logo

Top > 美容 > スキンケア

【薬剤師が解説】ほうれい線の原因と対策とは?おすすめグッズも紹介






見た目年齢を大きく左右するのが「ほうれい線」です。
若い頃から気になり出す人もいれば、30歳半ばごろから目立ってくる人もいます。

「ほうれい線」はシワの一種と思われがちですが、実は違います。
ほうれい線に対する正しい理解と対処法を知らないと、ほうれい線ケアに遅れをとってしまうこともあります。

今回は気になるほうれい線の原因と出来るメカニズム、そして正しい対処法やおすすめグッズをご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】【薬剤師が解説】ほうれい線の原因と対策とは?おすすめグッズも紹介

 

ほうれい線とは

ほうれい線はシワではない?

ほうれい線ができはじめるのはいつ?

ほうれい線ができる原因は?

1. 加齢による変化

2. 間違ったスキンケア

3. 表情筋の機能低下

ほうれい線を防ぐための対策

1. 紫外線対策をしっかり行う

2. たるみ対策のできるスキンケアで優しくケア

3. 顔の筋肉を鍛える

4. 不足しがちなコラーゲンを補充する

ほうれい線を改善するおすすめアイテム

MTG(エムティージー) フェイシャルフィットネス PAO セブンモデル

ヤーマン メディリフト

エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム 

Ravis 口もとパックシート 

ナチュラグラッセ コレクティング スティック 01

ほうれい線が気になる方におすすめのサプリ

天使のララ RaRa

井藤漢方製薬 コラーゲン・低分子ヒアルロン酸

アルフェ ビューティコンク

ほうれい線は日頃の身のこなしで防ぐ

うつむき姿勢をやめて姿勢良く!

仰向けで寝るよう心がける

顔の筋肉や骨格は左右対称に使うイメージ

 

ほうれい線とは

 

ほうれい線 

 

ほうれい線は、鼻の両わきから口角に向かって入るシワのことです。

 

ほうれい線は年齢とともに誰にでもできるものだと思って諦めていませんか?

見た目年齢を大きく左右するため、この線があるだけで若くても老けた印象をもたれがちです。

 

しかもこのほうれい線、10代の若い人にも現れてしまうこともある厄介なものなのです。

年齢と共に肌の弾力が低下してくると、だんだんと頬がたるんで「ほうれい線」へと変化します。

 

ほうれい線はシワではない?

 

まずは知っておくべきことは、ほうれい線は「シワ」ではないということです。

それでは何かというと、頬の肉「たるみ」によりできる線です。

 

頬にできた「シワ」がほうれい線かどうかを見極めるのは簡単です。

ほうれい線の場合には「たるみ」なので重力によって動きがあります。

立ったままだとシワが見えますが、寝ている状態だと重力がかからないために目立たなくなります。

逆にシワの場合には立っていても、寝ていてもシワのまま存在します。

 

見た目がシワのように見えるので、多くの人がシワだと誤解して改善するためのケアを無駄に行っていることが多いのです。

もちろん、シワケアでもほうれい線を改善することはできますが、効果としては不十分です。

 

ほうれい線の正体が「たるみ」であることを知っておくと、その後のケアが全然違ってきます。

さらに、ほうれい線の原因によりケア方法を選んでいくことできますよ。

 

ほうれい線ができはじめるのはいつ?

 

10代から20代の若い頃は「ほうれい線」は全く気にならなかったという人も多いのではないでしょうか。

年齢とともに深くなっていく「ほうれい線」は30代から気になる人が増えてきます。

 

ただ、実は20代と若い頃から「ほうれい線」が目立ち、老けた印象を与える原因にもなるため悩んでいる方も多いんです。

同世代と比べて「ほうれい線」が気になるという方もいると思いますが、個人差が大きいようです。

なぜなら、顔の形や表情筋の違い、頬の肉の多さや骨格なども関係するからです。

 

でも、年齢によって「ほうれい線」が深くなっていく傾向があるのは事実。

年齢には逆らうことは難しいことは事実ですが、しっかりとケアさえすれば、「ほうれい線」を目立たなくさせることも可能です。

 

 

ほうれい線ができる原因は?

