logo

Top > ライフスタイル > お役立ち/ライフハック

冷蔵庫の簡単な収納・整理整頓法を紹介!






何かと食品がたまってしまったり、どこに何があるのか把握しにくくなってしまいがちな冷蔵庫。
皆さんのご家庭の冷蔵庫はいかがでしょうか。

今回は「冷蔵庫の収納がおざなりになっている…」「食品がいっぱい過ぎてすぐに必要なものが取り出せない」という方向けに、冷蔵庫内の収納方法や整理整頓術をご紹介します♪

【目次】冷蔵庫の簡単な収納・整理整頓法を紹介!

 

冷蔵庫の整理や収納のコツ

1. まず整理開始前に冷蔵庫の中身を全部出そう!

2. 大まかな食品グループを作って置いていく

3. 冷風口を避け、置き場を決める

4. 今日の食事の残り物が入るスペースを確保する

あったら便利!冷蔵庫収納におすすめのアイテム

InterDesign キャビネット Linus クリア

InterDesign 冷蔵庫トレイ

Synziar 冷蔵庫トレー

HJ 冷蔵庫 ストッカー

Inomata 冷蔵庫ミニポケット

えつこの 仕切って楽々バスケット

スケーター 冷蔵庫用スタンド

パール金属 キッチンストレージ

冷蔵庫を使うのが楽しくなる?収納アイデア集

1. 【冷蔵庫】食材は名前つきケースで保管

2. 【冷蔵庫・野菜室】野菜はカットして保存すると省スペースに!

3. スタンドを使った冷凍保存アイテムはクリップで区別

4. 薬味チューブはフックで管理

5. セットパック食材はケースに入れて管理=散らばらない&賞味期限がすぐわかる!

6. 調味料類は全て同サイズの透明容器で管理

7. 野菜室の野菜は「紙袋ボックス」で管理

8. 大きなボトル類はまとめて野菜室へ

9. 浅めのタッパー類は立てて収納でさらに見やすく♪

10. ジップロック冷凍はクリアファイルフォルダーを使うと見やすさアップ!

冷蔵庫収納の見直しで家事効率アップ!

 

 

冷蔵庫の整理や収納のコツ

 

冷蔵庫収納のコツをご紹介します。

 

1. まず整理開始前に冷蔵庫の中身を全部出そう!

 

冷蔵庫収納

 

いきなり整理・収納を始めるのではなく、最初に冷蔵庫内のものを全て出すのが基本です。

この作業で、以下のような今後使わないものや破棄すべきものが見えてくるためです。

 

  • すでに痛んでいて食べられないもの
  • 賞味期限が過ぎているもの
  • 冷凍焼けしているもの
  • ずっと食べていないもの

 

不要なものを処分してすっきりさせるだけでなく、内部のお掃除も可能に。

一度すっきりさせてお掃除すると、整理整頓もはかどります♪

 

2. 大まかな食品グループを作って置いていく

 

食品グループ分け

 

大まかに食材をグループ分けしていき、どこに収納するか考えてみましょう。

例えば、下記のようにどのジャンルの食品がどれだけあるかを把握しながら、どこに置いていくか考えるとより整理しやすくなります。

 

  1. 生鮮食品
  2. 発酵食品
  3. 調味料
  4. 野菜
  5. 加工食品

 

3. 冷風口を避け、置き場を決める

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by mai (@_____mai.3) on

 

冷蔵庫内の冷風口の前に食品を置いてしまうと、節電効果が下がってしまいます。

冷風口付近を避け、よく使うものは手前に、あまり出番がないものは奥の方に置いておくと、冷蔵庫の開け閉め時間が短く済みます。

 

4. 今日の食事の残り物が入るスペースを確保する

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by mayu (@mayuminimal) on

 

収納のほか、今日食べたものの残りが収納できる場所を確保するのも重要なポイントです。

 

 

あったら便利!冷蔵庫収納におすすめのアイテム

 

冷蔵庫収納に重宝する便利なアイテムをご紹介します。

 

