logo

Top > ライフスタイル > 恋愛/交際/お付き合い/デート

彼女が欲しい時の男性の心理状態とは?彼女の作り方のコツも






一人の時間を満喫したり、友達とわいわい楽しく過ごしたりすることは、とても有意義であり欠かせない時間です。
しかし、それだけでは寂しいと感じることもありますよね。

大切な女性と特別な時間を過ごしたり、一緒に買い物に行ってご飯を食べるといった時間も大切です。
ただ、彼女が欲しいと思ってもなかなか簡単にはいかないもの。

今回は彼女が欲しい時の男性の心理状態から、彼女の作り方までご紹介しますので、彼女がいなくて寂しい人や、これから彼女を作りたいと思っている方はぜひ参考にしてください。

【目次】彼女が欲しい時の男性の心理状態とは?彼女の作り方のコツも

 

彼女が欲しい時の男性の心理状態

友達に彼女ができて遊ぶ機会が減った

自分を特別に愛してくれる女性が欲しい

四季折々のイベントを満喫できない

素直に甘えることができる存在が欲しい

彼女が欲しい!彼女の作り方のコツ

基本的なコミュニケーション能力を活かす

自分の好きな習い事や趣味のサークルに参加してみる

アプリやサイトを利用してみる

信頼している友人にそれとなく伝えてみる

ここに注意!彼女ができにくくなってしまう人の特徴

清潔感に大きく欠けている人

自慢話が多く相手の話を聞かない人

女性のことを見下している人

趣味に没頭しすぎている人

彼女が欲しいという気持ちが強すぎる人

自分にピッタリの女性を見極めて、焦らず距離を縮めましょう

 

彼女が欲しい時の男性の心理状態

 

tetunagi

 

男性はどんな時に彼女が欲しいと思うのでしょうか。

中には自分と当てはまる項目があるかもしれません。

 

友達に彼女ができて遊ぶ機会が減った

 

多くの男性は、女性と話をしているよりも男性同士でわいわいとしている時間が長いと思います。

ただ、友達に彼女ができた場合、どうしてもその人は彼女を優先してしまうこともあります。

取り残された側としては、やはり寂しいものですよね。

 

友人に彼女ができて取り残されてしまったとき、一人の時間も満喫しつつも、「彼女が欲しいな」と思う人もいます。

これは女性にも当てはまる心理状態に近いと言えるでしょう。

 

自分を特別に愛してくれる女性が欲しい

 

仕事が終わって「お疲れ様」とメッセージが入っていたり、たまの休日に彼女が家に来てくれて自分のために食事を用意してくれたり。

自分のことを特別に愛してくれる女性の存在は、男性にとって大きな支えになります。

 

男性は自分を愛してくれる女性や、自分に尽くしてくれる女性が好きな傾向があります。

また、疲れを癒してくれる人が欲しい時に、自然と彼女が欲しいと思いやすくなります。

 

四季折々のイベントを満喫できない

 

日本には四季があり、その都度何らかのイベントが発生します。

お花見やキャンプ、海水浴は男友達でもワイワイ楽しむことができて、存分に満喫できますよね。

しかし、バレンタインやホワイトデーは、彼女がいないとどうしても寂しい気持ちになりやすくなります。

 

また、街ゆくカップルを目にする機会が増えるクリスマスにも、このような心理状態になりやすいのではないでしょうか。

寒い時期には恋人同士向けのイベントがたくさんあるので、それを楽しんでいる人や世の中の雰囲気を感じて彼女が欲しいと思いやすくなります。

 

素直に甘えることができる存在が欲しい

 

友人と楽しい時間を過ごすことができますが、疲れているときに素直に甘えることはなかなかできないものです。

ある程度の年齢以上になると母親にべったりするということも少なくなっていくので、心が弱っている時にもSOSを出しにくくなってしまいます。

 

心が少し疲れてきているときはもちろん、体調が良くないときや落ち込むことがあった日は、素直に甘えることができる彼女が居ればという気持ちにもなりやすくなります。

素直に甘えると言っても、本当に素を出せるまでには男性側も時間がかかります。

だからこそ、長く付き合えてお互いに甘えることのできる彼女が欲しいと感じるのではないでしょうか。

 

 

彼女が欲しい!彼女の作り方のコツ

 

coupleheart

 

彼女が欲しいけれど、どうしても女性に対して積極的にアピールするのが苦手という男性も少なくありません。

まずは簡単に誰でも実行できることから試してみましょう。

 

