logo

Top > メイク・コスメ > 香水/制汗剤

おすすめのデオドラントを種類別に紹介!シーンに合ったデオドラントを選んで心も体もさっぱりしよう






ベタつく体や汗の臭い、染みなどを柔らかな香りで軽減してくれるデオドラント。
春夏秋冬どの季節も、匂いに敏感な方には必須アイテムですよね。

そこで今回は気になる箇所にシュッと一吹きするだけのスプレータイプや、体全体をさっぱりさせてくれるシートタイプ、1回塗るだけで1週間も消臭効果が長持ちするクリームタイプなど、それぞれのタイプ別におすすめのデオドラントを厳選してご紹介します。

どのタイプのデオドラントが自分の求めるものに合っているのか、是非参考にしていただければと思います。

【目次】おすすめのデオドラントを種類別に紹介!シーンに合ったデオドラントを選んで心も体もさっぱりしよう

 

デオドラントの選び方のポイントとは

デオドラントの種類とシーン別の選び方について

1. スプレータイプ

2. ロールオンタイプ

3. スティックタイプ

4. クリームタイプ

5. シートタイプ

デオドラントの正しい使い方は?

おすすめのデオドラントをタイプ別に紹介

<スプレータイプのおすすめデオドラント>

<ロールオンタイプのおすすめデオドラント>

<スティックタイプのおすすめデオドラント>

<クリームタイプのおすすめデオドラント>

<シートタイプのおすすめデオドラント>

 

デオドラントの選び方のポイントとは

 

デオドラント 選び方

 

スプレータイプやロールタイプ、クリームタイプなど、多くの種類があるデオドラント。

匂いの種類だけでも柑橘系のフローラルな香りやハーブの落ち着く香り、あまり強い匂いが好きではない方向けの無香料がありますよね。

実は制汗作用や消臭効果も商品によっていろいろ違うんです。

 

例えば汗をかきやすい方や、運動後の汗が気になる方は、制汗作用の強いシートタイプやスプレータイプを。

気になる臭いを無くしたい方は消臭、殺菌効果の強いスティックタイプやクリームタイプを選ぶと効果が出やすいです。

今回はそんなデオドラントの種類や正しい使い方をはじめ、タイプ別におすすめのデオドラントを詳しくご紹介します。

 

 

デオドラントの種類とシーン別の選び方について

 

デオドラント おすすめ

 

近年さまざまな種類がでているデオドラント。

タイプによって使い分けをすることでより効果的になり、気になる臭いの悩みを解消することができます。

 

1. スプレータイプ

 

デオドラント製品の中ではメジャーなスプレータイプ。

ボタンを押すだけでミスト状の薬剤が噴射されるため、手が届かない背中も簡単にリフレッシュできます。

肌に直接当てるわけではないため、衛生的に使えるのも魅力的ですね。

 

大きさは手のひらサイズで持ち運びに便利なものから、大容量のものまでさまざま。

殺菌作用よりも制汗作用にすぐれた商品が多く、運動の前後にシートタイプと合わせて使用するのがおすすめです。

 

2. ロールオンタイプ

 

液体状の制汗剤を直接肌に塗ることで、気になる匂いを抑える効果が高いロールタイプ。

スプレータイプやシートタイプのものと比べると長く制汗、消臭効果が続きます。

コンパクトな手のひらサイズの商品が多く持ち運びにも便利です。

 

使用する際は、すぐに服を着てしまうとベタつきが出たり制汗剤が服に染み込んでしまうこともあります。

そのため、お出かけ前に使う時には、塗った箇所をある程度乾燥させてからが良いでしょう。

 

3. スティックタイプ

 

海外で人気が高いのがスティック状のデオドラント。

ロールオンタイプは塗った直後に冷たさがあるので、寒い季節だと少し・・・という方におすすめです。

クリームタイプの次に長時間消臭効果があるものが多く、高いデオドラント効果を持っています。

 

ちなみに、日本ではスプレータイプやロールオンタイプ、シートタイプのデオドラント製品が多いです。

スティックタイプのデオドラントは店頭に置いていないことも多いので、必ず手に入れたい時には通販をおすすめします。

 

4. クリームタイプ

 