InterDesign キャビネット Linus クリア

 

 

小さな容器に入った調味料などの整理整頓に役立つのがクリアキャビネットです。

ストック品の管理や、お豆腐やキムチのようなパック詰めされた食品の管理にも使えます。

クリアなので、中身も見えやすく便利です。

 

インターデザイン キャビネット Linus クリア 56830EJの商品情報

 

価格:1,227円(税込)

サイズ:28cm x 10cm x 9cm

 

 

 

InterDesign 冷蔵庫トレイ

 

 

 

取っ手付きトレイは、お肉やチーズなどの平たいチルドアイテムの管理に最適です。

引き出しやすく、調理の際にもまとめて取り出しやすいのが魅力。

高い場所に置いていても、下から覗き込んで中身の確認ができるのもクリアトレイのメリットと言えます。

 

InterDesign 冷蔵庫トレイの商品情報

 

価格:1,444円(税込)

サイズ:20.5cm x 37cm x 5cm

 

 

 

Synziar 冷蔵庫トレー

 

 

先ほどのものよりも幅広タイプのものです。

缶ドリンクやドレッシング、ポン酢といったボトルアイテムを管理しやすくなります♪

 

Synziar 冷蔵庫トレーの商品情報

 

価格:1,536円(税込)

サイズ:36.7cm x 14cm x 11.5cm

 

 

 

HJ 冷蔵庫 ストッカー

 

 

一見オープンタイプの引き出し式ボックスですが、クリップで冷蔵庫の棚板を挟むことで、小物用引き出しとして使える優れものです。

ちょっとした小袋に入った食品や小さな野菜、調味料などを入れておけば、冷蔵庫を開け閉めする時間も節約できます。

 

HJ 冷蔵庫 ストッカーの商品情報

 

価格:2,000円(税込)

サイズ:16.5cm x 15.5cm x 7cm

 

 

 

Inomata 冷蔵庫ミニポケット

 

 

冷蔵庫のポケットに取り付け可能なミニ収納ポケットです。

お刺身のわさびやお醤油など、何かと冷蔵庫内を散らかしてしまいがちな細々とした調味料の管理にぴったり。

冷蔵保管が必要な美容アイテムや医療品の管理にも最適です。

 

Inomata 冷蔵庫ミニポケットの商品情報

 

価格:680円(税込)

サイズ:6.1cm ×3.4cm × 3.8cm

 

 

 

えつこの 仕切って楽々バスケット

 

 

収納スペースを区切るのに特化したバスケットです。

冷蔵庫だけでなく、冷凍庫や野菜室でも楽々使えます。

何かと収納場所が定まらないアイテムや転がりやすい食材も、バスケットに入れてまとめて管理できれば、普段の調理だけでなくお掃除もはかどります。

ワイヤーでできているため冷気の通りもよく、保冷の効率も良いと評判のアイテムです。

 

えつこの 仕切って楽々バスケットの商品情報

 

価格:1,930円(税込)

サイズ:24.5cm x 17cm x 14.5cm

 

 

 

スケーター 冷蔵庫用スタンド

 

 

冷蔵庫でちくわやこんにゃくなど袋物の管理がなかなかできない、ついついあちこちに積み重ねてしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような方におすすめなのが、冷蔵庫アイテムのスタンド。

袋アイテムを立てて保管できるほか、小さなアイテムもボックスにいれて保管することができます。

冷気を循環させるためのスリットが本体に加工されているため、食品に霜がつくことはありません。

 

スケーター 冷蔵庫用スタンドの商品情報

 

価格:832円(税込)

サイズ:

ボックスタイプ:11.8cm × 19.4cm × 12.4㎝
ブックスタンドタイプ(大):15cm × 23.8cm × 12.4㎝
ブックスタンドタイプ(小):13.5cm × 19.4cm × 12.4㎝

 

 

 

 

パール金属 キッチンストレージ

 

 

