logo

Top > ライフスタイル > 結婚

フォトウエディングとは?メリットや流れ、値段、注意点を解説!おすすめの撮影シーンや東京のスタジオ・プランも






結婚式に代わる新たなブライダルの形として話題になっている、フォトウエディング(フォト婚)をご存知でしょうか。
費用や準備にかかる手間を抑えられるため、近年人気を集めています。

本記事では、フォトウエディングのメリットや流れ、依頼先や費用相場、衣装の用意の仕方、気を付けるべきポイント、当日のスケジュールなどを解説します。

記事後半ではおすすめの撮影シーンや追加プラン、フォトウェディング撮影ができる東京のスタジオ・結婚式場も取り上げているので、フォトウエディングを検討する際の参考にしてみてください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】フォトウエディングとは?メリットや流れ、値段、注意点を解説!おすすめの撮影シーンや東京のスタジオ・プランも

 

フォトウエディングとは

フォトウエディングが選ばれる理由・メリット

1. 費用を大幅に抑えられる

2. 準備に必要な手間や時間などの負担が少ない

3. 気を使わない・自由度が高い

フォトウエディングはどこに依頼すればいいの?

フォトウエディングの流れ

1. フォトスタジオやカメラマンの選定

2. プランや日程の決定・予約

3. 衣装選び・試着

4. 撮影当日〜撮影データやアルバムの受け取り

フォトウエディングの値段・費用の相場感

フォトウエディングにかかる費用

フォトウエディングの衣装の用意方法

フォトウエディングをする上で気を付けるべきポイント・注意点 

1. 衣装や小物の持ち込みができるか確認する

2. メイクやヘアセッティングのイメージを事前に伝える

3. 価格だけでプランを決めずに内容を確認する

4. 雨が降ったときのことも想定しておく

フォトウエディング当日のスケジュール

1. ヘアメイク

2. 衣装の着付け・小物の着用

3. 撮影(移動・衣装チェンジ)

4. 写真選び

フォトウエディングでおすすめの撮影シーン・ロケーション

チャペル・教会

海辺・ビーチ

日本庭園や神社・お寺

思い出の場所

フォトウエディング撮影におすすめ!東京の撮影スタジオ・結婚式場

LUMINOUS 銀座

TORUTOKOYA photo&movie 新宿

ONESTYLE 表参道

STUDIO AQUA 表参道渋谷店

リビエラ東京

aim東京原宿店

フォトウエディングに+αで付けたいプラン

フォトウエディング+会食プラン

フォトウエディング+挙式プラン

フォトウエディング+新婚旅行プラン

 

フォトウエディングとは

 

フォトウェディングとは

 

フォトウェディングとは、結婚式を挙げる代わりに行う写真撮影のことです。

挙式はせずに、結婚式の衣装(ウェディングドレスや和装、タキシードなど)を着用し、好きな場所で撮影することで結婚の思い出を作ります。

 

フォトウェディングは、スタジオ撮影かロケーション撮影を選ぶことができます。

フォトスタジオの中で撮影するのが『スタジオ撮影』、ふたりの思い出の場所や海辺、公園や教会など好きな場所で撮影するのが『ロケーション撮影』です。

 

また、フォトウェディングの依頼先によって、撮影以外にも様々なプランが用意されています。

家族や親族を招いての会食や挙式を行えるプランや、国内のリゾート地や海外での撮影と合わせて新婚旅行ができるプランなどを+αで付けることが可能です。

 

フォトウェディングと混合されがちなものに『前撮り』や『後撮り』がありますが、これらは結婚式を挙げることを前提として行われるブライダルフォトの別撮りです。

前撮りは結婚式に先立って写真撮影を行い、後撮りは結婚式よりも後に行います。

写真を撮る流れはフォトウェディングとほぼ同じです。

 

 

フォトウエディングが選ばれる理由・メリット

 

フォトウェディング

 

結婚式ではなく、フォトウェディングを選ぶ人が増えている理由は以下の通りです。

 

1. 費用を大幅に抑えられる

 

挙式や披露宴など結婚式をする場合、200万円から300万円ほどの費用がかかるのが一般的です。

親からの援助やご祝儀で費用の約半分をまかなえる場合もあるものの、それでも十分高額になってしまいます。

 

