logo

Top > インテリア > 片づけ/収納

キッチンの「パントリー」をどう活用していますか?おすすめの収納方法やレイアウトを紹介♪






キッチンは、おうちの中でも収納に頭を使う場所の一つですよね。
シェルフや引き出しに食品やカトラリー類、食器を収納したのは良いものの、忙しくなったり整理整頓が追いつかなくなると管理が難しいこともありますよね。

そこでおすすめしたいのが「パントリー」を使った収納です。
パントリーは食品やストック品を収納する場所で、おうちに設計されていなくても簡単に設置することが可能です。

今回は、パントリーを使った収納アイデアやパントリーの作り方、活用方法をご紹介します。

【目次】キッチンの「パントリー」をどう活用していますか?おすすめの収納方法やレイアウトを紹介♪

 

パントリーの特徴

パントリー設置のメリット

パントリー設置のデメリット

パントリーを作るにはどうしたら良いの?

1. パントリー空間を確保する

2. パントリー代わりに使うラックや家具を配置して完了!

【実例あり】パントリー活用・収納のコツ

パントリー内は掃除を念入りに!

収納したい食品の保存状態を全てチェックしておく

食品を入れるケースはなるべく統一する

「段」「使用頻度」「重さ」で収納するアイテムの位置決めをしよう

位置によって、収納するものの「ジャンル」を決めておく

仕切りやケースを使って収納できるものを増やす

おしゃれな調理器具はあえて「見せる収納」にしても

棚だけでなくパントリーの「壁面」も収納スペースに

キッチン周辺環境が狭めな場合は隙間ラックをミニパントリーに

パントリーでキッチンをもっと機能的に

 

 

パントリーの特徴

 

パントリーとは

 

パントリー(pantry)は、キッチンで使う食品などの小さなストック室・食品庫のことです。

日本だと、システムキッチンのシェルフや引き出しをパントリーと呼ぶこともあります。

キッチンの一部分を利用したものや、キッチンに隣接したスペースに作ることが多いスペースです。

 

欧米の家庭によく設置されており、大きさは家庭によってさまざま。

常温保存できるドリンクや乾物、缶詰などの食品のほか、普段出番が少ない調理器具など各種調理ツールを保管することも特徴です。

 

パントリー設置のメリット

 

最大のメリットは、収納場所が増え、キッチンで使う消耗品を一ヶ所管理しやすくなること。

また、下記のようなメリットが得られます。

 

  • 動線も短くなり作業効率がアップする
  • ストック品の賞味期限や状態のチェックがしやすくなる
  • 買い足すべきストック品がすぐわかる
  • キッチンまわりが散らかりにくくなる

 

さらに、日本の家庭だと、普段使わないホットプレートやミキサーをキッチンから離れた場所に置くことが多いですが「できればキッチンやダイニングで使うものは近くに置いておきたい」という方もいるのではないでしょうか。

パントリーは、スペースさえあれば遠くに置いてしまいがちなストック品や調理器具の保管・管理にもぴったりなのです♪

 

パントリー設置のデメリット

 

お家にパントリーを設置することで感じるのは、家の面積を消費してしまうところ。

家の規模によりますが、狭めのお家だとパントリーが場所を取りすぎて、キッチンだけでなく他の住空間が狭くなってしまうこともあります。

 

普段ご自身がどれくらいのストック品を管理しているかを把握してから、パントリーのためのスペースを導入するかどうかを決めておくと良いですね。

まずは、普段お使いのキッチン収納スペースに、保管していないストック品がどれくらいあるかリストアップしておきましょう。

 

 

パントリーを作るにはどうしたら良いの?

