logo

Top > ライフスタイル > 趣味

手軽に始めよう♪「塗り絵」の楽しみ方と上達のコツ






塗り絵と言えば昔は子どもの遊びというイメージでしたが、今は子どもだけでなく大人も楽しめる趣味として、幅広い年代で人気が出ています。

「絵に自信がない」という人も大丈夫!
下絵を描く必要がなく、塗るだけなので手軽に始められます。

今回は、そんな塗り絵の楽しみ方やちょっとしたコツをご紹介します。
ちょっとしたテクニックで高度な仕上がりになるので、ぜひ実践してみてください!

緊急事態宣言の発令、及び新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけになられる前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】手軽に始めよう♪「塗り絵」の楽しみ方と上達のコツ

 

塗り絵の魅力とは

1. 始めるまでがとても簡単

2. 自分の感覚を活かせる

3. リラックス効果

塗り絵に必要な道具リスト

初心者にオススメの塗り絵イラスト

1. 花

2. 建物

3. キャラクター

塗り絵上達のコツ

1. 流れを意識する

2. 真ん中は濃く、周りは薄く

3. 重ね塗りで濃淡をつける

4. 光を意識して、奥行きを出す

塗り絵初心者さんにオススメのアイテム

1. 36色の色鉛筆

2. 鉛筆削り

3. 脳がみるみる若返るぬり絵 季節の花々

4. 大人ディズニー 素敵な塗り絵レッスンブック

塗り絵でインドア生活を楽しもう♪

 

塗り絵の魅力とは

 

image_nurie

 

一昔前まで塗り絵は子どもの遊びとして認識されていましたが、10年ほど前に「大人の塗り絵」が話題になってから、今や幅広い年代の人が楽しむ趣味として人気があるアートとなりました。

 

一見、色を塗るだけの単純作業に思われますが、いざやってみるとその奥深さにハマる人が多いようです。

なぜ塗り絵がそんなに人気があるのか?その理由をお伝えします。

 

1. 始めるまでがとても簡単

 

塗り絵に必要な道具は、近所のスーパーでも簡単に手に入る一般的なものがほとんどで、また他のアートと比べ揃える数も少ないため、非常に始めやすいのが特徴です。

始めるために準備をする期間が短く、費用もかなり安いことから多くの人に親しまれています。

また、子どもの頃に塗り絵で遊んだことがある人も多く、手順がわかりやすいのも始めやすさのポイントです。

 

さらには下絵を描く必要がないため、絵に自信がない人も手軽に始めることができます。

絵に自信がある人も、色で自分の世界観を表現できるため、他のアート同様に楽しめますよ!

 

2. 自分の感覚を活かせる

 

image_art

 

既に下絵が完成しているので個性が出しづらいと思う方もいるかもしれませんが、色の選び方や濃淡など、塗り方一つで仕上がりが全く異なります。

自分が想い描いているイメージや、表現したい世界観などを存分に出すことができるのが塗り絵の魅力です。

 

例えば、バラの花の下絵があったとして、あなたはどんな色を想像しますか?

情熱的な赤、可憐な白、可愛らしい淡いピンク、もしくはミステリアスな紫など…

 

選ぶ色に正解はなく、表現方法は無限大!

思い思いの表現を楽しむことができるのです。

 

3. リラックス効果

 

image_relax

 

一生懸命色を塗っている間は集中している状態です。

日々のストレスやモヤモヤとした感情も、塗り絵の時間は忘れていることでしょう。

 

私達は普段、いろんな事を頭で考えながら生活しているため、知らない内にストレスが溜まっています。

塗り絵をすることでそういった雑念が消えるため、リラックス効果もあります。

 

 

塗り絵に必要な道具リスト

 

image_junbi

 

ここでは、塗り絵に必要な道具をご紹介します。

マストで必要なものは画材と色鉛筆ですが、それ以外であった方が良いものも含めてリスト化しました。

どれもスーパーで買えるので、揃えるのが簡単です。

 

  • 画材(塗り絵ブック)
  • 色鉛筆(36色)
  • 鉛筆削り
  • スティック状の消しゴム

 

鉛筆削りは何種類かあると思いますが、色鉛筆は通常の鉛筆よりも芯が柔らかいものが多いため、電動よりも手動をオススメします。

力を入れすぎず、少しずつ角度を変えながら削るのがポイントです。

消しゴムは、色をぼかしたい時に使います。

 

色鉛筆は36色と書きましたが、慣れてくると色の使い方の幅も広がるため、その際は72色などより多くの色に挑戦してみてください!

