logo

Top > ファッション > 髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ

とかしてサラサラ髪に♪ 話題沸騰のヘアブラシ「タングルティーザー」を紹介






なかなか髪がセットできない、髪型をどうにかしたいけれど手持ちのブラシだと全然まとまらないなど、ヘアのお悩みを抱える方々の救世主となった「タングルティーザー」。
口コミサイトでも長期間ランキング上位に君臨している、ベストセラーヘアブラシです。

美髪作りをサポートしてくれるブラシは、一体どのようなものなのでしょうか。
今回は、タングルティーザーの種類や使い方、特徴、お手入れ方法などを徹底的にご紹介します♪

一度使うと、使い心地にやみつきになってしまうことでしょう。

【目次】とかしてサラサラ髪に♪ 話題沸騰のヘアブラシ「タングルティーザー」を紹介

 

全然髪型がまとまらない!それなら「タングルティーザー」はいかが?

タングルティーザーとは

なぜそんなに人気なの?タングルティーザーの魅力

髪質に応じた種類がとても豊富!

自分の好きなカラー&デザインを見つけられる♪

濡れた髪にも使える

地肌&髪の毛への高いフィット感!

老若男女誰でも使える

タングルティーザーの使い方

タングルティーザーの主なシリーズ

ザ・オリジナル

ノーマル

ミニ

ソフト&ダメージ

ハード&ボリューム

コンパクトスタイラー(携帯用)

サロンエリート

ザ・ウェットディタングラー

ブロードライブラシ(パドルブラシ)

ブロードライブラシ(クイックロールブラシ)

スタイリングブラシ

ザ・アルティメット(仕上げ&まとめ髪向け)

バックコーミング(アレンジ用)

タングルティーザーのお掃除・お手入れ方法

基本のお手入れ方法

ブラシの洗い方

タングルティーザーにまつわるよくある疑問

タングルティーザー、実は偽物が多いって本当?

タングルティーザーを使えばくせ毛は直る?

タングルティーザー 、買い替えのタイミングがいまいちわからないけど…

タングルティーザーで美髪女子の仲間入り♪

 

 

全然髪型がまとまらない!それなら「タングルティーザー」はいかが?

 

まとまらない髪

 

「サラサラヘアに憧れるけど、髪の毛がサラサラにならない」

「髪の毛がまとまらなくてヘアスタイルが決まらない」

 

このようなお悩みを持っている方、まずはヘアスタイリング剤やトリートメントではなく「ブラシ」から変えてみませんか?

 

今回おすすめしたいのが、世界中で人気の「タングルティーザー 」(TANGLE TEEZER)。

このブラシで髪の毛をとかすだけで髪の毛がサラサラになると話題に。

なんとこのブラシ、世界累計販売数はすでに5,000万個を超えている超ベストセラーアイテムなんです。

 

筆者のタングルティーザー

 

筆者も愛用していますが、毎日のヘアケア、ヘアセットでかなり助けられています♪

本記事では、タングルティーザーがどんなブラシなのか、なぜ人気なのか、どんな種類があるのかをご紹介します。

 

 

タングルティーザーとは

 

 

タングルティーザーはイギリス生まれのヘアブラシです。

長いブラシ毛と短いブラシ毛が一体化した特殊構造(日本とイギリス、EUで特許取得済み)を持つブラシが特徴。

この構造により、ブラッシング時にかかる髪の毛への負担や摩擦が軽減され、髪の毛をサラサラに導いてくれるスグレモノなのです♪

 

 

また、タングルティーザーは「デタングリングブラシ」(de-tangling brush)とも呼ばれています。

「髪の絡まりを解く」役割を持つブラシで、髪の毛のもつれや絡みついてしまった髪を、無理に力を入れることなく解きほぐすことができるのが魅力です。

毎日のブラッシングやシャンプーで剥がれたり乱れてしまいがちな髪表面のキューティクルも、このブラシで整えることもできるのです。

 

 

なぜそんなに人気なの?タングルティーザーの魅力

 

全世界で人気が爆発しているのは、先述した特徴だけにとどまりません。

 

髪質に応じた種類がとても豊富!

