logo

Top > グルメ > ケーキ/お菓子/パティスリー/パン

東京都内のおすすめ食パン専門店10選!ちょっとリッチな生食パンで贅沢気分を味わおう






近年ではただの食パンではなく、「高級」と名の付く食パンに行列ができるお店が出てきています。
東京都内をはじめ、その波は全国各地に広がっています。
地方で人気を博した高級食パンの名店たちも、続々と都内に店舗を出店している人気ぶり。

「食パンを買うためだけに時間をかけて並ぶなんて!」と思う方も当然いるかもしれません。
しかし、食べたらわかる「高級」の意味は是非味わって頂きたいです。

パン好きさんだけではなく、手土産にもおすすめな高級食パン。
本記事では都内のおすすめ食パン専門店をご紹介します。

【目次】東京都内のおすすめ食パン専門店10選!ちょっとリッチな生食パンで贅沢気分を味わおう

 

1ページ目 :

 

1. 【清瀬】生食パン専門店「考えた人すごいわ」

2. 【浅草】パンのペリカン

3. 【南青山】Viking Bakery F

4. 【銀座】銀座に志かわ

5. 【銀座】CENTRE THE BAKERY

 

2ページ目 :

 

6. 【中野坂上】うん間違いないっ!

7. 【武蔵小山】レブレッソ

8. 【駒沢・尾山台・玉川】PANYA ASHIYA TOKYO

9. 【恵比寿】俺のBakery&Cafe

10. 【麻布】乃が美

たまには高級食パンで優雅な朝ごはんを

 

 

1. 【清瀬】生食パン専門店「考えた人すごいわ」

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by aico (@aic01o563wa) on

 

2018年6月30日のオープン以来、常に行列の絶えることがない話題の生食パン専門店「考えた人すごいわ」は、西武池袋線「清瀬駅」より徒歩約1分に位置しています。

「まるでケーキのようなパン」と謳われる生食パンは連日行列ができるだけでなく、整理券が発行されたり、ひとり1本までの購入制限が設けられるなど、今一番手に入りにくい食パンとしても話題をさらっています。

 

魂仕込(こんじこみ) 800円

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Toshiko🌴🍔👙 (@toshi_1017) on

 

宝石箱 980円

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ヤギちゃん (@yagi7yagi) on

 

販売している食パンは、2斤サイズでプレーンの「魂仕込(こんじこみ)」と、マスカットレーズン入りの「宝石箱」の2種類のみ。

幾度もの試行錯誤を重ね、本当においしくて飽きのこない「本気」の高級食パンとして誕生しました。

厳選された素材に、独自に編み出された製法、そしてパンを焼きあげるためのオーブンにまでこだわり抜いた珠玉の食パンとなっています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by aya.i (@aya_________85) on

 

「購入後、翌朝まではぜひ生のまま食べてほしい。」

お店の方も推奨しているように、そのまま食べることで、食パン本来の甘さが口いっぱいに優しく広がること間違いなし。

薄い耳に仕上がっているところも、ほどける口どけに大きき影響しています。

翌朝以降はトーストしてまた違った風味や味わいを楽しめることでしょう。

 

考えた人すごいわ 清瀬店の基本情報

 

住所:東京都清瀬市元町1-10-13

電話番号:042-497-1510

アクセス:西武池袋線 清瀬駅より徒歩約1分

営業時間:10:00 ~20:00

定休日:不定休

 

 

2. 【浅草】パンのペリカン

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by cake_rabbit (@cake_rabbit8668) on

 

パン好きさんならぜひ押さえておきたい老舗ベーカリー「パンのペリカン」。

1942年に浅草で創業され、店名にもある「ペリカン」がロゴマークになっています。

長きにわたり愛され続けた老舗の味は、パンマニアの間では一度は食べておきたいパンとして常に名前があがります。

 

ペリカンのパンに込められた思い、それは「毎日食べられる、飽きの来ない味」。

浅草の片隅に小さく佇む「ペリカン」は、都内のホテルや喫茶店への卸販売を中心にしていました。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by kae (@k__a__e.__) on

 

扱っている商品は「食パン」と「ロールパン」の2種類だけ。

敢えて商品を2種類だけにすることで、いつまでも変わらない味を提供できるよう努力しているのです。

 

食パン

 

3斤 1,140円/2斤 760円/1.5斤 570円/1斤 380円

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by yoco__nico (@yoco__nico) on

 

山型パン

 

山型 960円/山型半 480円

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by w.sanaeせんせ。 (@sa.wa.teacher) on

 

1斤~3斤サイズで販売されている「食パン」は、ペリカンの定番であり人気商品。

手にした瞬間ずっしりとした重みに驚くこと間違いなしです。

重量級で、めがぎっしりと詰まっている食パンは、その印象とは裏腹に食べると耳までやわらかいです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 伊藤くみ Kumi Ito 料理家 (@kumiito) on

 