 

josei-face

 

ほうれい線が出来る原因は次の3つに大きく分けられます。

 

1. 加齢による変化

 

最も多い原因となるのが、加齢です。

若々しくハリのある肌は、真皮層のコラーゲンが豊富で表層下にある筋肉を支えています。

年齢を重ねるごとに、頬の筋肉を支えている真皮層にあるコラーゲンが減るため、ハリが無くなって「ほうれい線」ができます。

 

2. 間違ったスキンケア

 

洗顔時に強い刺激を与えて顔を洗っていたり、スキンケアのときに肌をゴシゴシしたりしていませんか?

必要以上に強い力を肌に加えてしまうことで、肌のたるみの原因となります。

 

小さな刺激だったとしても、長年かけていくと頬の周辺組織に大きなダメージを与えます。

小顔を目指すために強めのマッサージをゴリゴリと行っている方も要注意です。

 

3. 表情筋の機能低下

 

頬や口の周りには小さな筋肉がたくさんあり、細やかな表情を作っています。

頬のあたりにある「大・小頬骨筋」の筋力が落ちて、筋肉で支えていた脂肪組織が弛んでしまうことも原因になります。

 

口の周りにある筋肉が衰えても、ほうれい線が深くなってきます。

体だけでなく顔のインナーマッスルも鍛えておくことが、ほうれい線予防に繋がってきます。

 

 

ほうれい線を防ぐための対策

 

ほうれい線が出来る原因を確認してみて、ご自身の原因として思い当たる部分はあったでしょうか。

次にそれぞれの原因に合わせた対策をご紹介します。

 

1. 紫外線対策をしっかり行う

 

ほうれい線 紫外線対策

 

加齢によってコラーゲンの生成が落ちることを食い止めることは難しいですが、紫外線によるダメージから守ることは可能です。

紫外線はコラーゲンやエラスチンといった真皮組織の構成成分の生成を抑えてしまいます。

 

また、乾燥も同様に肌のコラーゲン生成を抑えて、ほうれい線の原因になってしまいます。

紫外線は年中降り注いでいると考えて、一年中しっかりと紫外線対策しましょう。

 

2. たるみ対策のできるスキンケアで優しくケア

 

もちろん、ヒアルロン酸注入などでプチ美容整形を行えば即効性はありますが、半永久的に通わなければなりません。

即効性だけ求めるのではなく、毎日のケアを見直しましょう。

 

スキンケアを行う時は、顔の皮膚や筋肉に過度な刺激を与えないように優しくケアすることが基本です。

コラーゲン生成を促す作用がある「ビタミンC」や「レチノール」が配合された基礎化粧品はたるみケアにおすすめです。

 

また、コラーゲン配合や肌にハリ感を与える効果のある基礎化粧品やベースメイクを使う方法もあります。

 

3. 顔の筋肉を鍛える

 

口の周りや頬の筋肉は表情を作るときに必ず動かす部分です。

しかし、同じ表情ばかり続けていると皮膚にもその影響が見えるようになってきます。

表情だけでなく、同じ側を下に向けて寝ていたり、頬杖をついたりする癖がある人も同じです。

 

筋肉が落ちるとよく言いますが、多くの場合は筋肉が上手く使えていないだけという場合も多いのです。

特に顔の筋肉は非常に細かいので、さまざまな表情を作って刺激してあげると効果的。

口の周りの口輪筋であれば、笑っている顔が多いならば口をすぼませて突き出す動きで刺激してみましょう。

 

4. 不足しがちなコラーゲンを補充する

 

tenshino-lala

 

ほうれい線ができるのは、皮膚を内側で支えているコラーゲンの減少が関係しています。

 

肌内部のコラーゲンは年齢ごとに減少していき、肌のたるみやシワを引き起こします。

コラーゲンを増やす方法としては「コラーゲン」または「ビタミンC」の摂取が効果的です。

 

コラーゲンは肉類や魚類の骨や軟骨、うろこなどに豊富に含まれています。

例えば豚足、鶏の皮、手羽先などですが、コラーゲンを飲みやすく精製した食品を活用するのも手です。

 

また、ビタミンCはコラーゲンの生成を促す作用があり、日々消費されていきます。

野菜やサプリを利用して積極的に摂取するようにしましょう。

 

※合わせて読みたい:  【薬剤師が解説】ビタミンCは効能の宝庫!おすすめの摂取方法やコスメを徹底解説

 

 

ほうれい線を改善するおすすめアイテム

 