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by CURLS BY REEMA ➰ (@curlsbyree) on

 

後ほど詳しくご紹介しますが、タングルティーザーはとにかく種類が豊富。

髪質にマッチしたブラシを見つけられるので、ご自身の髪質や量に応じたモデルを選ぶことができますよ。

 

自分の好きなカラー&デザインを見つけられる♪

 

 

髪質や量に応じたブラシだけでなく、ブラシのカラーやデザインもとても豊富。

季節やイベントごとに限定デザインが出ることもあるため、コレクターも多いようです。

 

濡れた髪にも使える

 

ウェットヘア

 

シャワー終わりの濡れた髪にも使うことができるのも、タングルティーザーが重宝されている理由の一つ。

特に毛量が多い方やロングヘアの方は、濡れた髪の毛が絡まってしまうことも多いのではないでしょうか。

お風呂上がりの濡れた髪もタングルティーザーがあれば、髪の毛を一本一本きれいにとかすことができますよ。

 

地肌&髪の毛への高いフィット感!

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Grazi Herbalife💚 (@grazi_pietrobarbosa) on

 

タングルティーザーは、手にしっかりとなじむ握りやすさも大きな特徴。

ブラシ毛の先端が丸くなっており、手に握って溶かす際に髪の毛と頭皮をほどよく刺激してくれます。

手と地肌へほどよく密着するため、力を入れてブラッシングする必要はありません。

 

さらに、握って簡単にとかすことができるだけでなく、ブラシ自体も柔軟性と弾力性に優れている特殊素材で作られているため、髪の毛に発生しがちな静電気もすっきりと抑えてくれますよ。

乾燥が気になる時期のブラッシングも、もう怖くありません♪

 

老若男女誰でも使える

 

誰でも使える

 

デザインやカラーも豊富なタングルティーザー。

使う人を選ばない形でもあるため、子供からシニアの方までみなさんで使うことができますよ。

大切な方へのプレゼントにもぴったりです♪

 

 

タングルティーザーの使い方

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ANGELINA TEXIER (@gelixr) on

 

使い方はとっても簡単!

他のブラシと同じように、髪の毛をやさしく撫でるようにブラッシングするだけでサラサラに。

もし髪の毛の絡みやもつれが気になる場合は、毛先からとかしていくとスムーズですよ。

 

また、髪の毛のダメージが気になる場合は、毛先を中心に洗い流さないヘアトリートメントをなじませてからブラッシングすると良いでしょう。

 

 

タングルティーザーの主なシリーズ

 

ここからは、タングルティーザーの主なシリーズ・種類をご紹介します。

 

ザ・オリジナル

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Шоурум Парфюмерии (@parfum_and_beauty) on

 

タングルティーザーといえばこれ!ともいえるシグネチャーブラシです。

丸みのある形状で、握りやすさは抜群。

 

ノーマル

 

 

定番アイテムで、どなたでも簡単に使うことができます。

ノーマルヘア(毛量・髪質が普通の方)向けのブラシとなっています。

 

タングルティーザー ザ・オリジナル ノーマルの商品情報

 

価格:2,000円(税抜)

 

 

 

ミニ

 

 

トライアルサイズとしてリリースされているミニサイズ。

ノーマルを小型化したもので、ヘアケアとして初めてブラシを使う方やキッズにおすすめのブラシです。

 

タングルティーザー  ザ・オリジナル ミニの商品情報

 

価格:1,400円(税抜)

 

 

ソフト&ダメージ

 

 

髪の毛が細く柔らかい方、ダメージが感じられる髪の毛の方におすすめのモデルです。

他のブラシと比較しても髪への負担が最小限で、地肌にも髪の毛にもやさしいブラッシングが可能になります。

 

タングルティーザー  ザ・オリジナル ソフト&ダメージの商品情報

 

価格:2,000円(税抜)

 

 

 

ハード&ボリューム

 

 

毛量が多く髪質が硬めの方、ウェービーな髪の毛をお持ちの方におすすめのモデル。

ブラシ毛が他のモデルよりも長めで強度も高めに作られているため、根元からがっちりと髪の毛をホールドしながらとかすことができますよ。

 

タングルティーザー  ザ・オリジナル ハード&ボリュームの商品情報

 