商品によっては1週間近くも効果が続くクリームタイプ。

直接肌に塗ることで殺菌作用や制汗作用を高く保つことができるため、他のデオドラントではいまいち効き目が・・・という方におすすめです。

 

ただ、手に匂いが付きやすいので塗ったあとはしっかり手を洗うのがベスト。

効果も強めなため、肌が弱い方は相性を確かめてからの使用をおすすめします。

 

5. シートタイプ

 

さっと汗を拭くことができ、使い捨てなため衛生的に使えるのが魅力のシートタイプ。

手のひらサイズで厚みもないため、気軽に持ち運びすることができます。

 

肌に塗って臭いを抑えるというよりは、汗を拭きとって爽快感を出し、気になるベタつきや臭いを軽減させるタイプのデオドラントです。

そのため、効果は長く保ちませんが、運動後にすぐにシャワーを浴びれない時や、汗や臭いによる不快感を取りたい時におすすめですよ。

 

 

デオドラントの正しい使い方は?

 

デオドラント 使い方

 

気になる臭いを消して爽快感を与えてくれるデオドラントですが、1日に何度も使うことはおすすめしません。

同じ場所に連続して何回も使い続けていると、肌荒れや炎症を起こす可能性があるためです。

殺菌効果があるものを塗りすぎると皮膚の良い菌までいなくなってしまいますし、スプレーを吹きかけすぎると毛穴をふさいで老廃物が上手く排出できなくなってしまうこともあります。

ちなみに、汗を拭きとりたい時にはシートタイプ、一時的に臭いを緩和したい時にはロールタイプやスティックタイプ、元々体臭が気になる時には効果が長く続くクリームタイプなど、必要な効果にあわせた選び方をするのが大切です。

 

また、特に注意したいのが制汗剤が肌に合わない可能性もあること。

爽快感を出すためにメンソールやアルコールが入っているものが多いので、配合されている成分に弱い方や妊婦さんは注意が必要です。

そうした方はクリームタイプのデオドラントが比較的刺激成分が控えめなため、そちらがおすすめです。

デオドラントは安価で使い切りやすい手のひらサイズの商品も多いため、いろいろなデオドラントを試して自分に合ったものを選ぶのがベストです。

 

 

おすすめのデオドラントをタイプ別に紹介

 

デオドラント

 

シーンに合わせてどんなデオドラントが一番使いやすいのか。

たくさんの商品の中で、「コレ!」といったものを選びたくてもどんな香りの物が良いのか、どんな効果を持っているか・・・迷ってしまいますよね。

ここからは、それぞれのタイプ別に分けておすすめのデオドラントをご紹介します。

 

<スプレータイプのおすすめデオドラント>

 

1. ビオレ デオドラントZ 全身用スプレー 石けんの香り 110ml [医薬部外品]

 

 

殺菌効果が強く、汗を沢山かいても汗臭さを感じさせない効力が特徴の「ビオレ デオドラントZ 全身用スプレー」。

スプレータイプではありますが、ノンガスなため気になる「シュッ」という音や、空き缶を捨てるときのガス抜きも必要ありません。

直接素肌に当てる必要がないため最後まで衛生的に使うことができます。

 

また、スプレータイプで気になるのが、肌や衣類にパウダーが白く残ってしまうところですよね。

こちらの商品はノンパウダータイプなので、そうした白残りがつかないのも魅力的。

服を着たまま使うことも可能ですよ。

 

肌と同じ弱酸性、かつ保湿成分を配合することでお肌にも優しいデオドラントです。

汗をかきやすい脇や蒸れやすい足を、人に気づかれることなくさっとケアしたい時に便利です。

 

ビオレ デオドラントZ 全身用スプレー 石けんの香り 110ml [医薬部外品]の商品情報

 

価格:683円(税込)

内容量:130ml

 

 

 

2. 8×4パウダースプレー ガーリーアロマ 150g 【ローズ&ヴァーベナの香り】 [医薬部外品]

 

 

デオドラントとして人気の高い、8×4のスプレータイプ。

8×4にはほかにもロールオンの商品があり、そちらも効果にかわりないのでおすすめです。

 

