logo

Top > インテリア > 片づけ/収納

滑らない「マワハンガー」の特徴や種類、選び方を紹介






特殊コーディングで、衣服が滑り落ちるストレスから解放されると話題のマワハンガー。
軽さ・コンパクトさ・収納力、その機能性の高さはSNSでも話題を呼び、爆発的にヒットしています。

本記事では、マワハンガー特徴や選ぶ時のポイントをご紹介します。
豊富な種類についても解説しているので、マワハンガー初心者さんから、より使いこなしたい方も是非チェックしてみてください。

カラーやデザインも様々なマワハンガーを揃えて、クローゼットを華やかに彩りましょう。

本ページに掲載のリンク及びバナーには広告(PR)が含まれています。


【目次】滑らない「マワハンガー」の特徴や種類、選び方を紹介

 

マワハンガー(MAWAハンガー)って?

マワハンガーの特徴とメリット

1. 滑らずに洋服をかけられる

2. 型崩れを防げる

3. コンパクトなサイズ

4. 耐久性が抜群

マワハンガーの口コミ

マワハンガーはどこで買えるの?公式ショップは?

マワハンガーの選び方 

1. マワハンガーの形を確認する

2. 正規品を選ぶ

3. マワハンガーのサイズを確認

マワハンガーの種類

定番で人気の「エコノミック」

形状キープにおすすめ「シルエット」

ジャケットにおすすめ「ボディーフォーム」

パンツからマフラーまで「パンツシングル」

さらにコンパクトに「パンツダブル」

小物からスカートまで「クリップ」

デリケートな生地におすすめ「ロフィット」

ネクタイハンガー

ベルトアクセサリーハンガー

まるでマワハンガー!?ニトリや無印良品のハンガーもチェック

【ニトリ】すべりにくいアーチ型ハンガー(ラミー 3本組)

【無印良品】ポリプロピレンハンガー

機能性が高く人気のマワハンガー

 

マワハンガー(MAWAハンガー)って?

 

マワハンガー

 

マワハンガーは、ドイツに本社がある老舗のハンガーメーカー「マワ社」が製作しているハンガーで、世界各国で販売されています。

「洋服が滑りにくい」ことが一番の特徴で、ハンガーにこだわりのなかった人も一度使うと手放せないと話題の商品です。

 

 

マワハンガーの特徴とメリット

 

マワハンガー

 

多くの人が夢中になる大人気のマワハンガーの特徴をご紹介します。

 

1. 滑らずに洋服をかけられる

 

マワハンガー

 

マワハンガー最大のメリットは、滑らずに洋服をかけられる点にあります。

 

特にキャミソールや薄手のカーディガンは、「何度引っ掛けても滑り落ちてしまう」という経験はありませんか?

マワハンガーは表面に特殊コーティングが施されており、ハンガーが衣類をしっかりキャッチしてくれるので、横に傾けてもすべり落ちません。

 

2. 型崩れを防げる

 

マワハンガー

 

ハンガー収納は、折りジワ・たたみジワをなくすためにもベストな収納方法です。

マワハンガーは、「メンズ」「レディース」「キッズ」「ペット」など用途や種類ごとにデザインが異なり、衣服にピッタリ合ったサイズを使用できます。

 

そのため、生地が伸びたり、負担がかかって変形したりする心配がなく、綺麗な形をキープしてくれます。

洗ったばかりの洗濯物干しができるのもメリットのひとつですね。

 

3. コンパクトなサイズ

 

マワハンガー

 

マワハンガーの「レディース」や「レディースライン」シリーズは、ハンガーの厚さがわずか1cmです。

通常のハンガーよりも立体的でないフラットなデザインなので、クローゼットの中で場所を取りません。

 

クローゼットの中をスッキリと収納させたい方におすすめです。

 

4. 耐久性が抜群

 

マワハンガー

 

重いコートやスーツをかけた時に、ハンガーが曲がってしまったという経験はありませんか?