 

 

初心者にオススメの塗り絵イラスト

 

塗り絵と言っても様々な画材がありますが、ここでは比較的書きやすい、もしくは取り組みやすいイラストをご紹介します。

自身の興味のあるテーマを選んで、まずは楽しみながら塗り絵に慣れていきましょう。

 

1. 花

 

image_flower

 

花は簡単に画像が検索できることと、色がハッキリしているため塗りやすく初心者にオススメです。

濃淡もわかりやすくて奥行きのある絵に仕上げやすいので、まずは花の絵で練習してみると良いでしょう。

 

花びらが重なり合うような複雑な花は難しいので、まずはスミレなどの比較的花びらが少なく、塗りやすい花で挑戦してみてください。

 

2. 建物

 

image_building

 

建物は比較的細かい描写が少なく、初心者でも塗りやすいのが特徴です。

花や動物など自然のものはある程度色が決まっていますが、建物は人によって想像するイメージが違うため、同じ絵でも塗る人によって仕上がりが全く異なるのが魅力的。

 

比較的容易ながら、自分の感性を思いっきり活かせるので、何を塗るか迷ったら建物を選んでみてはいかがでしょうか。

慣れてきたら、レトロ感やポップ感などを様々な描写で演出してみても面白いですよ。

 

3. キャラクター

 

ディズニーやご当地キャラなど、好きなキャラクターがいるという方は多いのではないでしょうか。

自分の好きなキャラクターを塗るとなると、より楽しい気持ちになりますよね。

 

塗り絵は楽しむ気持ちが一番です。

長く続けるためにも、よりワクワクする画材を選ぶと良いでしょう。

 

キャラクターは色が決まっているので、初心者でも塗りやすい題材です。

上級者になると髪のツヤや服の質感まで表現できますが、初心者がそこまで表現するのは難しいので、まずは濃淡は気にせず単色で塗ってみましょう。

 

 

塗り絵上達のコツ

 

ここで紹介するポイントを踏まえて塗り絵をすれば、きっと上達が早くなるはずです。

 

1. 流れを意識する

 

image_nurie

 

色を塗る時、同じ方向に塗ると綺麗に塗れると言われたことはありませんか?

一見、統一感があり綺麗に見えますが、リアリティに欠け単調な印象になってしまいます。

 

何を塗るとしても、パーツごとに必ず流れがあります。

植物なら葉や花の筋、髪なら流れる方向、動物なら毛並など対象となる絵の流れを意識して描くことが大切です。

流れに沿って鉛筆を動かすことで、より自然で立体的な絵に仕上がります。

 

2. 真ん中は濃く、周りは薄く

 

image_nurie

 

はみ出しを防ぐために、まずは下絵の縁取りをして、そこから色を塗る人は多いのではないでしょうか?

縁取りをすることでラインがハッキリするため、確かに色を塗りやすくなります。

全然綺麗に塗れない…という人は、まずは縁取りをして色を塗ってみるのも良いかもしれません。

 

しかし、縁取りをすると、どうしても不自然な印象になってしまいます。

より自然で味のある絵に仕上げたければ、内側を濃く、外側を薄く塗るのがコツです。

 

濃淡の差は、対象物の印象によって使い分けます。

内側と外側の濃淡の差が大きければ柔らかい印象に、少なければ硬い印象に仕上がります。

 

塗り絵に少し慣れてきたら、このテクニックを使ってみてくださいね。

 

3. 重ね塗りで濃淡をつける

 

image_nurie

 

濃い色を塗りたい時は筆圧を強くするのではなく、ひたすら色を重ねていきます。

色を重ねることで自然と密度が濃くなり、自然な濃さに仕上がります。

同じ色の鉛筆でも、重ね塗りをすることで色の幅がぐんと広がります。

 

植物を塗る時など、対象物が重なっている時、下にくる方が必然的に濃く見えます。

そういったシチュエーションの時に、このテクニックを使うと良いでしょう。

 

はっきりと濃淡をつけることで、奥行きのある絵になります。

 

4. 光を意識して、奥行きを出す

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 엘라임&じんちゃん&Jessy (@lunanicle_blue_main) on

 

これは上級者向けのテクニックですが、光が差す方向を意識して塗っていきましょう。

光が当たっている場所は明度を高くし、逆に光が当たりにくい場所は明度を低く塗ってみましょう。

一部分をぼかしたいときには、スティック状の消しゴムを使って薄くしたい部分をこすると上手く風合いが出ます。

 

 

塗り絵初心者さんにオススメのアイテム

 

塗り絵に必要なアイテムは最初の方でご紹介しましたが、色鉛筆でも様々な種類があり、どれが良いのか悩むかと思います。

 

そこで、ここでは塗り絵初心者さんにオススメのアイテムをご紹介します。

塗りやすさや無理なく塗れるレベルのものをピックアップしていますので、迷ったら参考にしてください。

 

1. 36色の色鉛筆

 

 

三菱鉛筆のuniシリーズの色鉛筆は、発色が良く塗りやすいと評判です。

芯も折れにくいため、塗り絵の経験が浅く、力加減がイマイチ掴めていない方でも安心して使えるのが嬉しいですね.

