logo

Top > インテリア > 観葉植物

おしゃれなインテリアにもなる人気の観葉植物!エバーグリーンの育て方






近年、植物や木を生活に取り入れるナチュラルな暮らしが注目されています。
おしゃれなインテリアや緑の癒しを求めて、お部屋に観葉植物や多肉植物を置きたいと考える方もいらっしゃると思います。

実はエバーグリーンは、初めて観葉植物に挑戦したい初心者さんにもおすすめの丈夫な植物です。

本記事では、さわやかな葉と綿毛のようなふわふわした花が特徴の、エバーグリーンの基本的な育て方をご紹介します。


【目次】おしゃれなインテリアにもなる人気の観葉植物!エバーグリーンの育て方

 

1. エバーグリーンの基本データ

2. エバーグリーンの特徴と花言葉は?

エバーグリーンの実は?

花言葉は「歓喜」「胸のときめき 」

3. エバーグリーンの育て方、植え替えの仕方

観葉植物初心者だけど大丈夫?エバーグリーンを育てる難易度

背丈、幹の形も様々なエバーグリーンの買い方・選び方

エバーグリーンを買ってきたらまずすること

エバーグリーンを置く場所

水やりの仕方、頻度や水の量は?

肥料の与え方

エバーグリーンの葉の色が変わったり、枯れそうになったら

エバーグリーンの剪定の仕方

挿し木でエバーグリーンを増やしてみよう

エバーグリーンの植え替えに必要な道具

エバーグリーンの植え替えをしよう

害虫の予防と対策

長期間留守にするときは

さいごに

 

 

1. エバーグリーンの基本データ

 

学名 Pithecellobium confertum
科・属 マメ科ピテケロビウム属
別名 アカサヤネムノキ、エバーグリーン、エバーフレッシュ
原産国 中南米、東南アジア
花期 4~9月
花色
分類 常緑高木

 

 

2. エバーグリーンの特徴と花言葉は?

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by kndmi (@sazodoma) on

 

エバーグリーンは、繊細な葉が特徴の常緑樹です。

マメ科の仲間である「ネムノキ」のように、夜になると葉を閉じる習性があります。

時間によって異なる表情を見せるところも、エバーグリーンの魅力の一つです。

常緑樹とは、一年中葉をつけたままの樹木全般のことを指しており、エバーグリーンの名の通り一年中さわやかな緑を楽しむことができます。

 

エバーグリーンの実は?

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by PinoSmile (@pinosmile) on

 

エバーグリーンの実は、細長い袋状で鮮やかな赤色です。

「アカサヤネムノキ」という別名はこの特徴から付けられており、熟すと赤いさやの中から黒い楕円形の種子が顔を出します。

 

花言葉は「歓喜」「胸のときめき 」

 

黄色いたんぽぽの綿毛のような花を咲かせる様子から、この花言葉が付けられたと言われています。

引っ越し祝いをはじめ、幸せを願う大切な方への贈り物としても喜ばれます。

 

 

3. エバーグリーンの育て方、植え替えの仕方

 

ここからは、実際にエバーグリーンを育てるために必要な情報を紹介します。

室内で鉢植えのエバーグリーンを育てることを想定しているため、お庭に植えて楽しみたい方は、より日本の気候に適している「ネムノキ」がおすすめです。

 

観葉植物初心者だけど大丈夫?エバーグリーンを育てる難易度

 

エバーグリーンは、環境に慣れれば比較的容易に育てることができます。

観葉植物初心者の方でも、安心して育てることができる強い樹種です。

枯らしたりしないためにも、以下の育て方のポイントをぜひチェックしてください。

 

背丈、幹の形も様々なエバーグリーンの買い方・選び方

 

エバーグリーンは園芸店やインテリアショップ、通信販売で比較的容易に購入することができます。

通信販売で購入する際は、手元に届く現物を写真で紹介しているショップから購入することをおすすめします。

エバーグリーンを置きたい場所の広さや、天井の高さを意識して運命の一鉢を探しましょう。

 

幹の形は、ねじ状に巻かれていたり、まっすぐ直立していたりと形は様々です。

幹がねじれているからといって、病気に弱くなったりすることはありませんので、置きたい場所や自分の好みにしっくりくる一鉢を選んでください。

小さな苗を買って、自分好みの形に育てることもできます。

 