常に変わらず、多くの人から愛されているペリカンの食パンは、完売することも珍しくありません。

お店の方でも完売してしまうことを想定していて、事前に電話で予約をしておくことを推奨しています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by asakusapelicancafe (@asakusapelicancafe) on

 

また、店舗から国際通りを蔵前方面に1ブロック行ったところにある「ペリカンカフェ」。

こちらは直営店の影として営業されていて、ペリカンのパンをその場で食べることが可能です。

直営店だからこそ熟知している、ペリカンのパンの美味しさを引き立てる特注の設備。

なんと炭火焼でトーストして提供してくれます。

ペリカンの食パンのふんわり感を心ゆくまで楽しみたい方向けに、焼かないパンのメニューもある徹底ぶりです。

 

パンのペリカンの基本情報

 

住所:東京都台東区寿4-7-4

電話番号:03-3841-4686(月~土 8:00~15:30)

アクセス:

東京メトロ銀座線田原町駅徒歩3分
都営浅草線浅草駅徒歩5分
都営大江戸線蔵前駅徒歩5分

営業時間:月~土 8:00~17:00(店頭品切れの場合、閉店時間が早まることあり)

定休日:日曜日・祝日・特別休業日(夏・年末・年始)

 

 

3. 【南青山】Viking Bakery F

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Mina (@shore131) on

 

2017年10月に南青山にオープンした「Viking Bakery F(バイキングベーカリー エフ)」は、東京メトロ「乃木坂駅」から徒歩3分のところにあります。

ゆるやかな坂を少し歩くだけで、ほんわりと漂うパンのいい香りに誘われます。

 

Plain(プレーン) 800円

 

bakery TOKYO

 

メインに販売されている3種類の食パンの中で、最も王道という名にふさわしいのは「Plain(プレーン)」です。

カナダ産の一等粉と石臼引きの粉を使用した食パンは、一口噛めばその甘さが口の中に優しく広がります。

 

小麦の香りを最大限に引き出すためにしっかりと焼きこんでいるため、甘さの中に小麦の味わいを感じられます。

こんがりとした焼き色のとおり、ミミはさっくりとしたライトな食感。

しかし、内側は驚くほどふんわりした軽さが自慢です。

 

Cereal(シリアル) 850円

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by kazumin0714 (@kazumin0714_happy) on

 

21種類の熊本県産の雑穀をベースとした生地に練り込んだ「Cereal(シリアル)」。

「Plain(プレーン)」とは対照的なさくっと、ふんわりとした食感が魅力です。

天然酵母で炊き上げた雑穀や全粒粉を使用しているので、ヘルシーさを追求する方にはおすすめの一品です。

 

Sourdough(サワードウ) 1,000円

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by (株)nigiru (@viking_bakery_0) on

 

「ふんわりもっちりだけじゃ物足りない!」というあなたには、ドイツ系ハードパンを彷彿させる「Sourdough(サワードウ)」がおすすめです。

サンフランシスコサワー種を使用した、特有の酸味が後を引くハードブレッドとなっています。

 

クラムチャウダーなどのスープと合わせて食べると相性抜群。

朝食だけでなく、ランチでもディナーでも楽しめる癖になる味わいです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Emiri / 絵美里 (@emiri616) on

 

他にもと7種類からなる「フレーバープティ」という小さめの食パンも販売されています。

また、季節のフルーツなどをふんだんに使用したSNS映えするサンドウィッチも豊富に用意されていますので、お呼ばれの際のお持たせにもおすすめです。

 

VIKING BAKERY F(バイキングベーカリー エフ)の基本情報

 

住所:東京都港区南青山1-23-10 第2吉田ビル1F

電話番号:03-6455-5977

アクセス:東京メトロ千代田線「乃木坂駅」5番出口から徒歩3分

営業時間:8:00〜20:00

定休日:不定休

 

 

4. 【銀座】銀座に志かわ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 横山由香里 (@yukari.y0220) on

 

とにかく水にこだわったという売り文句で話題の「銀座に志かわ」。

2018年9月のオープン以来、行列の絶えることのない高級食パン店として激戦区「銀座」に君臨しています。

店内に広がるふんわりとした焼き立て食パンの甘い香りは、それだけで間違いないことが確証できるはず。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 72mii (@72mii) on

 

お店の看板文句ともなっている「こだわりの水」とは「アルカリイオン水」です。

実はアルカリイオン水は生地を柔らかくしてしまう性質があるため、パンを作るために使用するには取り扱いの難しさから敬遠されていました。

しかし、パンの常識への挑戦をコンセプトに、銀座に志かわではあえて「アルカリイオン水」を使ったパン作りに挑戦したのです。

 

アルカリイオン水を使うことで得られたのは、絹のようにしっとりした耳と、綿雪のような口どけ。

そして、ほんのりとした甘さが口いっぱいに広がる食パンとして完成しました。

 

その人気ぶりは関東だけに留まらず、高級食パンといえば関西から関東へという流れが主流な中、関西への出店を果たしています。

お買い物の際は、事前に予約していないと2本までしか購入できませんので、お纏め買いの場合は事前予約をお忘れなく。

 

