logo

Top > アート/カルチャー > 写真/カメラ

「写ルンです」でオシャレな写真を撮りたい!写ルンですの特徴や現像方法、使い方を紹介






SNSを中心にフィルムカメラブームが到来していますが、その中でも特に人気なのが「写ルンです」。

値段が手頃なうえに操作も簡単なので、多くの人から支持されています。
また、シャッターを切るだけで「エモい写真」が撮れるのも人気のヒミツです。

今回は、そんな写ルンですの具体的な使い方やオシャレな写真の撮り方を詳しく解説します。
「写ルンですの使い方が知りたい!」「写ルンですでオシャレな写真を撮りたい!」と思っている方は、ぜひ参考にしてください♪

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】「写ルンです」でオシャレな写真を撮りたい!写ルンですの特徴や現像方法、使い方を紹介

 

写ルンですの特徴

1. 撮れる枚数が決まっている

2. 使い方が簡単

3. 現像・データ化が必要

4. フィルムカメラなのに軽い

5. カバーを変えてオシャレに

6. 値段がリーズナブル

7. カメラ屋さんや通販で買える

8. アナログな質感の写真がオシャレ

写ルンですの基本の使い方

基本操作は巻いて撮るだけ

ズームができないので自分が動く

フラッシュを使う

写ルンですを使った“オシャレ写真”の撮り方

ポートレート撮影

食べ物を撮る

自然を撮る

ボケてもオシャレ

あえて夜に撮る

写ルンですを使って、とっておきの写真を♪

 

写ルンですの特徴

 

まずは、1986年に生まれたフィルムカメラ「写ルンです」の特徴をご紹介します。

「写ルンですってどんなカメラなの?」と思っている人は要チェックです。

 

1. 撮れる枚数が決まっている

 

写ルンです-27枚撮り

 

写ルンですは、撮影枚数が「27枚」と決まっています。

スマートフォンでの撮影に慣れていると「27枚って少ないかも…」と感じる人もいるかもしれません。

ですが、枚数の上限があるからこそ、一枚の写真を大切に撮影できるのが魅力です。

 

「あと3枚数しか撮影できない!」とドキドキしながらシャッターを押すのも新鮮で楽しいですよ♪

 

2. 使い方が簡単

 

写ルンです-パッケージ

 

写ルンですは、従来のフィルムカメラに比べて使い方が簡単なのも魅力のひとつです。

撮影するときには、ファインダーをのぞきながらシャッターを切るだけでOK。

 

カメラを撮ること自体に慣れていなかったり、フィルムカメラを使うのが初めてだったりする人でも、簡単にオシャレな写真を撮影できます。

写真を撮るのが苦手な人にこそ、写ルンですはオススメです!

 

3. 現像・データ化が必要

 

写ルンです-スマホ画面

 

フィルムカメラである写ルンですは、写真を撮り終わったあとに「現像」が必要です。

27枚のフィルムを全て使い切ったら、近くのカメラ屋さんやビックカメラなどの家電量販店で現像をお願いしましょう。

現像にかかる時間は最短1時間ほどで、料金は約1,000円〜です。

 

お店によってプランは異なりますが、大体のお店で「現像」「現像+CD」「現像+スマホ転送」などのプランを選択できます。

それぞれのプランのオススメは以下の通りです。

 

  • 気に入った写真のみプリントしたい人は「現像」
  • CDでパソコンに画像を取り込みたい人は「現像+CD」
  • SNSで写真をシェアしたい人は「現像+スマホ転送」

 

特にオススメなのは「現像+スマホ転送」です。

撮った写真を気軽にスマホで見られるのはもちろん、データ化することで友達にシェアするのにも便利♪

 

「どのプランにしようかな?」と悩んだときには、ぜひスマホ転送を選んでみてくださいね。

 

4. フィルムカメラなのに軽い

 

写ルンです-手に持つ

 

ずっしりと重いフィルムカメラが多いのに対して、写ルンですの重さはたったの90g。

「フィルムカメラを持っていきたいけど荷物は増やしたくない」という人も、写ルンですなら気軽に持ち歩けます。

 

また、軽いカメラなので子どもに持たせるカメラとしてもオススメです。

ストラップを付けて首から下げれば、写ルンですをなくす心配もありません♪

 

5. カバーを変えてオシャレに

 

写ルンです-カバー

 

写ルンですは、オリジナルの専用カバーも販売されています。

「レトロなフィルムカメラが好き」という人はぜひ使ってみてくださいね。

 

最近ではオリジナルカバー作りも流行っています。

ラッピングペーパーや厚紙を使って、自分好みのカバーを作ってみるのも楽しくてオススメです!