冷蔵庫内の小物が多い場合や、冷蔵庫内のメイン収納部分をより有効活用させたい場合に役立つのが、こちらの金属棚。

縦3段のスペースができるので、少し余ったおかずや小さなジップロックケース、納豆などの食品管理にもぴったりです。

これで冷蔵庫内の小物を一か所にまとめて管理することができ、視認性も高まります。

 

パール金属 キッチンストレージの商品情報

 

価格:863円(税込)

サイズ:大/25cm × 25cm × 8cm、小/23cm × 25cm × 90cm

 

 

 

冷蔵庫を使うのが楽しくなる?収納アイデア集

 

冷蔵庫収納アイデア

 

ここからは、冷蔵庫の収納をより効率化させるアイデアをご紹介します♪

 

1. 【冷蔵庫】食材は名前つきケースで保管

 

 

食材をはっきりジャンル分けして管理するなら、ケースを使うのがおすすめ。

大きく「穀物」「ドリンク」「フルーツ」など大まかに分けておくと、どこにどんな食材があるのか一目瞭然ですね。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by kawa (@cat_monotone) on

 

カラーを統一しておけば、全体がよりすっきりして見えます。

 

2. 【冷蔵庫・野菜室】野菜はカットして保存すると省スペースに!

 

カット野菜

 

場所を取りがちな野菜も、あらかじめカットして保存容器に入れて保管しておけば、場所をより広く取れます。

合わせて、下ごしらえもしておけば時短にもなりますね。

 

3. スタンドを使った冷凍保存アイテムはクリップで区別

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by enen (@enen11692) on

 

こちらはブックスタンドを活用した冷凍ご飯の保存。

クリップにご飯の名前を記入し、ブックスタンドに挟むとご飯の種類もすぐにわかります。

 

4. 薬味チューブはフックで管理

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by サチ (@sachi_hoku) on

 

薬味チューブは専用スタンドで管理するのも良いですが、冷蔵庫のスペックによってはそれすらも冷蔵庫を狭めてしまうということもありますよね。

そんな方におすすめなのが、フック付きクリップで管理する方法です。

冷蔵庫のドアポケットに引っ掛けると場所がなくても薬味チューブの保管場所が作れます♪

 

5. セットパック食材はケースに入れて管理=散らばらない&賞味期限がすぐわかる!

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ムラタ さつき (@murata.satsuki) on

 

納豆やめかぶ、小分けハムなどのセットパック食材にありがちなのが「そのまま保管してたら知らない間に賞味期限が過ぎていた」という問題。

これを解決するなら、こちらのご家庭のように納豆のパックを剥がして、賞味期限が見えるように収納してみましょう。

目に付く場所に保管しておけば、いつでも賞味期限を意識することができます。

また、散らばってどこかへ紛れ込んでしまうことも防げるようになります。

 

6. 調味料類は全て同サイズの透明容器で管理

 

 

とろろ昆布やごま、唐辛子など、袋のまま冷蔵保管している方も多くいらっしゃるかと思います。

中には「やっぱり袋のままだと保管が難しい…」「ドアポケットを開けたら積み重ねてた袋が落ちてきた」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなみなさんにおすすめなのが、透明な同サイズ容器でそれぞれ保管する方法。

これなら袋がドアポケットから落ちてくることもなく、袋の中身を確認せずともすぐに中身がわかります。

 

7. 野菜室の野菜は「紙袋ボックス」で管理

 

紙袋野菜

 

野菜室での野菜保管には仕切りや箱を使っている方もいらっしゃるかと思いますが、野菜によってはサイズオーバーしてしまうこともありませんか?