 

色もそれなりに豊富にあるため使い分けがしやすく、また重ね塗りのテクニックを使えば、色の幅は十分に出ます。

慣れてきたら72色など色を増やしたり、上級者向けの色鉛筆を買ってみるのも良いですが、まずはuniをオススメします。

 

2. 鉛筆削り

 

 

一般的に色鉛筆は通常の鉛筆よりも芯が柔らかいことが多く、力の加減がわからないまま削るとすぐに折れてしまいます。

電動は削るのが楽な反面、コツを掴まないと力がかかってしまうことが多いため、手動の鉛筆削りをオススメします。

 

こちらの商品は、小さくて持ち運びが便利というだけでなく、いろいろな軸の太さの鉛筆が削れる優れもの。

あまり力を入れずソフトに削ることで、芯を折らずに綺麗に削れますよ!

 

価格、機能共に優れた鉛筆削りです。

 

3. 脳がみるみる若返るぬり絵 季節の花々

 

 

花の絵に特化した塗り絵本です。

綺麗に塗るコツやテクニックを、カラーの例と共にわかりやすく解説してくれているため、初心者にもオススメです。

 

上級者の方も、お手本とテクニックを読むと改めて気づかされることが多く、技術向上にも繋がります。

とても綺麗な絵で塗りごたえがあり、完成した時には充実感も感じられます。

 

花が好きな方には特にオススメの1冊です。

 

4. 大人ディズニー 素敵な塗り絵レッスンブック

 

 

ディズニーの魅力がギュッと詰まった、楽しい塗り絵ブックです。

絵がとても綺麗で塗りごたえがあり、完成した時の達成感は格別!

 

塗り方のコツや、綺麗に塗れるコツなどを図で解説してくれているため、初心者でも安心して塗ることができます。

ガイドに従うだけで、自分で塗ったのが嘘のような高いクオリティの絵が完成するので、ディズニーの世界を楽しみたい方はぜひ挑戦してみてください。

 

 

塗り絵でインドア生活を楽しもう♪

 

image_iroenpitsu

 

お家にこもりたい、あるいはこもらないといけない日は、塗り絵を楽しんでみてはいかがでしょうか。

簡単かつ手軽に始められる塗り絵ですが、想像よりも奥深く、気づけばどんどん楽しくなりハマっていくでしょう。

 

自己流で楽しむのも良いですが、現在はインスタグラムのようにSNSを使って他の人の塗り絵の作品も見れるので、そちらも参考にしてどんどん腕を磨いていってください。

塗り絵を始めることで、毎日の生活がこれまで以上に色鮮やかになることを願っています!


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(120)
   着回し/コーデ(45)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(23)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(6)
メイク・コスメ(217)
   ベースメイク(21)
   アイメイク(25)
   リップ/グロス(15)
   ネイル(10)
   メーカー/ブランド(117)
美容(102)
   スキンケア(62)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(24)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(46)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(11)
   スポーツ/運動/トレーニング(5)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(175)
   生活雑貨/生活用品(21)
   ギフト/プレゼント(15)
   趣味(8)
   お出かけ/観光/旅行/デート(29)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(26)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(60)
   ドリンク/カフェ(23)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(15)
アート/カルチャー(20)
   写真/カメラ(5)
   ハンドメイド/クラフト(8)

スキンケア

エイジングケア(29)
保湿(126)
美白(39)
乳液(26)
クリーム(77)
オイル(18)
化粧水(79)
美容液(61)
基礎化粧品(91)
ニキビ(18)
毛穴ケア(27)
角質ケア(34)
肌荒れ(21)
くすみ(38)
クマ(8)
たるみ(16)
ハリ不足(33)
スペシャルケア(75)
セルフケア(36)
UV対策(27)
日焼け対策(19)
日焼け止め(9)
しわ(9)
洗顔/クレンジング(34)

肌質

乾燥肌(94)
敏感肌(69)
脂性肌(27)
混合肌(20)

コスメ/メイク

ツヤ肌(79)
マット肌(42)
ミネラルコスメ(19)
デカ目(37)
小顔(2)
韓国(29)
化粧(85)
ポイントメイク(90)
メイクテク(36)
ナチュラルメイク(76)
美肌(79)
メイク道具(13)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(41)
テカリ防止(4)
アイメイク(43)
リップ/グロス(44)
チーク(19)
カラーメイク(5)

ファッション

春コーデ(33)
夏コーデ(32)
秋コーデ(39)
冬コーデ(40)
スタイル(70)
テイスト(61)
シーン別(25)
大人コーデ(32)
カジュアル(30)
綺麗め(22)
フェミニン(21)

年代別

10代(2)
20代(8)
30代(10)
40代(5)
50代(3)

恋愛

片思い(21)
男性心理(34)
カップル(32)
恋愛観(36)
恋愛テクニック(41)
モテ仕草(1)

ヘアスタイル

ショートヘア(23)
ロングヘア(22)
セミロング(19)
ボブ(23)
スタイリング(32)
ヘアケア(46)
ヘアカラー(12)
ヘアアクセ(8)

ライフスタイル

キッチン用品(18)
ホームパーティー(15)
グルメ/レシピ(93)
ヘルシー(38)
運動(11)
筋トレ(5)
リラックスタイム(11)

人気記事ランキング