「8×4パウダースプレー ガーリーアロマ」は、香水のようなふわっとした柔らかさの香りが魅力的なデオドラント。

もちろん、制汗や殺菌効果も抜群で、気になる汗の臭いをすっきりと解消してくれます。

成分には高い消臭効果を持つ緑茶と、汗をニオイに変える原因菌を殺菌するβ-グリチルレチン酸が含まれています。

 

パウダータイプなため、吹きかけた場所がさらさらとした手触りになりベタつかないのも魅力的。

パウダー特有の気になる白残りにも、しっかり配慮されていますよ。

 

8×4パウダースプレー ガーリーアロマ 150g 【ローズ&ヴァーベナの香り】 [医薬部外品]

 

価格:434円(税込)

内容量:150g

 

 

 

3. ユニリーバ レセナ ドライシールド パウダースプレー フルーティフローラル 135g

 

 

ドライシールドパウダーが吹きかけた場所にジェルを生成することで、高い制汗作用を発揮する「レセナ ドライシールド パウダースプレー」。

汗をかきやすい方の悩みをしっかりサポートしてくれるデオドラントです。

 

ほかのスプレータイプのデオドラントと比べるとやや殺菌作用は弱めですが、その分制汗作用に高い比率が置かれているのが特徴。

ニオイの原因になる汗を根本からブロックすることで、一日中汗にまつわる悩みを解消することができます。

 

また、他のロールタイプやスティックタイプのデオドラントと組み合わせても効果あり。

こちらで紹介しているドライシールドはほどよい甘さの「フローティーフローラル」の香りつきなので、組み合わせる時には無香料のものがおすすめですよ。

 

ユニリーバ レセナ ドライシールド パウダースプレー フルーティフローラル 135gの商品情報

 

価格:1本あたり460円(税込)

内容量:135g

 

 

 

 

<ロールオンタイプのおすすめデオドラント>

 

1. セレンシュア ロールオンNB 30mL 【医薬部外品】

 

 

香りに敏感な方に嬉しい無香料のロールオンデオドラント「セレンシュア ロールオンNB」。

塗ったあとの乾きが早く、かつサラサラになってくれるので、時間がないときでも大活躍です。

 

制汗作用よりも殺菌作用が強めで、一塗りするだけで一日中ニオイを防ぐ効果があります。

そうとはいえ制汗作用もしっかりあるので、汗をかきやすい、無香料のデオドラントを探しているなどといった方にぴったりなデオドラントです。

 

ちなみに、こちらは化粧品で有名な資生堂が販売しているもの。

ドラッグストアでは見かけることがほとんどなく、店頭販売されているものは主に資生堂の店舗のみとなります。

しかし、必ず置いてあるというわけではありませんので、確実に手に入れたい時はネット通販がおすすめです。

 

セレンシュア ロールオンNB 30mL 【医薬部外品】の商品情報

 

価格:336円(税込)

内容量:30ml

 

 

 

2. Ban(バン) 汗ブロックロールオン せっけんの香り 40ml(医薬部外品)

 

 

ナノイオンブロック効果により高い制汗作用を持つ「Ban(バン) 汗ブロックロールオン」。

汗をかきやすい方でも不快感もなく一日中スッキリと過ごすことができます。

 

おすすめの使い方は、使用する前に塗る箇所の汗をしっかりと拭きとっておくこと。

シートタイプのデオドラントと併用しても問題ありません。

配合されている「クロルヒドロキシアルミニウム」という成分が汗を抑制してくれるので、塗り終わったあとによく乾かすと効果が長持ちします。

 

また、肌に塗った時の刺激が控えめなのも魅力的。

どうしても多少の刺激があるデオドラントですが、こちらは敏感肌の方にも使いやすいですよ。

 

Ban(バン) 汗ブロックロールオン せっけんの香り 40ml(医薬部外品)の商品情報

 

価格:524円(税込)

内容量:40ml

 

 

 

 

<スティックタイプのおすすめデオドラント>

 

1. レディスピードスティックデオドラント制汗剤(ワイルドフリージア・パウダーフレッシュ・シャワーフレッシュ)

 

 

アメリカで人気なスティックタイプデオドラントの「レディスピードスティック」。

爽やかな香りと強い制汗作用が特徴で、蒸れやすい脇下や足に使用すると24時間以上その効果が続きます。

手のひらより少し大きめですが、ポーチにコンパクトに入る程度なので携帯しやすいです。

厚めに塗るとお風呂で洗い流そうとしても少々残ってしまう時があるため、敏感肌の方は最初は薄めに塗って様子をみるのがおすすめですよ。

 