写真撮影のみを行うフォトウェディングなら、高くても20万円〜30万円程度と、結婚式費用の10分の1以下の費用でできます。

撮影するカット数や選ぶ衣装、スタジオ撮影なのかロケーション撮影なのかといった撮影場所、アルバム作成などのオプションの有無によって費用は異なりますが、数万円からでも実施可能です。

 

浮いた資金で、新婚旅行や新生活の準備などに回せる点が最大のメリットですね。

 

2. 準備に必要な手間や時間などの負担が少ない

 

結婚式をするとなると、式場との打ち合わせや招待者リストの作成、招待状の送付や席次決め、余興の依頼やスピーチの作成などかなりの準備が必要で、手間も時間もかかります。

結婚式当日も、ゲストへの挨拶回りやスピーチ、お見送りなどやるべきことがたくさんです。

 

一方、フォトウェディングは多くても2回ほどの打ち合わせだけでOKで、当日も着替えや撮影のみなので、手軽に記念を残すことができます。

 

また、手間や時間がかからないため、授かり婚で結婚式をする余裕がない方や、再婚で記念だけを残したい方、入籍当時に挙式できなかったけれど記念になるものがほしい方にもおすすめです。

 

3. 気を使わない・自由度が高い

 

結婚式では、お祝いされる立場でありながらもゲストの方に気を使う必要があります。

特に職場の上司や同僚などを呼ぶ場合は、失礼のないようことさらに配慮が必要ですね。

 

衣装選びにおいても、ゲストをお待たせしないように、衣装の種類やお色直しの回数に気を遣って本来の希望通りにいかないこともあるでしょう。

また、挙式の時期を決定する際は、お日柄やゲストのスケジュールを加味して調整しなければなりません。

 

フォトウェディングは、誰かに気を使うことなく、自由に行うことができる点がメリットです。

夫婦ふたりのお気に入りの衣装やらしさを表現できる私服を選ぶことができ、ふたりだけのタイミングでスケジュールを決められます。

 

また、撮影シーン・ロケーションも自由に選ぶことが可能です。

 

 

フォトウエディングはどこに依頼すればいいの?

 

フォトウェディングはどこに依頼すれば良いの

 

フォトウェディングを行う場合、一般的にはフォトスタジオや写真撮影専門業者に依頼するケースが多いです。

プランが充実しており、価格帯も様々なので、好みに合わせてスタジオ選定することができます。

 

また、フォトウェディングができる結婚式場もあります。

撮影スタジオだけでなく、教会・チャペルやガーデン・庭園などで撮影することができ、ブライダル感たっぷりの写真を残すことができますよ。

 

あるいは、フリーカメラマンに個人撮影を依頼する方法もあります。

知らない人だと緊張してしまう方や撮影シーンへのこだわりの強い方は、人柄や雰囲気、撮影実績のわかる知り合いのカメラマンさんに頼んでみるのもあり。

 

また、SNSで「こんな風に撮りたい!」という写真を見つけた場合は、直接依頼してみても良いでしょう。

 

 

フォトウエディングの流れ

 

フォトウェディングの流れ・やり方

 

フォトウェディングをする際に、予約から実際の撮影、完了までどのような流れで進んでいくのかを紹介します。

 

※フォトウェディング当日のスケジュールについては後述します。

 

1. フォトスタジオやカメラマンの選定

 

まずは、フォトウェディングを依頼するフォトスタジオや結婚式場、カメラマンを選びます。

フォトウェディング当日の3ヶ月ほど前に選定できるとスケジュール的に安心です。

 

予算や撮影したいシーン、衣装やヘアメイクのイメージ、撮りたい写真の雰囲気などの希望をもとに、各社が用意しているフォトウェディングのプランや金額、用意されているオプションや過去の作品などをチェックして比較検討しましょう。

 

SNSを探せば、実際にそのスタジオやカメラマンによって撮影された写真と、撮影された夫婦のリアルな声をチェックできることもありますよ。

 

2. プランや日程の決定・予約

 

フォトウェディング

 

