logo

Top > 健康 > お風呂/入浴剤

手作りバスボムで癒しのバスタイムを楽しもう!






化粧品メーカーや雑貨屋でよく見かける入浴剤の「バスボム」。
自分へのご褒美や、ちょっとしたプレゼントに使っているという方も多いのではないでしょうか。
バスボムの様々な形や華やかな色と香りは、見ているだけでもなんだかワクワクしますよね。

そんなバスボムは、自宅でも意外と簡単に作ることができることをご存知でしょうか。
当記事ではバスボムの作り方をわかりやすく解説していきます。

自分好みの手作りバスボムで、癒しのバスタイムを楽しんでみてください♪

緊急事態宣言の発令、及び新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけになられる前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】手作りバスボムで癒しのバスタイムを楽しもう!

 

手作りバスボムの作り方

用意するもの

バスボムの作り方

手作りバスボムの効果

手作りバスボムの特徴

手作りバスボムにおすすめの精油

肌の新陳代謝を上げたい時におすすめの精油

リラックスしたい時におすすめの精油

ゆっくりと眠りたい時におすすめの精油

手作りバスボムの後に余った重曹とクエン酸の活用法

<余った重曹の活用法>

<余ったクエン酸の活用法>

2. クエン酸ドリンクを作る

手作りバスボムを作ってみよう!

 

手作りバスボムの作り方

 

バスボム作り道具一式

 

実は、材料さえ揃えればあっという間にできてしまうバスボム。

混ぜたり形を作ったりする過程は、お子さんと一緒に作っても楽しいですし、上手くできたらちょっとしたプレゼントにするのも良いかもしれません。

それでは早速、バスボムの作り方をご紹介します。

 

用意するもの

 

<材料>

 

  • 食品添加物の重曹
  • 食品添加物のクエン酸
  • 片栗粉(もしくはコーンスターチ、バスソルト)
  • 好みの精油
  • (色を付ける場合)食紅
  • (お好みで)ドライフラワー

 

<道具>

 

  • ボウル
  • スプーン
  • キッチンスケール
  • 食品用ラップ
  • スプレーボトル
  • シリコン型

 

材料である重曹とクエン酸には、食品の加工に使う「食品添加物グレード」と掃除に使う「工業用グレード」が存在します。

工業用グレードの方が値段的には安いのですが、食品添加物グレードと比較すると不純物が多く残っています。

 

バスボムの材料として使う場合は肌に直接触れるため、できれば「食品添加物グレード」のものを選んでください。

食品添加物グレードのものであれば、万一口に入ってしまっても安心です。

 

重曹とクエン酸は百均やドラッグストアで、食紅はスーパーの製菓コーナーで販売されています。

精油は専門ショップで販売されている、品質が良い物を選ぶことをおすすめします。

 

バスボムの作り方

 

クエン酸

 

まずは材料を量り、混ぜ合わせましょう。

量は  重曹2:クエン酸1:片栗粉(コーンスターチ、バスソルト)1  になるようにしてください。

 

今回は重曹100g:クエン酸50g:片栗粉50gで作りました。

形にもよりますが、この分量で手のひらに乗るサイズのバスボムが4~5個程できます。

 

粉を混ぜる

 

材料に入れる順番の決まりはありません。

ムラにならないようにしっかり混ぜ合わせましょう。

食紅を入れる場合はこの段階で混ぜ、全体に色が行きわたるように混ぜます。

今回は食紅を入れる前に半分に分け、片方を赤く着色してもう片方は白色のまま使っています。

 

食紅をいれたところ

 

なお、食紅は水に反応して発色する性質があるため、この段階では色が薄いように感じられると思います。

しかし、ほんの少しで十分発色するため、様子を見ながら量を調整してください。

今回はLUSHのバスボムのような色を目指そうと思い、付属スプーン6杯分の食紅を加えています。

 

水を加えて混ぜる

 

しっかりと混ぜたら、スプレーボトルに入れた水を少量ずつ吹きかけ、全体に水分を行き渡らせます。

一気に水を加えると、重曹と炭酸が反応してガスが発生しはじめてしまうため、必ず少量ずつ加えるようにしてください。

 

精油を加える場合はこの段階で入れ、ムラにならないようにしっかり混ぜながらしっかりと馴染ませます。

あまり量を入れると刺激が強くなりすぎてしまうので、入れる量は5滴以内にしてくださいね。

 

混ぜ終わったところ

 

