logo

Top > ライフスタイル > お出かけ/観光/旅行/デート

相手に「会いたい」と思わせるLINE術






スマホが主流となっている現代社会では、日常のやり取りでLINEを利用している人が多いと思います。
せっかくLINEを頻繁に使っているのであれば、会いたいと思うその気持ちをLINEで伝えてみましょう。

LINE最大の特徴とも言えるのが、テンポの良い返信が可能であるという点。
そして、スタンプで気持ちを表現することができるという点ではないでしょうか。

これらの機能を有効活用して、LINEで会いたいという思いを伝える時は、どのような文章を送ると相手の心に響きやすいかをご紹介します。

【目次】相手に「会いたい」と思わせるLINE術

 

会いたい気持ちをLINEで伝えるための大切なポイント

長文になりすぎない

絵文字やスタンプをつけすぎない

返信を急ぎすぎない

【男性編】会いたい気持ちをシンプルに伝えるLINE文

片思いの場合の文章

両想いまたは交際中の文章

【女性編】会いたい気持ちをシンプルに伝えるLINE文

片思いの場合の文章

両想いまたは交際中の文章

相手の性格や生活リズムに合わせた文章を作りましょう

 

 

会いたい気持ちをLINEで伝えるための大切なポイント

 

idealight

 

大好きな人に会いたくなった時、上手にLINEを使って甘えてみたい。

甘えることは相手への刺激にもなりますが、普段からあまりにもべったりしているとメリハリがつかず、時には刺激にならないこともあります。

また、中にはべったりと甘えられることが苦手という人もいるので、適度な距離を保ちつつも少しだけ甘えるのが無難です。

まずは、LINEを使って会いたい気持ちを伝える際の注意点をご紹介します。

 

長文になりすぎない

 

相手の性別関係なく、あまりにも長文の場合は、読む前に文面から圧を感じるケースがあります。

また、長すぎる文章は、返信する際に文章を読み返しながらになるので時間がかかってしまいます。

そうなると文章を読む前から気が進まず、返信も遅くなる確率が上がってしまい、場合によっては返信がもらえないということもあるでしょう。

LINEでのやり取りは、基本的に簡潔で読みやすい文章を作成することで、相手も気軽に返信しやすくなります。

 

絵文字やスタンプをつけすぎない

 

LINEでは、個性豊かな絵文字やスタンプを使ってコミュニケーションを取ることができます。

それらを上手に活用することで、面白いやり取りが楽しめることもあります。

 

絵文字を使うのであれば、同じ絵文字を連続して使用したり、文章に負けないほどの量を付けてしまうと、内容に関係なくパッと見たときにくどい印象を持ちやすくなります。

また、スタンプをいくつもつなげて送ってしまうと、文章が流れていってしまいます。

読んでほしい文章がスタンプに押されて画面から外れてしまうと、本末転倒ですよね。

かわいいスタンプだから使いたい気持ちはわかりますが、使いすぎには注意しましょう。

 

返信を急ぎすぎない

 

LINEは送ってすぐに返信が来るものと思ってしまうと、相手が精神的に窮屈な思いをしてしまいます。

なかなか既読が付かないときも、焦って返信するように催促するような文書を送ってしまうのは好ましくありません。

相手の生活を優先し、返信はのんびりと待ちましょう。

どうしても急ぎで返信がほしいときは、文章を送るのではなく、電話をかけて要件を伝えるのもありです。

 

 

【男性編】会いたい気持ちをシンプルに伝えるLINE文

 

manmessage

 

意中の女性に送る、少し甘えた「会いたい」という気持ちを込めたLINE。

女性に送るLINEは、絵文字を使ったりスタンプを使ったり、色々大変かもしれないと思っていませんか?

 

女性はLINEの文章から、誠意や想いが伝わってくればキュンとくることも多くあります。

ここでは、どんな文章を打てば女性に気持ちが伝わるのかご紹介します。

 

片思いの場合の文章

 

aitai1

 

片思い中ということで、あまり積極的過ぎると相手が引いてしまう可能性があることを念頭に置いておきましょう。

画像の文章では絵文字を全く使っていません。

これは、相手の女性を心配する文章だからです。

 

相手を心配する時にたくさん絵文字が入っていると「本当に心配してるのかな…」と思われる確率が上がりやすくなります。

もし相手が精神的に追い詰められている時は、使う絵文字によっては冷やかしや見下しとも取られてしまう可能性もなくはありません。

 

相手の気持ちに寄り添いたい、相手の支えになりたいという場合は、絵文字の数は最小限に抑えましょう。

文章のみでのLINEでも、印象が悪くなるとくことはありません。

 

また、食事やデートに誘う場合は、明るい印象を持たせるために少し絵文字を使ってみるのも良いでしょう。

しかし、男性からのLINEでたくさん絵文字が付いているものは、軽い印象を与えてしまうこともあるため積極的におすすめはできません。

 

両想いまたは交際中の文章

 

aitai2

 

想いが通じ合っているのであれば、少し積極的な文章を送って彼女を誘いましょう。

素直に「早く会いたい」「抱きしめたい」などの文章を送ると、彼女も「今すぐにでも会いたい!」という気持ちになるかもしれません。

 

画像の文章には絵文字を入れていません。

絵文字を入れなくても、思いがある程度伝わる可能性が高いからです。

シンプルな文章ですが、相手の女性を不快や不安にさせる要素はなく、怒っているという印象も持たないものになっています。

 