フォトウェディングの依頼先が決定したら、続いてプランの相談や日程調節に移ります。

2ヶ月〜3ヶ月前には料金や撮影日を具体的に決定し、予約を行いましょう。

 

実際にスタジオや結婚式場に来店しての打ち合わせとなりますが、オンラインでの打ち合わせが可能なところもあります。

 

3. 衣装選び・試着

 

フォトウェディング当日の1ヶ月〜2ヶ月前になると、ドレスやタキシード、和装などの衣装を試着します。

試着によって気に入った衣装を選びましょう。

 

その際に、衣装の雰囲気や撮影したいイメージに合わせて、ヘアスタイルやメイク、アクセサリーなどを決める場合もあります。

 

4. 撮影当日〜撮影データやアルバムの受け取り

 

撮影当日は、スタイリストやメイクアップアーティストなどのプロに衣装の着付けやヘアメイクをしてもらい、カメラマンによる撮影に移ります。

撮影後、撮影データの中から気に入った写真を選択し、レタッチなどの編集を経て、後日完成した写真やアルバム、データが届きます。

 

以上が一般的なフォトウェディングの流れです。

 

 

フォトウエディングの値段・費用の相場感

 

フォトウェディングの値段・費用の相場感

 

2020年6月に実施されたワタベウェディングの『  フォトウェディングに関するアンケート調査   』によると、フォトウェディングにはかける費用に関する質問において、回答者全体の28.8%が「5万円以上10万円未満」と回答しました。

続いて「3万円以上5万円未満」が20.8%、「1万円以上3万円未満」が15.8%、「10万円以上15万円未満」が14.3%という結果が出ています。

 

また、  マイナビウエディングの調査   によると、20.4%の回答者が「3万円以上5万円未満」と回答しています。

次いで「10万円以上15万円未満」が19.2%、「7万円以上10万円未満」が16.0%、「1万円以上3万円未満」が15.7%となっています。

 

1万円未満の場合や、反対に20万円以上かかった場合もあるものの、5万円前後〜10万円前後がフォトウェディングの相場と言えそうです。

土日祝日や繁忙期の撮影や、特殊な場所での撮影の場合は、費用が上がるケースもあります。

 

フォトウエディングにかかる費用

 

フォトウェディングでは、写真撮影代やヘアメイク代、衣装や小物・アクセサリー代、フォトスタジオや照明などの設備代、写真データやアルバム代などの費用がかかかります。

これらの費用は基本パックとしてプランの費用に入っている場合が多いですが、入っていない場合もオプションとして追加料金でサービスを受けることが可能です。

 

写真撮影代に関しては、スタジオ撮影よりもロケーション撮影の方が、出張費用の加算などにより高くなる傾向にあります。

さらに、撮影場所が遠方になる場合や、複数の場所間での移動が必要な場合は、さらに金額が上がります。

 

また、フォトウエディングで選ぶ衣装の種類や小物・アクセサリーの数によっても料金が変わってきます。

一般的にはドレスやタキシード(和装)よりも、白無垢や色打掛や紋付き袴(和装)の方が高くなる傾向になります。

 

両方着用したい場合は、お色直しも必要になるため金額が上がります。

 

 

フォトウエディングの衣装の用意方法

 

フォトウェディングの衣装の用意方法

 

フォトウェディングで着用する衣装は、撮影を依頼したスタジオや結婚式場で用意してもらえる(プランに含まれている)ことがほとんどです。

そのため、フォトウェディングの依頼先を選定する際は、必ず衣装のラインナップをチェックするようにしましょう。

 

ウェディングドレスだけでなく、衣装チェンジをしたい場合はカラードレスの有無、和装を着用したい場合は色内掛や引振袖があるのかどうか確認しておくことをおすすめします。

 

このように、フォトウェディングにおいて衣装を用意する必要はありませんが、小物や直接肌に身に付けるインナーは自身で用意する必要があります。

洋装の場合はストッキング・靴下や肌着を、和装の場合は足袋や肌着を用意しましょう。

 

ただし、フリーカメラマンに依頼する場合は、ドレスや和装などの衣装や小物・アクセサリーもご自身での用意が必要です。

 

 

フォトウエディングをする上で気を付けるべきポイント・注意点 

 

