logo

Top > ファッション > 髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ

2021年夏のトレンド!「おかっぱボブ」の 最旬スタイル・アレンジをチェック♪






「おかっぱ」というと、ダサい、子供っぽい…なんてイメージを持っていませんか?
しかし、最新の「おかっぱボブ」は、大人にもぴったりのトレンドスタイルに進化しているんです!

「おかっぱボブ」はカラーやシルエットをアレンジすることで、スタイルや年代を問わず挑戦できるスタイルです。
ブリーチした明るめカラーやインナーカラーにしても、主張しすぎず、痛みも気になりません。
ショートよりもアレンジを楽しめて、お手入れも楽と良いこと尽くめ。

今回は「おかっぱボブ」の最新スタイリングやアレンジ方法をご紹介します♪

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】2021年夏のトレンド!「おかっぱボブ」の 最旬スタイル・アレンジをチェック♪

 

おかっぱボブの魅力とは?

1. 女性らしさが出せる

2. スタイルがよく見える

3. 子供だけではなく大人にもおすすめ

4. アレンジで印象チェンジしやすい

おかっぱボブのおすすめヘアスタイル

<前髪ありのおかっぱボブ>

ストレート×前下がりでナチュラルかわいいスタイル

くすみニュアンスカラーで大人かわいく

インナーカラーをオンすると個性演出♪ 

うざバング×外ハネでトレンド感アップ

ふわくしゅ質感で外国人風のこなれ感をゲット

<前髪なしのおかっぱボブ>

ワンレンストレートで少しの色気をプラス

無造作ウェーブでナチュラルな雰囲気♪

色っぽさアップのかきあげヘア

明るめカラーでトレンド最前線

おかっぱボブのおすすめヘアアレンジ

簡単にこなれ感を出せるウェットアレンジ♪

ハーフアップとヘアゴム・バレッタで簡単アレンジ

お団子でラフ&カジュアル

誰でも似合うおかっぱボブで夏を迎えよう♪

 

おかっぱボブの魅力とは?

 

ボブ

 

おかっぱボブは、首元あたりの長さのボブのことです。

切り揃えたイメージが強いかもしれませんが、パーマをかけたり、刈り上げたりなど、シルエットも様々あります。

 

1. 女性らしさが出せる

 

女性らしいボブ

 

ショートより長いスタイルなので、楽ちんさは保ちつつ女性らしさを演出できます。

大人かわいい雰囲気を目指す方には特におすすめのスタイルです。

 

2. スタイルがよく見える

 

きれいめボブ

 

顔まわりがコンパクトになるので、スタイルアップ効果も。

首も長く見せることができます。

 

顔の輪郭に合わせたカットの仕方で小顔効果も狙えますよ。

 

3. 子供だけではなく大人にもおすすめ

 

おかっぱボブ おすすめ 

 

黒髪でも垢抜けることができるので、仕事や学校でも自分らしさを出すことができます。

明るめのカラーやポイントカラーを取り入れても子供っぽくなりすぎず、実は大人の女性も取り入れやすいスタイルなんです。

 

シルエット次第でかわいくも色っぽくもなれるので、お洋服のテイストも選びません。

 

4. アレンジで印象チェンジしやすい

 

ボブアレンジ

 

ロングよりアレンジがしやすく、分け目を変えたり、毛先を巻いたり、ちょっとの一手間で印象が激変するのがおかっぱボブ。

アレンジが苦手な人も、ただ結ぶだけ、ただピンで留めるだけで、ばっちり決まっちゃうんです。

 

 

おかっぱボブのおすすめヘアスタイル

 

いざチャレンジしてみようと思っても、「どうオーダーしたらいいの?」と迷ってしまいますよね。

ここからは、おすすめのおかっぱボブスタイルをご紹介します。

 

<前髪ありのおかっぱボブ>

 

かわいらしさ、ナチュラルさが強調される前髪ありスタイルですが、前髪の長さや質感で雰囲気を変えやすいのがポイントです!