園芸店で買う場合は、葉が青々と濃い色をしているか、葉の裏や幹に虫が付いていないかくまなく観察しましょう。

育てる際に不安なところがある方は、ここで店員に質問してみるとアドバイスを貰えることでしょう。

 

エバーグリーンを買ってきたらまずすること

 

窓辺の植物

 

エバーグリーンを枯らしてしまう最大の理由が、急激な環境の変化です。

園芸店は、室温20℃前後で日当たりの良い環境であることが多いので、急に寒くて日当たりの悪い場所に移されてしまうと、環境の変化に対応できず枯れてしまいます。

そのため、エバーグリーンが手元に届いたら、まずは室温20℃前後の日当たりの良い場所に置いて新しい環境に慣れさせてください。

エアコン、ストーブなどの暖房の近くは、空気が乾燥していたり熱風によって葉が傷むこともあるので厳禁です。

 

輸送で葉が傷んでいたりしても、環境に慣れてくれば次々と葉が開くので心配いりません。

初心者でも容易に育てられる丈夫な植物ですので、置き場所の環境に慣れてしまえば、多少の寒さや暗さも平気です。

気温の変化を無くすことで枯れる確率を低下させることができるので、不安な方は室温が20℃前後になる春~夏に購入することをおすすめします。

 

エバーグリーンを置く場所

 

ベッドルーム

 

エバーグリーンは、あたたかく日当たりの良い環境を好みますが、以下のような過酷な環境に置かないよう注意しましょう。

 

夏の強い日差しが入る窓際

 

夏の直射日光は強すぎるため、葉が焼けてしまうこともあります。

 

風通しが悪い西日の差す窓際

 

風通しが悪い西日の差す部屋は、温度差が大きくなりやすいので注意が必要です。

 

日の光が入らない暗すぎる場所

 

光が不足すると葉が閉じたままになったり、葉が黄色くなって落ちてしまうことがあるので避けましょう。

 

冬場の気温は8℃以上が望ましい

 

これを下回る気温の場所では越冬できず枯れてしまうので、屋外に鉢植えを置く場合は気を付けてください。

室内に置く場合でも、暖房の温風が直接当たらない場所を選びましょう。

 

水やりの仕方、頻度や水の量は?

 

水やり

 

エバーグリーンは水を好み、乾燥に弱い植物です。

正しい水やりを覚えて、根腐れを防ぎましょう。

 

春~夏(5月~9月ころ)の生育期

 

幹や枝葉を伸ばし、旺盛に生育する季節です。

水が切れないようこまめに水を与えてください。

土の表面が乾いたらたっぷり水を与え、鉢の受け皿に水が染み出てきたらすぐに捨てましょう。

受け皿の水をそのままにすると、根腐れの原因になってしまいます。

 

秋~冬(10月~2月ころ)の休眠期

 

気温が徐々に下がってくると、水の必要量も減ってきます。

それに合わせて与える水の量も減らし、土の表面が完全に乾いてから与えるようにしましょう。

 

葉水(一年中)

 

病気や虫がつくことを防ぐために、時々葉水を行いましょう。

百円ショップでも売られている霧吹きで、葉の表裏にまんべんなく水を吹きかけます。

葉がつややかになる効果もあります。

葉水は季節問わず一年中行って大丈夫です。

 

肥料の与え方

 

ガーデニング

 

葉の緑が薄く感じたら肥料を与えてみましょう。

花工場やハイポネックスという観葉植物用の肥料がおすすめです。

5~9月の生育期に与えてください。

 

  • 固形肥料…ひと月に一度与えましょう。ゆっくり効果が出る緩効性です。
  • 液体肥料…二週間に一度与えます。即効性があるのですぐに効果がでます。

 

冬場は根が活動しておらず、肥料を与えても効果はないためあげないようにしましょう。

 

エバーグリーンの葉の色が変わったり、枯れそうになったら

 

症状別に主な原因を挙げました。

どれにあてはまるかチェックしてみてください。

 

葉が黄色く変色している、葉が落ちている

 