フォトウェディングをする上で気をつけるべきポイント・注意点 

 

フォトウェディングをするにあたり、いくつか気を付けるべきポイントを紹介します。

 

1. 衣装や小物の持ち込みができるか確認する

 

「友人が作ってくれたオリジナルのドレスでも撮影したい」「夫婦で用意したお揃いの私服を持っていきたい」など、スタジオや結婚式場が用意した衣装に加えて持ち込みをする場合、持ち込みが可能かどうかや追加料金がかからないかを確認してください。

ドレスだけでなく、小物やアクセサリーを持ち込む場合も同様です。

 

持ち込んだ衣装に着替える際にヘアメイクを変えたい場合は、その旨も伝えておくことをおすすめします。

 

2. メイクやヘアセッティングのイメージを事前に伝える

 

フォトウェディング

 

フォトウェディングで理想の写真を撮るためには、衣装に加えてヘアメイクが大切です。

「仕上がった写真が自分の好みと違う」「衣装や顔に似合っていない…」と後悔しないように、事前にヘアメイクの仕上がりのイメージを伝えておくことをおすすめします。

 

自分がして欲しいメイクやヘアアレンジの写真を見せたり、ふんわり可愛い系やクールな感じといった雰囲気や好きな色味の希望を伝えたりすると失敗しませんよ。

 

また、フォトウェディングを依頼したスタジオや結婚式場の過去データを見せてもらい、イメージに近いスタイルを担当したヘアメイクの方を指名しても良いでしょう。

 

3. 価格だけでプランを決めずに内容を確認する

 

フォトウェディングは一生の思い出のひとつになるイベントです。

価格の安さだけでプランや依頼先を決めるのではなく、内容をしっかりと確認するようにしましょう。

 

例えば以下のようなチェックポイントがあります。

 

  • 撮影できる写真の枚数
  • 衣装のバリエーション
  • 衣装の試着の有無
  • アクセサリーやヘッドセットの種類
  • 撮影データの受け渡し方法(デジタルor印刷orアルバムなど)
  • 衣装チェンジの際のヘアメイクチェンジ有無
  • ポーズのバリエーション
  • スタジオやロケーションなど撮影場所の下見の有無
  • 衣装や小物の持ち込みの可否
  • 基本プランに含まれている内容 など

 

満足できる撮影ができるように、プランの内容を細かくチェックされることをおすすめします。

 

4. 雨が降ったときのことも想定しておく

 

フォトウェディング

 

スタジオ撮影であれば問題ありませんが、ロケーション撮影を選ぶなら天気のことも考える必要があります。

撮影当日に雨天だった場合や急に雨が降ってきた場合の対応を検討しておきましょう。

 

  • 雨が降っても撮影を継続できるように、雨宿りできる場所や濡れにくい場所を用意しておく
  • 撮影候補日をいくつか確保しておく など

 

雨が降り続いたり激しい雨になったりした場合は、やむを得ず中止となることもあります。

 

 

フォトウエディング当日のスケジュール

 

フォトウェディング当日のスケジュール

 

フォトウェディング当日は、ざっくりと【ヘアメイク→着付け→撮影→衣装チェンジ→撮影→撮影終了→着替え→写真選び】というスケジュールになります。

プランや衣装チェンジの有無などによって所要時間は異なりますが、おおよそ3時間~5時間ほどかかるのが一般的です。

 

1. ヘアメイク

 

撮影当日、スタジオや結婚式場に到着したら、まずはメイクとヘアセットを行います。

所要時間はおおよそ1時間~1時間半です。

 

ヘアメイクは当日の天気や撮影場所、照明などを考慮して仕上げてもらいます。

仕上がりイメージの希望がある場合は、ヘアメイクさんやスタイリストさんに写真を見せるなどして伝えておくと良いでしょう。

 

また、ドレスの試着と同じように、ヘアメイクのリハーサルを事前にしておくと安心ですよ。

 

ヘアメイクをより際立たせるために、撮影当日までにスキンケアやヘアケアをしておくことをおすすめします。

お顔の産毛やムダ毛の処理をしたり、エステやトリートメントに行く方も多いですよ。

 

2. 衣装の着付け・小物の着用

 