スプーンで押した部分がまとまるくらいの固さになったら、いよいよ形作りです。

 

ラップに乗せたところ

 

ラップに乗せて包み、形を作っていきます。

丸にしても良いですし、ぎゅっと絞ったりおにぎりのように三角形に握っても可愛いです。

この段階でドライフラワーを散らしたり、中にフィギュアやおもちゃを入れることもできます。

 

シリコンに入れたところ

 

もちろん、型に入れて好きな形をつくることもできます。

型は取り出しやすさの観点から、プラスチック製のものよりシリコン型を使うことをおすすめします。

粉を詰めた後は上からラップをかけ、ぎゅっと押すと端まで詰めやすいですよ。

プリンやヨーグルトの空容器を使っても、意外と可愛いバスボムができます。

 

そして、形を作ったバスボムは1日以上置き、しっかりと乾燥させたら完成です。

完成したらジップロックに入れ、可能であれば乾燥剤も入れて冷暗所に保管してください。

精油の香りが飛んでしまうため、なるべく早く使い切ってくださいね。

 

完成品のバスボム

 

もし水を多く入れ過ぎて失敗してしまったり、混ぜ合わせた粉が中途半端に余ってしまった場合は、そのまま入浴剤にして使い切ってしまいましょう。

また、ドライフラワーを使用した場合、お風呂のお湯を流すときに排水口に詰まらないよう気を付けてください。

 

 

手作りバスボムの効果

 

入浴する女性

 

手作りバスボムの材料である重曹とクエン酸、そして精油は様々な効果を期待することができます。

 

重曹はお湯を柔らかくして毛穴に詰まった皮脂や古い角質を落とし、お肌をつるつるにしてくれます。

クエン酸にも美肌効果があり、皮膚(汗腺)から吸収されて疲労回復のサポートをしてくれる効果もあります。

精油は種類によって気持ちをリラックスさせてくれたり、肌の新陳代謝をあげてくれたりします。

 

 

手作りバスボムの特徴

 

バスボム3つ

 

材料を混ぜるだけで、簡単に作ることができるのが最大の特徴です。

使う食紅や精油を変えれば、あっという間に自分好みのオリジナルバスボムの出来上がり。

市販のバスボムは毎日使うことをちょっとためらってしまうお値段ですが、自作すればとてもリーズナブルにバスボムを楽しむことができます。

 

 

手作りバスボムにおすすめの精油

 

精油イメージ写真

 

精油は効果で選ぶのも良いですが、自分が心地よいと感じる精油を使うことをおすすめします。

ほとんどの精油を使うことができますが、一部皮膚への刺激が強く入浴剤用途に向かない精油もあります。(クローブ、タイム、コリアンダーなど)

気になる時は精油を扱う店舗で聞いてみると良いでしょう。

 

肌の新陳代謝を上げたい時におすすめの精油

 

ローズマリー

 

ゼラニウム、ラベンダー、ローズマリー、フランキンセンスなど。

肌の血行を促し、新陳代謝をあげてくれるといわれている精油を使ってみると良いでしょう。

 

リラックスしたい時におすすめの精油

 

ラベンダー

 

ラベンダー、カモミール、ゼラニウム、イランイラン、ジャスミン、サンダルウッドなど。

リラックス効果があると言われている精油を使い、ゆっくりとバスタイムを楽しんでみてください。

肩までしっかり漬かっても良いですし、たっぷりと時間を取って半身浴をするのも良いですね。

 

ゆっくりと眠りたい時におすすめの精油

 

ゼラニウム

 

カモミール、クラリセージ、ゼラニウム、レモンバーム、ラベンダー、サンダルウッド、ローズウッド、プチグレンなど。

高ぶりすぎた神経を鎮めて、眠気を誘うような効果があると言われている精油です。

お風呂でしっかりと温まった後は、心地よい香りに包まれてゆっくり体を休めてくださいね。

 

 

手作りバスボムの後に余った重曹とクエン酸の活用法

 

「バスボム作りに使った重曹やクエン酸が中途半端に余ってしまった…!」なんてこともありますよね。

そんな時はこんな形で活用してみるのも良いでしょう。

 

<余った重曹の活用法>

 

1. 入浴剤として使う

 

タオル

 

クエン酸と混ぜないとバスボムほどの発泡はしませんが、重曹だけを入浴剤に使い「重曹風呂」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

やり方はお風呂200Lに大さじ1~3杯程度の重曹を入れるだけ、重曹だけでもお肌がツルツルになりますよ。

 

