logo

Top > ファッション > 宝石/アクセサリー

ティファニー「バイザヤード」のジンクスや人気の理由






一粒ダイヤがキラリと光る、ティファニーの代表作とも言えるバイザヤード。
シンプルながらも存在感のある上品なデザインは、時代や年齢を問わず多くの女性が憧れます。

バイザヤードを身に着けると、「恋が叶う」という縁起の良い噂もあります。

今回はティファニーの「バイザヤード」の秘密と魅力に迫ります。
多くの種類の中から自分のなりたいイメージに近いもの、そして自分の魅力を引き立たせてくれるものを見つけてみませんか?

【目次】ティファニー「バイザヤード」のジンクスや人気の理由

 

バイザヤードとは?

バイザヤードの名前の由来

ネックレスだけじゃない、幅広いアイテム展開

バイザヤードのジンクスの秘密

「バイザヤードは痛い!」は本当?

なりたい自分になる!あなたにピッタリのバイザヤードを見つけよう

1. アイテムを選ぶ

2. チェーンの色(素材)を選ぶ

3. 石を選ぶ

4. 大きさを選ぶ

さいごに

 

 

バイザヤードとは?

 

bytheyard_tanzanight

 

バイザヤードとは、Tiffany(ティファニー)の中でも代表的なシリーズの1つで、キラリと光る一粒ダイヤのシンプルなデザインのジュエリーです。

ダイヤモンドをはじめとした宝石の美しさを最大限に活かしたデザインは、今も昔も世界中の女性を魅了し、永遠の憧れとなっています。

バイザヤードの生みの親は「エルサ・ペレッティ」という女性デザイナーで、一世を風靡したティファニーのオープンハートをデザインした人でもあります。

 

バイザヤードの名前の由来

 

「バイザヤード(By the yard)」という名前の由来は、世の中の女性が予算に応じてダイヤの大きさやチェーンの長さをヤード単位で選べるように、という意味を込めて販売したことから始まりました。

今ではダイヤの大きさやチェーンの長さだけでなく、地金の素材や石の種類(一部商品限定)も選ぶことができ、その数は数えきれないほど。

自分の好みで自由にカスタマイズできるのが嬉しいですよね。

 

ネックレスだけじゃない、幅広いアイテム展開

 

image_accessories

 

バイザヤードと聞くと、ほとんどの人はネックレスを想像します。

実際にネックレスが圧倒的に人気で、「バイザヤード=ネックレス」と思っている方も少なくないのではないでしょうか。

 

しかし、バイザヤードはネックレスだけではありません。

指輪やピアス、ブレスレットといったネックレス以外のアイテムも展開されています。

ネックレス同様、シンプルながらもダイヤモンドの美しさが際立つ上品なデザインで、手元や耳元を美しく彩ってくれます。

 

 

バイザヤードのジンクスの秘密

 

image_heart

 

バイザヤードには、「身に付けていると恋が叶う」というジンクスがあると言われています。

はたして、その噂は本当なのでしょうか。

 

実際に恋が叶った・めでたく結婚できたという声は多数あります。

ただ、恋が叶うジンクスを得るには、下記のようないくつかの条件があるようです。

 

  • 自分のお金で買うこと。
  • チェーンの色はイエローゴールドかローズゴールド。(日本ではピンクゴールドと言われることが多いです。)
  • アイテムはネックレス。
  • ダイヤモンドは無色透明のもので、大きさが0.05~0.14カラットの小さなもの。

 

あくまでジンクスですが、これらの条件をクリアすると素敵な恋ができるようです。

 

bytheyard_yellow
イエローゴールド、0.14ctのダイヤモンドのバイザヤード

 

ただ恋を叶えるだけでなく、ダメな恋を断ち切って新しい素敵な縁を運んでくれる魔除けの効果もあるようです。

恋を叶えたい、素敵な結婚をしたい女性は、一度このバイザヤードを買って身に付けてみてはいかがでしょうか。

 

 

「バイザヤードは痛い!」は本当?