フォトウェディング

 

ヘアメイクが完成したら、続いて体のラインを綺麗に見せるブライダル用の下着や肌着を着用し、事前に決めておいた衣装に着替えます。

同時に、ブライダル小物やアクセサリーを付けていきます。

 

次のような要望や、なりたいイメージを伝えるようにしましょう。

 

  • ヘッドセットの種類(ティアラやドライフラワーなど)
  • アクセサリーの好み(ストーン系やパール系、ピアス or イヤリング、ネックレスの有無など)
  • ブライダル小物の好み(手袋の長さなど) など

 

3. 撮影(移動・衣装チェンジ)

 

そのままスタジオに移動するか、ロケーション撮影の場合は撮影場所まで移動します。

移動中にドレスや着物がきつくて車酔いしてしまわないように、酔い止めの薬を飲んでおくと安心です。

 

撮影場所に到着したら、カメラマンから指示を受けたり相談しつつ撮影をスタートします。

撮影当日緊張してしまい、同じ表情や同じポーズばかりなってしまわないよう、ポージングや撮りたい構図を用意・練習しておくことをおすすめします。

 

撮影が始まったら、モデルになったつもりで撮ってもらってくださいね。

 

撮影の所要時間は1着あたり30分~1時間半ほどですが、複数の衣装を用意していて着替えやヘアメイクチェンジが必要な場合は、3時間〜5時間ほどかかることもあります。

撮影時間が長くなってもよい作品が残せるように、万全の体調で撮影に挑みましょう。

 

4. 写真選び

 

フォトウェディング

 

撮影が終了したら、元いた場所に戻って着替えを済ませ、撮った写真をモニターで確認しながら選びます。

後日データをパソコンで選ぶ場合や当日その場でプリントしてもらえる場合、全てのデータをもらえる場合もあります。

 

ピックアップした写真のデータやアルバムは、2週間~1ヶ月後に郵送またはスタジオにて受け取ります。

特に気に入った写真を大きく印刷してもらえたり、キーホルダーや木製パネルなどの記念品にしてもらえたりするスタジオもありますよ。

 

年賀状や結婚のお知らせなどに使うために早くデータがほしい場合は、その旨を相談してみましょう。

お急ぎプランなどを用意しているスタジオもあります。

 

 

フォトウエディングでおすすめの撮影シーン・ロケーション

 

フォトウェディングでおすすめの撮影シーン・ロケーション

 

続いて、スタジオを飛び出してロケーション撮影をする場合におすすめのシーンを紹介します。

 

チャペル・教会

 

チャペル

 

やはり人気なロケーションは、チャペルや教会です。

バージンロードやステンドグラスのある神聖な空間での撮影は、結婚式をしなくてもブライダル感を出せるロケーションとして選ばれています。

 

海辺・ビーチ

 

海辺

 

リゾート地の海辺やべアエリア、海沿いでの撮影もフォトウェディングで人気です。

海をバックに美しいビーチフォトを撮ることで、自然な表情や開放的な構図を写真に収めることができ、特別な1枚を残せます。

 

特に白いウェディングドレスは青い海と空の背景で映えます。

海外のリゾートでの撮影であれば、フォトウェディングとハネムーンを兼ねて行えそうですね。

 

国内では、沖縄の綺麗な海をバックに撮影される方も多いですよ。

 

日本庭園や神社・お寺

 

日本庭園

 

白無垢や色打掛など和装でのフォトウェディングを行う場合は、日本庭園や神社・お寺での撮影がおすすめです。

桜や新緑、紅葉などの四季折々の景色や美しい草花を背景にした撮影、茶室や橋などの建築物を利用した撮影を楽しむことができます。

 

また、城郭や大名屋敷跡など、史跡での撮影も和装に合います。

番傘や扇子など和装にマッチするアイテムを用意しても良いでしょう。

 

ただ、フォトウェディングのロケーション撮影が可能かどうか、事前に下調べしておく必要があります。

 

思い出の場所

 

思い出の場所

 

初デートや告白、プロポーズをしたところ、昔訪れた観光地や旅行先、ふたりの地元など、思い出深い場所でフォトウェディングを行うパターンもあります。

ただ、撮影時間が限られる場合や撮影が難しい場合もあるため、下調べが必要です。

 