 

6. 値段がリーズナブル

 

がま口財布-ピンク

 

写ルンですの定価は1,375円(税込)とリーズナブル。

カメラを始めたばかりの人でも手に取りやすい値段です。

お店によってはもっと安く購入できることもあるので、近くの写ルンです取り扱い店をチェックしてみましょう。

 

ただし、写ルンですは本体の他に現像代もかかるため注意が必要です。

 

7. カメラ屋さんや通販で買える

 

カメラ屋-外観

 

写ルンですは、カメラ屋さんやヨドバシカメラなどの家電量販店で購入できます。

家の近くに写ルンですの取り扱い店がない場合は、Amazonなどの通販を利用しましょう。

 

一部のコンビニでは写ルンですを取り扱っているので、急にフィルムカメラが必要になったときに便利。

取り扱いのないコンビニも多いので、確実に写ルンですがほしいときには、カメラ屋さんか家電量販店に行くのがオススメです。

 

8. アナログな質感の写真がオシャレ

 

写ルンです-海

 

写ルンですで撮った写真は、なんとも言えないアナログな質感に仕上がるのが魅力です。

最近ではフィルム風の写真を撮れるスマホアプリも多くありますが、やはり本物のフィルムカメラを使った方が、雰囲気のあるレトロな写真が撮れます。

 

「フィルムカメラの質感が好き」「エモい雰囲気の写真が撮りたい」という人は、ぜひ写ルンですで撮影してみてくださいね♪

 

 

写ルンですの基本の使い方

 

ここでは、具体的な写ルンですの使い方を解説します。

「写ルンですを始めたい人」「写ルンですの使い方をマスターしたい人」はぜひ参考にしてください♪

 

基本操作は巻いて撮るだけ

 

写ルンです-巻き上げダイヤル

 

写ルンですを使う前には、裏側に付いている巻き上げダイヤルをしっかり巻きましょう。

ダイヤルがカチッとなるまで巻いたら準備はOK。

写真に撮りたい対象を決め、ファインダーをのぞきながらシャッターを切ります。

 

さらに写真を撮りたいときには、もう一度巻き上げダイヤルを巻いてください。

シャッターボタンの横で「写真の残り枚数」が見られるので、枚数を確認しながら撮るのがオススメです。

 

ズームができないので自分が動く

 

写ルンです-女性

 

写ルンですにはズーム機能がありません。

ズームをしたい場合は、ファインダーで画角を確認し動きながら撮影ポイントを決めるのがオススメです!

 

また、写ルンですの撮影距離(ピントが合う距離)は以下の通り。

 

  • 【日中・野外】1m〜無制限
  • 【フラッシュ撮影】1〜3m

 

被写体からある程度距離があれば、写ルンですが自動でピントを合わせてくれます。

「ピントを合わせるのが苦手!」という人でも、写ルンですを使えば気軽に撮影できますよ♪

 

ただし、被写体に1m以上近づいて撮影すると、ピントが合わずボケてしまうので注意しましょう。

またフラッシュ撮影をするときは、被写体が遠すぎるとうまく写真に写らないので気を付けてくださいね。

 

フラッシュを使う

 

写ルンです-フラッシュ

 

写ルンですは、フラッシュを使った撮影が可能です。

「屋内での撮影」「夜の撮影」などには、フラッシュを使うのがオススメ!

 

フラッシュを使うときには、カメラの前側にある「フラッシュスイッチ」を上にスライドさせればOKです。

そのままシャッターボタンを押せば、シャッターを切る瞬間にフラッシュがつきます。

 

フラッシュを使わないときは「フラッシュスイッチ」を切っておきましょう。

スイッチを付けっぱなしにしておくと、写ルンです内の電池がなくなりフラッシュが使えなくなります。

 

電池の消耗を防ぐためにも、使うときにだけスイッチを上げるようにするといいですね。

 

 

写ルンですを使った“オシャレ写真”の撮り方

 

ここでは、写ルンですを使ってオシャレな写真を撮る方法をご紹介します。

被写体や撮る時間などを工夫するだけで、簡単にオシャレな写真を撮影できますよ♪

 

ポートレート撮影

 

写ルンです-ポートレート

 

写ルンですで人を撮影すると、エモい雰囲気のある写真に仕上がります。

さまざまな場所で友達や恋人、家族を撮影してみてくださいね。

曇りの日や屋内などの暗い場所で撮影する場合は、フラッシュをたくと被写体がキレイに写ります。

 

また、フィルムカメラである写ルンですは、撮った写真をすぐに確認することができません。

「目をつぶっていた」「被写体が動いてブレてしまった」といった失敗をしても、その場で撮り直すのが難しいのが少々ネック。

 

ポートレートをうまく撮影するためにも「今から撮るよ!」「はいチーズ」など、声がけをしながらシャッターを切るのがオススメです!

 

食べ物を撮る

 

写ルンです-ケーキ

 

カフェやレストランに行ったときには、ぜひ写ルンですで撮影しましょう。

特にポップな色合いのスイーツなどを撮影すると、レトロかわいい写真に仕上がります♪

 

食べ物写真を撮るときには、被写体から1m離れてシャッターを切るのがコツ。

1mよりも近づいてしまうと、ピントが合わずボケた写真になってしまいます。

 

腕を思いっきり伸ばすか立ち上がって撮影すると良いでしょう。

 

自然を撮る

 

写ルンです-ひまわり

 

写ルンですは自然の色合いを美しく表現できます。

天気のいい野外でよさそうな花や木を見つけたら、ぜひ撮影してみてください。

お花屋さんなどで花束を買って撮影するのもオススメです!