ほうれい線は自分の意識でケアすることも必要ですが、便利なグッズや優秀なコスメを利用したケアが効果的です。

ここでは薬剤師目線で選んだ、おすすめのほうれい線ケアアイテムをご紹介します。

 

MTG(エムティージー) フェイシャルフィットネス PAO セブンモデル

 

 

衝撃的なCMでご存知の方もいるかもしれませんが、継続的な表情筋トレーニングを可能にする器具です。

Amazonや楽天でもランキング1位を獲得する人気商品です。

 

PAOを口でくわえてスイング運動を行うことにより、顔のインナーマッスルを鍛えられます。

継続的なトレーニングで、シワ、たるみ、ほうれい線のケアにつながります。

 

目安としては4週間から8週間で目に見えて変化が出る方もいるようです。

 

MTG フェイシャルフィットネス PAO セブンモデルの商品情報

 

価格:12,800円(税抜)

カラー:ブラック、ホワイト

 

 

 

ヤーマン メディリフト

 

 

見た目こそ強烈な印象がありますが、かつて入荷待ち数ヶ月だったこともあるほどのヒット商品。

印象年齢を決める顔の下半分に対して、医学的な見地をもとにアプローチするウェアラブル美顔器です。

 

マスクを装着して、スイッチをオンするだけで顔全体をEMSで刺激します。

刺激して動かすべき筋肉と、休ませるべき筋肉を分けてアプローチするので、効率的な筋肉トレーニングが可能です。

 

シュッとした印象をつくりたい、若々しい表情を保ちたいという方におすすめです。

 

ヤーマン メディリフトの商品情報

 

価格:25,000円(税抜)

充電時間:1.5時間

 

 

 

エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム 

 

 

目もと口もと用のシワ改善クリームです。

厳密に言えば「シワ」ではないですが、ほうれい線にも使えます。

 

レチノールを配合し、肌内部のヒアルロン酸生成を促して、自然なハリを生みます。

コラーゲンも配合されていて、真皮層のコラーゲン密度を高めます。

 

朝使用する場合は、レチノールの作用を守るために上からUVカットを塗っておきましょう。

少し香料が入っている点が気になる方や、肌が敏感な方は注意して使用することをおすすめします。

 

エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム の商品情報

 

価格:7,800円(税抜)

内容量:22g(ラージサイズ)

 

 

 

※合わせて読みたい: エリクシールのおすすめアイテム7選!下地・クリーム・洗顔・化粧水など人気商品まとめ

 

Ravis 口もとパックシート 

 

 

口元の皮膚は皮脂分泌が多くないため乾燥しがちです。

このパックは「ほうれい線」の部分を集中的にパック出来るシートマスク。

形がほうれい線に沿って作られているので、しっかりカバーできます。

 

成分としてはレチノール、ビタミンE、コエンザイムQ10などの皮膚の若さに必要な成分に、しっかり保湿してハリを与えるヒアルロン酸、ビタミンB6が入っています。

付けて寝るだけで、朝起きたときの顔の印象が変わってきます。

 

Amazonで10枚(5セット)で495円(税込)という低価格なので、試してみる価値はあるでしょう。

 

Ravis 口もとパックシートの商品情報

 

価格:450円(税抜)

内容量:10枚(2枚×5セット)

 

 

 

ナチュラグラッセ コレクティング スティック 01

 

 

ほうれい線を隠そうとして、ファンデーションやコンシーラで重ねてしまうのはNG。

余計に深くシワに入り込んで目立たせてしまいます。

 

メイクでカバーしたいならば、ハイライトを上手く使いこなしましょう。

ハイライトで光を載せることで、ほうれい線の堀の深さを飛ばすことができます。

 

付けすぎはテカリに繋がるため、適量を指先にとって付ける程度で大丈夫です。

このナチュラグラッセは、ミネラルコスメで余計な添加物もフリーなので心地よく使えます。

 

ナチュグラッセ コレクティング スティック 01の商品情報

 

価格:3,600円(税抜)

内容量:4g

 

 

 

※合わせて読みたい: 【素肌が喜ぶミネラルコスメ】ナチュラグラッセ(Naturaglace)のおすすめ商品16選!