価格:2,000円(税抜)

 

 

 

コンパクトスタイラー(携帯用)

 

 

コンパクトスタイラーは、携帯性に優れたモデル。

ザ・オリジナルよりも丸みがある形状と、カバーがついているのが特徴です。

 

カバー

 

ブラシの土台部分に穴が空いており、そこにカバーがセッティングされるようになっています。

旅行や出張が多い方や、外出先で髪の毛を整えることが多い方におすすめです。

 

タングルティーザー コンパクトスタイラーの商品情報

 

価格:2,300円(税抜)

 

 

 

サロンエリート

 

 

美容師さんに愛用者が多いサロンモデル「サロンエリート」。

ブラシ部分の丸みが強いのが特徴で、他のモデルよりも頭の形にさらにフィットする形状になっています。

自分の髪の毛だけでなく、お子様など相手の髪の毛もとかしやすいよう工夫されています。

 

タングルティーザー サロンエリートの商品情報

 

価格:2,100円(税抜)

 

 

ザ・ウェットディタングラー

 

 

濡れた髪をとかすのに特化したヘアブラシ「ザ・ウェットディタングラー」。

手が濡れていても握りやすいハンドル付きなのが大きな特徴です。

 

通常、濡れた髪をブラッシングすると髪の毛の表面が傷みやすくなるのですが、こちらのモデルは特に髪の毛への負担を減らしているのが魅力。

洗面台に常備しておいたり、ジム用バッグの中に入れておくのも良いでしょう。

 

タングルティーザー ザ・ウェットディタングラーの商品情報

 

価格:2,000円(税抜)

 

 

 

ブロードライブラシ(パドルブラシ)

 

 

ドライヤーを使ったブロウに特化したブラシ「ブロードライブラシ」。

根元部分が太いブラシで、ブラシ毛の一本一本の間隔が他のモデルよりも広めになっています。

 

また、ブラシ毛が交互に重なっているような配列も特徴的。

この配列で、ブローしながらキューティクルを整えることも可能です。

 

さらに、ブラシ毛同士の間隔が広いため、ドライヤーの熱がより伝わりやすくなるのもポイント。

ドライヤーにかかる時間が大幅短縮されるのも嬉しいですね。

 

サイズは2つあります。

 

  • ハーフパドル(セミロング〜ロングヘア向け)
  • フルパドル(ロングヘア向け)

 

タングルティーザー  ブロードライブラシ(パドルブラシ)の商品情報

 

価格:ハーフパドル…3,584円(税抜)、フルパドル…4,025円(税抜)

 

 

 

ブロードライブラシ(クイックロールブラシ)

 

 

こちらはクイックロールブラシ。

巻き髪や髪の毛のボリュームアップに役立つアイテムです。

毛先や前髪のカール、頭頂部のボリュームアップなど、ヘアアレンジにも大いに役立ちますよ。

 

こちらも、サイズが2つあります。

 

  • クイックロールブラシ サイズ60(ブラシ直径60mm)…セミロング〜ロングヘアでボリュームアップ・カールをつけたい方におすすめ
  • クイックロールブラシ サイズ70(ブラシ直径70mm)…毛量多め&ロングヘアでボリュームアップ・カールをつけたい方におすすめ

 

タングルティーザー  ブロードライブラシ(クイックロールブラシ)の商品情報

 

価格:サイズ60…3,338円(税抜)、サイズ70…3,583円(税抜)

 

 

 

スタイリングブラシ

 

 

デタングリングが終わった後のスタイリングに使うブラシです。

ザ・オリジナルなどと同様に、長さの違うブラシ毛を交互に配置しているモデルです。

 

ザ・アルティメット(仕上げ&まとめ髪向け)

 

 

ハンドル付きのブラシ「ザ・アルティメット」は、髪の毛にツヤ感とまとまりをプラスしてくれるのが魅力。

まとめ髪やスタイリングの仕上げに最適です。

 

タングルティーザー スタイリングブラシ ザ・アルティメットの商品情報

 

価格:2,750円(税抜)

 

 

バックコーミング(アレンジ用)

 

 