 

マワハンガーは、骨組みの部分が「低温圧延処理スチール」というスチールで作られています。

そのため、重みにもしっかりと耐えられる丈夫さで、長い期間使用しても折れずに使うことができます。

 

 

マワハンガーの口コミ

 

マワハンガー

 

大人気のマワハンガーですが、実際に使ってみた口コミはどうなのでしょうか。

多くの人が「もう手放せない」「一度使ってから長く愛用している」と答えるなか、「特殊コーティングが自分には合わない」と感じる人もいるようです。

 

滑らずに洋服をかけることができる分、「すぐに取り出すことができない」という声もありました。

そのため、マワハンガー初心者さんは3点セットなどから購入してみるのが良いでしょう。

 

 

マワハンガーはどこで買えるの?公式ショップは?

 

マワハンガー

 

マワハンガーは、正規取扱店やマワハンガーの正規オンラインショップで買い求めるのが安心です。

また、身近なお店だと、ロフト、東急ハンズ、ヨドバシでも見つけることができました。

 

近くに店舗が見当たらない際は、大手ECサイトのAmazonや楽天市場でも購入可能です。

その際、ショップが正規販売店かどうかを確認するようにしましょう。

 

 

マワハンガーの選び方 

 

マワハンガー

 

マワハンガーは、衣服や年代によってアイテムがカテゴライズされています。

メンズ用やレディース用、キッズ用はサイズ感も大きく異なるので、アイテムによってハンガーを選ぶのがベストです。

 

ここでは、マワハンガーを選ぶポイントご紹介します。

 

1. マワハンガーの形を確認する

 

マワハンガー

 

マワハンガーは、フックがたくさん付いたものから、大きなクリップが1つだけ付いているハンガーなど、用途によって形が異なります。

 

例えば、人気のレディースラインの定番アイテムであれば、肩の出っ張りが無く、なめらかなアーチ型デザインが特徴。

緩やかなカーブは衣類を引っ張ることなく生地を傷めないため、ブラウスや前開きのカーディガンに向いています。

 

また、アクセサリーやネクタイ、ベルト用のハンガーもあるため、衣服に合った形を意識しましょう。

 

2. 正規品を選ぶ

 

マワハンガー

 

最近では、マワハンガーの偽物も多く出回っています。

 

マワハンガーの正規品の目印は、「MAWA」の刻印があるかどうかです。(白い丸の中の文字をチェック)

また、公式サイトや先述した店舗で購入することで、偽物を間違えて購入する心配が減ります。

 

3. マワハンガーのサイズを確認

 

マワハンガー

 

マワハンガーのレディースラインには、30cm・36cm・40cmのサイズ展開があります。

これらは、ハンガーの横幅を示しています。

 

衣類ごとにベストなサイズは決まっているので、それぞれチェックしていきましょう。

 

30cm

 

幅30cmのハンガーは、ベビー服向きのサイズです。

マワハンガーのサイズ展開の中では最も小さいサイズで、「クリップハンガー」とも呼ばれています。

 

スカートのみでなく、スカーフやマフラーの巻物用ハンガーとしても活躍します。

 

36cm

 

タイトな服やレディースのSやMサイズを着る方にちょうど良いサイズです。

マワハンガーの公式サイトでは、日本人女性は36cmを選ぶことをおすすめしています。

 

肩幅の狭いハンガーは、マワハンガーの36cmを使用することで、型崩れしにくく綺麗な形がキープされます。

 

40cm

 

シャツやインナー、薄手のジャケットにも適した万能サイズです。

マワハンガーの中では一番大きなサイズなので、家族みんなで使いたい場合は、40cmを選んでおくと良いでしょう。

 

 

マワハンガーの種類

 

マワハンガー

 

ここでは、マワハンガーの中でも定番の種類やその特徴をご紹介します。

気になる形のマワハンガーを見つけてみてください。

 

定番で人気の「エコノミック」

 

 

マワハンガーの中で最も人気のある「エコノミック」。

プレーンなデザインで、どのトップスでも使いやすいデザインです。

 

首元を選ばずに使えるのが特徴で、ニットからブラウスまで収納できます。

初めてマワハンガーを使う方は、まずはこれから試してみてください。

 

形状キープにおすすめ「シルエット」

 

 