サイズオーバーで収納できなくなるのを防ぐなら、紙袋を使った管理がおすすめです。

使い捨て可能な紙袋なら、泥がついた野菜も心置きなく収納できます♪

 

8. 大きなボトル類はまとめて野菜室へ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by S.whitedays (@shiori071101) on

 

お茶を入れたボトルや大きなポン酢など、大きなサイズのボトル類は、メイン収納に入れると他に収納したいものが収納できなくなることも多いですよね。

それなら、思い切って野菜室へ移動させてみましょう。

もし入りきらない場合は、市販のボトルケースなど野菜室に入るサイズのものを使うのがおすすめです。

 

9. 浅めのタッパー類は立てて収納でさらに見やすく♪

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by akkie.akkie (@akkie.life) on

 

冷凍庫では、浅めのクリアタッパーに冷凍おかずなどを保管している方も多いのではないでしょうか。

積み重ねる収納も良いですが、サイドが上になるよう縦に並べて保管すると何が入っているかわかりやすいですね。

こちらのご家庭のように、ラベリングしておくと視認性もアップします♪

 

10. ジップロック冷凍はクリアファイルフォルダーを使うと見やすさアップ!

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Ayako (@a.lifestylelab) on

 

ジップロックに野菜やお肉を詰めて冷凍保存する際、積み重ね過ぎてどこに何があるかわからないこともありますよね。

立てて保管してもわかりにくいという場合は、食品名を背部分に記入したクリアファイルフォルダーにジップロックを挟んでおくと確認しやすくなります。

かさばりにくいだけでなく、お掃除の際も拭き取りやすいため、衛生的に使うことができますね。

 

 

冷蔵庫収納の見直しで家事効率アップ!

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 真奈 (@mana_56107) on

 

本記事では冷蔵庫収納のコツやアイデアをご紹介しました。

冷蔵庫の収納を見直して整理整頓することで、電力の節約ができるだけでなく家事の効率もグッとアップしますよ。

もし冷蔵庫内のスペースが既にパンパン、どこに何があるかわからないという方は、今日からぜひ冷蔵庫の収納を見直してみてはいかがでしょうか。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(59)
   着回し/コーデ(22)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(14)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(3)
メイク・コスメ(117)
   ベースメイク(14)
   アイメイク(18)
   リップ/グロス(12)
   ネイル(6)
   メーカー/ブランド(50)
美容(73)
   スキンケア(46)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(14)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(35)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(127)
   生活雑貨/生活用品(15)
   ギフト/プレゼント(12)
   趣味(6)
   お出かけ/観光/旅行/デート(22)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(22)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(40)
   ドリンク/カフェ(16)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(8)
アート/カルチャー(14)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(5)

スキンケア

エイジングケア(4)
保湿(74)
美白(22)
乳液(8)
クリーム(37)
オイル(11)
化粧水(33)
美容液(26)
基礎化粧品(54)
ニキビ(9)
毛穴ケア(14)
角質ケア(21)
肌荒れ(13)
くすみ(21)
クマ(4)
たるみ(5)
ハリ不足(17)
スペシャルケア(37)
セルフケア(13)
UV対策(11)
日焼け対策(9)
日焼け止め(4)

肌質

乾燥肌(70)
敏感肌(51)
脂性肌(19)
混合肌(10)

コスメ/メイク

ツヤ肌(62)
マット肌(39)
ミネラルコスメ(12)
デカ目(30)
小顔(1)
韓国(20)
化粧(56)
ポイントメイク(54)
メイクテク(28)
ナチュラルメイク(60)
美肌(64)
メイク道具(10)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(1)
リップ/グロス(1)

ファッション

春コーデ(16)
夏コーデ(15)
秋コーデ(19)
冬コーデ(18)
スタイル(34)
テイスト(26)
シーン別(14)
大人コーデ(14)

年代別

10代(1)
20代(6)
30代(7)
40代(3)
50代(2)

恋愛

片思い(21)
男性心理(23)
カップル(24)
恋愛観(24)
恋愛テクニック(31)

ヘアスタイル

ショートヘア(14)
ロングヘア(13)
セミロング(11)
ボブ(14)
スタイリング(20)
ヘアケア(28)
ヘアカラー(8)
ヘアアクセ(6)

ライフスタイル

キッチン用品(15)
ホームパーティー(11)
食生活(77)
ヘルシー(35)
運動(10)
筋トレ(4)
リラックスタイム(1)

人気記事ランキング