ブラシ毛の列が5列ほどのスリムなコーム「バックコーミング」。

他のコームよりも全体的にブラシ毛に厚みがあるのが特徴で、根元から髪の毛をしっかりと持ち上げてくれます。

逆毛を作ったり、あらゆるヘアアレンジに活用することができますよ。

 

タングルティーザー スタイリングブラシ  バックコーミングの商品情報

 

価格:2,000円(税抜)

 

 

 

タングルティーザーのお掃除・お手入れ方法

 

ブラシの洗い方

 

ヘアブラシは毎日使うもの。

だからこそ、常に清潔に保っておきたいですよね。

 

ここでは、ブラシ部分をどうきれいに保つか、お手入れの方法をご紹介します。

 

基本のお手入れ方法

 

まずは、身近にあるものを使った日常のお手入れ方法を取り上げます。

 

<用意するもの>

 

  • 綿棒…数本
  • ティッシュ…1枚
  • つまようじ…必要な分だけ

 

<お手入れ方法>

 

  1. まず、絡まった毛をつまようじで浮かせていきます。
  2. ブラシ毛の間の汚れは綿棒で擦りながら落としていきます。
  3. 最後にティッシュでブラシなどをきれいに拭いて完了です。

 

ブラシの洗い方

 

毎日長く使っていると、どうしても通常のお手入れでは汚れが落としにくくなることもあります。

通常のお手入れで汚れが落ちにくい場合は、思い切ってブラシを洗ってみましょう。

 

<用意するもの>

 

  • 不要になった歯ブラシ…1本
  • つまようじ…必要な分だけ
  • 中性洗剤(食器洗剤など)…適量
  • ぬるま湯…適量

 

<洗い方>

 

  1. ブラシの間に絡んでいる髪の毛を、爪楊枝で起こしながら取り除いていきます。
  2. 中性洗剤をぬるま湯で溶かし、歯ブラシになじませておきます。
  3. ブラシの間を2の歯ブラシでこすっていきます。
  4. 3でブラシがきれいになったら、きれいなぬるま湯でブラシをすすぎましょう。
  5. 水をよく切り、ブラシ部分を上に向けて自然乾燥させて完了です。

 

<タングルティーザーブラシを水洗いする際の注意点>

 

穴にご注意

 

コンパクトスタイラーを洗う場合は、ブラシ中央部分の穴に注意してください。

この穴に水が入るとなかなか乾かず、ブラシ内部でかびが発生することがあります。

ぬるま湯で洗う代わりに、ウェットティッシュでお手入れするのも良いでしょう。

 

 

タングルティーザーにまつわるよくある疑問

 

ここでは、購入したいと考えている方が感じやすい疑問をピックアップしました。

 

タングルティーザー、実は偽物が多いって本当?

 

偽物 タングルティーザー

 

残念ながら本当です。

 

見分ける際は、以下のポイントに注意してください。

 

  1. 正規品には必ず認証マーク("正規販売店"の表記など)が付いている
  2. あまりに価格が安すぎないか
  3. 見つけたアイテムの色・柄が公式ショップにあるかどうか

 

もし怪しいものに出会ったら、この3点で正規品かそうでないか判断するのがおすすめです。

 

オンラインショッピングの場合は大手のショッピングサイトが安全性は高いですが、どこで購入する際も、必ず公式サイトの商品とパッケージをくまなくチェック・比較してから購入すると良いでしょう。

公式サイト   で購入する場合はもちろん正規品ですが、楽天などでポイントを消化したい場合は、公式ショップを活用するようにすると安心です。

タングルティーザー楽天公式ショップ からオフィシャル提携ショップのリストも公開されていますので、ぜひチェックしてみてください。

 

タングルティーザーを使えばくせ毛は直る?