その他、夜景バックやテーマパーク、欧風のガーデンや洋館、お花畑なども撮影スポットとして人気の場所です。

 

 

フォトウエディング撮影におすすめ!東京の撮影スタジオ・結婚式場

 

フォトウェディング撮影におすすめ!東京の撮影スタジオ・結婚式場6選

 

東京でフォトウェディング撮影ができるスタジオや結婚式場を紹介します。

 

LUMINOUS 銀座

 

 

全てのプランにレタッチ代やアルバム代、レタッチ済の写真データが含まれている「LUMINOUS(ルミナス)銀座」。

130着以上のドレスや和装が用意されており、衣装の追加料金が含まれていない点も嬉しいポイントです。

 

LUMINOUSのスタジオのセットは、有名映画などを手がけるデザインアート企業がトータルプロデュースしているため、まるで映画の世界に入り込んだかのような写真を撮ることができます。

結婚式や新居のインテリアとして使えるウェルカムボードのプレゼントや、期間限定の割引キャンペーンも行われており、要チェックの撮影スタジオと言えるでしょう。

 

なお、首都圏ではLUMINOUSお台場も展開されています。

 

LUMINOUS 銀座の店舗情報

 

住所 : 〒104-0061 東京都中央区銀座5-13-19 デュープレックス銀座タワー5/13ビル7F

マップ: Googleマップ

アクセス : 東京メトロ日比谷線/都営地下鉄浅草線 東銀座駅より徒歩1分

電話番号 : 0120-427-648

定休日 : 火曜日、水曜日(2021年1月1日より火曜日のみ)

営業時間 : 10:00〜19:00

 

TORUTOKOYA photo&movie 新宿

 

 

写真だけでなく、映像作品を撮ることもできる『オトナかっこいい』をコンセプトにしたスタジオです。

色や形が様々な衣装や小物が用意されており、どれを選んでも追加料金がかからないため、スタジオのセットやロケーションに合わせて自由に選べます。

 

また、撮影イメージに合わせてカメラマンを選ぶことも可能です。

結婚式での婚礼写真を撮り続けているプロのフォトグラファー集団が、ふたりに合った撮影を提案してくれますよ。

 

写真はすべて、プロによって1枚1枚丁寧に美肌補正されます。

 

一生の記念になる大切な写真なので、撮影当日にお肌の調子がいつもより優れない場合や、肌荒れや赤みなどがの肌トラブルが出た場合でも、自然な肌の質感はそのままで綺麗に見えるよう整えてもらえます。

 

TORUTOKOYA photo&movie 新宿の店舗情報

 

住所 : 〒160-0004 東京都新宿区四谷4-30-5 プラザ新宿御苑11号室

マップ: Googleマップ

アクセス : 丸ノ内線 新宿御苑前駅 2番出口より徒歩5分

電話番号 : 03-6380-6336

定休日 : 水曜日

営業時間 : 平日11:00~20:00、土日11:00~20:00

 

ONESTYLE 表参道

 

 

「ウェディング写真は残すだけじゃなく楽しむもの」という考えのもと、撮影に関わる全てのことを一緒にプランニングしてくれるフォトスタジオです。

 

都内の庭園や公園、洋館やチャペルなどさまざまなロケーションやスタジオで、ふたりらしい写真を残すことができます。

東京駅でのナイトフォト撮影やペットとの撮影も可能です。

 

撮影したデータを形にする際は、4種類のフォトアルバムや台紙、ウェルカムボードから好きな形式を選べます。

ボディメイクやオリジナルブーケの用意など、オプションが豊富な点も魅力ですね。

 

ONESTYLE 表参道の店舗情報

 

住所 : 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-38-1 JP-4ビル1階

マップ: Googleマップ

アクセス :東京メトロ 外苑前駅 3番出口より徒歩5分

電話番号 : 03-6721-0592

定休日 : 火曜日

営業時間 : 平日12:00〜19:00、土祝日10:00〜19:00

 

STUDIO AQUA 表参道渋谷店

 

 

ロケーション撮影ができるだけでなく、充実したスタジオ撮影ができる点が魅力のフォトスタジオです。

 