顔の輪郭が卵型、ひし型の方に特におすすめですが、前髪を流したり、シースルーバングにすることで丸顔の方も挑戦しやすいですよ。

 

ストレート×前下がりでナチュラルかわいいスタイル

 

おかっぱボブ おすすめ ヘアアレンジ 前髪あり

 

暗めのヘアカラーで潔いシンプルボブですが、前髪を眉上ギリギリで切り揃えることでおしゃれ感がアップ。

校則やアルバイトで髪型に制限がある学生さんでも挑戦しやすいスタイルですね。

前を長めにして前下がりのラインを作ると、より横顔がきれいに見えます。

 

スタイリングも、乾かしてバームやオイルで少しツヤ感をプラスするだけでOKと楽ちんです。

毛先にクセがあって内巻きになりにくい方は、アイロンで軽くワンカールをしても良いでしょう。

 

くすみニュアンスカラーで大人かわいく

 

ニュアンスカラー おかっぱボブ 大人かわいい

 

くすみ系の明るめカラーにすると、雰囲気がとても柔らかくなりますね。

お花畑が似合いそうな、女の子らしいふわふわ感がでます!

 

スタイリングの際は毛先をアイロンで軽く巻くか、パーマをゆるくかけておくと、さらにかわいさが高まります!

前髪もパーマをかけておくと毛流れを作りやすいですよ。

ふわふわ感をキープするため、ヘアスプレーのような軽めのスタイリング剤がおすすめです。

 

モード系のお洋服ともナチュラル系のお洋服とも相性が良いのも嬉しいポイント。

 

インナーカラーをオンすると個性演出♪ 

 

おかっぱボブ インナーカラー 個性派

 

毛先のカラーで遊べるのはボブの特権。

こんな個性的なカラーでもなじみやすく、取り入れやすいんです!

毛先をハネさせたり、髪を耳にかけてインナーカラーをチラ見せするのがおしゃれですね。

 

少し明るめのベージュ系の色を入れると落ち着いた感じに、ブルーやピンクなどをはっきり入れると個性的な雰囲気になります。

 

うざバング×外ハネでトレンド感アップ

 

うざバング 外はね おかっぱボブ トレンド

 

長めの前髪に束感を出してあげることで、今どきのうざバングに。

前髪あり・外ハネとかわいらしさもありつつ、前髪を長めにしてニュアンス感をだすことで、大人っぽさも出すことができますね。

 

スタイリングは外ハネをヘアアイロンで作ったら、全体にバームタイプのスタイリング剤をつけて束感を出していきます。

前髪は、バームをつけたあとに細かいコームでとかすと束感を出しやすいですよ。

 

うざバングは、縦ラインが強調されるので、丸顔さんでも挑戦しやすいスタイルです。

 

ふわくしゅ質感で外国人風のこなれ感をゲット

 

おかっぱボブ ふわくしゅ こなれ感 外国人風

 

おかっぱボブでも全体にパーマをかけると外国人風に。

しっかりとしたカールを出していくので、パーマがかかりにくい方はデジタルパーマにするのがおすすめ。

 

一見するとセットが大変そうですが、朝起きたら濡らして軽く乾かし、ムースやミルクタイプのスタイリング剤をつけるだけと意外にお手軽なんです。

迷ったらカールキープするスタイリング剤を選べば間違いありません。

 

黒髪だとナチュラルな雰囲気でカジュアルなお洋服が似合います。

明るめカラーだと外国人風になるので、はっきりしたメイクとも相性抜群です。

 

 

<前髪なしのおかっぱボブ>

 

大人っぽさが強調されるスタイル。

顔まわりにおくれ毛を残したり、巻いたりして、アンニュイな雰囲気やメンズライクな感じも出すことができます。

 

丸顔の方は縦ラインが強調されるので、顔まわりがすっきり見えますよ。

 

ワンレンストレートで少しの色気をプラス

 

ワンレンストレート おかっぱボブ 前髪なし

 

ボブヘアなのに、ロングヘア以上に女性っぽさが出るスタイル。

きれいめなワンピースやオフィスカジュアルにも合わせやすいですね。

 

逆にメンズライクなファッションでもクールな感じにまとまるので、オンオフでテイストを変えたい人にもぴったりです。

 

スタイリングは、少しヘアオイルをつけて乾かすだけでツヤ感が出てまとまります。

顔まわりの毛はつまんでオイルをつけて束感を出してあげるとこなれ感が出ますよ。

 