環境があっていないことが考えられます。

強い日差しで葉焼けを起こしたりすると、このような症状が出ることがあります。

逆に、日差しが足りなくて不調になっている可能性も考えられます。

今一度置き場所の環境をチェックして、より良い場所へ移動して様子を見ましょう。

 

葉がぱりぱりに乾燥している、葉が落ちる、葉が開かない

 

水不足が原因と考えられます。

5~9月の生育期には水がたくさん必要なので、水を切らさないようにしてください。

暖房やエアコンの風が直接当たっていないか、置き場所のチェックもしてみましょう。

 

ぐったりしている、元気がない

 

根腐れを起こしている可能性が考えられます。

冬場も、夏場と同じ量の水をあげていたりすると根腐れを起こしてしまいますので、受け皿の水なども確認しましょう。

土が匂う場合も根腐れを起こしていることがあります。

手遅れになってしまう場合もあるため、根腐れには十分注意してくださいね。

 

また、根詰まりを起こしている場合も同様の症状が出ます。

買ったときの鉢のまま何年も生育していると、鉢の中の根が伸びすぎて窮屈になってしまいます。

鉢の底から根が伸びていたら根詰まりを起こしていますので、すぐに植え替えを行いましょう。

 

また、以上のような症状が出た時は、緊急対策としてベランダに出して風にあてたり光にあてると回復することがあります。

弱っているときに肥料を与えると根が肥料焼けしてしまい、さらに症状を深刻化させてしまう危険性があるので与えないでください。

 

エバーグリーンの剪定の仕方

 

枝葉が茂り、もさもさとした姿になってきたら、剪定をしてみましょう。

園芸店やホームセンターで手に入る剪定ばさみを用いますが、キッチンバサミなどでも代用可能です。

剪定が終わったら道具はきちんと洗ってくださいね。

 

枝葉を減らす

 

重なっている葉を落として密度を整えます。

 

上への成長を止めたい

 

背が高くなりすぎることを防ぎたいときは木の頂点の芽を切りましょう。

 

切りすぎても、丈夫な木なのでまた枝葉が伸びてきます。

お店で見かけた木の形を参考にしながら、理想の形に整えると良いでしょう。

 

挿し木でエバーグリーンを増やしてみよう

 

ガーデニング

 

剪定で切った枝があれば、それを小さめの鉢の土に挿して増やしてみましょう。

乾かさないように半日蔭で管理し、水を与えます。

上手くいくと発根し、新たな家族を増やすことができますよ。

 

エバーグリーンの植え替えに必要な道具

 

ガーデニング用品

 

エバーグリーンの植え替えは、4月~6月(梅雨あけ)までの時期が適しています。

マンションのように室温が年間を通して一定であれば、何月に植え替えをしても大丈夫です。

 

  • 観葉植物用の土
  • 鉢底石
  • 新しい植木鉢
  • 移植ごて
  • ブルーシートなど作業中下に敷けるシート(あると片付けが楽になります)

 

水はけがよく、腐植(土に含まれる栄養分)が多く含まれるものが良いでしょう。

市販の観葉植物用の土は、腐植をバランスよく配合してあるので便利です。

 

鉢底石は、ネット入りのものを選ぶと散らかることなく便利です。

新しい鉢の底の大きさにあわせて選びましょう。

すべてホームセンターで手に入るので、お好みのものを選んでください。

 

エバーグリーンの植え替えをしよう

 

土いじり

 

植え替えの手順を紹介します。

 

  1. 鉢から株を抜きます。古い土や根を取り除き、根腐れがないかなどを確認しましょう。
  2. 新しい土を鉢に用意してください。植え替える鉢の底に鉢底石を敷いて、観葉植物の土を半分くらい入れてください。
  3. 植えます。土に株を置いて、根の周りに隙間なく残りの土を入れ、水をあげましょう。この時、土を押し固めてはいけません。水はけが悪くなり根腐れの原因になってしまいます。
  4. 枝葉の剪定をしましょう。枯れた葉や枝を切り落としきれいにしましょう。
  5. 穏やかな環境で管理します。半日陰で管理し、新芽が伸びてきたら植え替え成功です。定位置に戻して大丈夫です。

 

害虫の予防と対策

 

ハダニ

 

