logo

Top > ファッション > 着回し/コーデ

「ビタミンカラー」のおすすめ配色&コーデのポイントを紹介






栄養たっぷりの野菜やフルーツを思わせるビタミンカラー。
見るだけでパワーをもらえるようなカラーリングは、メイクやアクセサリー、ウェアに取り入れることで、普段のコーデにエネルギーをプラスできると人気です。

そんなビタミンカラーですが、普段のコーディネートにどう組み合わせると良いのでしょうか。
今回は、人気のビタミンカラーを上手にファッションに取り入れるコツをご紹介します。

コーデにアクセントを足してみたい方や、普段の着こなしにマンネリを感じている方は、是非チェックしてください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】「ビタミンカラー」のおすすめ配色&コーデのポイントを紹介

 

「ビタミンカラー」って何色?

ビタミンカラーに期待できる効果

気分をポジティブにする

印象が華やかに

【配色】ビタミンカラーの上手な色合わせ

モノトーン×ビタミンカラー

グレー×ビタミンカラー

ベージュ×ビタミンカラー

ブラウン系×ビタミンカラー

デニム×ビタミンカラー

グラデーションで楽しむのも◎

ビタミンカラーを取り入れたおすすめコーデ

【春夏】レッド×キャメル

【春夏】ピンク系グラデ

【春夏】ライムグリーン×ネイビー

【春夏】白×イエロー

【春夏】オレンジ×ブルー×ブラック

【秋冬】ベージュ×オレンジ

【秋冬】ネイビー×ピンク

【秋冬】イエロー×ブラック×ベージュ

【秋冬】ピンク×グレー

【秋冬】グリーン×ブラック

ビタミンカラーを上手に取り入れて、よりフレッシュなコーデに♪

 

「ビタミンカラー」って何色?

 

ビタミンカラーとは

 

ビタミンカラーとは、柑橘系フルーツや緑黄色野菜の色味を連想させる、明るくビビッドな色の総称。

 

柑橘の明るい黄色やオレンジやライムグリーン、緑、ベリーのようなレッドなどがビタミンカラーに相当します。

柑橘系フルーツや緑黄色野菜に共通してビタミンCが含まれているため、「VCカラー」と呼ばれることもあります。

 

配色

 

また、黄色やオレンジは太陽や夏を思わせることから、爽やかで元気、活発な印象を与えるため、ビタミンカラーと言われるようになったとも言われています。

 

 

ビタミンカラーに期待できる効果

 

ビタミンカラー効果

 

色彩は人の心・体に大きな影響を与えます。

ビタミンカラーも例に漏れず、様々な効果をもたらしてくれます。

 

ビタミンカラーには、人々にどんな効果や影響を与えてくれるのでしょうか。

 

気分をポジティブにする

 

 

ビタミンカラーに期待できる代表的な効果としては、「気分をポジティブにしてくれる」効果です。

ビタミンカラーを目にしたり、身につけた時、人は明るくポジティブな気分になると言われています。

 

気分がやや下がっている時に積極的に取り入れることで、気分転換を図ることもできますね。

 

印象が華やかに

 

 

ビタミンカラーには人の心を元気にする効果だけでなく、見た目も華やかに印象付けてくれるメリットがあります。

華やかなシーンはもちろん、普段のお出かけで暗い印象は避けたい場合にも活用したい色です。

 

 

【配色】ビタミンカラーの上手な色合わせ

 

ビタミンカラー合わせ方

 

ビタミンカラーを取り入れるなら、アクセサリーや靴といった小物だけでなく、トップスやボトムスに取り入れる方法も人気です。

 

ただ、あまり無闇にビタミンカラーを取り入れすぎると、華やかな雰囲気を超えて「派手な人」と思われる可能性もあります。

 

ここからは、ビタミンカラーを取り入れてコーデに失敗するのが怖いという方や、初めてビタミンカラーを着こなしに取り入れる方向けに、ビタミンカラーを取り入れる際のおすすめの配色をご紹介します。

 

モノトーン×ビタミンカラー

 

 