 

ほうれい線が気になる方におすすめのサプリ

 

対策グッズでケアしていても、年齢を重ねるごとに現れてくるのがほうれい線。

内側からの肌たるみをケアするためには、エイジング対策向けのサプリもおすすめです。

 

ほうれい線が気になる方は、ぜひ次のサプリもチェックしてみてください。

 

天使のララ RaRa

 

tenshino-lala-2

 

ほうれい線は表情筋の衰えとともに、表皮の下の真皮層にあるコラーゲン繊維の減少が大きな原因の一つです。

 

コラーゲンは真皮の7割を占める成分であり、肌のハリを保つには、コラーゲンの減少を補うための新たなコラーゲンが必要です。

しかし、コラーゲンは分子量が大きいため真皮まで届かず、肌への効果は期待できないと考えられてきました。

 

その常識を打ち破ったのが「天使のララ」で、1日1袋を12週間続けることで、顔の皮膚の水分量を増やす効果が確認されています。

 

フィッシュコラーゲン100%の無添加という高純度なコラーゲンサプリで、もちろん国産。

添加物も一切不使用で、混ぜるものを選ばない液体タイプのコラーゲンであることも特徴です。

 

個包装なのでどこでも手軽に持ち運べて、味も匂いも気にならないため、誰でもストレスなく続けられるはず。

アットコスメ美容サプリメント部門 2019年に第一位を獲得した実力派サプリをぜひ体感してみてください。

 

天使のララ RaRaの商品情報

 

価格:1,944円(税込)

内容量:11mL×10袋

 

 

 

井藤漢方製薬 コラーゲン・低分子ヒアルロン酸

 

 

肌を若々しく保つためには、肌のハリを生み出すコラーゲン繊維と、潤いを与えるヒアルロン酸の両方が欠かせません。

 

このイトコラのコラーゲン低分子ヒアルロン酸は、1日当たりコラーゲンペプチド5,000mg、ヒアルロン酸10mgを同時に摂取できます。

サッと溶けやすい粉末タイプで、ニオイも抑えられていることからどんな飲み物に加えても風味の邪魔になりません。

 

この商品を開発しているのは、なんと漢方の製薬会社。

安全・安心をモットーに掲げる製薬会社が作っているからこそ、品質は確かなものがあります。

 

また、脂肪分ゼロ、香料、着色料、保存料は不使用と、余計なものを一切使っていないことも魅力。

ヒアルロン酸とコラーゲンという肌に必要な成分だけをシンプルに補いたい方におすすめです。

 

井藤漢方製薬 コラーゲン・低分子ヒアルロン酸の商品情報

 

価格:4,800円(税込)

内容量: 300g(1日の目安5g)

 

 

 

アルフェ ビューティコンク

 

 

あまり知られていませんが、鉄分も肌たるみを防ぐために必要不可欠な栄養素です。

 

鉄分が不足すると酸素を運ぶ赤血球の働きが低下して、細胞も栄養不足になってしまいます。

栄養不足、血液不足の肌はターンオーバーや肌機能が衰えて、肌たるみの原因となってしまうのです。

 

このアルフェビューティーコンクは、鉄分2.0mgに加えて、コラーゲン1000mを配合。

さらにビタミンB2やビタミンB6など肌の代謝に欠かせないビタミンも含まれている「集中美容食品」です。

携帯しやすい細身のスティックタイプ で、鉄分が入っていてもそのまま飲みやすいピーチ味になっています。

 

1箱10袋入りと小包装なので、まずはコラーゲンを実感してみたいという方におすすめです。

 

アルフェ ビューティコンクの商品情報

 

価格: 2,178円(税込)

内容量:10袋

 

 

 

 

ほうれい線は日頃の身のこなしで防ぐ

 

ほうれい線が一旦できてしまってから消すことは、なかなか難しいものです。

なるべくほうれい線ができないよう、日頃から悪いクセを見直すようにしましょう。

 

うつむき姿勢をやめて姿勢良く!

 

smileface

 

スマホを見たり、何か作業をしたりする時は、うつむき姿勢になってしまいがちです。

でも、うつむいている時間が長いと顔がたるんでほうれい線が目立ちやすくなります。

 

その姿勢の悪さにより表情筋もたるんだり、首にシワが入りやすくなったりなど、ますます老けた印象になりがち。

スマホを見るときはなるべく目線に合わせて、日々姿勢良く過ごすように心がけましょう。

 

仰向けで寝るよう心がける

 

枕にどちらかの顔を下にして、横向きで寝る習慣はありませんか?