 

girl_touchherthroat

 

中には、バイザヤードを身に付けて、「痛い」と感じる人も一定数いらっしゃいます。

実はバイザヤードのダイヤモンドの裏側は下記のように尖ったデザインになっているため、この突起が肌に当たって「痛い」と感じる方がいるようです。

 

by_the_yard

 

バイザヤードは一粒ダイヤのシンプルなデザインであるため、いかにダイヤモンドを美しく見せるかが大切になってきます。

ダイヤモンドを美しく輝かせるために、このような裏側を尖らせたデザインなのです。

 

「身に付けていると痛い」という声もありますが、肌の弱さや感じ方には個人差があるため、気になるかならないかは一度付けてみないとわかりません。

一般的にダイヤモンドの大きさが大きくなるほど、気になるという人の割合も増えていくようです。

 

それでは、全てのバイザヤードがこのデザインかというと、そうではありません。

チェーンがイエローゴールドとプラチナのものはダイヤモンドの周りにある枠が薄いため、突起が肌に当たってしまいます。

しかし、ローズゴールドとシルバーはこの枠ダイヤモンドの突起突起よりも厚いため、突起が肌に当たらず、痛いと感じることはほぼありません。

どうしても痛みが気になってしまう方は、ローズゴールドかシルバーで選んでみても良いかもしれませんね。

 

 

なりたい自分になる!あなたにピッタリのバイザヤードを見つけよう

 

beautiful_woman

 

これまでバイザヤードの特徴やジンクスについてお伝えしました。

これらの情報を踏まえ、自分にピッタリのバイザヤードを見つけてみましょう。

 

自分に合ったバイザヤードを探すために、下記4つのステップを踏んでみてください。

そうすることで、より自分の理想やイメージに近いバイザヤードに出会えますよ!

 

1. アイテムを選ぶ

 

バイザヤードには、ネックレス以外にもリングやブレスレット、ピアスがあるとお伝えしました。

どのアイテムが良いのか、実際の品物のイメージを見ながら選んでみましょう。

 

<ネックレス>

 

 

首元や顔を美しく彩ってくれる定番。

サイズを気にせず普段使いできるため、一番需要が多いアイテムです。

アクセサリーをあまり持っていないという方は、まずはネックレスから挑戦してみると良いかと思います。

 

<リング>

 

 

ネックレスと同じような、珍しいチェーンタイプの指輪です。

他にはないデザインで、手元をスタイリッシュに見せてくれます。

ネックレス同様、石や素材も何種類かあり、好きな組み合わせを選ぶことができますよ。

 

<ブレスレット>

 

 

華奢なデザインが、手元を上品に彩ってくれます。

ネックレスよりも全体的に少し控えめに映るため、さりげなく綺麗に見せるデザインが好みの方におすすめです。

なお、石が2つや3つ付いたデザインのものも展開しているので、華やかさをプラスすることもできますよ。

 

<ピアス>

 

 

ダイヤモンドやそれぞれの石の存在感が光る、華やかなデザインです。

耳元や顔周りを華やかに演出してくれます。

石の周りはそれぞれの素材の枠で囲まれているため、華やかさを残しながらも、少し優しい印象になります。

それぞれの石の美しさを最大限に活かし、なおかつ柔らかさも持ち合わせる欲張りなデザインです。

 

2. チェーンの色(素材)を選ぶ

 

バイザヤードに使われている色・素材は全部で4種類あり、シルバー・イエローゴールド・ローズゴールド・プラチナとなっています。

それぞれの素材の特徴を比較していくので、参考にしてみてくださいね。

 

<シルバー>

 

 

数ある貴金属の素材の中でも、一番綺麗な白色と言われているのがシルバーです。

この綺麗な白と、ダイヤモンドの輝きがしっくりと馴染みます。

 

素材の性質上、ゴールドやプラチナよりも全体的に大きめの作りになるため、カジュアルな印象になるのが特徴です。

少し若いイメージになります。

値段は他の素材に比べて安いため、手に入れやすくお手頃です。

 

他の素材に比べて水分や空気中の埃に弱く、酸化して黒くなりやすいのでお手入れが欠かせません。

面倒だというデメリットもありますが、何度もお手入れをおするうちに、自分のものだという愛着が生まれるという声もよく聞きます。

なお、ティファニーのお店ではいつでも無料でクリーニングをしてくれるので、自宅クリーニングが困難な方でも安心して使えますよ。

 

<イエローゴールド>

 

 