 

また、雨や雪の日はフラッシュを使って撮影すると幻想的な風景を切り取れますよ♪

天気が悪い日も、写ルンですを使えば楽しく撮影できるのが嬉しいですね。

 

ボケてもオシャレ

 

写ルンです-クリームソーダ

 

写ルンですで撮影していると、写真がボケてしまうこともありますよね。

ボケた写真は失敗だと思われがちですが、よくよく見てみるとかなり味のある仕上がりになっていることも多いんです。

 

写ルンですを使っている人の中には、あえて被写体をボケさせる人もいます。

オシャレにボケた写真を撮りたいときには、「被写体に1m以上近く」「被写体に動いてもらう」「夜に撮影する」などのポイントを取り入れてみましょう。

 

あえて夜に撮る

 

写ルンです-夜

 

写ルンですは、夜や屋内など光が少ない場所での撮影が苦手です。

ですがあえて夜に撮影することで、ノスタルジックな写真を撮ることができます。

夜に撮影するときには、「必ずフラッシュをたく」「看板や電灯で明るい場所で撮影する」などに気を付けると上手に撮影できますよ。

 

また、夜に写ルンですでポートレート撮影をすると、クールな印象の写真に仕上がります。

かっこいいポートレート写真が好きな人は、ぜひ写ルンですを使った夜撮影にチャレンジしてみてください!

 

 

写ルンですを使って、とっておきの写真を♪

 

写ルンです-メリーゴーランド

 

写ルンですは、「軽い」「リーズナブル」「オシャレな写真が撮れる」の三拍子が揃っている優秀カメラ。

フィルムカメラ初心者でも気軽に始められるのが魅力です♪

 

今回ご紹介した撮影のポイントを押さえれば、今日からオシャレな写真を撮れること間違いなし!

「たまにはアナログな写真を撮りたいな」と考えている人は、ぜひ写ルンですにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

▼合わせて読みたいカメラの関連記事

 

インスタントカメラを始めよう!選び方や使い方からおすすめの機種まとめ

【チェキ】instaxシリーズを紹介!上手な撮り方や機種の選び方

・  おすすめのフィルムカメラまとめ!デジタルカメラにはない魅力を知ろう


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(397)
   着回し/コーデ(87)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(80)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(9)
メイク・コスメ(466)
   ベースメイク(39)
   アイメイク(68)
   リップ/グロス(33)
   ネイル(15)
   コスメブランド/メーカー(219)
美容(160)
   スキンケア(88)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー/トリートメント(47)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(264)
   生活雑貨/生活用品(23)
   お祝い/ギフト/プレゼント(23)
   趣味(10)
   お出かけ/観光/旅行/デート(34)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(73)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(93)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(31)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(29)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(41)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(19)

スキンケア

エイジングケア(44)
保湿(210)
美白(45)
乳液(48)
クリーム(121)
オイル(32)
化粧水(132)
美容液(103)
基礎化粧品(149)
ニキビ(22)
毛穴ケア(37)
角質ケア(51)
肌荒れ(30)
くすみ(54)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(41)
スペシャルケア(138)
セルフケア(74)
UV対策(46)
日焼け対策(37)
日焼け止め(16)
しわ(13)
洗顔/クレンジング(90)

肌質

乾燥肌(132)
敏感肌(97)
脂性肌(44)
混合肌(34)

コスメ/メイク

ツヤ肌(137)
マット肌(55)
ミネラルコスメ(57)
デカ目(67)
小顔(5)
韓国(93)
化粧(228)
ポイントメイク(244)
メイクテク(112)
ナチュラルメイク(177)
美肌(153)
メイク道具(34)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(143)
テカリ防止(22)
アイメイク(171)
リップ/グロス(154)
チーク(95)
カラーメイク(46)

ファッション

春コーデ(110)
夏コーデ(104)
秋コーデ(122)
冬コーデ(125)
スタイル(245)
テイスト(225)
シーン別(52)
大人コーデ(163)
カジュアル(157)
綺麗め(167)
フェミニン(124)

年代別

10代(7)
20代(16)
30代(17)
40代(11)
50代(7)

恋愛

片思い(26)
男性心理(43)
カップル(37)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(48)
モテ仕草(5)

ヘアスタイル

ショートヘア(56)
ロングヘア(61)
セミロング(60)
ボブ(61)
スタイリング(93)
ヘアケア(84)
ヘアカラー(33)
ヘアアクセ(26)

ライフスタイル

ホームパーティー(25)
グルメ/レシピ(130)
ヘルシー(49)
運動(22)
筋トレ(8)
リラックスタイム(51)

人気記事ランキング