肩先のゆるやかなカーブが特徴の「シルエット」。

その名の通り、衣服のシルエットを綺麗にキープすることに優れています。

 

凸型の形状で、シャツ等の襟をピッタリと捉えます。

薄手のブラウスやカーディガンを収納するのにおすすめの形です。

 

ジャケットにおすすめ「ボディーフォーム」

 

 

スーツやコート、アウター全般におすすめなのが「ボディーフォーム」です。

肩幅38cmで、レディースサイズの洋服を掛けるのに活躍します。

 

他のレディースラインのマワハンガーと比べ、肩先に厚みがあり、立体的なデザインが特徴。

身体の構造にぴったりフィットし、背中の形に合わせたフォルムで型崩れを防ぎます。

 

特に肩部分の形状にこだわりが詰まっており、重さのあるコートやアウターの収納にも便利です。

 

パンツからマフラーまで「パンツシングル」

 

 

パンツやスカートはクローゼットにどのように収納するか迷いますよね。

 

こちらはその名の通り、パンツやスカートを掛けて収納できるハンガーです。

通常であればハンガーに掛けると滑りやすいパンツやスカートも、マワハンガーなら安心。

 

また、パンツやスケート以外にもマフラーやスカーフなど、長くてデリケートな生地の保管にも役立ちます。

 

さらにコンパクトに「パンツダブル」

 

 

先ほどご紹介した「パンツシングル」を、さらにパワーアップさせた「パンツダブル」。

見た目からもわかるように、3着のパンツが掛けられるようになっており、収納力が上がっています。

 

クローゼットの中をよりスッキリさせたい方には持ってこいのアイテムです。

 

小物からスカートまで「クリップ」

 

 

パンツ・スカート、キッズの洋服にも使える「クリップ」。

クリップ部分はスライドさせることができ、左右に動くので様々なサイズに対応することができます。

 

クリップ系の収納アイテムは、挟んだ跡が気になることもありますが、マワハンガーなら心配ご無用。

クリップ先端にマワ独特の特殊コーティングで、クリップの痕が付きにくく、衣類もすべりにくいです。

 

スカーフ・マフラー・インナーなどの小物も収納できる万能な形です。

 

デリケートな生地におすすめ「ロフィット」

 

 

「ロフィット」は、パンツやスカートを内側から突っ張ることでホールドするタイプのハンガーです。

 

特殊ビニールコーティングとスプリングで、生地を傷める心配がありません。

また、シワやクリップのあとを付けずに収納できることが特徴で、よりデリケートな生地の衣服を収納することに向いています。

 

始めは取り付けに苦戦する人もいるかもしれませんが、慣れるとワンタッチで収納が叶う便利なアイテムです。

スプリングを伸ばして固定するタイプなので、ウエストがゴム等のパンツやスカートには利用できない点には注意してください。

 

ネクタイハンガー

 

 

こちらのネクタイハンガーは、なんと16本ものハンガーの収納が可能。

ネクタイは収納に迷うアイテムのひとつですが、ハンガーに掛けることで、アイロンを使わずともシワのない状態をキープすることができます。

 

また、16本のネクタイを掛けても、それぞれのネクタイの先が見えるため、選びやすく取り出しやすいのがメリットです。

 

ベルトアクセサリーハンガー

 

 

こちらは、ベルトやネックレス・アクセサリー用に使えるハンガーです。

フックが4本ついているため、かさばらずにコンパクトな収納が叶います。

 

また、フックの間はそれぞれ6.5cm空いているため、大きめのバックルのベルトなども掛けられます。

表面にはマワ独特の特殊コーティングが施されており、小物も落ちにくいです。

 

 

まるでマワハンガー!?ニトリや無印良品のハンガーもチェック

 

ニトリ_無印良品

 

最近では、マワハンガーに類似したハンガーがお手軽に購入できると話題です。

ここでは、中でも人気の商品をご紹介します。

 

【ニトリ】すべりにくいアーチ型ハンガー(ラミー 3本組)

 

 

こちらのハンガーは、マワハンガーの定番デザイン「エコノミック」のようなアーチ形のデザインです。

 