一瞬でパッと華やかな雰囲気を演出してくれるのはイエローゴールド。

大人っぽい色気を引き出してくれるのが特徴です。

黒や紺などシックな服と相性が良く、身に付けるだけで華を添えてくれます。

シックな雰囲気、大人っぽい雰囲気を出したい時には是非身につけたい色ですね。

 

素材はK18なので変色はほとんどなく、お手入れもかなり楽なのがメリットです。

そうとはいえ、数ヶ月に一度ぐらいのペースでクリーニングすることで、輝きをキープしてより美しく輝かせることができますよ。

お値段は相場によって変わりますが、シルバーと比べるとかなりお値段は高くなります。

ただ、一生使える魅力的な素材なのでおすすめです!

 

<ローズゴールド>

 

 

女性らしい柔らかな雰囲気を演出してくれるのが、このローズゴールド。

肌馴染みが良く、さりげなく可愛い・綺麗な印象を与えます。

 

白色やパステルカラーなどのふんわりと優しい色味の服と相性が良いので、可愛い服装や雰囲気を好む方におすすめです。

初対面の人と会う時やデートの時に付けると、相手に優しい印象を与え、緊張を和らげてくれる効果もあります。

イエローゴールドと同様、こちらもK18なのでお手入れは簡単ですが、定期的にお店でクリーニングしてもらうことでずっと綺麗な輝きを維持できますよ。

 

<プラチナ>

 

 

プラチナは、ダイヤモンドを一番美しく輝かせる素材と言われています。

シルバーよりもやや黒っぽく光る重厚感と深みのある色で、付けた瞬間から洗練された美しさを演出してくれます。

全く嫌味にならず、むしろ凛としてしっかりとした印象を与えてくれるところが、プラチナ最大の魅力ではないでしょうか。

 

カッチリとした服装に合わせることで、華と淑やかさの両方を纏うことができますよ。

プラチナは変色がほとんどない素材なので、ゴールド同様お手入れの手間がほとんどかかりません。

しかし、やはり磨いてもらうことでくすみなどが取れて輝きを維持できますので、定期的にクリーニングすることをおすすめします。

 

素材自体のお値段は、少し前までゴールドよりも高価でしたが、最近では金の高騰によってプラチナの方が安くなっています。

今後また変わる可能性が大いにあり、それに伴って小売り価格も変更される可能性があるので、購入を考えている方はあらかじめチェックしておいた方が良いでしょう。

 

3. 石を選ぶ

 

image_jewelry

 

バイザヤードはダイヤモンドだけでなく、様々な種類の石を選ぶことができます。

一般的にシルバー素材での展開となっていますが、一部商品ではゴールド素材でも展開しているようです。

 

カラーストーンはダイヤモンドと比べて数が少なく、取り寄せになることもよくあります。

また、品物自体があるかどうかも確認しておいた方が良いでしょう。

 

バイザヤードは組み合わせがかなり多くあるので、自分の欲しいアイテムがあるかどうかは店舗で直接確認することをおすすめします。

ないだろうと諦めていても、聞いたら実はあったなんてこともしばしばです。

どんな種類の石があるのかは、色別にご紹介します。

 

  • 透明:ムーンストーン
  • 赤:ルビー
  • ピンク:ピンクサファイア
  • 紫:アメジスト、タンザナイト(青と紫の中間ぐらい)
  • 青:サファイア、アクアマリン(水色)
  • 緑:グリーンガーネット、アベンチュリン
  • オレンジ:シトリン

 

ここで挙げたものは一部で、HPなどで公開されていなくても取り扱いのある石もあるため、気になる方は店舗に問い合わせてみてくださいね。

参考までに、いくつか品物を取り上げます。

 

<シトリン>

 

 

<アメジスト>

 

 

<ピンクサファイア>

 

 

ちなみに、ダイヤモンドですが丸ではなくこんなドロップ形のものも展開しています。

形を変えたい、少し変わったデザインが好みの人は試してみてはいかがでしょうか。

 

 

4. 大きさを選ぶ

 

image_diamond

 

バイザヤードと言えば素材や石などを選べると書きましたが、その中でも一番こだわりたいのは大きさではないでしょうか。

ダイヤモンドなどの石は大きさが変わると、見える印象も全く違ってきます。

小ぶりだと可愛らしく控えめに、大ぶりだと華やかでゴージャスな印象に。

当然、石が大きくなればなるほど、お値段も高くなっていきます。

自分の好みと予算を考慮して、最適なものを選びましょう。

 

