logo

Top > 健康 > 生活習慣/健康法

【医師が解説】たくさん寝ているのに眠い!女性が悩む眠気の原因とは?改善方法を紹介






「たくさん寝ているのに眠い」
「起きたときに疲れが残って、一日中チカラが出ない」
「朝すっきり起きられず、日中はずっとボーッとしてしまう」

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

たくさん寝ても昼間に眠気が残ってしまうと、1日が台無しになってしまいますよね。
特に女性の場合はホルモンバランスの影響もあり、眠気に悩む方が多いかもしれません。

そこで今回は、昼間に眠気が残ってしまう原因や解消方法をご紹介します。
心地よい睡眠を取り、1日を気持ち良く過ごしましょう。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】【医師が解説】たくさん寝ているのに眠い!女性が悩む眠気の原因とは?改善方法を紹介

 

たくさん寝ても眠気が残る原因は?

1. 精神的な要因

2. 肉体的な要因

眠気が残らないようにする方法は?

1. アルコールは控える

2. 眠る前の電子機器の操作は避ける

3. 過度の運動は控え、眠る前に軽いストレッチをする

4. 寝る前はリラックスを心がける

5. 漢方薬で眠気を残さない体質を目指す

気持ち良い1日を過ごすために

 

たくさん寝ても眠気が残る原因は?

 

 

たくさん寝ても昼間に眠気が残るのは、質の良い睡眠を取れていない可能性が高いからです。

そのため、どんなに寝ても眠気が残ってしまうのです。

 

眠れないことだけが不眠と思われがちですが、質の良い睡眠を取れていないことも不眠の一種です。

そして、不眠の原因は様々ですが、大きく2つに分けられます。

 

1. 精神的な要因

 

日々の仕事や私生活の中で、考え事や不安は尽きません。

知らず知らずのうちに、生活上のストレスが無意識のうちにあなたの眠りを邪魔している可能性があります。

 

2. 肉体的な要因

 

極度の疲労が溜まっている時は、体力を消耗しており、寝ても疲れが取れていません。

消費しているエネルギーに対して体力がついていかず、疲れが蓄積したまま朝を迎えていることが考えられます。

 

さらに、女性の場合は生理や更年期によるホルモンバランスの乱れによっても、眠気が引き起こされる場合があります。

どの要因が原因の場合も、意識的に生活習慣を改善すると眠気を改善できる可能性があります。

 

 

眠気が残らないようにする方法は?

 

 

適切な睡眠時間は人によって異なります。

仮に睡眠時間が短くても、朝すっきりと目覚め、日中に眠気やだるさが残らなければ問題ありません。

 

もし睡眠時間を確保していても眠気やだるさが残るのであれば、睡眠の質が低下している可能性があります。

生活習慣を改善し、睡眠の質の低下を抑えることで、日中の眠気やだるさが減っていくでしょう。

 

ここでは、よく眠るための方法をいくつかご提案します。

 

1. アルコールは控える

 

アルコールは入眠しやすくする効果があります。

しかし、眠りを浅くして、寝ている最中に目を覚ましてしまうような中途覚醒を促進する働きもあるので注意してください。

 

連日の飲酒や大量の飲酒は控え、ほどほどの量を嗜みましょう。

 

2. 眠る前の電子機器の操作は避ける

 

 

電子機器が放つブルーライトによって、眠気を疎外している可能性があります。

眠る前のスマートフォンの操作や、パソコン作業等は控えるようにしましょう。

 

3. 過度の運動は控え、眠る前に軽いストレッチをする

 

適度な疲労は眠りを深くしますが、極度の疲労はより多くの睡眠時間や回復時間が必要となります。

 

そこでおすすめなのがストレッチです。

からだの血液循環を促進するストレッチは筋肉の緊張をほぐし、リラックスさせる効果があります。

 

日中の激しい運動は控え、眠る前に軽いストレッチをしてみましょう。

 

4. 寝る前はリラックスを心がける

 

 

ストレスがたまると交感神経が活発になり、緊張感をもたらします。

眠る前には心身をリラックスさせる副交感神経を活発化させましょう。

 

例えば、入浴は38〜40℃のぬるめのお湯に10〜20分ほどゆったりと浸かったり、眠る前に寝つきをよくする音楽を聴いたり、アロマオイルやハーブティーを活用するなどし、リラックスを心がけましょう。

 

5. 漢方薬で眠気を残さない体質を目指す

 

 

ホルモンバランスの乱れが原因の眠気の症状には、漢方薬で根本からからだのバランスを整えるという方法もあります。

適切な漢方薬を選択すると、不調を抑えるだけでなく根本的な体質の改善を目指せるため、不眠などの長く続く症状・体質に悩む方にも最適です。

 

以下に、眠気の諸症状に用いられる漢方薬をいくつか紹介します。

 