アイロンやカーラーで毛先をワンカールさせるとよりニュアンスが出ます。

 

無造作ウェーブでナチュラルな雰囲気♪

 

無造作ウェーブ おかっぱボブ 前髪なし

 

前髪なしでウェーブがかかっていると、一気にナチュラルな雰囲気になりますね。

輪郭を隠してくれて、ウェーブのかけ方で顔の形に合わせられるので、ほとんどの人が似合うスタイルではないでしょうか。

 

ニュアンスをつけるくらいのウェーブなら、ヘアアイロンで適当に巻いてもサマになるので不器用な方にもおすすめ。

もちろん、パーマをかけても朝のスタイリングが楽になります。

 

ウェーブがついたら、クリームタイプのスタイリング剤を手に伸ばして髪を持ち上げるように馴染ませれば、ナチュラルニュアンスヘアの完成です。

 

オイルでセットすると束感が出て、アンニュイな雰囲気も出せるので、お洋服やメイクの雰囲気に合わせてスタイリング剤を使い分けても良いでしょう。

カジュアルなお洋服にもぴったりなスタイルです。

 

色っぽさアップのかきあげヘア

 

おかっぱボブ かきあげヘア 色気

 

もはや定番人気の前髪かきあげヘア。

人気の秘密は、テイストを選ばない上に、幅広い年代が取り入れやすいところ。

流行の韓国系ファッションにも、フェミニンなファッションにも合わせられるんです。

 

かきあげる分け目を変えたり、オールバックにしたりするのも1つの手。

分け目を変えるだけで印象が変わります。

 

セットのポイントは、乾かすときに分け目から髪を持ち上げて温風で乾かし、そのまま持ち上げながら冷風で乾かすこと。

髪は温めると形がつき、冷えるとその形がキープされる性質があるので、冷風で乾かす一手間でかきあげがしっかりキープされます。

 

軽めのスプレーでエアリー感を出すと、より雰囲気が出ますよ。

 

明るめカラーでトレンド最前線

 

おかっぱボブ 明るめカラー 前髪なし ハイトーンカラー

 

前髪なしのハイトーンカラーは、一気にクール&モードなイメージになります。

毛先はぱっつんめにするとさらにクールさ上昇、丸みのあるシルエットにするとかわいらしさも出せます。

 

ロングヘアと違って、ハイトーンカラーでも浮きにくいのがボブの良さ。

ハイトーンカラーはちょっとハードルが高い…と思っている方も気軽に挑戦しやすいですよ。

 

ここまで明るくしなくてもいいかなという方は、ミルクティカラー、グレージュなどのくすみ系カラーがおすすめです。

 

 

おかっぱボブのおすすめヘアアレンジ

 

おかっぱボブがベースでも、こんなにいろんなスタイルがあるんです。

ただ「ボブはアレンジしにくくて飽きちゃうんじゃない?」と心配な方もいるはず。

 

ボブは短いからこそ、少しのアレンジで印象激変できるんです。

今回は、簡単にできるアレンジをいくつかご紹介します。

 

簡単にこなれ感を出せるウェットアレンジ♪

 

ウェットアレンジ おかっぱボブ 濡れ髪

 

簡単にこなれ感が出るのがウェットな質感のアレンジです。

ウェットすぎないぐらいが清潔感や髪のツヤ感を強調できておすすめです。

ヘアオイル・バームを使うことで、このようなウェット感を簡単に出すことができます。

 

髪は濡らした状態だとよりウェットに、乾かした状態だとセミウェットになるので、お好みで調整してみてください。

スタイリング剤は少なめを手に伸ばして毛先を中心に薄くつけます。

 

ヘアバーム ワックス

 

徐々に様子をみながら付け足していくのが失敗しないコツ。

バームは固め・重めのものが多いので、手の熱で温めて柔らかくしてから使っていきましょう。

 

髪の量が少なめ・細めの方はテクスチャーが軽めのもの、髪の量が多い・太めの方は、テクスチャーが重めのものが合いやすいと言われています。

ただ、仕上がりもテクスチャーに左右されるので、まずは店頭で試して、好みの仕上がりを探してみてください。

初心者の方は量が調整しやすいオイルがおすすめです。

 