ビタミンカラーをどう合わせようか悩んだら、まずおすすめしたいのがモノトーンコーデにビタミンカラーのものを合わせる配色方法。

「モノトーンコーデだけだとなんだか無難すぎる…?」と感じた時にも使える方法です。

 

例えば、トップスは白Tシャツ、ボトムスはイエローのマキシスカート、シューズはブラックのローファーといった合わせ方。

モノトーンをベースにビタミンカラーを取り入れることで、無難なモノトーンコーデをさらにこなれた印象に持っていくことができますよ。

 

ブラックのアイテムにビタミンカラーのアイテムを合わせると、ハイコントラストな洗練コーデを楽しむことも可能。

ビタミンカラーを使ったコーデは夏コーデによく使われますが、あえてコーデが黒メインで重たくなりがちな冬コーデに使うと、見違えるほど気持ちもコーデも華やぎます。

 

グレー×ビタミンカラー

 

 

モノトーンコーデにビタミンカラーを合わせると、コントラストが効きすぎて顔が負けそうと心配な方もいらっしゃるかと思います。

 

ハイコントラストがあまり得意でない方は、モノトーンとビタミンカラーの間に「グレー」を挟むのがおすすめ。

無彩色であるグレーをモノトーン×ビタミンカラーコーデに取り入れることで、コントラストの高さを和らげることができます。

 

グレー×イエロー、グレー×ホワイト×グリーンなど、グレー系メインのコーデにビタミンカラーを合わせて優しい印象に転ばせてみるのもおすすめです。

 

ベージュ×ビタミンカラー

 

 

よりふんわりとした印象に変化させるなら、グレーも良いですがベージュを合わせるのもおすすめ。

主張が少ないカラーではありますが、ビタミンカラーを合わせることでお互いの色味を引き立ててくれます。

 

さりげなくビタミンカラーを取り入れたいけれど、他に何色を合わせるべきか悩む…というときに、ニュアンスカラーでもあるベージュを合わせることで、よりソフトで落ち着いた印象を演出することができます。

 

ブラウン系×ビタミンカラー

 

 

意外とビタミンカラーに合わせやすいブラウン。

深めのブラウンはオレンジやレッドとの相性が特に良く、ブラウンの持つ「落ち着き」がビタミンカラーを大人っぽく見せることができます。

 

「ビタミンカラーをメインアイテムに持ってくると子供っぽく見えないかな?」と心配な時には、ぜひブラウン系アイテムを合わせてみてはいかがでしょうか。

キャメルならオレンジ、ブラウンならオレンジレッドが好相性です。

 

逆に、ブラウンやキャメルなどのアースカラーを合わせた際に老け見えしそうなときに、ビタミンカラーをコーデのどこかにプラスするのもおすすめ。

差し色効果で、さらに洗練されたブラウンコーデを楽しむこともできます。

 

デニム×ビタミンカラー

 

 

ビタミンカラーコーデをよりカジュアルに楽しむなら、デニムとビタミンカラーを合わせてみるのもおすすめ。

華やかで元気なビタミンカラーをほどよくトーンダウンしてくれるので、大人の女性でも、色味豊かなカラフルカジュアルコーデとして楽しめる合わせ方です。

 

インディゴデニムやブラックデニムからウォッシュドデニム、ホワイトデニムまで、比較的合わせるデニムも選ばないので、お手持ちのデニムアイテムですぐに色合わせを楽しめるのも魅力ですね。

 

グラデーションで楽しむのも◎

 

 

これまで挙げてきた配色以外にも、あえて同系色のみでコーデを固める方法もこなれた印象を演出できる着こなし配色の一つです。

 

例えば、こちらはオレンジベースでまとめたコーデ。

トップスに元気なオレンジ、ボトムスにやや濃いめのオレンジを合わせることで、美しいグラデーションが出来上がっています。

 

上下オレンジですが、あえて濃いめのオレンジを合わせることで、落ち着いたコーデにまとまっているのがポイントです。

コーデに悩んだら、あえて同系色でまとめてみると普段使っているコーデアイテムもまた違って見えてきますね。

 

 

ビタミンカラーを取り入れたおすすめコーデ

 

ここからは、ビタミンカラーを取り入れた素敵な着こなしをピックアップしていきます。

 