外国産のデオドラントはパワフルな効果のものが多いため、これまで使ってきたデオドラントではいまいちだな・・・と思った時は是非一度こちらをためしてみてください。

なお、輸入品のため購入からの到着は少しばかり時間がかかりますのでご注意ください。

 

レディスピードスティックデオドラント制汗剤の商品情報

 

価格:690円(税込)

内容量:39.6g

 

 

 

2. シークレット デオドラントスティック 制汗剤 73g

 

 

1956年に発売され、それからアメリカで長く愛され続けている「シークレット デオドラントスティック」。

ラベンダー、パウダーフレッシュ、ベリーフレッシュ、トロピカルオーキッドなど9種類もの豊富な香りパターンがあります。

汗や臭いを抑制するだけでなく、いくつか購入して違った香りを楽しむこともできるデオドラントです。

 

上で紹介した「レディスピードスティック」は同じくアメリカのブランドですが、どちらかと言えば「シークレット デオドラントスティック」の方が少しばかり効果は弱め。

そうとはいえ十分な持続力で、一日中気になる箇所の汗ばみをしっかりと抑えてくれますよ。

 

超強力だけど香りのパターンが少ないデオドラントを選ぶか、それに比べると少し効力は弱いけれど十分な効能と豊富な香りをチョイスできるデオドラントを選ぶか。

迷いどころですが、筆者的には香りも楽しめる「シークレット デオドラントスティック」をおすすめします。

 

シークレット デオドラントスティック 制汗剤 73gの商品情報

 

価格:1490円(税込)

内容量:73g

 

 

 

 

<クリームタイプのおすすめデオドラント>

 

1. Lavilin(ラヴィリン) デオドラントクリームラヴィリン フォーアンダーアーム 12.5g

 

 

1日塗るだけで7日もの間効果が続く、世界的に人気なクリームタイプデオドラントの「ラヴィリン フォーアンダーアーム」。

海水浴やプールに入っても効果が持続する使い勝手の良さと、コストパフォーマンスの良さが魅力的です。

 

一見内容量が少なめに見えますが、持続効果があるのでこまめに使う方でも数か月長持ちします。

手ですくって使うタイプなため最後まで衛生的に使用できるのもうれしいですね。

脇だけでなく足の臭いに悩んでいる方にもおすすめです。

 

また、成分にアルコールが入っていないため敏感肌の方でも安心して使用できる点にも注目。

主な成分はハーブ類で、自然由来のものばかりです。

香りはほぼ無臭となっているため、香水や他のデオドラントとも合わせることができますよ。

 

デオドラントクリームラヴィリン フォーアンダーアーム 12.5gの商品情報

 

価格:2,592円(税込)

内容量:12.5g

 

 

 

2. 東京甲子社 特製エキシウクリーム 30g

 

 

汗腺の周りの筋肉を引き締めて汗を出にくくする収れん作用成分を配合することで、汗の問題を解決してくれる「特製エキシウクリーム」。

薬用デオドラントクリームなため香りはほぼ無臭で、気になる汗とニオイのみを予防してくれます。

こちらも上で紹介した「ラヴィリン フォーアンダーアーム」と同じく、脇だけでなく足への効果も高いです。

 

何日も効果が持続するというタイプのデオドラントではありませんが、寝る前やお出かけ前に少し塗るだけで問題ありません。

日本で生産されているため、近場のドラッグストアでも買い求めやすいのも魅力的ですね。

制汗効果と殺菌効果、どちらにも期待できるおすすめ商品です。

 

東京甲子社 特製エキシウクリーム 30gの商品情報

 

価格:1,084円(税込)

内容量:30g

 

 

 

 

<シートタイプのおすすめデオドラント>

 

1. ビオレ 冷シート フローラルの香り 大判20枚入り(クールタイプ制汗シート)

 

 

べたつく汗をすっきりふき取ることができ、メントールの効果で爽やかさも感じられるこちらの商品。

大判タイプなので1枚で全身を拭くこともできてしまいます。

メントール感がかなり強めなので、夏にぴったりなシートタイプのデオドラントです。

 