銀座に志かわの基本情報

 

住所:東京都中央区銀座1丁目27-12 キャビネットビル 1F

電話番号:03-6263-2400(予約・取り置きは電話にて)

アクセス:

都営浅草線 宝町駅A1出口 徒歩4分
東京メトロ有楽町線 新富町駅2番出口 徒歩4分
東京メトロ銀座線 京橋駅2番出口 徒歩6分
東京メトロ日比谷線・JR京葉線 八丁堀駅A2出口 徒歩7分

営業時間:10:00〜18:00(売り切れ次第終了)

定休日:不定休

 

 

5. 【銀座】CENTRE THE BAKERY

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by mitsue (@tensiusagi) on

 

銀座といえば高級食パン激戦区。

その中でも、高級食パンブームの先駆けと言われている「CENTRE THE BAKERY」は外せません。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by PEKO (@pekopeko831) on

 

常に混雑と行列が絶えない「セントル ザ・ベーカリー」。

渋谷にある「バゲット」の人気店「ヴィロン」のオーナーが、本当においしい食パンを提供したいという思いのもと立ち上げました。

 

販売されている食パンのその味わいは、ひとり3本までと決められた購入制限が全てを物語っています。

耳はサクッとパリッと、だけれど中はもちもちとしていてふんわり。

しつこくないほんのりとした甘さは、これぞ高級食パンの極みとも言えるかもしれません。

 

角食パン 800円

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 미키☺︎Miki (@mikitty273) on

 

北海道産の小麦「ゆめちから」を使用した「セントル ザ・ベーカリー」の定番商品。

しっとりとしていて、もちもちとした食感が人気です。

生地をこねるときに水を使うのではなく、「脱脂乳」を使用することで、耳までほんのりとした甘さを味わうことを可能にしました。

高級食パンのセオリーどおり、焼かずにまずはそのまま食べてみてください。

 

プルマン 800円

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by LovePD1518 (@lovepd1518) on

 

カナダ産の輸入小麦粉をぜいたくに使った「プルマン」。

高級生食パンブームの中で、敢えて「焼いてもおいしい」と謳われている商品です。

さっっくりもっちりとした食感の「プルマン」は、焼いてこそその威力を発揮するのかもしれません。

もちろん、生でそのまま頂いても間違いのない美味しさなのですが、ぜひ「プルマン」の焼いたときにだけ味わえる食感を楽しんでみてください。

 

イギリスパン 700円

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by soratotabibito🌠 (@soratotabibito) on

 

山形食パンの「イギリスパン」は、一日に一回しか焼きあがらないことから、売り切れ必至の商品です。

購入を希望される方は、みなさん早い時間帯から並ぶというほどの過熱ぶり。

 

北米産の小麦粉を使用し、36時間低温発酵をさせて完成する「山形食パン」です。

カリッとサクッとしたライトな食感が魅力なので、薄くスライスしてトーストすると、美味しさや風味も抜群にアップします。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by うっかりハチべい (@megu_samurai1023) on

 

「セントル ザ・ベーカリー」にはイートインスペースがあり、3種類の食パンを食べ比べるセットが用意されています。

まずは3種類を食べ比べてみるのも良いでしょう。

 

CENTRE THE BAKERY(セントル ザ・ベーカリー)の基本情報

 

住所:東京都中央区銀座1-2-1 東京高速道路紺屋ビル 1F

電話番号:03-3562-1016

アクセス:

東京メトロ有楽町線「銀座1丁目駅」下車、徒歩3分
JR山手線「有楽町駅」下車、徒歩3分

営業時間:10:00~19:00(売切れ次第閉店)

定休日:不定休


フォローして最新記事をチェック!



検索

カテゴリ一覧

ファッション(9)
   髪型/ヘアアレンジ(1)
   コンタクト/カラコン(2)
   財布/ウォレット(1)
メイク・コスメ(26)
   基礎化粧品/ベースメイク(6)
   アイメイク(6)
   リップ/グロス(2)
   ネイル(2)
   メーカー/ブランド(6)
美容(29)
   スキンケア(20)
   髪/シャンプー/リンス(2)
   石鹸/ソープ/洗顔料(4)
   ダイエット(3)
健康(20)
   健康食品/サプリメント/プロテイン(5)
   スポーツ/運動/トレーニング(3)
   冷え/温活(3)
ライフスタイル(37)
   生活雑貨(8)
   ギフト/プレゼント(6)
   趣味(5)
   お出かけ/観光/旅行/デート(3)
   妊娠/出産(1)
   家庭菜園/ガーデニング/観葉植物(2)
インテリア(5)
   内装/レイアウト(2)
   DIY(1)
グルメ(9)
   ドリンク/カフェ(6)
   ケーキ/お菓子/パティスリー/パン(2)
アート/カルチャー(1)
   写真/カメラ(1)

人気記事ランキング