基本的なコミュニケーション能力を活かす

 

女性に話しかけるというのは、男性の性格にもよりますが、それなりに勇気が必要です。

この部分でつまずいているという男性もいると思います。

 

女性にいきなりプライベートな話を持ち掛けてしまうと、女性の警戒心が一気に高まってしまい、想像しているような展開に発展しない可能性も大いにあります。

そのため、プライベートな話を持ち掛けるのは、ある程度仲良くなってからがおすすめです。

 

まずは挨拶や業務連絡を通して、女性とお話をしてみましょう。

元気でさわやかな挨拶や、いつもニコニコとしていて雰囲気の良い人からの業務連絡は、女性としても嬉しいものです。

 

そして、何よりも気を付けたい点が、言葉のキャッチボールができるかどうかという点です。

話の内容を理解していない相槌やコメントは、男女関係なく相手に対して良い印象は与えませんよね。

 

女性は会話の内容をしっかりと覚えているものです。

何かをしながらなんとなく話を聞いたり会話に参加するのではなく、女性との会話を大切にして、内容を把握しながら話を進めましょう。

 

自分の好きな習い事や趣味のサークルに参加してみる

 

女性との出会いが少ない職場であるのならば、興味を持っていることの上達も兼ねて習い事をしてみるのもおすすめです。

習い事を通して友人も増え、同じものが好きな女性にも巡り合う可能性が高くなります。

 

また、趣味を通じたイベントに参加すれば、その場にいる人は自分と同じものが好きな人な人ばかりなので、話も盛り上がって心の距離も縮みやすくなります。

しかし、自分の技術や知識を相手に押し付けたりマウントを取るのはNGです。

 

アプリやサイトを利用してみる

 

結婚も視野に入れた出会いを求めているのであれば、婚活アプリや婚活パーティーに参加してみると素敵な出会いがあるかもしれません。

結婚を意識しての参加ということで、女性も結婚相手を見極めるために参加しているという人が多くいます。

 

絶対に結婚相手を決める必要があるわけではないため、まずは気負わず参加してみてはいかがでしょうか。

アプリやサイトは安心安全なものを見極めて使用しましょう。

 

信頼している友人にそれとなく伝えてみる

 

彼女が欲しいという気持ちを、信頼している友人にそれとなく伝えてみるのも一つの手段です。

 

信頼できる友人であれば、彼女候補になる人を紹介してくれるかもしれません。

ただ、ノリがよくて、なんとなく話しやすいという人に彼女が欲しいと相談した場合、もしかすると想像しているような相手とかけ離れた相手を紹介される可能性もあります。

 

信頼できる友人とは、お互いにそれなりの年月を過ごしてきて、お互いの人間性や性格も把握していることが条件の一つです。

自分の性格を熟知している人であれば、紹介してくれる女性もマッチする可能性が高くなり、関係も発展しやすいかもしれません。

 

 

ここに注意!彼女ができにくくなってしまう人の特徴

 

checklist

 

彼女が欲しいのに、なかなか思うように女性と関係が発展しない。

どうして自分には彼女ができないのか不思議だと思っている男性必見!

彼女ができにくい男性の特徴をご紹介します。

 

清潔感に大きく欠けている人

 

女性は体型よりも清潔感を重視しやすく、清潔感に大きく欠けている男性に対しては、どうしても良い印象を抱きにくい傾向があります。

 

いつも同じ服を着ていたり、汗だくで着替えることもなくそのまま仕事をしていたり…

髪がぼさぼさのまま出勤してきて、デスクの上には食べたものをそのままにしてしまっているということはありませんか?

これは女性から好印象を持ってもらう以前の、身だしなみの問題になります。

 

まずは髪を整え、汗かきなのであれば常にシャツの着替えを持っておくような習慣をつけましょう。

汗をかいたらタオルで拭いて、シャツが汗臭くなれば着替える。

毎日の服装に少し気を付けるだけでも、印象が大きく変わってきますよ。

 

また、食べたものの処理はできるだけ早く行いましょう。

お菓子やカップ麺のごみは速やかにデスクから片付けて、仕事に適した環境を整備。

 

このような小さなことから徐々に変えていくと、印象も少しずつ良くなっていくことでしょう。

 

自慢話が多く相手の話を聞かない人

 

男性の延々と続く自慢話は、女性は一切聞いていません。

ある程度話を聞いてしまって自慢話だと感じると、相槌は打つものの話の内容は頭に入っていないことが大半です。

 