ヘアオイルやバームは、多くのメーカーから出ているので、自分の髪の量や太さにあったものをぜひ見つけてみてください。

 

ハーフアップとヘアゴム・バレッタで簡単アレンジ

 

おかっぱボブ ハーフアップ ヘアアレンジ

 

ハーフアップはボブでも落ちてこない、オフィスでも浮かない万能ヘア。

 

耳上から上の髪の毛をまとめて、ゴムとピンで留めるだけなのに、手の込んだアレンジに見えるのがハーフアップの魅力。

顔まわりの髪の毛は残して、巻くことでニュアンスをプラスするのがワンランク上の仕上がりになるコツです。

 

結び目につけるアクセサリーのチョイスも楽しんでみましょう!

リボンやビジューのついたものだとかわいらしく、ゴールドやシルバーだと大人っぽさを演出できます。

 

お団子でラフ&カジュアル

 

お団子 ラフ アレンジ おかっぱボブ

 

ボブでも実はお団子ヘアができるんです。

 

最初に軽く巻いて、下側にお団子を作るだけでもこなれてみえるのはボブならでは。

巻いておくことで多少の崩れや乱れも目立たなくなります。

ロングヘアと比べるとちっちゃいお団子になるので、大人っぽくまとまりますよ。

 

サイドは落ちてきやすいので、あらかじめ残しておくのがポイント。

おくれ毛として、軽く巻いてオイルやバームを指先に少し取り馴染ませてあげると、よりおしゃれに見えます。

 

 

誰でも似合うおかっぱボブで夏を迎えよう♪

 

お洋服の色が明るく素材感も軽い夏は、ヘアも軽めがマッチします。

おかっぱボブは年齢問わずチャレンジできて、どんなテイストにもあうので、初めてボブにチャレンジする人にもぴったりです!

 

分け目を変えたり、一手間のアレンジでさまざまなスタイルが楽しめるのも魅力。

ぜひ夏に向けてヘアカットしてみてはいかがでしょうか。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(334)
   着回し/コーデ(77)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(56)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(7)
メイク・コスメ(382)
   ベースメイク(33)
   アイメイク(51)
   リップ/グロス(26)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(187)
美容(142)
   スキンケア(78)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(39)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(224)
   生活雑貨/生活用品(21)
   お祝い/ギフト/プレゼント(21)
   趣味(9)
   お出かけ/観光/旅行/デート(34)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(66)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(88)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(30)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(27)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(35)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(14)

スキンケア

エイジングケア(43)
保湿(178)
美白(44)
乳液(35)
クリーム(102)
オイル(24)
化粧水(105)
美容液(85)
基礎化粧品(120)
ニキビ(19)
毛穴ケア(33)
角質ケア(42)
肌荒れ(23)
くすみ(46)
クマ(10)
たるみ(20)
ハリ不足(37)
スペシャルケア(115)
セルフケア(52)
UV対策(39)
日焼け対策(30)
日焼け止め(12)
しわ(12)
洗顔/クレンジング(67)

肌質

乾燥肌(109)
敏感肌(85)
脂性肌(33)
混合肌(26)

コスメ/メイク

ツヤ肌(119)
マット肌(51)
ミネラルコスメ(50)
デカ目(62)
小顔(3)
韓国(69)
化粧(177)
ポイントメイク(194)
メイクテク(86)
ナチュラルメイク(143)
美肌(130)
メイク道具(30)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(114)
テカリ防止(19)
アイメイク(130)
リップ/グロス(120)
チーク(70)
カラーメイク(34)

ファッション

春コーデ(95)
夏コーデ(91)
秋コーデ(105)
冬コーデ(105)
スタイル(213)
テイスト(195)
シーン別(50)
大人コーデ(137)
カジュアル(130)
綺麗め(145)
フェミニン(104)

年代別

10代(4)
20代(13)
30代(14)
40代(8)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(36)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(41)
ロングヘア(45)
セミロング(42)
ボブ(45)
スタイリング(69)
ヘアケア(69)
ヘアカラー(26)
ヘアアクセ(20)

ライフスタイル

ホームパーティー(22)
グルメ/レシピ(121)
ヘルシー(46)
運動(20)
筋トレ(8)
リラックスタイム(41)

人気記事ランキング