ハダニは、葉につくダニのことです。

葉の裏面につくことが多く、目には見えにくいほど小さいです。

乾燥した環境を好むので、葉を湿らせるようにすると発生を防ぐことができます。

葉水を頻繁に行ったり、湿った柔らかい布で拭くことが効果的です。

被害が大きくなってしまったら、園芸店などで殺ダニ剤を買ってきて退治しましょう。

 

カイガラムシ

 

カイガラムシは固い殻をかぶっており、あまり動き回りません。

しかし、殻のおかげで薬が効きにくく厄介なので、見つけたらすぐに歯ブラシなどでこすり落としてください。

 

予防にはニームオイルやマシン油が有効です。

カイガラムシの排せつ物が木に付着してたまっていくと、カビが生えて別の害虫が発生することもあります。

こまめに様子を見て早期に発見できるよう心がけましょう。

 

長期間留守にするときは

 

旅行

 

エバーグリーンは水を好む植物で、成長期は特に水を多く必要としています。

この時期に留守にする際には特に注意が必要です。

 

2~3日水をやらないだけでもぱりぱりに乾燥してしまうため、出かける前に風呂や大きなバケツに水を汲んで、鉢ごと沈めて給水させましょう。

鉢の三分の一ほどつけて1~2時間放置してください。

水につけたままにすると根腐れの原因になりますので、水につけたまま出かけてないようにしてください。

 

ペットボトルの口につけて、土に差し込むタイプの給水器もよいでしょう。

帰宅したら、上記のようにたっぷり水をあげてくださいね。

 

 

さいごに

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by hiro (@hana_veni) on

 

観葉植物初心者でも気軽にインテリアとして取り入れられるエバーグリーンについて、特徴や花言葉、育て方をご紹介しました。

新年や新学期、引っ越したタイミングなど、おしゃれで癒されるエバーグリーンをお迎えしてみてください。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(59)
   着回し/コーデ(22)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(14)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(3)
メイク・コスメ(117)
   ベースメイク(14)
   アイメイク(18)
   リップ/グロス(12)
   ネイル(6)
   メーカー/ブランド(50)
美容(73)
   スキンケア(46)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(14)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(35)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(4)
ライフスタイル(127)
   生活雑貨/生活用品(15)
   ギフト/プレゼント(12)
   趣味(6)
   お出かけ/観光/旅行/デート(22)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング(3)
インテリア(22)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(3)
グルメ(40)
   ドリンク/カフェ(16)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(8)
アート/カルチャー(14)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(5)

スキンケア

エイジングケア(4)
保湿(74)
美白(22)
乳液(8)
クリーム(37)
オイル(11)
化粧水(33)
美容液(26)
基礎化粧品(54)
ニキビ(9)
毛穴ケア(14)
角質ケア(21)
肌荒れ(13)
くすみ(21)
クマ(4)
たるみ(5)
ハリ不足(17)
スペシャルケア(37)
セルフケア(13)
UV対策(11)
日焼け対策(9)
日焼け止め(4)

肌質

乾燥肌(70)
敏感肌(51)
脂性肌(19)
混合肌(10)

コスメ/メイク

ツヤ肌(62)
マット肌(39)
ミネラルコスメ(12)
デカ目(30)
小顔(1)
韓国(20)
化粧(56)
ポイントメイク(54)
メイクテク(28)
ナチュラルメイク(60)
美肌(64)
メイク道具(10)
化粧下地/ファンデーション/コンシーラー(1)
リップ/グロス(1)

ファッション

春コーデ(16)
夏コーデ(15)
秋コーデ(19)
冬コーデ(18)
スタイル(34)
テイスト(26)
シーン別(14)
大人コーデ(14)

年代別

10代(1)
20代(6)
30代(7)
40代(3)
50代(2)

恋愛

片思い(21)
男性心理(23)
カップル(24)
恋愛観(24)
恋愛テクニック(31)

ヘアスタイル

ショートヘア(14)
ロングヘア(13)
セミロング(11)
ボブ(14)
スタイリング(20)
ヘアケア(28)
ヘアカラー(8)
ヘアアクセ(6)

ライフスタイル

キッチン用品(15)
ホームパーティー(11)
食生活(77)
ヘルシー(35)
運動(10)
筋トレ(4)
リラックスタイム(1)

人気記事ランキング