顔に余計なシワを作るだけでなく、体全体の骨格が歪む原因にもなります。

 

ほうれい線をなるべく作らないようにするには、寝ている間の姿勢も大事。

横向きではなく、仰向けで寝るクセを付けましょう。

 

顔の筋肉や骨格は左右対称に使うイメージ

 

食べるときに左右対称に使っている人は案外少ないですが、実はこれも「ほうれい線」の原因になります。

どちらか一方の歯の調子が悪いことが原因であったり、顎の歪みが原因のこともあります。

左だけ、右だけ使って食べる癖がある人は、両方とも均等に使うようにすると良いでしょう。

 

また、片側に頬づえをついたり、片側でばかり荷物を持つクセがある人は、左右均等を意識することが大事。

毎日少しずつの積み重ねが歪みを減らして、顔の印象も変えていくはずです。

 

 

老けた印象を与える「ほうれい線」の原因から対処法まで理解は深まりましたか?

 

ほうれい線は年齢を刻んだ証でもあり、決して悪いものではありません。

しかし実年齢と比べて「ほうれい線」が目立つ、これ以上目立たせたくないという場合には早めに対策を始めましょう。

 

「ほうれい線」を完全に消すことは難しいかもしれませんが、気にならないレベルまでに改善することは可能です。

ぜひ本記事を参考にほうれい線ケアを始めてみてください。

 

 

執筆・監修:薬剤師 笹尾 真波(ささお まなみ)

 

大学院卒業後、某内資系製薬企業にて市販薬の企画開発・マーケティングなどに携わる。

その後、都内大型門前病院前のドラッグ併設調剤薬局にて、調剤業務および市販薬のバイヤー・在庫管理・販売にも携わる。

その他、サプリメント・ハーブやオーガニックコスメ販売にも従事する。

 

また、外資系製薬企業にてDI業務、学術情報部門にて糖尿病や免疫関連の学術情報の検索および情報提供にあたる。

現在は非常勤薬剤師として調剤薬局で勤務する傍ら、正しい薬の使い方や医療情報、美容関係の情報提供に務める。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(322)
   着回し/コーデ(76)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(54)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(7)
メイク・コスメ(371)
   ベースメイク(33)
   アイメイク(49)
   リップ/グロス(24)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(183)
美容(132)
   スキンケア(76)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(36)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(213)
   生活雑貨/生活用品(18)
   ギフト/プレゼント(19)
   趣味(9)
   お出かけ/観光/旅行/デート(31)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(65)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(85)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(29)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(25)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(34)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(14)

スキンケア

エイジングケア(42)
保湿(173)
美白(43)
乳液(35)
クリーム(100)
オイル(24)
化粧水(103)
美容液(82)
基礎化粧品(119)
ニキビ(19)
毛穴ケア(32)
角質ケア(42)
肌荒れ(23)
くすみ(46)
クマ(10)
たるみ(20)
ハリ不足(36)
スペシャルケア(112)
セルフケア(50)
UV対策(39)
日焼け対策(30)
日焼け止め(12)
しわ(12)
洗顔/クレンジング(65)

肌質

乾燥肌(107)
敏感肌(83)
脂性肌(33)
混合肌(26)

コスメ/メイク

ツヤ肌(115)
マット肌(51)
ミネラルコスメ(47)
デカ目(62)
小顔(3)
韓国(61)
化粧(171)
ポイントメイク(185)
メイクテク(81)
ナチュラルメイク(138)
美肌(128)
メイク道具(30)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(107)
テカリ防止(19)
アイメイク(122)
リップ/グロス(110)
チーク(67)
カラーメイク(32)

ファッション

春コーデ(90)
夏コーデ(85)
秋コーデ(101)
冬コーデ(101)
スタイル(202)
テイスト(184)
シーン別(49)
大人コーデ(128)
カジュアル(122)
綺麗め(137)
フェミニン(98)

年代別

10代(4)
20代(13)
30代(14)
40代(8)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(35)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(38)
ロングヘア(41)
セミロング(38)
ボブ(41)
スタイリング(64)
ヘアケア(64)
ヘアカラー(23)
ヘアアクセ(18)

ライフスタイル

ホームパーティー(19)
グルメ/レシピ(118)
ヘルシー(46)
運動(20)
筋トレ(8)
リラックスタイム(39)

人気記事ランキング