  • 帰脾湯 :虚弱体質で血色の悪い方に用います。気血を補い、気を巡らせることで貧血や不眠症を改善します。
  • 加味逍遥散 :考え事で脳が興奮し、イライラや不安感が混在している方に用います。血行を改善し、のぼせを解消することで、更年期症状の不調や不眠症を改善します。
  • 柴胡加竜骨牡蠣湯 :便秘・ほてり・のぼせを感じる方に用いられます。気を降ろし、精神を安定させることで、不眠症を改善します。
  • 酸棗仁湯 :心とからだが疲れて眠れない方に用います。酸棗仁という生薬が肝に働きかけ、精神を安定させることで、不眠を改善します。
  • 温胆湯 :胃腸が弱っている方に用います。ストレスなどでからだに水がたまった状態にはたらきかけ、気血水のめぐりを整えることで、不眠、神経症を改善します。

 

漢方薬はご自分の状態や体質にうまく合っていないと、効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が生じることもあるため、「あんしん漢方」などのオンライン漢方サービスに一度相談してみるのも良いでしょう。

 

※あんしん漢方は  コチラ

 

 

気持ち良い1日を過ごすために

 

 

昼間の眠気は仕事や生活にも影響するので、どうにか改善したいですよね。

ストレスやホルモンバランスによる眠気は、生活習慣のちょっとした工夫で改善を目指せます。

 

無理なくできる工夫を探してみて、ちょっとずつ試してみてはいかかでしょうか。

気持ちの良い眠りで、翌日はスッキリした1日を迎えられるといいですね。

 

 

執筆・監修:医師 木村 眞樹子

 

木村 眞樹子

 

医学部を卒業後、循環器内科、内科、睡眠科として臨床に従事。

妊娠・出産を経て、産業医としても活動する中で、病気にならない身体をつくること、予防医学、未病に関心が生まれ、東洋医学の勉強を始める。

 

臨床の場でも東洋医学を取り入れることで、治療の幅が広がることを感じ、西洋薬のメリットを活かしつつ漢方の処方も行う。

また、医療機関で患者の病気と向き合うだけでなく、医療に関わる人たちに情報を伝えることの重要性を感じ、webメディアで発信も行なっている。

 

※あんしん漢方(オンラインAI漢方)は  コチラ

※不調の改善に!無料体質判定は  コチラ


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(334)
   着回し/コーデ(77)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(56)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(7)
メイク・コスメ(382)
   ベースメイク(33)
   アイメイク(51)
   リップ/グロス(26)
   ネイル(13)
   コスメブランド/メーカー(187)
美容(142)
   スキンケア(78)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(39)
   石鹸/ソープ/洗顔料(11)
   ダイエット(8)
健康(70)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(13)
   スポーツ/運動/トレーニング(8)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(224)
   生活雑貨/生活用品(21)
   お祝い/ギフト/プレゼント(21)
   趣味(9)
   お出かけ/観光/旅行/デート(34)
   妊娠/出産/子育て(3)
   家庭菜園/ガーデニング(4)
インテリア(66)
   内装/レイアウト(5)
グルメ(88)
   カフェ/喫茶店/ドリンク(30)
   ケーキ/お菓子/スイーツ/パティスリー/パン(27)
   レシピ(28)
アート/カルチャー(35)
   写真/カメラ(8)
   ハンドメイド/クラフト(14)

スキンケア

エイジングケア(43)
保湿(178)
美白(44)
乳液(35)
クリーム(102)
オイル(24)
化粧水(105)
美容液(85)
基礎化粧品(120)
ニキビ(19)
毛穴ケア(33)
角質ケア(42)
肌荒れ(23)
くすみ(46)
クマ(10)
たるみ(20)
ハリ不足(37)
スペシャルケア(115)
セルフケア(52)
UV対策(39)
日焼け対策(30)
日焼け止め(12)
しわ(12)
洗顔/クレンジング(67)

肌質

乾燥肌(109)
敏感肌(85)
脂性肌(33)
混合肌(26)

コスメ/メイク

ツヤ肌(119)
マット肌(51)
ミネラルコスメ(50)
デカ目(62)
小顔(3)
韓国(69)
化粧(177)
ポイントメイク(194)
メイクテク(86)
ナチュラルメイク(143)
美肌(130)
メイク道具(30)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(114)
テカリ防止(19)
アイメイク(130)
リップ/グロス(120)
チーク(70)
カラーメイク(34)

ファッション

春コーデ(95)
夏コーデ(91)
秋コーデ(105)
冬コーデ(105)
スタイル(213)
テイスト(195)
シーン別(50)
大人コーデ(137)
カジュアル(130)
綺麗め(145)
フェミニン(104)

年代別

10代(4)
20代(13)
30代(14)
40代(8)
50代(5)

恋愛

片思い(25)
男性心理(42)
カップル(36)
恋愛観(45)
恋愛テクニック(47)
モテ仕草(4)

ヘアスタイル

ショートヘア(41)
ロングヘア(45)
セミロング(42)
ボブ(45)
スタイリング(69)
ヘアケア(69)
ヘアカラー(26)
ヘアアクセ(20)

ライフスタイル

ホームパーティー(22)
グルメ/レシピ(121)
ヘルシー(46)
運動(20)
筋トレ(8)
リラックスタイム(41)

人気記事ランキング