 

パントリーをつくる

 

「パントリーで食品や食器、調理器具を管理したいけれど、自宅に新たにパントリーを作れるかな?」と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここで一度、ご自宅にパントリーを作る方法をご紹介します。

 

1. パントリー空間を確保する

 

パントリーを設置する時に気になるのが必要面積。

ご家庭のキッチン面積やご自宅面積にもよりますが、実は パントリーは半畳ほどの広さがあれば十分 です。

保管したいストック品の数やボリュームによっては、半畳以下の広さで足りることもあります。

 

一度、保管したいストック品をリストアップして、どれくらいの空間が必要か想像してみると良いでしょう。

なるべくキッチンに近い場所でパントリー用の空間が確保できればベターです。

 

2. パントリー代わりに使うラックや家具を配置して完了!

 

半畳ほどの空間が確保できたら、エリア内部に収まる収納ラックや収納家具をおけば簡易パントリーの完成です♪

パントリー代わりに使う家具選びは、下記がおすすめです。

 

  • なるべく空間に圧迫感を与えたくない場合…スチールなど軽い素材のオープンラック
  • 生活感を隠したい場合…扉付きのキャビネットシェルフ
  • 一人暮らしでそこまで食品ストックがない場合…カラーボックス+収納ボックス

 

オープンラックを購入しても、下記のように対策をすれば、目隠しも十分可能ですよ。

 

  • 突っ張り棒とカーテンを取り付ける
  • カラーボックス用の引き出しを入れる

 

後ほど、実例とともに、どんなパントリーが作れるかをご紹介します。

 

 

【実例あり】パントリー活用・収納のコツ

 

パントリーをどう活用できるかをはじめ、気になる収納のコツも実例と合わせてご紹介します。

 

パントリー内は掃除を念入りに!

 

掃除は念入りに

 

意外と忘れがちなのが、パントリー収納を改善する前にパントリー内の掃除をしておくこと。

保管している食品やキッチンツールを全て出すのは面倒ですが、パントリー内が汚れていると長持ちしにくくなる食品もあります。

より長く保管できるよう、パントリー内部をタオルで拭いておく、掃除機をかけておくなど清潔にしておきましょう。

 

ただし、棚板の表面が紙貼りになっているものなど、材質によっては水拭きができないことがあります。

水を使った掃除を考えている方は、棚板やドアの材質を事前にチェックしておくことをおすすめします。

 

収納したい食品の保存状態を全てチェックしておく

 

状態チェック

 

掃除が終わったタイミングでしていただきたいのが、収納物の保存状態チェックです。

パントリーに収納するほとんどのものがおそらく食品になるかと思いますが、食品のストック品を収納する際に既に痛んでいたり、賞味期限が過ぎているものがあれば当然保管には向きませんよね。

 

そのまま収納するとスペースのロスになるばかりか、食品ロスにも繋がりかねません。

場所の節約のためにも、食費節約・管理のためにも、必ず収納したいものの状態をチェックしておきましょう。

開封してあるものや賞味期限が近くなっているものは、シェルフの手前部分に置いておくと消費しやすくなりますよ。

 

食品を入れるケースはなるべく統一する

 

 

パスタや豆類、お米といった乾物類はパッケージそのまま保管するのもOK。

ただ、パッケージの大きさや素材によっては収納スペースを大きく消耗してしまうこともあります。

 

そこでぜひ推奨したいのが、収納・保管する食材を入れる容器を全て統一しておく方法。

これなら、食材の大きさを問わず、全て同じ体積で収納することができます。

 

おすすめは四角のボトルやケース。

きちんと並べれば、スペースを有効に使えるはずです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by みどくま / midokuma (@resetmom) on

 

また、パントリースペースに扉がない場合にも容器統一が助かります。

 

透け感のないケースを選べば、こちらのご家庭のようにオープンスペースをパントリーとしているお宅では良い目隠しに。

壁の色や他の家電のカラーに寄せた色調のものを選べば、インテリアを邪魔しません。

 

 

また、ケースには下記を記入しておくと安心です。

 

  • 食品名(パッケージ名)
  • その食品の賞味期限
  • 開封日時
  • 使い方(茹で時間など)

 

外から見た時にどこにどの食材があるか一目瞭然です。

家族が多いご家庭など、食品の消費が多いご家庭は、ラベリングはマスキングテープ+油性テープで記入しておくと便利です。

ラベルの貼り替えがしやすく、何度剥がしても容器が汚くなりません。

 