シンプル過ぎる文章では彼女に思いが伝わらないというのであれば、最後の「早く会いたい」の後にハートや笑顔の絵文字を付けるだけでも印象が変わります。

文章の前後にスタンプを使ってみるのも良いですね。

 

 

【女性編】会いたい気持ちをシンプルに伝えるLINE文

 

womanmessage

 

男性の心にはどんな文章が響きやすいのでしょうか。

せっかく勇気を出してLINEを送るのであれば、男性が読みたくなる文章を作りたいですよね。

 

男性の場合、打ち込まれている文章や絵文字の数が多すぎると「めんどくさいかも」と思うこともあります。

お誘いはシンプルが一番です。

絵文字の数に気を付けて、「会いたい」という気持ちを伝えましょう。

 

片思いの場合の文章

 

aitai3

 

絵文字は文末に一つずつ、文章も限りなくシンプルなものだと読む時間もかかりません。

ハートの絵文字やスタンプを使うことで、どんな内容の文章なのかを感じ取ることができます。

 

ただ、片思い中にハートのスタンプを使うのは、ハードルが高すぎるというケースもあります。

その場合はお願いポーズのスタンプや、壁からチラリとこちらの様子を伺っているような愛嬌たっぷりのスタンプを使うのもおすすめです。

 

両想いまたは交際中の文章

 

aitai4

 

想いが通じ合っていても、相手を自分のペースに巻き込んでしまうのは良くありません。

相手にも事情があるため、「無理しないでね」「次の機会でも大丈夫だよ」という趣旨の内容を盛り込みましょう。

 

会いたいという気持ちをもっと全面に出す場合は、「会いたいな」とストレートに打ってみるのもアリです。

ストレートな言葉は相手にもすぐに伝わります。

少し攻めた内容のLINEを送りたい時に有効です。

 

交際していたり両想いの状態であれば、スタンプはもう少し個性が出ているものでも良いと思います。

自分らしさの表現の他にも、相手の心をほぐす効果にも期待大です。

かわいらしいものだけでなく、クスリと笑えるようなものや個性的なものをチョイスしてみるのも良いですね。

会いたいという内容なので、面白さを追求しすぎているスタンプは避けましょう。

 

 

相手の性格や生活リズムに合わせた文章を作りましょう

 

lovemessage

 

LINEでのやり取りで一番注意したいのが、「自分のペースで返信があって当たり前と思い込んでしまうこと」です。

自分にも生活のリズムがあるように、相手にも生活の流れや事情があります。

顔が見えないやり取りなので、自分ではなく相手を優先して、焦りすぎずにLINEを送り合いましょう。

 

なお、今回ご紹介した文章はあくまでも例文です。

相手の性格を考慮して、文章を変えてみたり絵文字やスタンプを使ってアプローチしていきましょう!

 

自分色を出しすぎず、まずは文章を読んでもらうことを第一に考えることで、文章が引き締まって読みやすいものになりますよ。

「この文章で大丈夫かな?」と不安になっているのであれば、焦らず少し時間を置いて、打ち込んだ文章を見直してみましょう。

時間があくと、自分で作った文章も客観的に見直しやすくなります。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(59)
   着回し/コーデ(22)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(14)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(3)
メイク・コスメ(117)
   ベースメイク(14)
   アイメイク(18)
   リップ/グロス(12)
   ネイル(6)
   メーカー/ブランド(50)
美容(73)
   スキンケア(46)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(14)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(35)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(127)
   生活雑貨/生活用品(15)
   ギフト/プレゼント(12)
   趣味(6)
   お出かけ/観光/旅行/デート(22)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(22)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(40)
   ドリンク/カフェ(16)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(8)
アート/カルチャー(14)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(5)

スキンケア

エイジングケア(4)
保湿(74)
美白(22)
乳液(8)
クリーム(37)
オイル(11)
化粧水(33)
美容液(26)
基礎化粧品(54)
ニキビ(9)
毛穴ケア(14)
角質ケア(21)
肌荒れ(13)
くすみ(21)
クマ(4)
たるみ(5)
ハリ不足(17)
スペシャルケア(37)
セルフケア(13)
UV対策(11)
日焼け対策(9)
日焼け止め(4)

肌質

乾燥肌(70)
敏感肌(51)
脂性肌(19)
混合肌(10)

コスメ/メイク

ツヤ肌(62)
マット肌(39)
ミネラルコスメ(12)
デカ目(30)
小顔(1)
韓国(20)
化粧(56)
ポイントメイク(54)
メイクテク(28)
ナチュラルメイク(60)
美肌(64)
メイク道具(10)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(1)
リップ/グロス(1)

ファッション

春コーデ(16)
夏コーデ(15)
秋コーデ(19)
冬コーデ(18)
スタイル(34)
テイスト(26)
シーン別(14)
大人コーデ(14)

年代別

10代(1)
20代(6)
30代(7)
40代(3)
50代(2)

恋愛

片思い(21)
男性心理(23)
カップル(24)
恋愛観(24)
恋愛テクニック(31)

ヘアスタイル

ショートヘア(14)
ロングヘア(13)
セミロング(11)
ボブ(14)
スタイリング(20)
ヘアケア(28)
ヘアカラー(8)
ヘアアクセ(6)

ライフスタイル

キッチン用品(15)
ホームパーティー(11)
食生活(77)
ヘルシー(35)
運動(10)
筋トレ(4)
リラックスタイム(1)

人気記事ランキング