マワハンガーは、このタイプだと36cm・40cmからサイズを選ぶことができますが、ニトリのハンガーは42cmのワンサイズです。

大きめサイズやメンズにも使いやすいサイズで、「滑りにくい」コーディングもされています。

 

3組で304円(税込)で、お買い求めやすいのが嬉しいですね。

 

【無印良品】ポリプロピレンハンガー

 

 

こちらは、マワハンガーの「ボディーフォーム」のように肩部分に厚みのあるデザインです。

「滑らない」コーディングはされていないものの、軽くて扱いやすいホリプロピレンは、マワハンガーのようなコンパクトさがあります。

 

幅は40cmで男女ともに使いやすいサイズ感。

衣類の肩や襟元が型くずれしないように、形状が工夫されています。

コートやジャケットの収納に向いており、1本250円から購入できる点もポイントです。

 

また、より幅を取らないハンガーがお好みの方は、「ポリプロピレン薄型ハンガー」を選ぶと良いでしょう。

 

 

機能性が高く人気のマワハンガー

 

マワハンガー

 

クローゼットの中をすっきりと収納してくれるマワハンガー。

「洋服が滑らない」ことだけでなく、軽さやコンパクトさにおいても優秀な商品です。

 

サイズやアイテムに合ったハンガーを使うことで、より綺麗に衣服の形をキープできます。

ぜひ気になったデザインのマワハンガーをゲットしてみてください。

 

▼ハンガー/洋服収納の関連記事

・  おすすめハンガー17選!高コスパ&おしゃれなハンガーで生活の質を向上させよう♪

・  洋服の収納はスマートに♪ スペースを最大限活用した収納のコツ・アイデア


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(420)
   着回し/コーデ(90)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(85)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(9)
メイク・コスメ(518)
   ベースメイク(52)
   アイメイク(75)
   リップ/グロス(35)
   ネイル(19)
   コスメブランド/メーカー(241)
美容(168)
   スキンケア(86)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー/トリートメント(47)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(71)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(9)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(284)
   生活雑貨/生活用品(27)
   お祝い/ギフト/プレゼント(25)
   趣味(10)
   お出かけ/観光/旅行/デート(36)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(75)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(101)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(33)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(32)
   レシピ(31)
アート/カルチャー(42)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(19)

スキンケア

エイジングケア(45)
保湿(224)
美白(45)
乳液(53)
クリーム(129)
オイル(36)
化粧水(149)
美容液(117)
基礎化粧品(162)
ニキビ(24)
毛穴ケア(45)
角質ケア(58)
肌荒れ(35)
くすみ(57)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(46)
スペシャルケア(151)
セルフケア(82)
UV対策(54)
日焼け対策(44)
日焼け止め(22)
しわ(13)

肌質

乾燥肌(153)
敏感肌(107)
脂性肌(55)
混合肌(42)

コスメ/メイク

ツヤ肌(152)
マット肌(60)
ミネラルコスメ(59)
デカ目(70)
小顔(5)
韓国(111)
化粧(251)
ポイントメイク(258)
メイクテク(125)
ナチュラルメイク(193)
美肌(167)
メイク道具(35)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(165)
テカリ防止(28)
アイメイク(192)
リップ/グロス(165)
チーク(103)
カラーメイク(52)

ファッション

春コーデ(118)
夏コーデ(111)
秋コーデ(130)
冬コーデ(132)
スタイル(260)
テイスト(240)
シーン別(54)
大人コーデ(176)
カジュアル(169)
綺麗め(177)
フェミニン(132)

年代別

10代(10)
20代(19)
30代(21)
40代(14)
50代(9)

恋愛

片思い(26)
男性心理(43)
カップル(37)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(48)
モテ仕草(5)

ヘアスタイル

ショートヘア(60)
ロングヘア(66)
セミロング(62)
ボブ(66)
スタイリング(100)
ヘアケア(87)
ヘアカラー(34)
ヘアアクセ(27)

ライフスタイル

ホームパーティー(25)
グルメ/レシピ(141)
ヘルシー(50)
運動(23)
筋トレ(9)
リラックスタイム(55)