おしゃれジャー

 

おしゃれな収納を楽しみたい場合は、オリジナルタグを作って管理するのも素敵ですね♪

オンラインで色々なフォーマットやデザインが配布されているので、活用してみるのも良いでしょう。

 

「段」「使用頻度」「重さ」で収納するアイテムの位置決めをしよう

 

 

収納する食品や家電などは、長いものや幅があるもの、重いものなどサイズも重さも用途もさまざま。

より使い勝手の良いキッチンにするなら、パントリーの中身も常に使いやすい仕様に整えておきましょう。

 

パントリーの使いやすさを左右するといえば「段」(シェルフ板)の使い方。

段の数と使う方の身長によって使い勝手はやや変わってきますが、基本の位置決めは以下のようになっています。

 

<パントリー内の基本配置>

 

  • 最上段(踏み台が必要な高さ)…ラップやペーパー類など、軽量で特に使用期限がないストック品
  • 中段(立ったまま目視できる高さ)…使用頻度がもっとも高い食品や賞味期限が短いもの、よく使う調理器具
  • 最下段(しゃがまないと見えない高さ)…缶詰や瓶類、お米、圧力鍋などの非常用アイテムや重さのあるもの

 

高くなるほど軽いもの、低くなるほど重くて仕様頻度が低いもの、と覚えておけば簡単ですね。

また、重さに気を付けておけば地震が発生した時も、下記のようなトラブルも防ぎやすくなります。

 

  • パントリーの高い場所から重いものが落下し怪我をする
  • 床の破損

 

位置によって、収納するものの「ジャンル」を決めておく

 

 

パントリーによってはシェルフの幅がとても広いこともあるかもしれません。

少し細かいかもしれませんが、段の右側、中央、左側で収納するもののジャンルを決めておくのがおすすめ。

 

あらかじめざっくりと右・中央・左で収納するものをジャンル分けしておけば、ストック品をスムーズに探すことができますよ。

こちらも、マスキングテープのような貼り剥がししやすい素材のテープにジャンル名を記入しておくと良いでしょう。

 

仕切りやケースを使って収納できるものを増やす

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by chi (@chi.1356) on

 

ご自宅の収納スペースによっては、以下のようなお悩みが発生するかもしれません。

 

  • 棚板と棚板の間が空きすぎている(低いものを収納すると棚の高さが無駄に)
  • 奥行きがありすぎる(奥にしまったものが探しにくい)

 

そんなお悩みを解決するのが、百均ストアでも購入できる収納ケースやラック。

こちらのご家庭のように、ファイルスタンドや収納ケース、ミニラックを使うと、高さと奥行きの問題が解消されます。

 

 

特に悩みがちなのが、ちょっとした調味料やミニサイズの缶詰。

棚板同士に間隔が空きすぎていたり、奥行きがありすぎる場合は、特に取り出しにくく見つけにくくなるかと思います。

 

そんな時は、こちらのように、お皿やトレイなど、丸ごと取り出せるアイテムの上に収納しておくのがおすすめ。

これなら、欲しい時に欲しいものがすぐに取り出せますよ。

 

 

缶詰などサイズが均一のものを奥に並べて収納していくと、あといくつあるか確認するのが難しくなることもあります。

こちらのご家庭のように、階段のようになったひな壇ラックを使えば、個数やパッケージの確認もしやすくなります。

 

おしゃれな調理器具はあえて「見せる収納」にしても

 

 

見せる収納

 

普段頻繁に使わない調理器具があっても、デザイン性に優れたものやインテリアにマッチした雰囲気のものなら、あえてしまい込まずに飾ってみませんか?