【春夏】レッド×キャメル

 

 

やや彩度を落としたレッドのトップスにキャメルの マキシスカート を合わせたコーデ。

同じ暖色系アイテムを合わせ、大人っぽい印象に仕上がっていますね。

 

小物類はホワイトで統一し、  抜け感 をプラスしているのもポイント。

ホワイトをコーデに足し算することで、コーデによりフレッシュさを加えることができるので、落ち着いた色味のビタミンカラーコーデでも、新鮮さと若さを印象付けることもできます。

 

上下だけだとカジュアルコーデにも見えますが、小物をきれいめ系で統一しているため、大人っぽさも感じられるのも素敵ですね。

 

【春夏】ピンク系グラデ

 

 

紫系パステル くすみカラー やホワイトでまとめつつ、足元へ下がるにつれてピンク味を帯びてくるグラデーションコーデ。

足元もホワイトやくすみカラーでまとめても素敵にまとまりますが、あえてビタミンを感じるピンクのシューズを合わせることで、トレンドを意識したコーデに仕上がっています。

 

他のカラーに配慮してシューズの色を合わせているため、全体から浮くこともなく素敵なアクセントとして機能していますね。

 

【春夏】ライムグリーン×ネイビー

 

 

ライムを思わせるフレッシュなグリーンをアクセントに置いたシンプルコーデ。

ショート丈のカーディガンをニットトップスとして活用しているだけでなく、センタープレスパンツのラインも脚長効果も抜群です。

 

足元はホワイトで軽く仕上げ、ベーシックながら モード も感じるきれいめコーデに仕上がっています。

 

【春夏】白×イエロー

 

 

太陽を感じるイエローをメインアイテムに置いた夏コーデ。

トップスにはプリントTシャツを合わせ、今らしいカジュアルコーデにまとまっています。

 

「マキシたけのフレアスカートは下半身が大きく見えないかな?」と心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらのようにあえてTシャツを  タックイン することで、より腰位置が高くスラっとした印象を与えることができます。

 

イエローの補色でもあるブルー系バッグを合わせ、ほど良いコントラストが効いたメリハリコーデですね。

 

【春夏】オレンジ×ブルー×ブラック

 

 

よりメリハリの効いたカラーコーデを楽しむなら、こちらのような着こなしはいかがでしょうか。

パキッとしたオレンジに、大人っぽいブラックのサンダルを合わせた夏らしいコーデです。

 

間にブルーのビンテージ風デニムを挟み、コントラストがありながら目にも優しいコーデに仕上がっています。

間に薄めの色を挟みつつ、ピンク×グリーン、イエロー×ブルーなど、他のカラーコンビでコントラストコーデを楽しんでみるのもおすすめです。

 

【秋冬】ベージュ×オレンジ

 

 

同じようなトーンのオレンジとベージュを活用した着こなし。

ほんのりグラデーションも感じられる色使いで、シンプルな着こなしながら工夫も感じられるコーデですね。

 

トップスはベージュとホワイトで色味を抑え、オレンジのボトムスがアクセントになるようバランスを取っているのもポイントです。

 

【秋冬】ネイビー×ピンク

 

 

ぱっと見はシンプルでカジュアルなネイビー・デニムコーデですが、足元にビタミンカラーを取り入れた技ありコーデ。

 

パンプスを取り入れるだけでもカジュアルコーデも少し印象が変わりますが、あえて秋冬にカラフルなビタミンカラーを差し色として取り入れることで、こなれ感のある上級者コーデに仕上がります。

 

その日の着こなしが思っていたよりも重たかったという日のアクセントアイテムとして取り入れてみると、コーデがより軽快な印象になります。

 

【秋冬】イエロー×ブラック×ベージュ

 

 

無彩色のパーカーにチノパンを合わせたボーイッシュなコーデはすでに定番化されているほど人気ですが、こちらのようにあえて軽快なイエローのものを合わせてみるのはいかがでしょうか。

 

ブラックやベージュの落ち着いた色味に全くジャンルの違う色味のものを加えることで、さらにアクセントの効いたコーデに早変わりしますよ。

 

