液(36)
クリーム(107)
オイル(24)
化粧水(113)
美容液(89)
基礎化粧品(130)
ニキビ(20)
毛穴ケア(35)
角質ケア(45)
肌荒れ(25)
くすみ(47)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(39)
スペシャルケア(120)
セルフケア(56)
UV対策(40)
日焼け対策(31)
日焼け止め(13)
しわ(13)
洗顔/クレンジング(74)

肌質

乾燥肌(114)
敏感肌(91)
脂性肌(34)
混合肌(26)

コスメ/メイク

ツヤ肌(126)
マット肌(51)
ミネラルコスメ(54)
デカ目(64)
小顔(3)
韓国(79)
化粧(193)
ポイントメイク(214)
メイクテク(98)
ナチュラルメイク(158)
美肌(139)
メイク道具(30)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(126)
テカリ防止(20)
アイメイク(146)
リップ/グロス(134)
チーク(80)
カラーメイク(40)

ファッション

春コーデ(102)
夏コーデ(98)
秋コーデ(114)
冬コーデ(115)
スタイル(228)
テイスト(210)
シーン別(50)
大人コーデ(150)
カジュアル(141)
綺麗め(155)
フェミニン(114)

年代別

10代(5)
20代(14)
30代(15)
40代(9)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(36)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(44)
ロングヘア(49)
セミロング(48)
ボブ(50)
スタイリング(79)
ヘアケア(75)
ヘアカラー(30)
ヘアアクセ(23)

ライフスタイル

ホームパーティー(24)
グルメ/レシピ(123)
ヘルシー(46)
運動(20)
筋トレ(8)
リラックスタイム(46)

人気記事ランキング