自分の華やかな経歴を話して女性から慕われたいという気持ちがあるのかもしれませんが、それは全くの逆効果。

スキルがあるのであれば、それを活用して難しい場面を切り抜けていく人の方が何倍も魅力的です。

 

自分の話ばかりではなく、相手の話にしっかりと耳を傾け、会話を一緒に楽しむことができるというのが、女性にとっては大きなポイントになります。

 

女性のことを見下している人

 

女性は男性よりも力がありません。

それを「こんなこともできないの?」と見下した発言をするのは、女性の反感を買うことになります。

 

「こんな簡単なこともできないの?」「お茶淹れて」など、女性をまるで手足のように使いながら見下しているような態度は、全くプラスの印象に繋がりません。

そんなつもりはなかったとしても、自分の気持ちと相手の受け取り方がイコールではないので、相手に不快な思いをさせてしまう可能性のある発言には十分注意してください。

 

もしどんなことが相手に失礼になるのかわからないという場合は、まず自分が上司や同僚から今言おうとしていることを言われたらどう思うかを考えてみてください。

自分の言葉を飲み込んで咀嚼すること、相手の性格を考慮して言葉を選ぶことから始めてみましょう。

 

趣味に没頭しすぎている人

 

趣味は大切な息抜きです。

趣味を生きがいにすることは悪いことではありませんが、趣味ばかりを優先してしまうと女性から愛想をつかされてしまうことがあります。

 

もし趣味に没頭してしまうのであれば、相手の女性にそのことを伝え、時間や日にちを指定して「この日はどうしても趣味に没頭したい」と伝えましょう。

何も言わず趣味に没頭してしまって、連絡が付かなくなってしまうと女性も心配してしまいます。

 

また、趣味を優先してしまうあまり、女性との約束をすっぽかしてしまったり、ドタキャンするのも良くありません。

趣味と大切な女性との関係のバランスをしっかりと調整しましょう。

 

彼女が欲しいという気持ちが強すぎる人

 

俗にいう「ガツガツしている」状態の男性は、女性が疎遠にしたいタイプの一つです。

ガツガツしているということは、その分関係の発展も早く望んでいて、なおかつ女性を使い捨てのように扱うのではないかという印象を受けるからです。

 

そして、彼女が欲しいという気持ちが強すぎる状態の男性も、ガツガツしている印象の男性と同じ印象を持たれやすくなります。

まず言動や行動を冷静に見直しましょう。

内心焦っている場合であっても、それを表に出さないのがベターです。

 

 

自分にピッタリの女性を見極めて、焦らず距離を縮めましょう

 

Mankiss

 

彼女を作るときに最も重視すべき点は、相手の女性と自分の性格の相性が良いかどうかという点です。

価値観が近く、好きなものも似通っていて、ずっと同じ場所に居ても苦しくならない相手を見つけることが大切になります。

相性の良い相手ではないと、やはり交際関係は長く続きません。

 

彼女を作ることばかりに焦るのではなく、自分とピッタリの女性を見つけるというマッチング度合いを大切にしましょう。

自分が焦っていると、相手も焦っているような人を引き寄せてしまうため焦りは禁物!

 

この人だ!という女性を見つけたら、ゆっくりと信頼関係を構築していってください。

時間をかけて相手を大切に思いながら、関係を深めていくことが重要です。


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(46)
   着回し/コーデ(18)
   髪型/ヘアスタイル/ヘアアレンジ(10)
   眼鏡/コンタクト/カラコン(3)
メイク・コスメ(99)
   ベースメイク(13)
   アイメイク(16)
   リップ/グロス(10)
   ネイル(5)
   メーカー/ブランド(41)
美容(67)
   スキンケア(43)
   髪/シャンプー/リンス/コンディショナー(11)
   石鹸/ソープ/洗顔料(6)
   ダイエット(3)
健康(31)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(9)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(3)
ライフスタイル(107)
   生活雑貨/生活用品(11)
   ギフト/プレゼント(11)
   趣味(5)
   お出かけ/観光/旅行/デート(20)
   妊娠/出産/子育て(2)
   家庭菜園/ガーデニング/観葉植物(4)
インテリア(15)
   内装/レイアウト(3)
   DIY(2)
グルメ(33)
   ドリンク/カフェ(13)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(6)
アート/カルチャー(14)
   写真/カメラ(3)
   ハンドメイド/クラフト(5)

人気記事ランキング