STUDIO AQUA 表参道店は、ニューヨークのセレクトショップをイメージしたデザインになっています。

都会の街並みを一望できる窓から差し込む光が美しいハウススタジオと、洋風・和風のテイストを織り交ぜた趣があってモダンな屋内庭園型スタジオが完備されていますよ。

 

フォトウェディング+オンライン挙式など、時代に合わせたプランが用意されている点も特長です。

全てのスタジオプランで、ZOOMを利用したライブ配信でゲストと直接メッセージをやりとりできます。

 

また、夫婦以外の家族や友人と一緒に写真を撮りたい場合でも追加料金は無料!

SNSで人気のヘアメイクや、海外のフォトコンテストで受賞経験のあるカメラマンなどのハイレベルなスペシャルチームが一生の思い出を残してくれますよ。

 

東京では、新宿店や浅草店、立川店も展開されています。

 

STUDIO AQUA 表参道渋谷店の店舗情報

 

住所 : 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1−7−7住友不動産青山通ビル12F

マップ: Googleマップ

アクセス :

各線 渋谷駅 ヒカリエ方面出口より徒歩5分
銀座線/千代田線/半蔵門線 表参道駅より徒歩10分

電話番号 : 03-6712-5901

営業時間 : 平日11:00~20:00、土日10:00~19:00

 

リビエラ東京

 

 

結婚式場のリビエラ東京では、挙式や披露宴だけでなく、フォトウェディングを行うこともできます。

 

大きな窓から太陽の光が降りそそぐ一面ガラス張りの『ブランシュール』と、イギリスの教会で100年以上使用されていたベンチを配したアンティークな『アンの家』という、世界観の異なる2つのチャペルでの撮影も可能です。

 

衣装は、リビエラ直営のドレスサロンにて、素材やシルエット、ディティールにこだわったウェディングドレスやカラードレス、和装を選ぶことができます。

 

元料亭のリビエラならではの、自然を生かした日本庭園のような小路や竹林を背景にしての撮影では、白無垢や色打掛などの和装も引き立ちます。

新緑や紅葉など、日本の四季の美しさと共に思い出を残すことができますよ。

 

リビエラ東京の店舗情報

 

住所 : 〒171-0021 東京都豊島区西池袋5-9-5

マップ: Googleマップ

アクセス :池袋駅 C3出口から徒歩1分

電話番号 : 03-3981-3253

定休日 : 水曜日(祝日を除く)

営業時間 :平日11:00~19:00、土日9:00~19:00

 

aim東京原宿店

 

 

GMOリサーチのブライダルフォトスタジオランキングで、3年連続2冠を達成しているスタジオです。

 

清潔感のある白を基調としたスタジオで撮影でき、ひと味違うおしゃれでスタイリッシュな写真を残すことができます。

スタジオを飛び出したロケーション撮影も可能です。

 

撮影の前にカウンセリングをしっかり行ってくれるため、イメージ通りの、またはイメージを超える作品が出来上がりますよ。

 

また、マタニティフォトウェディングも撮影できるので、妊娠中の花嫁さんにもおすすめです。

 

aim東京原宿店の店舗情報

 

住所 : 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-32-12 ニューウェーブ原宿7F

マップ: Googleマップ

アクセス :

明治神宮前駅 5番出口より徒歩2分
原宿駅 表参道口・竹下口より徒歩5分

電話番号 : 03-3497-0303

定休日 : 水曜日

営業時間 :平日11:00~20:00、土日10:00~19:00

 

 

フォトウエディングに+αで付けたいプラン

 

フォトウェディングに+αでつけたいプラン

 

ここでは、フォトウェディングの基本プランに加えて付けたいおすすめのプランを紹介します。

 

フォトウエディング+会食プラン

 

写真を撮るだけでなく、親しい友人や家族に感謝の気持ちを伝える場が欲しい場合は、フォトウェディングと一緒にお食事会やお披露目パーティーを開催してみても良いでしょう。

会食とフォトウェディングがセットになったプランや、撮影と会食を同じ敷地内で行えるホテルや専門式場を選ぶことをおすすめします。

 

費用は10名で30万円ほどが相場です。

 