パーカーに派手めの色味を使う場合は、こちらのように全体を無地でまとめておくと子供っぽく見えず、アクティブで洗練された着こなしが楽しめます。

 

【秋冬】ピンク×グレー

 

 

華やかなピンクにツヤ感のあるダークグレーのロングスカートを合わせたレディライクなコーデ。

 

トップスの華やかカラーニットが厚手でデコラティブなデザインな分、ボトムスもそれを引き立てるようなシンプルで上質な素材のものを選んでいるのがポイントです。

 

お互いが負けることなく両アイテムを引き立てる、シックで冬らしいコーデにまとまっていますね。

 

【秋冬】グリーン×ブラック

 

 

すだちのようなキリッとしたグリーンをアクセントアイテムに活用したシャープな着こなし。

全体をブラックでまとめている分、よりグリーンの鮮明さが引き立っています。

 

ハットにホワイトをプラスし、全体が重くなりすぎないよう工夫されているのもポイント。

足元はダークグレーのブーツなど、淡めの無彩色を挟んでより軽く仕上げるのもおすすめです。


 

ビタミンカラーを上手に取り入れて、よりフレッシュなコーデに♪

 

 

心に元気を与えてくれる人気カラー・ビタミンカラーでコーデを考える際の、おすすめの配色や素敵なコーデをご紹介しました。

 

爽やかで華やかなビタミンカラーは、夏のイメージがありますが秋冬も活用できる便利なカラー。

色味をプラスしたいところにアクセントカラーとして使えるのはもちろん、コーデのメインアイテムとしても使いやすいので、コーデのリフレッシュにも最適です。

 

気分もコーデもビタミンカラーでリフレッシュして、より新鮮なコーデを楽しんでみてください。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(391)
   着回し/コーデ(87)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(76)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(9)
メイク・コスメ(454)
   ベースメイク(39)
   アイメイク(67)
   リップ/グロス(29)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(218)
美容(159)
   スキンケア(87)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー/トリートメント(47)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(263)
   生活雑貨/生活用品(23)
   お祝い/ギフト/プレゼント(23)
   趣味(10)
   お出かけ/観光/旅行/デート(34)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(72)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(92)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(31)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(28)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(41)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(19)

スキンケア

エイジングケア(44)
保湿(206)
美白(45)
乳液(48)
クリーム(121)
オイル(29)
化粧水(132)
美容液(102)
基礎化粧品(147)
ニキビ(22)
毛穴ケア(37)
角質ケア(51)
肌荒れ(29)
くすみ(54)
クマ(10)
たるみ(21)
ハリ不足(40)
スペシャルケア(135)
セルフケア(71)
UV対策(46)
日焼け対策(37)
日焼け止め(16)
しわ(13)
洗顔/クレンジング(89)

肌質

乾燥肌(130)
敏感肌(95)
脂性肌(43)
混合肌(32)

コスメ/メイク

ツヤ肌(134)
マット肌(55)
ミネラルコスメ(57)
デカ目(67)
小顔(5)
韓国(89)
化粧(220)
ポイントメイク(238)
メイクテク(109)
ナチュラルメイク(173)
美肌(150)
メイク道具(34)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(142)
テカリ防止(22)
アイメイク(169)
リップ/グロス(149)
チーク(92)
カラーメイク(45)

ファッション

春コーデ(109)
夏コーデ(103)
秋コーデ(121)
冬コーデ(124)
スタイル(243)
テイスト(223)
シーン別(52)
大人コーデ(161)
カジュアル(155)
綺麗め(166)
フェミニン(122)

年代別

10代(6)
20代(15)
30代(17)
40代(11)
50代(7)

恋愛

片思い(26)
男性心理(43)
カップル(37)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(48)
モテ仕草(5)

ヘアスタイル

ショートヘア(53)
ロングヘア(57)
セミロング(56)
ボブ(57)
スタイリング(89)
ヘアケア(83)
ヘアカラー(32)
ヘアアクセ(24)

ライフスタイル

ホームパーティー(25)
グルメ/レシピ(129)
ヘルシー(49)
運動(22)
筋トレ(8)
リラックスタイム(51)

人気記事ランキング