 

くせ毛 タングルティーザー

 

タングルティーザーで髪の毛をとかすとサラサラにはなりますが、くせ毛が根本から直るということではありません。

 

くせ毛が直るというよりは、くせ毛がまとまりやすくなるというメリットがあります。

筆者もくせ毛がちですが、タングルティーザーを使うことで下記のようなメリットを感じています。

 

  • 髪の毛が跳ねにくくなった
  • 髪の毛どうしがまとまりやすくなった
  • ダメージヘアが目立たなくなった
  • 髪の毛が広がりにくくなった

 

一度ミニサイズを購入してみて、髪の毛がどうまとまるかチェックしてみるのもおすすめです。

 

タングルティーザー 、買い替えのタイミングがいまいちわからないけど…

 

 

タングルティーザーを使い始めて「そういえば、タングルティーザーってどれくらい長持ちするんだろう?」と感じた方も多いかと思います。

ザ・オリジナルのソフト&ダメージなど、ブラシ毛がやわらかめのものもありますが、基本的にお手入れと保管さえ確実にし、極端に力を入れて使わなければ比較的長く使えるはずです。

 

ブラシの買い替えのサインは、ブラシ毛が曲がったまま起きなくなった時や折れた時。

ブラシ毛が全体的に曲がったまま使い続けると、髪の毛がうまくとかせず髪の毛に余計なダメージを与えるなど逆効果になってしまいます。

ブラシ毛が全体的に曲がっていることに気づいた時は、潔く買い替えましょう。

 

 

タングルティーザーで美髪女子の仲間入り♪

 

タングルティーザー  まとめ

 

世界中で爆発的にヒットしているタングルティーザーの魅力や特徴、主なシリーズをご紹介しました。

 

とかすだけで髪の毛がサラサラになり、髪の毛の印象も大きく変わります。

髪の毛がサラサラになるだけで、ヘアケアやヘアアレンジもさらに楽しくなりますよ♪

 

カラーやデザイン、髪の毛や用途に応じた種類も豊富なので、シーンによって使い分けるのもおすすめ。

日々のヘアケアやスタイリングに、ぜひご活用ください。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(87)
   着回し/コーデ(30)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(21)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(4)
メイク・コスメ(151)
   ベースメイク(18)
   アイメイク(19)
   リップ/グロス(12)
   ネイル(7)
   メーカー/ブランド(73)
美容(83)
   スキンケア(50)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(19)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(39)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(143)
   生活雑貨/生活用品(18)
   ギフト/プレゼント(13)
   趣味(6)
   お出かけ/観光/旅行/デート(25)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(25)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(46)
   ドリンク/カフェ(19)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(10)
アート/カルチャー(15)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(6)

スキンケア

エイジングケア(11)
保湿(92)
美白(25)
乳液(12)
クリーム(48)
オイル(14)
化粧水(51)
美容液(40)
基礎化粧品(66)
ニキビ(11)
毛穴ケア(17)
角質ケア(27)
肌荒れ(14)
くすみ(26)
クマ(4)
たるみ(8)
ハリ不足(20)
スペシャルケア(47)
セルフケア(20)
UV対策(14)
日焼け対策(11)
日焼け止め(5)
しわ(1)
洗顔/クレンジング(15)

肌質

乾燥肌(76)
敏感肌(55)
脂性肌(21)
混合肌(12)

コスメ/メイク

ツヤ肌(67)
マット肌(40)
ミネラルコスメ(13)
デカ目(32)
小顔(1)
韓国(21)
化粧(60)
ポイントメイク(66)
メイクテク(29)
ナチュラルメイク(64)
美肌(70)
メイク道具(11)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(22)
テカリ防止(2)
アイメイク(19)
リップ/グロス(23)
チーク(11)

ファッション

春コーデ(20)
夏コーデ(19)
秋コーデ(26)
冬コーデ(26)
スタイル(46)
テイスト(38)
シーン別(16)
大人コーデ(19)
カジュアル(11)
綺麗め(9)
フェミニン(10)

年代別

10代(1)
20代(7)
30代(7)
40代(3)
50代(2)

恋愛

片思い(21)
男性心理(23)
カップル(25)
恋愛観(25)
恋愛テクニック(32)

ヘアスタイル

ショートヘア(20)
ロングヘア(19)
セミロング(16)
ボブ(20)
スタイリング(27)
ヘアケア(39)
ヘアカラー(10)
ヘアアクセ(8)

ライフスタイル

キッチン用品(16)
ホームパーティー(12)
食生活(79)
ヘルシー(36)
運動(10)
筋トレ(4)
リラックスタイム(7)

人気記事ランキング