ちなみに、こちらのデオドラントで肌を二往復拭くと、体感温度が-3℃下がります。

炎天下でたっぷり汗をかいてしまったときは、こちらで体をすっきりさせてからロールタイプやスティックタイプのデオドラントを使うと効果がアップしますよ。

 

ビオレ 冷シート フローラルの香り 大判20枚入り(クールタイプ制汗シート)の商品情報

 

価格:389円(税込)

内容量:大判20枚入り

 

 

 

2. シーブリーズ ボディシート せっけんの香り 30枚

 

 

厚手の柔らかなシートを使い、ほどよいひんやり感と柔らかなせっけんが香る「シーブリーズ ボディシート」。

女性でも男性でも使いやすく、30枚とたっぷり入っているため、こまめに使用する方はコスパの面でもおすすめです。

香りも控えめなのでどんなシーンでも気兼ねなく使うことができます。

 

また、今回紹介させていただいたのは30枚入りのものですが、あまり使わない方は10枚入りの使い切りサイズのものもありますよ。

包装の密封力も強いため、よほど長い間放置しないかぎり乾燥の心配もないのが魅力的です。

 

シーブリーズ ボディシート せっけんの香り 30枚の商品情報

 

価格:319円(税込)

内容量:30枚入り

 

 

 

※合わせて読みたい: デオドラント効果抜群のおすすめ制汗剤12選!気になる汗や臭いを予防しよう

 

本記事ではデオドラントの選び方やおすすめのデオドラントについてご紹介しました。

汗のニオイを軽減するだけでなく、その香りも楽しめるデオドラント。

是非いろいろと試して、自分に合うデオドラントを見つけてみてください。

 


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(107)
   着回し/コーデ(40)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(22)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(5)
メイク・コスメ(188)
   ベースメイク(19)
   アイメイク(24)
   リップ/グロス(13)
   ネイル(10)
   メーカー/ブランド(94)
美容(92)
   スキンケア(53)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(23)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(43)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(5)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(159)
   生活雑貨/生活用品(19)
   ギフト/プレゼント(14)
   趣味(7)
   お出かけ/観光/旅行/デート(28)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(26)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(58)
   ドリンク/カフェ(23)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(15)
アート/カルチャー(17)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(7)

スキンケア

エイジングケア(20)
保湿(109)
美白(31)
乳液(18)
クリーム(60)
オイル(16)
化粧水(63)
美容液(47)
基礎化粧品(77)
ニキビ(13)
毛穴ケア(23)
角質ケア(32)
肌荒れ(19)
くすみ(31)
クマ(6)
たるみ(14)
ハリ不足(27)
スペシャルケア(60)
セルフケア(30)
UV対策(20)
日焼け対策(16)
日焼け止め(8)
しわ(7)
洗顔/クレンジング(21)

肌質

乾燥肌(88)
敏感肌(64)
脂性肌(27)
混合肌(20)

コスメ/メイク

ツヤ肌(76)
マット肌(42)
ミネラルコスメ(17)
デカ目(36)
小顔(2)
韓国(26)
化粧(76)
ポイントメイク(80)
メイクテク(36)
ナチュラルメイク(75)
美肌(78)
メイク道具(12)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(34)
テカリ防止(3)
アイメイク(36)
リップ/グロス(36)
チーク(16)
カラーメイク(4)

ファッション

春コーデ(27)
夏コーデ(26)
秋コーデ(33)
冬コーデ(34)
スタイル(61)
テイスト(52)
シーン別(23)
大人コーデ(29)
カジュアル(23)
綺麗め(20)
フェミニン(16)

年代別

10代(1)
20代(7)
30代(10)
40代(5)
50代(3)

恋愛

片思い(21)
男性心理(27)
カップル(29)
恋愛観(29)
恋愛テクニック(37)

ヘアスタイル

ショートヘア(22)
ロングヘア(21)
セミロング(18)
ボブ(22)
スタイリング(30)
ヘアケア(45)
ヘアカラー(12)
ヘアアクセ(8)

ライフスタイル

キッチン用品(17)
ホームパーティー(13)
グルメ/レシピ(90)
ヘルシー(37)
運動(11)
筋トレ(5)
リラックスタイム(10)

人気記事ランキング