logo

Top > ライフスタイル > 恋愛/交際/お付き合い/デート

好き避けの特徴や心理とは?好き避けと嫌い避けの違いも解説






気になる人との会話のチャンスの時、相手のことを避けてしまって思うように会話ができない。
好きな人だからもっと仲良くなりたいのに、好きだからこそ避けてしまって思うように距離が縮まらない…

女性だけでなく男性にも起こる、好きだけれど避けてしまう「好き避け」はどうして起こるのでしょうか。
好き避けと嫌い避けの違いや、好き避けの特徴や心理について、細かくご紹介します。

好き避けのことを知りたい方や、好き避けで悩んでいる友人のことを理解したいという方も必見です。

緊急事態宣言の発令、及び新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけになられる前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】好き避けの特徴や心理とは?好き避けと嫌い避けの違いも解説

 

好き避けと嫌い避けの違いとは?

嫌い避けとは

相手の行動で読み解く!好き避けと嫌い避けの違い

好き避けの特徴や心理まとめ

好き避けの時に取りやすい行動と特徴

好き避け時の心理状態

自分のペースで好きな人とコミュニケーションをとってみましょう

 

好き避けと嫌い避けの違いとは?

 

kiraisake

 

好きなのに、好意を抱いている相手を避けてしまう好き避け。

好き避けを自覚しているのであれば改善する方法はありますが、避けられている人は「自分はあの人から嫌われているのでは…?」と思うことも多々あります。

まずは、好き避けと嫌い避けの違いをご紹介します。

 

嫌い避けとは

 

嫌い避けとは、嫌いだから避けているという状態です。

嫌いだったり、苦手と感じている相手に対して取ってしまう行動です。

 

苦手な人は少なからずいると思います。

そういった相手とは、なかなか積極的に仲良くなることが難しいため、距離をおく人もいるのではないでしょうか。

この行動そのものが良くないというわけではありませんが、相手の心理状態によっては「好き避けされているのでは?」と勘違いする人も稀にいます。

 

相手の行動で読み解く!好き避けと嫌い避けの違い

 

相手から避けられている場合、好き避けであれば少し接し方を変えたいと思う方もいると思います。

また、嫌い避けなのであれば、無理に相手との距離を詰めようとせず、適度な距離を保っておくということも重要です。

それでは、相手の行動から好き避けなのか嫌い避けなのかを見極めるポイントを確認していきましょう。

 

会話の内容の濃さが違う

 

好き避けや嫌い避けで相手から避けられている場合、会話内容は異なってきます。

相手に好意を抱いている状態で会話をすれば、話の流れによってはプライベートなことをたくさん話して楽しい時間を過ごせるかもしれません。

会話時間は短くても、迷惑そうな雰囲気がなく、内容が個人的かつ濃いものになってくるのです。

 

一方、嫌い避けの場合、プライベートなことは話したがりません。

苦手意識を持っている相手には、自分のことを積極的に話したがる人はあまりいないでしょう。

会話内容も業務連絡のみで、話を振っても「はい」「そうですね」など当たり障りなく素っ気ないものに偏る傾向があります。

 

目が合わないときの相手の行動をチェック!

 

好き避けで目が合わないのは、恥ずかしさなどの心理状態の表れです。

できれば目を合わせて会話したいけれど、恥ずかしさのあまり目を合わせられない。

こういった心理状態であれば、視線が少し泳いでいたり、そわそわとした雰囲気が漂っていることもあります。

もし好き避けをされているのであれば、相手と目が合ってもサッと視線をそらされてしまうこともあるでしょう。

 

嫌い避けをされているのであれば、相手が視線そのものを合わせたくないという気持ちが芽生え、見向きもしてくれないことが考えられます。

スマホいじりなどをして意図的に目を合わせないのは、嫌い避けの時に見受けられる行動です。

 

物理的な距離の取り方を見てみる

 

好き避けで物理的な距離を取る場合、相手とは少し離れた位置に席を取ります。

好意を抱いているけれど自分から近づくことはできないので、離れすぎず近すぎない距離にこっそり居る傾向があります。

 