フォトウエディング+挙式プラン

 

披露宴は不要だけど挙式はしたいという方には、フォトウェディングと挙式のセットプランがおすすめです。

ふたりだけで式を挙げてもいいですし、家族や親族を招待しても良いでしょう。

 

費用は15万円前後が相場と言われており、チャペルでの教会式だと約20万円、神殿や神社での神前式だと約10万円ほどが目安です。

挙式とセットのプランなら、誓いの瞬間を写真に残すことができますよ。

 

フォトウエディング+新婚旅行プラン

 

ハネムーンを兼ねて、海外や国内のリゾート地での撮影ができるプランもあります。

フォトウェディングと旅行を組み合わせることで、より思い出や絆を深めることができます。

 

15万円ほどの基本プラン(撮影代や衣装代)に加え、旅行先や宿泊施設、移動手段によって費用が異なります。

 

国内であれば沖縄や軽井沢、海外のリゾート地であればハワイやグアムなどのエリアががおすすめ。

日常から抜け出した、特別な1枚を撮影できることでしょう。

 

 

結婚式以外に夫婦ふたりの思い出を残す方法として、近年注目されているフォトウェディング。

スタジオやお気に入りのロケーションで、経験豊富なプロのカメラマンにロマンチックな写真を撮ってもらうことができます。

 

好きな衣装と好きな場所で、最高のフォトウェディングができると良いですね。

 

▼結婚の関連記事

 

・  結婚指輪の人気ブランド21選!相場や選び方など押さえるべきポイント総まとめ

・  プレ花嫁必見!結婚式前に知っておきたいインスタグラムの活用方法とは?

・  毎年祝いたい!夫婦の特別な結婚記念日の過ごし方

・  進学や結婚、就職などでお祝いがもらえるお得なサービスを紹介


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(294)
   着回し/コーデ(67)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(54)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(7)
メイク・コスメ(333)
   ベースメイク(31)
   アイメイク(44)
   リップ/グロス(20)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(166)
美容(125)
   スキンケア(73)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(33)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(7)
健康(66)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(6)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(229)
   生活雑貨/生活用品(46)
   ギフト/プレゼント(19)
   趣味(8)
   お出かけ/観光/旅行/デート(31)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(44)
   内装/レイアウト(5)
   DIY(3)
グルメ(84)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(29)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(25)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(28)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(11)

スキンケア

エイジングケア(40)
保湿(166)
美白(42)
乳液(34)
クリーム(94)
オイル(24)
化粧水(101)
美容液(81)
基礎化粧品(116)
ニキビ(19)
毛穴ケア(32)
角質ケア(41)
肌荒れ(22)
くすみ(44)
クマ(10)
たるみ(20)
ハリ不足(35)
スペシャルケア(105)
セルフケア(49)
UV対策(38)
日焼け対策(30)
日焼け止め(12)
しわ(12)
洗顔/クレンジング(61)

肌質

乾燥肌(106)
敏感肌(82)
脂性肌(32)
混合肌(25)

コスメ/メイク

ツヤ肌(106)
マット肌(49)
ミネラルコスメ(41)
デカ目(55)
小顔(2)
韓国(46)
化粧(152)
ポイントメイク(159)
メイクテク(69)
ナチュラルメイク(120)
美肌(117)
メイク道具(29)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(91)
テカリ防止(15)
アイメイク(100)
リップ/グロス(90)
チーク(53)
カラーメイク(27)

ファッション

春コーデ(77)
夏コーデ(73)
秋コーデ(90)
冬コーデ(90)
スタイル(181)
テイスト(163)
シーン別(48)
大人コーデ(109)
カジュアル(103)
綺麗め(118)
フェミニン(86)

年代別

10代(3)
20代(12)
30代(13)
40代(8)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(35)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(38)
ロングヘア(41)
セミロング(38)
ボブ(41)
スタイリング(63)
ヘアケア(61)
ヘアカラー(22)
ヘアアクセ(18)

ライフスタイル

キッチン用品(40)
ホームパーティー(18)
グルメ/レシピ(116)
ヘルシー(44)
運動(18)
筋トレ(7)
リラックスタイム(31)

人気記事ランキング