キッチンのオブジェとして壁面ディスプレイ(見せる収納)をしておけば、キッチンインテリアもよりおしゃれな雰囲気になります。

 

棚だけでなくパントリーの「壁面」も収納スペースに

 

 

「パントリーのシェルフだけだと、収納が追いつかない〜」と感じている方には、壁面を活用した収納もおすすめ。

こちらのご家庭のように、壁面フックを取り付ければ、調理ツールや袋類もひっかけやすくなります。

ドアの内側にも取り付けておけば、収納できるスペースがさらに増やせますよ。

 

キッチン周辺環境が狭めな場合は隙間ラックをミニパントリーに

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ウミネコ食堂 (@umineko134) on

 

「キッチン周りが狭いからパントリーが作れない…」という方もいらっしゃるかもしれませんが、まだ諦めないでください!

隙間に特化した収納ラックを使えば、キッチンの隙間にパントリーを作ることができます。

仕様頻度が高く常温保存が可能なボトル調味料や詰め替えなどを収納しておくと、必要な時にさっと取り出すことができますね。

 

こちらのようにキャスターがついたものなら、不要な時は隙間にしまっておけるのも嬉しいポイント。

普段お客様の目に触れることがないのも安心です。

 

 

パントリーでキッチンをもっと機能的に

 

パントリーまとめ

 

パントリーの特徴やおすすめの収納、活用方法などをご紹介しました。

比較的狭いスペースであることが多いパントリー。

 

ただ、ツールや小物を活用したりするなど、収納方法を工夫すると、小さな収納スペースでも家電や食品が十分収納できるようになります。

キッチン周りがすっきり片付くと、家事や調理の効率がアップし、より毎日のルーティンが便利で楽しいものになるはず。

パントリーを上手に活用して、いつもの生活空間をより機能的なものに改善してみませんか?


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(87)
   着回し/コーデ(30)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(21)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(4)
メイク・コスメ(151)
   ベースメイク(18)
   アイメイク(19)
   リップ/グロス(12)
   ネイル(7)
   メーカー/ブランド(73)
美容(83)
   スキンケア(50)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(19)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(39)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(143)
   生活雑貨/生活用品(18)
   ギフト/プレゼント(13)
   趣味(6)
   お出かけ/観光/旅行/デート(25)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(25)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(46)
   ドリンク/カフェ(19)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(10)
アート/カルチャー(15)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(6)

スキンケア

エイジングケア(11)
保湿(92)
美白(25)
乳液(12)
クリーム(48)
オイル(14)
化粧水(51)
美容液(40)
基礎化粧品(66)
ニキビ(11)
毛穴ケア(17)
角質ケア(27)
肌荒れ(14)
くすみ(26)
クマ(4)
たるみ(8)
ハリ不足(20)
スペシャルケア(47)
セルフケア(20)
UV対策(14)
日焼け対策(11)
日焼け止め(5)
しわ(1)
洗顔/クレンジング(15)

肌質

乾燥肌(76)
敏感肌(55)
脂性肌(21)
混合肌(12)

コスメ/メイク

ツヤ肌(67)
マット肌(40)
ミネラルコスメ(13)
デカ目(32)
小顔(1)
韓国(21)
化粧(60)
ポイントメイク(66)
メイクテク(29)
ナチュラルメイク(64)
美肌(70)
メイク道具(11)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(22)
テカリ防止(2)
アイメイク(19)
リップ/グロス(23)
チーク(11)

ファッション

春コーデ(20)
夏コーデ(19)
秋コーデ(26)
冬コーデ(26)
スタイル(46)
テイスト(38)
シーン別(16)
大人コーデ(19)
カジュアル(11)
綺麗め(9)
フェミニン(10)

年代別

10代(1)
20代(7)
30代(7)
40代(3)
50代(2)

恋愛

片思い(21)
男性心理(23)
カップル(25)
恋愛観(25)
恋愛テクニック(32)

ヘアスタイル

ショートヘア(20)
ロングヘア(19)
セミロング(16)
ボブ(20)
スタイリング(27)
ヘアケア(39)
ヘアカラー(10)
ヘアアクセ(8)

ライフスタイル

キッチン用品(16)
ホームパーティー(12)
食生活(79)
ヘルシー(36)
運動(10)
筋トレ(4)
リラックスタイム(7)

人気記事ランキング