嫌い避けの場合は、飲み会や食事会で相手といつも大幅な距離を取ります。

席の端と端くらいの物理的な距離を取られてしまう場合は、嫌い避けの可能性も視野に入れておきましょう。

 

 

好き避けの特徴や心理まとめ

 

shygirl

 

好き避け時には、どんな行動をとりやすいのでしょうか。

具体的にどのような行動を取りやすいのかをご紹介します。

 

好き避けの時に取りやすい行動と特徴

 

先ほど嫌い避けについてご紹介しましたが、嫌い避けで取る行動とよく似ているものもあります。

表情やしぐさなど、細かな部分に目を向けることで、好き避けか嫌い避けなのかを見極めましょう。

 

好きだからこそ…視線を逸らしてしまう

 

好きな人と視線が合って恥ずかしさを感じてしまった場合、「しまった!目が合っちゃった!」と咄嗟に視線を逸らすことがあります。

好き避けであれば、目が合って逸らされてしまうことが1日のうちに何度かあったり、視線を逸らした相手がなんとなくソワソワして見えることもあります。

好き避けの場合、相手が好きだけれど恥ずかしいという気持ちがあるので、視線を逸らす際も相手の表情から嫌味は感じにくいと言えます。

 

緊張のあまり…表情が固まってしまう

 

憧れていて好きな人から声をかけられた時、素直に喜べれば良いのですが、緊張してしまって表情が固まってしまうこともあります。

相手と話すのが嫌なのではなく、心の準備ができていない等で表情が固まってしまうのです。

 

どんなことを話していいかわからず、無言になってしまう

 

せっかく憧れの人と一緒にお話しする機会に恵まれても、なかなか話し出せず黙り込んでしまうことがあります。

これは緊張しているということもありますが、好きな人と何を話せばよいのかわからなくなってしまっている状態かもしれません。

 

何か変な話をしてしまって、相手を不快にさせたらどうしよう…

普通の話をすればいいのはわかっているけれど、普通の話って具体的にどんな話をすればいいかわからない。

頭では色々考えていても、どんな話をしたらいいかわからずに結果として無言になってしまうのです。

 

返信内容に悩みすぎて、LINEやメールの返信が遅れがち

 

好きな人とLINEやメールの交換をし、いざ連絡を取り始めたらなかなか返信内容が決まらない。

友達に送っているような内容で正解なのかわからず、どんな内容だったら相手に嫌な印象を与えないかを考え込んでしまう。

結果として返信が遅れがちになり、相手は「自分が嫌われているのでは?」と思ってしまうこともあります。

 

好き避け時の心理状態

 

好き避け状態の時の心理状態は、どのようなものなのでしょうか。

 

恥ずかしさが勝りてなかなか相手と距離が縮められない

 

好きな人がいるけれど、恥ずかしさが勝ってしまい、相手との距離を縮めることができないということがあります。

近くに好意を抱いている人がいるとドキドキして、どうしていいかわからず、物理的に距離を取ってしまう。

結果として思うように関係が発展せずに停滞している状態です。

 

焦る必要はありませんが、好きな人に少し近づく勇気を持つと、今の関係が発展する可能性があります。

少し積極的に行動して、ほんの少し相手と物理的な距離を縮める努力をしてみることをおすすめします。

 

もっと仲良くなりたいのに、よそよそしくしてしまう

 

本当はもっと仲良くなって趣味やプライベートな話に花を咲かせたいのに、いざ好きな人に話しかけられるとツンとした態度を取ってしまう…

これも好き避けに含まれる行動の一種です。

自分の気持ちを素直に表現できず、ツンとした態度を取ってしまった後に、こっそり一人で後悔してしまうこともあります。

 

こんな時はLINEやメールを上手に使い、ツンとした態度を取った後に「さっきはごめんなさい」と謝罪して関係の雲行きが怪しくなってしまわないようにしましょう。

そうとはいっても、ずっとこれを繰り返すわけにはいかないので、友人や先輩後輩などに相談して、素直にコミュニケーションが取れるよう練習してみてください。

自室にいる時に好きな人との会話をシミュレーションしてみて、素直な言葉が出てくるようなイメージトレーニングを行うのも良いでしょう。

 