2. 掃除に使う

 

掃除のイメージ

 

重曹は台所のガンコな汚れやお風呂のぬめりまで、あらゆる汚れに効果的です。

 

そのままだと粉状で使いにくいため、重曹スプレーを作るととても便利です。

重曹スプレーの作り方は簡単、スプレーボトルにぬるま湯100mlと小さじ1杯の重曹を入れてしっかりと振り混ぜるだけ。

換気扇やガスコンロの汚れ、電子レンジや冷蔵庫の中などあらゆるものにスプレーして使ってみましょう。

重曹の成分が白く残ってしまうため、使った後は水で流すか水拭きをしてくださいね。

 

<余ったクエン酸の活用法>

 

1. 入浴剤として使う

 

入浴剤のイメージ

 

クエン酸も単体で入浴剤として使うことができます。

やり方は重曹風呂と同じく、お風呂200Lに大さじ1~3杯程度のクエン酸を入れるだけです。

 

2. クエン酸ドリンクを作る

 

クエン酸ドリンクイメージ

 

水にクエン酸とハチミツ(砂糖)、塩を入れるとオリジナルのスポーツドリンクができます。

分量としては水1Lにクエン酸少量、ハチミツを大さじ2杯程度、塩を小さじ1杯程度を入れると良いでしょう。

クエン酸は少量でも非常に酸味が強いため、様子を見ながら量を調整してください。

 

 

手作りバスボムを作ってみよう!

 

バスルームにバスボム3つ

 

当記事では簡単なバスボムの作り方とおすすめの精油を紹介しました。

仕事にプライベートに目まぐるしい毎日を過ごしている方も基本シャワー派の方も、ひと手間かけた手作りバスボムで癒しのバスタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(122)
   着回し/コーデ(45)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(24)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(6)
メイク・コスメ(219)
   ベースメイク(21)
   アイメイク(25)
   リップ/グロス(15)
   ネイル(10)
   メーカー/ブランド(118)
美容(102)
   スキンケア(62)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(24)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(46)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(11)
   スポーツ/運動/トレーニング(5)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(175)
   生活雑貨/生活用品(21)
   ギフト/プレゼント(15)
   趣味(8)
   お出かけ/観光/旅行/デート(29)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(26)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(60)
   ドリンク/カフェ(23)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(15)
アート/カルチャー(20)
   写真/カメラ(5)
   ハンドメイド/クラフト(8)

スキンケア

エイジングケア(29)
保湿(128)
美白(39)
乳液(26)
クリーム(78)
オイル(18)
化粧水(79)
美容液(61)
基礎化粧品(91)
ニキビ(18)
毛穴ケア(27)
角質ケア(34)
肌荒れ(21)
くすみ(38)
クマ(8)
たるみ(16)
ハリ不足(33)
スペシャルケア(75)
セルフケア(37)
UV対策(27)
日焼け対策(19)
日焼け止め(9)
しわ(9)
洗顔/クレンジング(34)

肌質

乾燥肌(94)
敏感肌(69)
脂性肌(27)
混合肌(20)

コスメ/メイク

ツヤ肌(79)
マット肌(42)
ミネラルコスメ(20)
デカ目(38)
小顔(2)
韓国(29)
化粧(86)
ポイントメイク(91)
メイクテク(37)
ナチュラルメイク(77)
美肌(80)
メイク道具(13)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(42)
テカリ防止(5)
アイメイク(44)
リップ/グロス(44)
チーク(20)
カラーメイク(6)

ファッション

春コーデ(33)
夏コーデ(32)
秋コーデ(39)
冬コーデ(40)
スタイル(70)
テイスト(61)
シーン別(25)
大人コーデ(33)
カジュアル(30)
綺麗め(23)
フェミニン(22)

年代別

10代(2)
20代(8)
30代(10)
40代(5)
50代(3)

恋愛

片思い(21)
男性心理(34)
カップル(32)
恋愛観(36)
恋愛テクニック(41)
モテ仕草(1)

ヘアスタイル

ショートヘア(24)
ロングヘア(23)
セミロング(20)
ボブ(24)
スタイリング(33)
ヘアケア(46)
ヘアカラー(12)
ヘアアクセ(8)

ライフスタイル

キッチン用品(18)
ホームパーティー(15)
グルメ/レシピ(93)
ヘルシー(38)
運動(11)
筋トレ(5)
リラックスタイム(11)

人気記事ランキング