さて、バイザヤードではある程度大きさが統一されています。

下記を参考にしてみてください。

なお、今後展開サイズが変わる可能性もありますためその点はご了承ください。

 

  • シルバー:0.03ct、0.05ct、0.07ct、0.1ct、0.17ct
  • イエローゴールド・ローズゴールド:0.05ct、0.08ct、0.12ct、0.14ct、0.17ct
  • プラチナ:0.08ct、0.12ct、0.14ct、0.17ct

 

ゴールドとプラチナは0.18ct以上のものも販売しており、その場合は鑑定書付きの一点ものとなります。

鑑定書が付く分、ダイヤモンドのグレードが一気に上がり、同じぐらいの大きさでも見え方が全く変わってきます。

一生ものの華やかなデザインのバイザヤードが欲しいという方は、是非とも質にこだわった0.18ct以上の一点ものをおすすめします。

年齢やニーズ、予算に合わせて大きさやグレードを選んでみてくださいね。

 

 

さいごに

 

image_beautifulwoman

 

バイザヤードと一言で言っても本当にたくさんの種類があり、自分の好みに合うものに出会うのはなかなか大変です。

ただ、あれこれと迷いながら探す楽しみと、見つけた時の喜びもバイザヤードの魅力の1つではないでしょうか。

 

そんなバイザヤードはたくさんの魅力を持つアクセサリーですが、主役はあくまでもあなた。

自分だけのバイザヤードを見つけて、今よりも一歩輝いてみませんか?


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(87)
   着回し/コーデ(30)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(21)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(4)
メイク・コスメ(154)
   ベースメイク(18)
   アイメイク(19)
   リップ/グロス(12)
   ネイル(7)
   メーカー/ブランド(75)
美容(83)
   スキンケア(50)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(19)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(39)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(5)
ライフスタイル(144)
   生活雑貨/生活用品(18)
   ギフト/プレゼント(13)
   趣味(6)
   お出かけ/観光/旅行/デート(25)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(26)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(47)
   ドリンク/カフェ(20)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(10)
アート/カルチャー(15)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(6)

スキンケア

エイジングケア(11)
保湿(92)
美白(25)
乳液(12)
クリーム(48)
オイル(14)
化粧水(51)
美容液(40)
基礎化粧品(66)
ニキビ(11)
毛穴ケア(17)
角質ケア(27)
肌荒れ(14)
くすみ(26)
クマ(4)
たるみ(8)
ハリ不足(20)
スペシャルケア(47)
セルフケア(20)
UV対策(14)
日焼け対策(11)
日焼け止め(5)
しわ(1)
洗顔/クレンジング(15)

肌質

乾燥肌(76)
敏感肌(55)
脂性肌(21)
混合肌(12)

コスメ/メイク

ツヤ肌(67)
マット肌(40)
ミネラルコスメ(13)
デカ目(32)
小顔(1)
韓国(21)
化粧(61)
ポイントメイク(67)
メイクテク(29)
ナチュラルメイク(65)
美肌(70)
メイク道具(11)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(22)
テカリ防止(2)
アイメイク(19)
リップ/グロス(24)
チーク(11)

ファッション

春コーデ(20)
夏コーデ(19)
秋コーデ(26)
冬コーデ(26)
スタイル(46)
テイスト(38)
シーン別(16)
大人コーデ(19)
カジュアル(11)
綺麗め(9)
フェミニン(10)

年代別

10代(1)
20代(7)
30代(7)
40代(3)
50代(2)

恋愛

片思い(21)
男性心理(23)
カップル(26)
恋愛観(26)
恋愛テクニック(33)

ヘアスタイル

ショートヘア(20)
ロングヘア(19)
セミロング(16)
ボブ(20)
スタイリング(27)
ヘアケア(39)
ヘアカラー(10)
ヘアアクセ(8)

ライフスタイル

キッチン用品(16)
ホームパーティー(12)
食生活(79)
ヘルシー(36)
運動(10)
筋トレ(4)
リラックスタイム(7)

人気記事ランキング