好きになってはいけない相手だから、意図的に避けている

 

自分や相手が既婚者だったり、恋をしてはいけない相手だった場合、相手を避けて恋心が冷めるのを待つことがあります。

今の自分や相手の立場や状態をどうしても崩してしまうわけにはいかないという時、踏みとどまるために行う好き避けです。

 

 

自分のペースで好きな人とコミュニケーションをとってみましょう

 

firstdate

 

好きだけれど、なかなか積極的に相手と距離を詰めることができず好き避けしてしまう。

それは決して悪いことではありません。

好きな人と無理やり距離を詰めようとせず、まずは自分のペースで徐々に相手と会話やLINEの頻度を増やしていきましょう。

 

好き避けがあまりにもひどすぎると、相手から「嫌いだから避けられているのかも」と勘違いされてしまう可能性があります。

恥ずかしくても、笑顔でコミュニケーションを取る意識を持ってみると良いでしょう。

相手のことを嫌いだから避けているのではないということは、会話や笑顔から十分に伝わりますので、少しずつ相手に自分の気持ちを伝えていきましょう。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(122)
   着回し/コーデ(45)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(24)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(6)
メイク・コスメ(218)
   ベースメイク(21)
   アイメイク(25)
   リップ/グロス(15)
   ネイル(10)
   メーカー/ブランド(118)
美容(102)
   スキンケア(62)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(24)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(46)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(11)
   スポーツ/運動/トレーニング(5)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(175)
   生活雑貨/生活用品(21)
   ギフト/プレゼント(15)
   趣味(8)
   お出かけ/観光/旅行/デート(29)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(26)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(60)
   ドリンク/カフェ(23)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(15)
アート/カルチャー(20)
   写真/カメラ(5)
   ハンドメイド/クラフト(8)

スキンケア

エイジングケア(29)
保湿(127)
美白(39)
乳液(26)
クリーム(78)
オイル(18)
化粧水(79)
美容液(61)
基礎化粧品(91)
ニキビ(18)
毛穴ケア(27)
角質ケア(34)
肌荒れ(21)
くすみ(38)
クマ(8)
たるみ(16)
ハリ不足(33)
スペシャルケア(75)
セルフケア(37)
UV対策(27)
日焼け対策(19)
日焼け止め(9)
しわ(9)
洗顔/クレンジング(34)

肌質

乾燥肌(94)
敏感肌(69)
脂性肌(27)
混合肌(20)

コスメ/メイク

ツヤ肌(79)
マット肌(42)
ミネラルコスメ(19)
デカ目(37)
小顔(2)
韓国(29)
化粧(85)
ポイントメイク(90)
メイクテク(36)
ナチュラルメイク(76)
美肌(79)
メイク道具(13)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(41)
テカリ防止(4)
アイメイク(43)
リップ/グロス(44)
チーク(19)
カラーメイク(5)

ファッション

春コーデ(33)
夏コーデ(32)
秋コーデ(39)
冬コーデ(40)
スタイル(70)
テイスト(61)
シーン別(25)
大人コーデ(33)
カジュアル(30)
綺麗め(23)
フェミニン(22)

年代別

10代(2)
20代(8)
30代(10)
40代(5)
50代(3)

恋愛

片思い(21)
男性心理(34)
カップル(32)
恋愛観(36)
恋愛テクニック(41)
モテ仕草(1)

ヘアスタイル

ショートヘア(24)
ロングヘア(23)
セミロング(20)
ボブ(24)
スタイリング(33)
ヘアケア(46)
ヘアカラー(12)
ヘアアクセ(8)

ライフスタイル

キッチン用品(18)
ホームパーティー(15)
グルメ/レシピ(93)
ヘルシー(38)
運動(11)
筋トレ(5)
リラックスタイム(11)

人気記事ランキング